穴があいたカウルは補修できないか ~後編~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、前回の補修の酷い仕上がりのところを黒いプラリペアでふさいだあと、平面出しの工程に入ります。

前回の下地作りの時に使ったのもこのやすりです。これで硬化したプラリペアの表面を削っていきます。
20140228_01

休みながら40分くらい削ったでしょうか。指で触った感じもだいぶ平らになってきました。
20140228_02

掃除機で削り粉を吸い取り、表面の様子がよくわかるように濡れ雑巾でひと拭きしたところです。
20140228_03

まだ少し難ありのところもありますが、前回の出来に比べればだいぶましになりました。様子を見ながらもう少し削って、こんな感じになりました。
20140228_04

表面の様子がこの2枚の写真でわかるでしょうか。
20140228_05

20140228_06

右側のパニアと並べてみたところです。
20140228_07

一目で補修箇所がわかるのは言わずもがなですが、少しは見られるようになった...かな?

もしカウルの穴を埋めるのであれば、ここまでやれば、あとは細かい穴はパテ埋めで均してしまうこともできそうです。
カウルの場合は曲面なのでもう少し根気のいる作業かもしれませんが、時間さえかければ補修は可能だと思います。
プロの方なら仕上げる時間はさらに早いと思います。
シルバーのカラーはHortsで調合できます。カラーナンバー354です。
【関連記事】⇒ ボディペイント決定 ~ 購入

さて、ではパニアケースの仕上げです。
この底面はちょうどマフラーの排気口の真上あたりにあたるため、最初にはがした耐熱クロスが貼られていました。
20140228_08

ここに改めて耐熱クロスを貼り直します。先日、ガソリンタンクからのびているフューエルホースをエンジンの熱から保護しようと考えて購入したグラスウールシートです。
20140228_09

現物合わせでサイズを測ります。
20140228_10

一部をカットした後、車両外側のほうの端もマーキングします。
20140228_11

切り出して仮あて。ここからさらに寸法を詰めていきます。
20140228_12

端はもう少し切り込んで...
20140228_13

さらに外形に合わせて段差も作って...
20140228_14

貼り付けました。
20140228_15

こちら側はまあ心配ないと思うのですが、オリジナル(?)ではアルミシートが貼られていたのでついでに養生しておくことにします。
ケースの外形に合わせたRがちょうどいいあんばいにフィットします。これで無駄も少なくて済む。
20140228_16

切り出すところを、これも現物合わせでマーキング。
20140228_17

できあがりました。
20140228_18

こんな感じです。
20140228_19

今回もケースの角のところは手を抜いてしまいましたが、やろうと思えばかなりきれいに仕上げられそうなことがわかりました。

カウルに穴があいても、プロの方と連携したらけっこうきれいにできるかもしれません。
どうかあきらめないで、頑張って補修をしましょう!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ありがとうございます。

タタラさん、こんばんは。

> Kachiさん、こんばんは。
>
> 海外に行っていたので中々コメ出来ませんでした。
> 御丁寧に修理の手順をUPしていただき、ありがとうございました。

いえいえ、もう少しきれいに仕上げてからアップしたほうがよかったと反省しているのですが、角っこの最後の仕上げも考えているので少しお待ちくださいね(^^)

> 帰ってきてからシートの中のRTを見ましたが・・・やっぱり悪夢ではありませんでしたね~(^^;)

しばらく離れていると、あれが夢だったらなぁ、という気持ちになりますよね、お察しいたします。

> 出張中に知り合いのバイク屋さんから、「粉々になっても破片があれば直りますよ」とのメールを頂き一安心していたのですが・・・悪夢が続きます。
> 光物の好きなカラスがいたようで、何点かカウル破片を盗まれてしまいました。
> 振り出しに戻った感じですね^^;

いえ、きっと大丈夫です。
私が直したパニアも、タイヤとの摩擦で破片はおろか、溶けてタイヤにひっついてしまっていましたが、とりあえず穴をふさぐことはできました(^^)
プラリペアが経年変化にどれくらい耐えるかが問題ですが、同じ記事の中でまーぼーさんが書いてくださっているように穴はまずふさぐことができると思って間違いありません。
みんな応援してくださっていますので、ぜひ治してあげてください(^^)v

Kachi//

ありがとうございます。

Kachiさん、こんばんは。

海外に行っていたので中々コメ出来ませんでした。
御丁寧に修理の手順をUPしていただき、ありがとうございました。

帰ってきてからシートの中のRTを見ましたが・・・やっぱり悪夢ではありませんでしたね~(^^;)

出張中に知り合いのバイク屋さんから、「粉々になっても破片があれば直りますよ」とのメールを頂き一安心していたのですが・・・悪夢が続きます。

光物の好きなカラスがいたようで、何点かカウル破片を盗まれてしまいました。
振り出しに戻った感じですね^^;

Re: タイトルなし

TREKさん、こんばんは。

> 綺麗になりましたね~

まあ、前の仕上げに比べたらまし、という程度ですが、もう少し時間をかけたらもう少しだけ見られるようになるような気がします(^^;

> 塗装するならパテ埋めすれば更に綺麗になりますから
> 十分実用的ですね

確かに塗装面だったら、このあとパテ埋めして細かい穴を埋めてしまって、その上から塗装すれば大丈夫という気がしますよ(^^)v
褒めていただいたから、やっぱりもう少しきれいにしてからもいちどアップしてみましょうか(笑)
どこまでいけるかはさっぱりわかりませんけど、やってみるのも面白そうです(^^)

> あー私もパニアを塗らなきゃw

TREKさんも北海道で転がしちゃったんでしたよね。
車両がきれいなだけに傷が目立っちゃいますよね~
塗装は埃が大敵ですから、春の黄砂の時分は避けたほうがいいかも。
記事を楽しみにしていますよ~(^^)v

Kachi//

綺麗になりましたね~
塗装するならパテ埋めすれば更に綺麗になりますから
十分実用的ですね
あー私もパニアを塗らなきゃw

Re: タイトルなし

まーぼーさん、こんばんは。

> Kachiさん、キレイに仕上げましたね~
> さすが、仕事が丁寧(^-^)v

いやいや、これでそんなに褒めていただいたら穴に入らないといけなくなっちゃいますよ;^_^A
平面のところはあと少しですが、角の部分はいまだにいい加減な仕上がりです~_~;
とりあえず、面のところはこれくらいまでできますよーってお見せしたかったので、この週末にかどのところももう少し頑張りましょうか^_^

> ときに、穴が開いたカウルですが、ゴルフボール大だったらKachiさんの仰る通り間違いなく補修できます!
> 頑張ってRTを直して頂きたいものです。

ですねー。
やっぱり同じRTが、またこの世からいなくなるのは寂しすぎます。
まーぼーさんとRTの延命プロジェクトでも立ち上げましょうか。
いや、これは不遜だな;^_^A

Kachi//

Kachiさん、キレイに仕上げましたね~
さすが、仕事が丁寧(^-^)v

ときに、穴が開いたカウルですが、ゴルフボール大だったらKachiさんの仰る通り間違いなく補修できます!
頑張ってRTを直して頂きたいものです。
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?