本命チョコ? Home Madeじゃないよ(笑)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2月10日の金曜日、どういうわけかわかりませんけど、会社休日でした。
実はこの日が建国記念日だとばかり思っていたのですが、本当は11日の土曜日だったんですね。
なぜこの日が休みだったのかいまもわかっていないのですが、まあ休みがいやなわけもないので、奥さんと外出することにしました。

向かったのは奥さんが前から行きたいといっていた『グランヴァニーユ』というスイーツのお店。
20170216_01

京都の地図をご覧いただくと、ご存じのように碁盤の目のようになっていますが、そのほぼ中心部、烏丸御池という交差点を少し東に行くと間之町通という細い南北に走る通りがあります。
そこを北に上がっていくと、押小路通りという東西に走る通りを超えたところの右側にそのお店はあります。
20170216_02

開店して6年だそうです。
女性に好まれそうなこぎれいな店構え。私だって好きですよ。
20170216_03

ここでいただいたのは、私はこれ。ケーキの名前忘れました(^^;
20170216_04

奥さんはこの二つ。手前のプリンみたいなのはシェアしました(^^)
20170216_05

お客さんはやっぱり若い女性の二人連れか若いカップルばかり。
まあ、我々も実年齢より若く見えるからいいよね、と奥さんと二人でにたり(笑)
20170216_06

おいしくいただいてお会計をしている奥さん。
20170216_07

で、会計が終わって出てきたら
『パパ、はい、これ』
と、4日早いバレンタインだそうです、うれしいですね~
20170216_08

なかみはこれ。
20170216_09

おお、私が大好きな生チョコ!
20170216_10

ありがとうね~

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

バッテリーチャージャーのヘラープラグの接触が悪いので、シガーライタープラグに換えた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

すでに4年が経過したバッテリで冬を越すには、夜間の充電は必須と思って充電していますが、どうもこのところ、BMW純正のチャージャーの調子があまり良くありません。
いちど、ヘラープラグの接触が悪いのを調整したこともあるのですが、このプラグの構造上、回数を重ねると接触が悪くなる気がします。
同じように修理してもまたいずれ接触が悪くなる気がしたので、思い切ってプラグを換えてみることにしました。
使うのはこのスマホやナビの電源をとるためにオーディオボックスの上の取りつけているシガーライターソケットです。この写真はそのシガーライターソケットのさび取りをしたときの写真です。
実はこのソケット、バッテリー直結で、イグニッションの位置でリレーを介して通電のON/OFFはしていません。
そのため、キャンプが続くツーリングでも幕営してからインバータを介してデジカメバッテリーの充電ができます。これは余談。
20170214_01

これが純正のヘラープラグ。
先端にハンダを盛って車体側との接触をよくしてみたり、内部にもハンダを盛って接触をよくしてみたりしたのですが、処置直後は良かったものの、1年経過してみるとどうもうまくありません。
20170214_02

ためしにチャージャーの電源をオンにしてプラグの両極で電圧を測ってみると、ちゃんと10.8ボルトがきているのですが、少しゆするとすぐに接触が開いてしまうようで、ゼロボルトをさしてしまいます。やっぱりダメかなぁ。
20170214_03

ちなみに、このヘラープラグをクルマのバッテリを充電できるようにワニ口に換えるためのコネクタの部分はちゃんと電圧て来ていて、ゆすろうがなにしようがちゃんと電流が流れています。
20170214_04

で、オートバックスに行って買ってきたのがこのシガーライタープラグ。
20170214_05

2メートルもの長いコードが付いているもので、工作に使うにはお値段も手ごろ。
中にはヒューズも入っています。
20170214_06

それと、このプラグを既存のコネクタに接続するためのコネクタ。
20170214_07

新しいコネクタはちゃんと既存のコネクタにはまります。
20170214_08

コードのプラスマイナスを間違えて工作してしまわないように、極性を書いておきましょう。
20170214_09

今回買ってきた新しいプラグの線を端子にハンダ付け。
20170214_10

そしてコネクタにセットします。いちど挿入してしまうと返しがついているので外れなくなります。なので、プラスマイナスを間違えないようにセットしないといけません。
20170214_11

これをチャージャー側のコネクタにつないで電源をOnにすると、ちゃんと電圧がかかりました。
20170214_12

こんな感じ。
20170214_13

このプラグのほうが、プラス極がスプリングで押されるのでヘラープラグよりもしっかりソケットに接触するんですよね。
で、バイクのスマホ・ナビの電源取りのシガーライターソケットにセットしてOnにすると、安定して充電をしてくれるようになりました。
いつもヘラープラグでは、ちゃんと充電をしてくれるようにプラグを抜き差ししたり回したりしていましたが、これでそうしたストレスから解放されます(^^)
20170214_14

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ドライブシャフトインナーブーツの寸法は

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先週土曜日に交換したドライブシャフトブーツ。
正確にはアウターブーツで、当然、反対側のミッション側にも似たようなブーツがあります。
こちらは、アウターの素材がゴムであったのに対してプラスチックのような硬めの樹脂です。
20170210_01

ちょっと場所が場所だけにジャッキアップだけでは相当苦労しそうですが、こちらは自分で交換することはできるのでしょうか?
20170210_02

アウター側には分割ドライブシャフトブーツが一般に流通しているのですが、そもそもインナー側は、ゴルフ用と謳ったものは検索してもヒットしません。

じゃあ、もしかしたら寸法が合えば他社用でも使えるのでは? と思って寸法をチェックしてみました。

まず、最初の写真に写っていた外側のシャフトの直径ですが、ノギスで測ってみると27.17ミリ、まあ27ミリと思っていいでしょう。
20170210_03

奥のミッションに勘合している部分はノギスは入りません。金指を当てておおよその直径を見てみるとおおよそ90ミリ。
20170210_04

そして、長さはおおむね125ミリ。
20170210_05

さて、このサイズに、少なくともシャフト側とミッション側の口径が一致しているブーツがあれば使えるかもしれません。
 大 90ミリ、小 27ミリ、長さ 125ミリ。
いろいろ検索してみると、分割ドライブシャフトブーツを多くラインナップしているMonotaroのサイトにたどりつきました。
どうやら、今回は私が購入したブーツと同じメーカーのもののようです。

この一覧は表示されている項目の中でフィルタをかけることができるのですが、大径側の 90ミリでフィルタリングすると、小径側が 28.5ミリ、長さ 94ミリのトヨタ用のものがあるようです。
まあ大径側はかなりいい加減な測り方だったので、機会があったらちゃんと測り直さないといけないのですが、これの小径側に 0.5ミリ程度のカラーをはめてやればフィットする?

まあ、設定がないということはメーカー側でも推奨していないということでしょうし、こういう流用を素人考えでやるのは危険ですね、まあ妄想としておきましょう(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

もったいないお化けシリーズ~ 33年使ったシェーバーが壊れたけど...

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

私はひげが薄い。
若いころは2日に一回、いまでも2日から3日に一回のひげそりでまあ見られる状態を維持できます。
そのひげそりを支えてくれたシェーバー。
20170204_01

ちょうど就職活動をしているころ、1984年の夏に、ある会社の面接を受けに行くときに、電車に乗ってからひげをそり忘れていることに気がつきました。
面接場所は大阪。
当時、大阪にはまだヨドバシカメラなど影も形もなく、どうしようかと思って、そうだ、阪急百貨店のひげそり売場でシェーバーを物色しているふりをして、試しぞりをして行っちゃえ、と不埒な考えを起こして、梅田の阪急百貨店に寄ったのでした。
結局、物色しているとこのシェーバーがほしくなってしまい、あいまいな記憶ですが、4,000円か5,000円という、当時の私にとってはけっこうな大金を払って購入したのでした。
その後、就職や結婚などのイベントを超えて33年間、私のひげをそり続けてくれたシェーバーがとうとう動かなくなってしまいました。
※※このシェーバーはもちろん、定期的に清潔に洗浄していますよ(^^;
20170204_02

原因はこれ。外刃の一部が内側にへこんでしまい、内刃がこれに引っ掛かってしまって回らなくなってしまったのです。刃をはずせばモーターはまだ元気に回ります。
20170204_03

内刃は欠けることもなく、まだまだ使用に耐えてくれそうですし、33年も使っていると、こんなものでも愛着がわいてしまっていて、なんだか捨てる気にはなりません。
20170204_04

で、その外刃のへこんだところを直そうと内側から押していると、ピッという音とともに外刃が壊れてしまいました。
あいや~。

なんだかこのまま捨てる気にもなれず、ふと裏を見てみると、このシェーバーの型番らしき『ES552』という文字列が刻まれています。
20170204_05

まあ探してなきゃしょうがないなと、ダメもとで検索をかけてみると、驚いたことに、替刃がまだあるようです。
写真で見る限り、内刃の形状はまったく同じ。外刃も色こそ違いますが、どうやら同じっぽい。
20170204_06

商品の説明を見てみると、ES551とES553の記載はありますが、肝心のES552は飛ばされています。
ただ、ユーザーレビューを見ると、まさに私と同じES552にも使えた、という記載があったため、速攻でAmazonに発注。
20170204_07

しかし早いですね、翌々日にはもう到着。
開梱して眺めていると、ミラちゃんが膝に乗っかってきました(^^;
20170204_08

裏にはAmazonのユーザーレポートに書かれていた通り、私のES552の記載がありました。
20170204_09

新しい外刃と内刃。オリジナルがシルバーのステンレスだったのに対して、新しいのは黒のコーティング(?)がされています。
20170204_10

無論、シェーバー本体には全く問題なくつきます。でもやっぱり黒いのが残念(^^;
20170204_11

内刃はほとんど同じ。バネ状の付け根の部分にちょっと違いが見られますが。
20170204_12

外刃もほとんど同じ。
20170204_13

内刃の刃の部分は、外刃の形状に合わせて古いほうはくぼみにあたる部分に逃げがつけられています。
20170204_14

実際に使ってみると、歯の回転音が小さくなりました。
剃ったあとも肌がひりひりすることもなく、刃が変わるだけでやっぱり剃り味が変わるんですね。

それにしても、これまで33年間も壊れることなく使えたとは、さすがは Made in Japan。替え刃も Made in Japanのようで、安心して使えそう。
さて、これであとさらに 30年は使えるかな? モーターが焼き切れなければ、ですが。
そのころには、私は80ウン歳。
このシェーバーが上がりシェーバーかな(笑)
20170204_15

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Golf5 Variantのドライブシャフトブーツを交換した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2月最初の土曜日、暖かい立春の日に Golf5 Variantのドライブシャフトブーツの交換を行ないました。

まず必要な工具です。
ジャッキアップは必須で、時間もかかる作業ですからウマも必須。
そのほか、ブーツの脱着に使うのは、マイナスドライバー、金づち、少し大きめのハサミだけで、特殊工具はまったく必要ありません。
このほかにプライヤかラジオペンチがあればバンドの固定の時に重宝するでしょう。
20170208_01

さて、まずはクルマのジャッキアップです。
作業の際、どうしてもシャフトを回す必要があり、ジャッキアップの際は安全に十分注意する必要があります。
私の場合、ジャッキアップする前にサイドブレーキを強くひき、ギアセレクタはニュートラルにしました。
リアタイヤの後ろには輪止めを左右にかけ、しかる後にジャッキアップし、ウマをかけました。

さて、ジャッキアップしてタイヤをはずします。
そうして患部を見てみると、アウターブーツのミッション側のブーツが切れたところからグリスが飛び出し、あらゆるところに付着していました。
余談ですが、先週、洗車をしているとき、左側のリアバンパーのところに得体のしれない濃い緑色のねっとりした物体がついていたのですが、それがこのグリスであったことがこのグリスを見てわかりました。
20170208_02

ディーラーの人が見つけてくださってよかった。これは放っておいたらもっと大変なことになっていましたねぇ。
20170208_03

ではブーツをはずしにかかりましょう。
ホイール側のバンドはここで固定されています。
これをはずせばいい。
20170208_04

こちらはミッション側、止め方は同じです。
20170208_05

バンドは先端の穴を赤い矢印の部分の爪に引っ掛け、黄色の矢印の部分をかしめて固定してあります。
20170208_06

その爪の先端にマイナスドライバを金づちで打ち込んでめくっていきます。
20170208_07

何回か打ち込んでめくっていくと爪がはずれました。
20170208_08

爪がはずれてしまえば、あとはバンドは開いて簡単に外れます。
ブーツがどの部分で固定されているのかをちゃんと記録して、新しいブーツを同じところで固定するようにします。
20170208_09

つぎ、ホイール側のバンドも同じように爪の部分にドライバをたたきこんではずします。
20170208_10

こちらは爪がはずれたらピン、と音がしてはじけるように開きました。
20170208_11

ちょっと時間がかかりましたが、両方のバンドがはずれました。
20170208_12

ホイール側もブーツがどこにかかっているのかをチェックしておきます。
20170208_13

ここまで来たらあとは簡単。
ホイール側のブーツをめくって...
20170208_14

隙間からはさみを挿入してカットしていきます。あまり神経質にならなくてもいいでしょうが、シャフトに傷をつけないように要注意。
20170208_15

こうしてようやくはずれました。
ひゃあ、旧いグリスがすごい。
20170208_16

このグリスが6万キロ以上にわたってジョイントのベアリングを保護してくれていたんですね。
20170208_17

交換の前に新しいグリスを塗らないといけませんが、そのさらに前に古いグリスをふき取ります。
20170208_18

しかる後にブーツに付属していたグリスを塗りこみます。
20170208_19

まんべんなく全体に行きわたらせます。
20170208_20

ブーツのパッケージの蓋についていたグリスガードをはめておきます。
20170208_21

この潤滑液を...
20170208_22

ブーツの勘合部のメス側に流し込んで...
20170208_23

シャフトにかぶせます。グリスガードはこのときにブーツの勘合部にグリスがつかないようにするためのものです。
20170208_24

ブレーキホースやらいろんなリンケージが邪魔でけっこうはめづらいのですが、どうにか全体がはまりました。
20170208_25

グリスガードをはずして...
20170208_26

ホイール側をはめ込み、バンドで固定します。バンドはてこのようになっていて、そのてこを倒す方向を車輪の回転方向と反対にしなければなりません。つまり、走行中に倒したバンドの端が何かを引っ掛けて開いてしまわないようにする、ということです。
このかしめをドライバなどで倒してしまえば完了です。
20170208_27

ミッション側も位置をきちんと合わせて...
20170208_28

同じようにバンドの固定方向を注意して固定します。
20170208_29

これで交換は完了です。
が。
ひとつちょっと気になることが。
この写真をご覧いただければわかりますが、オリジナルのブーツがはまっていた場所よりも今回のブーツがはまった場所のほうが少し浅いのです。同じところまでかぶせようとしたのですがこの位置まで戻る。
よく観察してみると、新しいブーツがホイール側とかみ合うリップは正しく噛み合っていて、バンドで固定することでしっかり固定されていて、指で強くずらしてもはずれることはありません。
それはそれでいいのですが、問題は、この先純正のブーツに戻すような機会があるとしたら、今回露わになった部分が錆びてしまうのではないか、という点。
なんかいい方法を考えないといかんですね。
20170208_30

ついでに反対側の右側もチェックしてみましたが、いまのところ問題はないようです。しかし、同じ時期に取り付けられているブーツだから、同じように切れるのも時間の問題でしょう。車検前には要チェック。
しかし、いま写真を見て気がついたのですが、左側とシャフトの形状が違いますね。
もっとちゃんと観察すればよかった。
20170208_31

さて、はずしたブーツですが、内部はこんな様子。もちろん、切れたからこんなになったわけではなく、ブーツの中はこんなふうにグリスまみれになるもののようです。
これであのグリスが切れないのかとちょっと心配になります。
20170208_32

グリスにまみれていたときはよくわかりませんでしたが、きれいにしてみるとここが切れていたのだと分かります。
20170208_33

そのあと、その辺を10キロばかり走った後チェックしてみてもグリス漏れはありません。
20170208_34

どうやら成功のようです。
20170208_35

63.801キロでの交換でした。
20170208_36

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?