大型二輪免許への道 Part4 ~ 波状路

新しい実技、波状路です。

【波状路】
波状路は、大型二輪の教習で初めて体験した技能でした。
これは数メートルのコースの中にほぼ等間隔で設置された路上のかまぼこ板状のコブのうえを徐行速度で通過するという実技。
基本的にシート上にどっかり座って越えるのではなく、ステップの上に立ち、スタンディングの姿勢でバイクを操作します。
強いてこの実技の意義を言えば、不整地を走るときに、バイクのサスペンションだけではなく、手足をサスペンションの一部として機能させて衝撃を吸収するとともに、そうした不整地でのバランス感覚を身につけること、といったところでしょう。
教官がお手本を示してくれたのを見た感じは『ああ、こんなの楽勝、楽勝!』などと思っていましたが、見るとやるとでは大違い。

最初に教官からコツを教わります。
しかしその通りにやっているつもりでも、タイヤがコブに乗るたびに失速し、ふらつきます。
中には豪快に転倒する生徒も出るありさまで、かなり緊張しました。
しかし、スタンディングでバイクを操るという、クルマでは絶対に味わえない、後述のスラロームと並んで最も人馬一体の感覚を味わえる実技のひとつともいえ、特にオフロードを走りたい人は力を入れたほうがいい種目かもしれません。

以下、教官から教えていただいたコツと、自分なりのやり方をミックスした内容です。

1.視線は常に前方におく
一本橋と同じですが、視線は常に前方に置くこと。
前輪のすぐ先に視線を落とすとバランスを崩しやすく思います。

2.クラッチは半クラ状態を維持
クラッチを完全につないでしまうと課題として設定されている時間を大幅に下回る時間で通過してしまいますし、コブを前輪が乗り越えようとした瞬間にエンストして転倒という悲劇につながりかねません。
クラッチは半クラ状態にしておき、動力は伝わるけれども、路面からの抵抗がエンジンの回転を止めないところで維持します。

3.コブを超えるときに一瞬、アクセルを開く
スタート時はアイドリングスタートで構いませんが、半クラで速度を維持調整しながら、コブに前輪 もしくは 後輪が乗って乗り越えるときにアクセルを一瞬開けて動力を後輪に伝えてあげます。
半クラッチ状態でこれを行ないますから、バイクが意に反して暴走することはなく、コブを乗り越えるに足るトルクのみが後輪に伝えられます。
また、ちょうどあんばいがいいその半クラッチ状態を左手が自然に作れる程度、バイクに慣れてしまうことも大切です。
この【アクセルを一瞬開ける】動作を教官の表現をお借りして書くと『びゅう...びゅう...という感じで開けてください』と表現できます(4気筒エンジンの音を想像してください)。

4.頭の位置を常に一定に
コブを超えるときは前輪 もしくは 後輪が上下に動きますから、何もしなければ身体全体もそれに合わせて上下し、頭の位置が動きます。
こうしたバランスを取る実技の時に大切なのは、頭の位置をできるだけ一定に保つことです。
そのためにスタンディングをしているわけで、コブを乗り越えるときに手 もしくは 足を車体の動きに合わせて適宜曲げて、頭の位置ができるだけ上下に動かないように一定に保つこと。
こうすることで、バイクの動きが体全体で把握できて、不用意なバイクの動きに対処しやすくなります。

地味に見えますが、バイクのバランスを習得するうえでけっこう役に立つ要素を含んでいる実技といえそうです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?