アイドリングアジャストスクリューの清掃

先日のオルタネータベルトの点検の際、カウルを取り払ったついでにアイドリングアジャストスクリューも点検しておきます。

アイドリングアジャストスクリューは左右に張り出したシリンダの後方、燃料供給のスロットルバタフライにねじ込まれています。

これを調整することでアイドリング回転数が変わるのですが、左右の同調もこれで取るため、むやみやたらと動かすのはよくありません。
少なくとも前回車検の際にELFさんが同調を取ってくださっている時の状態に戻せるようにしておかねばなりません。

乱暴ですが、マジックで掃除前の位置にマーキングをしておきます。

右側のアジャストスクリュー。
20110730R1

この位置から右に半回転したところで動かなくなります。
したがって、いったん外して掃除した後、復旧の時はいっぱいにしめこんで半回転戻してこのマークに合わせればよい、ということです。

外したアジャストスクリュー。
20110730Before

御覧の通り、真っ黒に汚れています。
きれいに掃除して復旧します。
20110730After

同様に左側のアジャストスクリュー。
20110730L1

こちらは右に1回転と少しで動かなくなりました。
20110730L_Before

同様に外して掃除します。
20110730L_After

前回掃除したのは、拙ブログを始める直前だったので7~8か月前でした。
こんな短期間の間にけっこう汚れるものですね。
TDMのころは、キャブレタをこんなふうにお掃除などしたこともありませんでした。
エンジンが下り坂だった、などと過去に書いたことがありましたが、ちっとも手入れしていなかったのですから、ちょっとかわいそうですね。

これで全体にすっきり、トルクも上がったような...プラシーボかな?
でも、よくなっているはずですよね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?