30,000キロを走ったオルタネータベルトのチェック

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

もう3年くらい前に交換したわがRTのオルタネータベルト
メーカー指定の交換インターバルは60,000キロですが、2011年に初めての海外通販をMoto-binsで行なって、届いたベルトに交換しました。

あれから3年。
現在約32,000キロ、インターバルの約半分を走破しましたが、さてどんな状態になっているでしょう。
まだ交換までは約30,000キロ弱は残っていますが、50,000キロでいきなり切れるケースもあるようなので、予防的に様子を見ておきましょう。

カウルを外し、作業しやすいようにタンクも外し、カバーを外して見えるオルタネータベルト。
20141024_01

ちょっと上の方に、ベルトの端面から糸のようなものが出ているようです。
20141024_02

もう少し寄ってみると、重篤な様子ではありませんが、ベルトを構成している糸が少しほつれて出ています。
20141024_03

20141024_04

もう一か所、向かって左側のところにも同様のほつれが見えます。
20141024_05

20141024_06

20141024_07

プーリーとの接触面はどうかというと、こちらはこの車両にもともとついていたベルトに発生していたような細かなひび割れはなく、触った感触もちゃんとゴムのしっとりした感触が保たれています。
20141024_08

クランクシャフトにつながるプーリーのところも、ぱっと見は異常なし。
20141024_09

さてこのベルト、こうしたほつれが見えますが、メーカー指定のインターバルまであと30,000キロもってくれるでしょうか。
出先でこのベルトが切れると、バッテリーが火花を飛ばせなくなるほど弱ってしまった時点で走行不能に陥ります。
見た感じではすぐに切れることはなさそうですが、次は5,000キロ程度走ったところでもういちどあけてみたほうがよいかもしれません。

ちなみに、前回このベルトを交換するとき、私はアジャスト用のナットを適当に(勘で)しめて固定しましたが、今年購入したマニュアルによると、このオルタネータベルトのアジャストナットは8N・mで締めなければならないようです。
8N・mなんてものすごく軽いトルクです。ひょっとしたら前回の調整時にちょっと強くしめあげすぎたのが原因かもしれません。
これはやはりきちんとトルクを測ったほうがよさそうです。
前回はプリセットのトルクレンチしかありませんでしたが、幸い、パラレバーのベアリング交換時にアジャストボルトをしめるのに使う指針式のトルクレンチを購入してあるので、次回はこれにソケットを組み合わせて測るようにしてみましょう。
このナットは13ミリ。3/8ドライブのものを物色します。
タンクを外せば大きめのレンチも余裕でアクセスできます。
20141024_10

あと、細かいところですが、アイルレベルグラスもだいぶ曇って劣化しているように見えます。
20141024_11

これはグラス(といっても樹脂ですが)の周囲のゴムの弾力によってはまっているだけなので、このゴムが硬化・風化してグラスごとごっそり外れてしまうとオイルが流出して走行不能に陥ります。

さて、またまた部品調達が必要になってきそうですが、海外調達するほどのものでもないかも(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ぷんとさん、こんにちは。

詳細なアドバイス、ありがとうございます。
先ほどぷんとさんの記事、ブログの検索テキストボックスで【オイルレベル】で検索してみたら一連の記事がヒットしました(^^)
これはすごく参考になります、ありがとうございます。
私もドツボにはまりましたけど、夏の暑いときにバイク壊しかけましたもの(^^;

しかし、オイルレベルグラスは結構苦労しそうですね。
穴をあけるにも確かに削りカスが中にい落ちないか心配だし。
ぷんとさんからのアドバイスをしっかり頭に入れて、ロケハンしてからやります(^^)

Kachi//

> その方法で僕もやりました。それでOKでしたよ。
>
> 最初、透明部分に穴を開けて、という方法を知らず、なんとか壊さず外そうとしてかえって壊しちゃったんですね。
> 透明部分は樹脂製ですので、ドリルで難なく穴が開きます。ケズリクズがエンジン内へ落ちないよう、サイドスタンドをかけてそっと穴あけしました。あとはてこを突っ込んでこじって外すんです。
>
> 新品をはめるときは僕も冷蔵庫で冷やしましたが、あまり効果がなかった気がします。最初から冬にやればよかった気が……
> はまり始めるとあとはすっと入っていきますので、根気よく。
> たしかこの作業、ブログに書いたと思ったんですが、自分で自分の記事が行方不明です……

No title

その方法で僕もやりました。それでOKでしたよ。

最初、透明部分に穴を開けて、という方法を知らず、なんとか壊さず外そうとしてかえって壊しちゃったんですね。
透明部分は樹脂製ですので、ドリルで難なく穴が開きます。ケズリクズがエンジン内へ落ちないよう、サイドスタンドをかけてそっと穴あけしました。あとはてこを突っ込んでこじって外すんです。

新品をはめるときは僕も冷蔵庫で冷やしましたが、あまり効果がなかった気がします。最初から冬にやればよかった気が……
はまり始めるとあとはすっと入っていきますので、根気よく。
たしかこの作業、ブログに書いたと思ったんですが、自分で自分の記事が行方不明です……

Re: No title

鍵コメさん、詳細なアドバイスをありがとうございます。

はい、8N・mはベルトを張るトルクですよね。
すみません、私の書き方がわかりづらくて、そこは認識があっていました、ありがとうございます。
そのほか、貴重な情報をありがとうございます!
がんばります(^^)

Kachi//

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ぷんとさん、こんばんは。

> オイルレベルの窓は僕も以前交換しました。真夏にやってしまい、ミス連続で新品パーツを壊してしまった。
> また新しいのを買ってはめようとしたんですが、ゴムが大きくてなかなかはまらず、苦労した記憶があります。
> たぶん、涼しい季節にやればなんてことはなかったのでしょう。

そうでしたか~
あれ、外すのも苦労しそうですけど、はめるのはもっと苦労しそうですよね。
どうやってやろうか考えているのですが、やっぱり樹脂のグラス部分に穴をあけてフックのようなものを突っ込んで引っこ抜くのがいいかな。
はめるときは新しいグラスを冷蔵庫の中で冷やしておいて、エンジンオイルをエッジに塗って押し込むか(^^)
思うだに胸が躍りますね~

Kachi//

No title

オイルレベルの窓は僕も以前交換しました。真夏にやってしまい、ミス連続で新品パーツを壊してしまった。
また新しいのを買ってはめようとしたんですが、ゴムが大きくてなかなかはまらず、苦労した記憶があります。たぶん、涼しい季節にやればなんてことはなかったのでしょう。
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?