ぼやき 『なにそれ?』 二宮金治郎翁の銅像

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

最近ふと、この国(日本)てこのままで本当に大丈夫か? って思うことがあります。

一例です。

もうずいぶん前に話題になっていたようですが、私は知りませんでした。
皆さんもご存じの二宮金次郎(尊徳)翁が、働いている最中も勉強を続けていたという逸話から、薪を背負って歩きながら本を読んでいる銅像が全国の小学校などに建てられていました。
確か、東京の八重洲ブックセンターの正面入口にもあったと記憶します。
これは、そんなふうに寸暇を惜しんで勉学に励む、勤勉を美徳とすることで、国民の教育水準を引き上げるとともに、いい意味で日本の勤勉さの象徴としたものです。
また、二宮金次郎翁は家の手伝いをしながらでも勉強をしなければならなかったことから、『時間とは自分で作るものだ』という教えも込められています。
20150308_01
  (出典:twitter.com)

ところがですよ、この銅像がこのところ様変わりしているそうな。

ネットで『二宮金次郎 銅像 座る』などと検索してご覧になったらびっくりしますが、背負った薪をおろして座って読書する金次郎さんがいる。

なぜこんなことになったのか?
その理由を聞いて(見て)驚きとともに、なんと浅はかな理由なのかとがっくりしました。

曰く...

『子供や若者の歩きスマホを助長しかねないので撤去してほしい』
『歩きながら勉強するのを子供が真似したらいけないから』
『児童の教育方針にそぐわない』
『すでに豊かになった現代になじむ銅像ではない』
『子供が真似をして車にはねられでもしたらだれが責任を取るか』

などなど、これが分別のある、子どもを育てる大人の発言かと思うような『戯言』が並びます。

この記事をご覧になった方からのご批判があることを承知で書かせていただければ、このようなことをおっしゃる親御さん(とは限らないか、大人か)は狭小な視野しかもたず、こうした昔からの象徴の意味する本当の意味をきちんと子供に教えることをせず、表面でしかものが見えていないのでしょう。
銅像そのものが言葉を伴ったものではないから、それがどんなふうにでもとれるという可能性があるのはまあ想像できなくもありませんが、それは大人がきちんとその意味するところを自分の言葉で子供に伝えないから。
また、若者がそれを見て歩きスマホを容認しているなどと考えるのは、本人の精神年齢が低いこと、また、やはり彼(彼女)が小さい時から大人(親)がそういうことをちゃんと教えてこなかったから。
その精神をきちんと受け継ぐことが大切なのであって、それを現代の歩きスマホなどとつなげてしまう想像力の貧しさには残念な気持ちしか感じません。
このようなクレーム(?)に対して、この像が持つ本当の意味をきちんと説明して存続させることができなかった管理側も、ちょっと情けないな、と思ってしまいましたが、いまの情勢ではどうしようもないのでしょうかねえ。

そんなこともわからずに、いちいち銅像にクレームをつける大人たちが国を動かして、本当に大丈夫なの?

すみません、今日はちょっとぼやかせていただきました(^^;
不快な思いをされた方がいらっしゃいましたらおわびします m(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

歩きスマホがダメならダメと親が教えればいいだけです。
子供のルール違反を銅像のせいにしようとする親は親になる資格がないと思います。
銅像をみて子供がまねすると考える親というのは、子供にものを教える事はせずに何かあったら社会のせい、環境のせいにばかりしている人達でしょう。

子供を守るのは親の責任だと思いますが、一生面倒見れるわけではない。
だから子供が自立し社会で生きるためのいろいろな事を教える。
それが子供を守るため一番重要な事であり、親の義務です。
義務を果たさず権利ばかり主張する人、それを恥ずかしい事だと思えない人が多くなってきていると思います。

声の大きい人、ややこしい人、めんどくさいからそういう人のいう事はすぐとおしましょう。
良識のある人は、こっちがすこしぐらい間違ってても文句は言わないのでほっておきましましょう。
こういう、ことなかれ主義が「言ったもん勝ち、ごねたもん勝ち」を助長して世の中をおかしくしているのだと思います。

あなたの言ってる事は表面をみてるだけの自分の都合だけを優先した戯言です
と、ピシッと言える人がいればこんな事にはならないのにと思います。

まー、うがった見方をすれば、
戦前からある教育はすべて悪、子供に労働させるなんて学徒動員の軍国主義だ、
人権侵害だ!
と難癖つけたがる人や組織が裏にいるのかなぁとも思いますけども

長文、失礼いたしました
m(_ _)m

Re: No title

トモ松さん、こんばんは。

長文ありがとうございます(^^)

まったくおっしゃる通りですね。
こういうものに限らず、以前から問題になっているモンスターペアレンツなんかも同じ構図にあるのでしょう。

もうひとつ面白い(?)話があるんですよ。
雀の学校って歌でしたっけ、あの『ちいちいぱっぱちいぱっぱ、すずめのガッコの先生は...』って歌、あの中の歌詞で『鞭をふりふりちいぱっぱ』ってところが『体罰を連想させるからダメ』っていま幼稚園では歌わないんですって。
鞭っていうのは、別に子供をひっぱたくためにあるのではなくて、音頭を取ったりモノをさしたりするための物なのに、鞭打ちの刑を連想するなんてあほもたいがいにしてほしいと。
なんかおかしいですよ、こんな考え方。
きっとみんな本を読まなくなり、歴史を勉強しなくなったんでしょうね。
嘆かわしいことです。
だから私はトモ松さんの歴史シリーズが好きです。
どうしたらいいんでしょうね、ほんとに。

Kachi//

> おはようございます。
>
> 歩きスマホがダメならダメと親が教えればいいだけです。
> 子供のルール違反を銅像のせいにしようとする親は親になる資格がないと思います。
> 銅像をみて子供がまねすると考える親というのは、子供にものを教える事はせずに何かあったら社会のせい、環境のせいにばかりしている人達でしょう。
>
> 子供を守るのは親の責任だと思いますが、一生面倒見れるわけではない。
> だから子供が自立し社会で生きるためのいろいろな事を教える。
> それが子供を守るため一番重要な事であり、親の義務です。
> 義務を果たさず権利ばかり主張する人、それを恥ずかしい事だと思えない人が多くなってきていると思います。
>
> 声の大きい人、ややこしい人、めんどくさいからそういう人のいう事はすぐとおしましょう。
> 良識のある人は、こっちがすこしぐらい間違ってても文句は言わないのでほっておきましましょう。
> こういう、ことなかれ主義が「言ったもん勝ち、ごねたもん勝ち」を助長して世の中をおかしくしているのだと思います。
>
> あなたの言ってる事は表面をみてるだけの自分の都合だけを優先した戯言です
> と、ピシッと言える人がいればこんな事にはならないのにと思います。
>
> まー、うがった見方をすれば、
> 戦前からある教育はすべて悪、子供に労働させるなんて学徒動員の軍国主義だ、
> 人権侵害だ!
> と難癖つけたがる人や組織が裏にいるのかなぁとも思いますけども
>
> 長文、失礼いたしました
> m(_ _)m

No title

バイトの学生が教育実習に行ってきたりするのですが、話を聞くとひどいらしいですね、今の学校は。
先生方がとにかく親と子の顔色をうかがうことに必死で、ほとんど言いなりに近いらしいです。モンスターペアレントとかじゃなくても、親が怖いらしい。

子供も子供で、教師が子供にさわることすらできないとか。ちょっと触れると体罰とかセクハラとか言われて親に言いつけられるらしい。

こういう子供が社会に出てくるとどうなるか、怖いですねえ。

Re: No title

ぷんとさん、こんにちは。

> バイトの学生が教育実習に行ってきたりするのですが、話を聞くとひどいらしいですね、今の学校は。
> 先生方がとにかく親と子の顔色をうかがうことに必死で、ほとんど言いなりに近いらしいです。モンスターペアレントとかじゃなくても、親が怖いらしい。

たぶん、原因の一つは教師も学校も確固たる信念のもとに教育や指導をしていないからなんでしょうね。
子供の教育とはかくあるべし、やっていいことと悪いことを学校も親もわかっていないのか。
よく引き合いに出される、学芸会で主役が5人も6人も舞台に並ぶなんてあきれるを通り越して滑稽ですね。
親が主張することでも間違っていることははっきり言うことをしない、教育の上の機関も何が正しいのかをしっかり筋を通さない、役所特有の日和見主義の結果でしょう。

> 子供も子供で、教師が子供にさわることすらできないとか。ちょっと触れると体罰とかセクハラとか言われて親に言いつけられるらしい。
>
> こういう子供が社会に出てくるとどうなるか、怖いですねえ。

まったくねぇ。
いうことを聞かなければほっぺたのひとつくらいはって当然だと思うのですが、そりゃ気絶したり歯が折れたりしたらうまくないけど、ぺしっとびんたくらいは当たり前でしょう。
そうやって痛みもわかるようになるし。
いつのころからかわかりませんが、先生も友達のように成り下がってしまっていますからね、最近は。

まあ全ての親がややこしいのではないと願いたいですが、そういう親に育てられた子孫は確実に増えていくわけですからね(-_-;
なんとかしないとやばいんじゃないでしょうかね。

Kachi//

初めて知りましたが、驚きました。

普通に、歩きながら本を読むのは危ないからやらないでって、言えば済むことのような気がしますが。(^_^;)

それに、確かに時代は変わっていますが過去は変わりませんし、大切なことは残していかないと行けない気がするのですが…。

なんだか、日本の将来が心配になりますね。(^_^;)

Re: タイトルなし

るーのぼさん、こんばんは。

> 初めて知りましたが、驚きました。

びっくりでしょう?
その理由を聞いたらもう情けないやらあきれるやらで。

> 普通に、歩きながら本を読むのは危ないからやらないでって、言えば済むことのような気がしますが。(^_^;)

でしょう?
もうね、そんなことをいちいち説明しなければならないのも悲しいし、そんな発想にすぐに結び付ける発想の貧困さも情けないです(-_-;

> それに、確かに時代は変わっていますが過去は変わりませんし、大切なことは残していかないと行けない気がするのですが…。
>
> なんだか、日本の将来が心配になりますね。(^_^;)

言いだしっぺは『教組』さんあたりじゃないかと思うのですが、まあトモ松さんがおっしゃるように、戦前の教育をすべて否定するところから入るのが常套なので、そう思ったらなるほどとも思いました。
こんなくだらないことが議論されている日本て、本当にこの先大丈夫なの? もっと大切なことがあるんじゃないの? と言いたいところです。

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?