fc2ブログ

フューエルホースのクイックコネクタが...

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

RIDの回路にバイパス線をつなぐことによって、なんとなく復旧したかに思えたRIDのフューエルゲージ。
しかし、そのあと帰宅してからちょっと困ったことが起こりました。

夜になってガレージに行ってみると臭いのです。
ガソリンの匂い。

タンクを外したときにアクセスパネルのところを観察したときはガソリンのリークはありませんでした。
前回の作業のあとガソリンを満タンにしてからは、タンクをつけっぱなしにしていますので確認していませんが、それから今回の作業までガソリンの匂いはしていませんから、そこからのリークはちょっと考えづらい。
今回の作業で触ったタンク周辺のパーツは、車体からタンクを切り離す時にリリースするクイックコネクタくらいです。

急いでカウルの右側を剥いでみると、エアクリーナから延びるダクトのところにガソリンのリーク痕。
20140419_01

マフラーにまで達しています。
20140419_02

クイックコネクタを見てみると...
20140419_03

間違いないですね。リーク源はここ。

塗れている部分をぬぐってみると、あとからあとからリークしてきている模様。


まず真っ先に疑ったのはこのコネクタのOリング。これを新しいものに交換してみました。
20140419_04

しかる後にコネクタをつないでイグニッションをOnにしてフューエルポンプでガソリンを圧送してみると...


ぽたりぽたり...

決して少ないとは言えない勢いでリークしています。

幸い、車体側の雄のコネクタから漏れているようなので、念のために両方のクイックコネクタをリリースしてカウルを復旧、パーツを発注して修理完了まではRTに乗らないことにします。
20140419_05

まあしかし、確かにしばしばタンクの脱着はしましたが、このコネクタがやられるとは...
同じようなトラブルを、はるかぱぱさんも昨年の終わりごろに記事にしてくださっていたので、原因はそれと同じと思われます。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガソリンがにじむ程度・・・ではなかったですね、そこそこの量が漏れてるみたいですね。(^_^;)
さすがにこの状態で乗るのは怖いですね。

こうなってきますと、他の場所も大丈夫なんだろうかという気になってきますよね、他の場所は何もないといいですね~。

Re: No title

るーのぼさん、こんばんは。

> ガソリンがにじむ程度・・・ではなかったですね、そこそこの量が漏れてるみたいですね。(^_^;)
> さすがにこの状態で乗るのは怖いですね。

作業をする前は何ともなかったんですが、作業後にタンクをつけて満タンにしたらこのありさまですものね~
しかも、写真には撮りませんでしたが、ガレージの床にもガソリン痕があったので、ちょっと焦りましたよ(^^;

> こうなってきますと、他の場所も大丈夫なんだろうかという気になってきますよね、他の場所は何もないといいですね~。

ほかにも心配なところ、ありますよ~
燃料系統はたぶんこれを交換してしまえば大乗綱んですが、あとはオイルラインですね。
オイルクーラーからエンジンに至るほむホース、これもたぶん新車時から交換していません。
まだ弾力もあってクラックは入っていませんが、まあ時間の問題かと(^^;

次の課題ですね~

Kachi//

Oリングを替えるだけでは駄目なんですか!
Oリングだけでも毎回替えるのはもったいないのに^_^
でも火災になったら大変ですからしょうがないですね

Re: タイトルなし

TREKさん、こんばんは。

> Oリングを替えるだけでは駄目なんですか!

今回はこのクイックコネクタがダメになっていたようです。
ホースにもクラックが入ったので交換しなければなりませんが、今回に限って言えばOリングは原因ではなかったようです(^^;

> Oリングだけでも毎回替えるのはもったいないのに^_^
> でも火災になったら大変ですからしょうがないですね

Oリングはメーカーの指定では、コネクタをリリースしたら毎回交換なんですよね。
そんなに高くはないとはいえ、やっぱり毎回交換は抵抗があります(^^;
今回はこのリーク量ですからねぇ、また記事にしますけど、満タンだったはずのタンクからたぶん0.5リットル弱は出たんじゃないかと思われます。
火がついたら、バイクが燃えるだけならまだいいですけど、ほかのものに燃え移ったりしたら『あ~あ』じゃ済みませんものね。
RTはカウルに隠れてリークしているところが直接見えないのがつらいですね(^^;

Kachi//

No title

おお、メンテ中に漏れてきたのは不幸中の幸いですね
ツーリング中だったらタイヘン
ホースからの漏れかと思ったら、コネクタ自体がダメになるとは
せっかくの金属製なのに、せつないですね

Re: No title

ふらふらさん、こんばんは。

> おお、メンテ中に漏れてきたのは不幸中の幸いですね
> ツーリング中だったらタイヘン

ああ、確かにそうですね~
本当にメンテ中でよかったですよ(^^;
これを気づかずに走り続けていたらタイヘンなことになっていたでしょうね、ホントです(^^;

> ホースからの漏れかと思ったら、コネクタ自体がダメになるとは
> せっかくの金属製なのに、せつないですね

これ、折れる事故が多いプラスチックのコネクタの対策品なんですよね。
私の場合、オイルクーラーファンの取り付け、交換その他、ずいぶん脱着したから傷んじゃったのかもしれませんね。
何事も過ぎたるは及ばざるがごとし(ちょっと違うか ^^;)

なんにしても火が出なくてよかったです。

Kachi//

No title

早期に発見できてさいわいでした。ガソリン漏れは火災につながりかねず、非常に危険なトラブルですもんね。
実際、近所のスーパーの駐輪場でスクーターが燃え上がったという事故がありました。

僕の1150GSは、クイックリリースコネクタになる前のモデルで、ホースで直結されています。
なのでタンクの脱着にはホースをクランプしてガソリンを止める必要があって、クイックコネクタよりも一手間多いんです。
でも、コネクタのトラブルでガソリンが漏れるかも、という予感はあって、クイックコネクタにするのをためらっていました。実際トラブルの動画を見ると、やっぱりなという感想を持ってしまいますね。

いっそホース直結に戻しちゃうってのも、トラブル防止からはいいのかもしれません。

Re: No title

ぷんとさん、こんばんは。

> 早期に発見できてさいわいでした。ガソリン漏れは火災につながりかねず、非常に危険なトラブルですもんね。

ほんとうにそうですよね。
RTの場合はカウルのおおわれているから匂いだけが頼りです。
走っているうちに火が出たら最悪ですからね。
走行風で新鮮な空気が送られ続けるから、瞬く間に大火災でしょう。
そうなったらライダーも火達磨、考えるだけで恐ろしい(-_-;

> 実際、近所のスーパーの駐輪場でスクーターが燃え上がったという事故がありました。

恐ろしいですね。
私のRTも下手したらそうなっていたと思うと怖いですね。
道を歩いている不届き者が火のついたタバコを捨てたりしたら...
拙宅だけではすみませんものね。

> 僕の1150GSは、クイックリリースコネクタになる前のモデルで、ホースで直結されています。
> なのでタンクの脱着にはホースをクランプしてガソリンを止める必要があって、クイックコネクタよりも一手間多いんです。
> でも、コネクタのトラブルでガソリンが漏れるかも、という予感はあって、クイックコネクタにするのをためらっていました。実際トラブルの動画を見ると、やっぱりなという感想を持ってしまいますね。
>
> いっそホース直結に戻しちゃうってのも、トラブル防止からはいいのかもしれません。

そうれも考えたのですが、いちどクイックコネクタの便利さを味わってしまうと(^^;
このコネクタも折れやすいプラスチックを金属の対策品に換えてあるのですが、それでもこうなってしまうというのはいかがなものなんでしょうね。
ホース自体も耐久性に難ありなので、日本製の汎用品に交換しようかと思う今日この頃。
いずれにしても、RTはカウルを剥がないと徐々に進行しているトラブルが見つからないから日頃のチェックが欠かせませんね。

Kachi//

No title

こんにちは。
私のRTは何度目?かの車検の時にディーラーで直結するように言われ
カプラー無しに変更しています。
なんでも初期のプラスチック製から金属製に変更しても
振動でオーリングや接続部分が痩せて
ガソリン漏れを起こすお客さんが数名いたとかで
特にRTの場合はカウルで隠れているので漏れに気づいたときには
かなり危険な状態になるからだそうです。
確かにタンクの脱着は面倒ですが火災を起こすよりはマシですから
納得して変更してもらいました。
当然ホースも長さが変わるので新調しましたが日本製?の物みたいでしたよ。
価格面での理由もあるでしょうけど
ディーラーの人曰くドイツ製の配線やゴム関係は
日本の気候下では痛みが早いからとの事でした。

って、そんな事言われても代替の利かない物の方が多いんですけどね。

Re: No title

TOYさん、おはようございます。

> こんにちは。
> 私のRTは何度目?かの車検の時にディーラーで直結するように言われ
> カプラー無しに変更しています。
> なんでも初期のプラスチック製から金属製に変更しても
> 振動でオーリングや接続部分が痩せて
> ガソリン漏れを起こすお客さんが数名いたとかで
> 特にRTの場合はカウルで隠れているので漏れに気づいたときには
> かなり危険な状態になるからだそうです。

なるほど~
ディーラーさんでもそのことは認知しているんですね。
プラスチックのカプラーで折れる事故があって、それの対策品の金属バージョンもやっぱり駄目なんですね。
今回おかしくなったのはカプラーのオスの部分とホースに刺さるオスの部分の境目のようだったので、ここをエポキシ系接着剤で固めることも考えたのですが、命にかかわる部分だから、あまりヘンな小細工早めたほうがいいかも、ですね。

> 確かにタンクの脱着は面倒ですが火災を起こすよりはマシですから
> 納得して変更してもらいました。
> 当然ホースも長さが変わるので新調しましたが日本製?の物みたいでしたよ。
> 価格面での理由もあるでしょうけど
> ディーラーの人曰くドイツ製の配線やゴム関係は
> 日本の気候下では痛みが早いからとの事でした。

もう樹脂やゴム、電装系はやっぱり日本の気候に合ったものが一番ですね。
特に燃料ホース系は、いま使っているのは入り偽巣性のようですが、やっぱりあまりよくありません。
まあ、エンジンの高熱シリンダの真上を通っているということもあるのでしょうが、もう少し取り回しを考えてもらったほうがいいと思うのは私だけではないのでは(^^;

> って、そんな事言われても代替の利かない物の方が多いんですけどね。

ハーネスなんかは代替えはきかないですからね。
イタリア車も、電装系を日本のものにしたら故障が一気に減った、という話も聞きますから、日本メーカーももっと売り込めばいいのに、と思います(^^)

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?