FC2ブログ

Motorworksから国際DMが届いたぞ?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

Motorworksからフューエルポンプの代替え品が無料で送られてくるというメールが来てから数日。
Royal Mailで荷物が発送されるといつも日本に入るまでに3〜4日待たされるのですが、そうやって待っている間に、そのMotorworksから封書が届きました。
20181012_01

いったいなんだ?
詫び状でも届いたか?
いや、そんなもの、もし送るんだったらポンプ本体と一緒に送るよな、う〜ん、なんだろう。
と思いながら開けてみました。
そしたら、どうやらこれはパラレバーピボットベアリングのアップグレードキットを購入した客に対して送っているものだそうです。
20181012_02

パラレバーピボットベアリングのアップグレードキットといえばこれ。
オリジナルのベアリングは事実上、グリスアップはできないためか、ベアリングとしては比較的早く消耗するのに対して、このアップグレードキットはグリスアップできるようにすることでベアリングの寿命を伸ばそうというもの。
20181012_03

少しわかりにくかったですが、どうやらこのアップグレードキットもベアリングである以上、ちゃんとしたマニュアルが必要だということで、わざわざDMという形で客に連絡している模様。
パラレバースイングアームの前方と、ピボット部でファイナルギアと接続されている部分のゲイターブーツが傷んでおらず、かつしっかり固定されていることをきちんと確認することとか、メジャーまたはマイナーメンテナンスのたびにグリスアップをすることなどが示されています。
メジャーメンテナンスの代表格と言ったら、やっぱりオイル交換でしょうか。
もしそうなら、ざっと3,000〜4,000キロ毎にはグリスアップしなさい、ということのようです。

そんなことや、実際にピボットベアリングを交換する手順を詳細に記述したマニュアルも付きます。
20181012_04

その他に、紙とビニールでできた注意書きも。
ビニール製の方をピボット部の付近に貼り付けておけばいいかな?
20181012_05

わたくしですね。
このMotorworksというイギリスのウェブショップ、実に大したものだと思うのですよ。
業態から推して、全世界のお客を相手にしているはず。
一体全体どれくらいの顧客を抱え、月や年でどれくらいの売上があるのか知るよしもありませんが、こんなお知らせ、けっこうな料金がかかる国際DMなんかじゃなく、Eメールで済ませばいいんですよ、本当は。
なのに、こうやって物理的な手法でしっかりお客の情報を届ける。
これって、特に1万キロ近くも距離が離れている業者としては異例と言っていいんじゃないか。
こういうところにその会社の、たぶん経営トップの姿勢が現れるんでしょうね。

このショップがあれば、なんとなくこれからもずっとRTを維持していけそうですわ。
ありがたや。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ORTLIEBのサドルバッグ ストレートL

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日の日吉方面への自転車ツーリングの際、けっこうな荷物をリュックに入れて走ったのですが、ストラップを長くして走ることでだいぶ背中のムレが解消されたとはいえ、やっぱり荷物を背負って走るより、自転車に積載するほうが楽でしょう、ということで、またまたポチッと(^^;
20181006_01

至福の開封〜(^^)
右側の新聞紙を丸めたものは、中に何かが入っているのではなく、荷物が中で暴れないようにするための緩衝材です。
20181006_02

さて、中身です。
20181006_03

『防水』と書かれています。
もちろん、水没はダメでしょうが、雨が降ったくらいでは浸水しないらしい。
こういう巻き込み式の防水機構は、昔のツーリングザックでもありましたね。
20181006_04

続きを読む

やっぱりMotorworks、メールはちゃんと読んで処理してくれていた!!

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

前回の記事で、いつもはすぐに返事が来る Motorworksからなかなか返事がないことを書きました。
まあ駄目なら駄目でなんとかなるさと思っていたのですが、やっぱりなんとなく気になってもう一度メールを送ってみました。
なにしろ、作業している最中にメールを送ったときは、iPhoneで撮影した写真をそのままリサイズもせずにiPhoneで送ったので、ひょっとしたらサイズオーバーでサーバー側で弾かれたのかも?
まあでもそうであれば、何らかのエラーメッセージが帰ってきそうなものですが、ないんですよね。

で、3日くらい前にもう一度、もう少し詳しい写真をリサイズ(小さく)して送り直してみたら、やっぱりちゃんとしていますね、返事が来ましたよ。
20181008_01

いわく、
現在、仕入先に何が原因なのか確認しているところです。
幸い、不良のポンプを交換することは可能ですが、仕入先がポンプを検査するためにポンプを返送することを要求するかどうかがまだわかりません。
確認できるまで少しお待ち下さい。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

おお、やはり彼らは放置はしていませんでした。
しかも、不良ポンプの代わりのポンプを送る用意をしているとのこと。
たぶん、不良のポンプは返送を要求されるだろうと思って、折れたターミナルと、ネジの一部が残ったナットも手元においてあります。
返送費用をどちらが負担するのか、という問題はありますが、まあ、今までさんざんお世話になっているので、もし返送費をこちらが負担しなければならない場合でも、それでいいやと思っていました。

そうしたら翌日、またまたMotorworksからメール着信。
20181008_02

いわく、
不良ポンプは送り返していただく必要はありません。
新しいポンプを無料でお送りする準備ができました。明日には発送できる予定です。
お待ちいただいてありがとうございます。間もなくお手元に届けることができます!

素晴らしい!!
私の方も速攻でお礼のメールを入れました。

そしてその翌日、Motorworksから自動送信と思われる『間もなく発送』メールが届きました。
フューエルポンプのお値段はもちろん、送料も無料です。
20181008_03

さらにさらに、発送済みメールも。
20181008_04

極東の一ユーザーの小さなメールにもこんなに早く、そして負担がないように配慮してくれるというのは商取引の感覚が行き届いた会社であるという証拠でしょう。
ホント、最近は国内でもなかなかこういう気持ちの良い対応をしてくれる店は減ってきたと思います。
これからもMotorworksがいてくれたら我らがRシリーズ(もちろん、Kやその他もね!)の維持は安心! と言えそうです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Motorworksへの報告

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日のフューエルポンプの交換の際、新しいポンプのターミナルの脚が折れてしまったことを書きました。
そのことをMotorworksに報告してあります。

以下、その内容です。


こんにちは。
日本のKachiです。

7月に御社から購入したフューエルポンプを昨日交換しようと試みましたが、ターミナルのネジがごく軽いトルクで折れてしまいました。
これはネジの素材に欠陥があるためと思われます。

No.1
フューエルポンプを交換するときにターミナルのネジが折れてしまった写真です。
20181001_01

No.2
少しだけ残った山にプラス線をナットでかろうじて止めてみましたが、これではいつ外れて走行不能に陥るかわかりません。
20181001_02

No.3、4
これが折れてしまったターミナルのネジです。
20181001_03

20181001_04

No.5
ネジの破断面です。
20181001_05

No.6
これは古いポンプに付いていたナットで、新しいポンプの折れたネジの一部が残ってしまいました。
折れたネジの一部がナット側に残るというのはネジに何らかの弱いポイントが有ったものと思います。
20181001_06

No.7
これは今回のポンプを購入したときの注文確認書です。
20181001_07

ついては、以上の写真をご覧いただき、不良であるか否かを確認し、代替え品を送っていただけるかを返信ください。
よろしくお願いいたします。


このメールは作業を行った日に送信していますが、いつもはすぐに返信が来るMotorworksには珍しく、まだ返信がありません。
どんな事情があるかはわかりませんが、もしこのまま返信がなかったら、この折れたターミナルをどうにかして使う方法を考えようと思っていて、そんなに悲観はしていません。
まあ、私のやってきたことをご覧の方でしたら何をやろうとしているかだいたい想像ができると思いますが、またそれについては別記事で(笑)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

日吉ダムへの道が通れないなんて...新しい道を通って帰ろう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

日吉ダムへのルートを塞がれたので、以前走ったことがある急坂を上っていきます。
上りきったところをさらに道なりに行くとトロッコ保津峡駅を経て嵯峨野に至り、京都市内に帰れますが、今回はちょっとルートを変えます。
Google Mapを見て、坂のてっぺんの知ノ浦の集落で右にハンドルを切り、八木の集落への一気ダウンヒルを下ることにしました。涼しいトンネルもあるし、急坂を上って汗だくになった体をクールダウンするのにちょうどいい。

これはどうやらバイパスのようで、少し下ったところから遠くに八木の集落が見渡すことができます。
20180930_01

望遠で引いてみると田園風景がよく見えます。
20180930_02

八木に降りるとやはり日吉よりも気温は上がります。
それでも26度ほど、時間的にはちょうどお昼でしたが、予想最高気温の30度まで届いておらず、30キロちょいで流していると気持ちいい。
20180930_03

これは彼岸花かな?
ちょっと赤色が飽和してしまっていますが、きれいです。
20180930_04

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?