新しい汎用ホースに交換してみた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日【ホースガレージ.com】から届いたフューエルホース。
いまついているフューエルホースがクラックが入ってどれくらいたっているかわからないので早速交換作業を行ないました。

交換に当たっては、ホースを外すので当然タンクの中はエンプティに近い状態にしないといけません。
今回は先日の信楽方面のツーリング約170キロと通勤を合わせて395キロくらいでエンプティアラートがつき、さらにそこから通勤で65キロを走ってからの作業としました。
20140726_17

もうほとんどすっからかんに近い状態ですが、この状態でもイグニッションOn時にフューエルポンプが燃料を初期圧送をする際、空気を吸うような音がしていないので、まだ20キロやそこらは走れそうです。

さて、カウルを外してみます。
20140726_01

フューエルポンプによって圧送されるガソリンは2本あるホースのうち、下の供給側からレギュレータに送られ、燃料噴射で余ったガソリンが上のリターン側からタンクに戻ってきます。
クラックが入っているのは供給側のホースです。

タンクを外してアクセスパネルにはまっているホースを観察します。
こちらはリターン側。
20140726_02

指でつまんでみると、ちょうど黄色い線をつけているところまで、なんていうんでしょう、パネルの首が伸びている様子がわかります。

こちらは供給側。
20140726_03

同様に黄色の線のところまでです。

なぜこんなことを調べるかというと、今回試してみる断熱チューブをかぶせた時にこの部分までチューブをかぶせてやればホース根元の無理な屈曲を少しでも緩和できるのではないかと考えたためです。

さて、供給側のホースからです。
ものの見事にクランプからクランプまでクラックが走っています。
20140726_04

これについているクイックリリースコネクタを今回調達したホースに付け替えます。

しかしこのホース、やはり少し内径が純正よりも細く、挿入に苦労しました。
ホース内に残留していたガソリンを小瓶に取っていたので、それをホースにつけて潤滑剤代わりにして何とか挿入できましたが、それでもかなり窮屈、ちょうど黄色い線のところまでコネクタのパイプが来ていることがわかります。
これはちょっと心配ですが、とりあえずこのまま使ってみることにします。
20140726_05

断熱チューブをかぶせるので、ちょっと取り回しに余裕を持たせるためにちょっと長めにカットします。
20140726_06

これに合わせて断熱チューブもカット。
20140726_07

断熱チューブはこんな感じでクランプの直前までホースをカバーできます。
20140726_08

ところがここで問題。
供給側のホースはクイックコネクタが金属であるために少々無理をしてもホースに挿入できるのですが、リターン側のクイックコネクタはプラスチックであるうえに滑り止めがけっこう鋭く口径も大きいため、ガソリンを塗ったくらいではすんなり入っていきません。
あまり無理をすると折ってしまいそうなことと、リターン側のホースは現状クラックが入っていなかったため、このまま再利用して断熱チューブをかぶせることにしました。
20140726_09

コネクタのリリースボタンの方向に注意をしながらセットし、断熱チューブをかぶせます。
20140726_10

最後にアクセスパネルにホースをセットします。
こちら供給側。
20140726_11

パイプの挿入部分はちゃんとカバーできたようです。

こちらはリターン側。
20140726_12

タンク内のフロート信号を取り出し、フューエルポンプの電源を供給する端子が邪魔をして断熱チューブを奥まで通すのに少し手間取りましたが、どうにかここまでカバーすることができました。

とりつけた全体像です。
20140726_13

幸い、断熱チューブはかなり柔軟性が高く、ホースがカバーされていないところへのストレスの集中も避けられそうです。

タンクを復旧し、コネクタを車体側と接続、ホースをタイラップでタンクにつってホースとシリンダ間の距離を稼ぎます。
20140726_14

改めて、シリンダとホースの距離の近さが際立ちますね。
ちょうどテレレバーの支点の逃げが切られているところが燃焼室にあたり、その外側がバルブが収まるシリンダヘッドです。
最も高温になるところのほんの数センチ上をガソリンが流れるホースが通っているわけで、この断熱チューブが溶けないかどうかちょっと心配ではあります。

ホースの様子を後方から覗いたところ。
20140726_15

シリンダとのクリアランスはこれ以上あけることはできないでしょう。
断熱チューブでホースが太くなった分、シリンダに近づいているかもしれません。

前方から。
20140726_16

わかりにくいですが、チューブをかぶせたことによるアクセスパネルから生えた部分の屈曲の強さはなく、問題なさそうです。

ここは走行しているときに前方からの空気の流れが発生してエンジンを冷やすのですが、信号待ちの時はその空気の流れが止まるうえ、カウルでフルカバーされたこの空間の温度はうなぎのぼり。
さあ、このホースとホースカバー、どれくらい耐えてくれるでしょうか。

今回調達したホース。
内径が6.5ミリのものでしたが、RT(と同じクイックコネクタを持つ車両)には少し口径が小さかったことがわかりました。
金属製のオス側のコネクタはどうにかはまりましたが、プラスチックのメス側は無理をすると折れかねず、オス側もホースの膨らみ具合から見て手放しでこれでよいとはいいがたいものです。
経時変化を観察してクラックが入らず、硬化もしないようであれば合格点をあげられますが、こればかりは今すぐに結論を出すことはできません。
できればホースの内径は7ミリくらい欲しいところ。
まずは1~2か月経過後にいちど様子を見ることにしましょう。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

作業お疲れ様です。これでしばらく安心ですね。
防熱カバーが付属してるなんてすごく親切で、僕みたいに間に合わせの防熱カバーつけてるのに比べたらかなりいい。
でも、かなり太くなりますね。ホースの取り回しに苦労しそうです。

No title

シリンダーの真上なので断熱ホースの耐熱温度が気になりますね
断熱ホースなのである程度の温度は大丈夫だと思いますがw
太いのでもっと窮屈になるかと思いましたが、意外と曲がりますね~

Re: No title

ぷんとさん、こんばんは。

> 作業お疲れ様です。これでしばらく安心ですね。

ありがとうございます(^-^)
汎用品なので、耐熱と謳っていて果たしてどれくらいもつか、ですが、まあ1ヶ月やそこらは耐えてくれるでしょう。
耐熱カバーもかぶせてあるので様子見ですね〜

> 防熱カバーが付属してるなんてすごく親切で、僕みたいに間に合わせの防熱カバーつけてるのに比べたらかなりいい。

耐熱チューブは付属しているのではなくてホースとは別に購入したんですよ(^-^)
これはガソリンが流れるホースと違って再利用できるかな?
これも経時変化を観察ですね。

> でも、かなり太くなりますね。ホースの取り回しに苦労しそうです。

それがですね、このチューブ、案外柔らかくてけっこう素直に曲がってくれるんですよ。
ホース単体のときとあまり変わらない感じで曲げられました。
ただ、やっぱり太くなる分、シリンダーとの距離が近くなってしまうのは仕方ないですね。
カウルをまとっていないGSだったら条件的には良さそうですよね(^。^)

Kachi//

Re: No title

TREKさんかな? こんばんは。

> シリンダーの真上なので断熱ホースの耐熱温度が気になりますね

そうなんですよ。
他のバイクはしかと観察したことはありませんが、ちょっとホースのルーティングとしてはあんまりうまくないですよね(^^;;

> 断熱ホースなのである程度の温度は大丈夫だと思いますがw

あのシリンダの上のカウルの内側が果たしてどれくらいの温度になるのか、とくに渋滞時は悪条件であることは間違いないですよね。
なんとか耐えて欲しいですが、結果が出るのは1ヶ月後かな〜(^-^)

> 太いのでもっと窮屈になるかと思いましたが、意外と曲がりますね~

そうなんです。
この耐熱チューブ、けっこう柔らかくて楽に曲げられます。
ダメになったらまた買おっと(^。^)

Kachi//

No title

申し訳ないです、名前が入ってませんでした

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> 申し訳ないです、名前が入ってませんでした

いえいえ、大丈夫ですよ(^^)
なんとなくわかるもんです(^^)v

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?