寒波到来 ~京都の雪道を行く~ (後編)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

宇津峡キャンプ場にいるときでまだ時間があったので、R477で京北に抜けることにしました。

この宇津峡キャンプ場の横を流れている川は、昨年の大雨のあとに様子を見に行った天若湖に続く桂川です。
この桂川の土手を通ってR477に向かいます。
20140212_01

ここは府道でもないので、さすがに交通量は少ないらしく、轍も数台の車が通っただけのような感じです。
20140212_02

左手に見えているのが桂川です。少し行くとガードレールもなくなりました。このあたりから前輪が思わぬ方角を向くようになり、かなり怖い思いをしました。道路を逸脱すると桂川にまっさかさまです(^^;
20140212_03

前方に見える橋がR477です。
下の地図の矢印のあたりからの写真です。

大きな地図で見る

R477に入ってから京北へ抜け、さらに京北を横切って常照皇寺のほうへ向かいます。
ちょうど下の地図の矢印のあたりで撮った写真。

大きな地図で見る

20140212_04

この集落も昔は茅葺屋根の集落だったようですね。

iPhoneでパノラマで撮ってみました。
20140212_06

あんな大雪が降った割に路面に雪がないなぁ、と思っていたのですが、主要な道はこんなふうに除雪車が雪をどけてくれていたんですね、ありがたいことです。
20140212_05

R477を進むと、集落を外れてけっこう立派なおうちも点在します。茅葺の面影を残していますね。
20140212_07

山は雪化粧です。
こんな環境の中でも、鹿やら猿やら、いろんな動物や鳥たちが住んでいるんですよね。
人間の住環境がいかに恵まれているか、ヘンなところで感慨にふけってしまいました。
20140212_08

さて、常照皇寺の参道につきました。
20140212_09

両脇に植わっているのは桜の樹。
満開時はそれはそれはきれいな桜のトンネルをくぐることができます。

お寺の駐車場のすぐ下に植わっている枝垂桜のところまで来ました。
右上に枝垂桜が写っています。
20140212_10

こちらがその全容。
20140212_11

最近は個の常照皇寺も相当有名になってきて、春になるとすごい観光客。
大型の観光バスが何台も来て大変なにぎわいになってきました。
30年前、私が学生の頃は、周山街道からさらに奥に入らねばならない不便な立地にあることもあって、知る人ぞ知る隠れた桜の名所だったのですが、インターネットの発達もあるのでしょうが、ここを目指してくる人が多くいます。

先ほどクルマを停めたすぐ後ろあたりから、西の方に向かってのびる府道61号があります。この道を通って周山街道に抜けます。

大きな地図で見る

このあたりは北山杉などの林業が盛んですが、これは林業に使う資材置き場でしょうか。
20140212_12

そんなものを横目に見ながら周山街道へ向かいます。
20140212_13

少しガスが出てきましたが、路面は走れない状態ではありません。このガスがいい雰囲気なのです。
20140212_14

北山杉です。
まっすぐにのびた幹は美しく、皮を剥いで現れた樹の地肌は目の細かい砂でで磨くことで美しい光沢を生むそうです。
20140212_15

この道も井戸峠という小さな峠を越えていて、高いところは雲の中に隠れかけています。あの雲がおりてきてガスが出ているのでしょう。
20140212_17

このあと、周山街道を南に向かって、京都市内に帰っていきます。
途中、下の地図のA地点からB地点までは前回記事に書いたように、峠をバイパスするトンネルが掘られていて、私が好きだった栗尾峠は通行止めになりました。
B地点から北西に少し行って府道363との交差点までは行けますが、その先は通行止め。
往路はこの府道363を西に行きました。

大きな地図で見る

このトンネルができることで、たぶん5分くらいはこの区間の時間は短縮されたのではないかな? トンネル内部のRも緩く、広い快適なトンネルです。昨年12月に開通したばかりの、できたてほやほやです。
20140212_18

周山街道の途中の杉坂口から府道31号に入って京見峠を越えて帰ります。
ちょっと不安はありましたが、京都市内から周山街道に抜ける抜け道としてけっこうメジャーな道で、交通量は比較的多く、たぶん大丈夫と踏みました。

大きな地図で見る

さて、京見峠です。
昨年の秋、紅葉ツーリングに行ったときに立ち寄りましたが、当然のことながらすっかり冬景色です。
20140212_19

その時の写真です。
20140212_20

こちらはお茶屋さんの屋根を見上げたところ。
20140212_21

ちょっと角度は違いますが、こちらは秋の同じところ。
20140212_22

しっかり冬の雪道が堪能できました(^^)

しかし、帰宅してみたら当たり前ですが車はドロドロ。
写真で見るとたいしたことなく見えますが、早くきれいにしてやりたくなる汚れ具合です。
20140212_24

フロンともバンパーに雪がこびりついています。
20140212_25

今年はあと何回雪が降るでしょうか。
このほかにも昨年の秋に行った佐々里峠方面も、さぞかしきれいでしょうね。
次回の大雪の時に行ってみましょう。

20140212_16

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行った事がある場所でも、雪景色になるとまた違った表情を見せてくれそうですね~。
雪で景色がきれいになったような気がする時があります。
こういう楽しみ方もありですね。(^-^)

雪ならではの景色ですね
桜や紅葉も綺麗ですが雪景色は静かで荘厳な感じです
まだ降るかな〜w仕事ではあまり降って欲しくないですがwww

Re: タイトルなし

るーのぼさん、こんばんは。

> 行った事がある場所でも、雪景色になるとまた違った表情を見せてくれそうですね~。

まったく別世界ですね~
四季それぞれに美しいので、同じ場所でも飽きないですよ(^^)
それにしても、太陽の角度が変わるだけでこんなに気温が変わってしまうなんて、考えてみれば不思議ですよね。

> 雪で景色がきれいになったような気がする時があります。
> こういう楽しみ方もありですね。(^-^)

雪が深いときに出かけると、存外人も車も少ないので結構楽しめます(^^)
逆にいうと、何かあった時には人を呼べないということでもあるので、そのあたりの手加減というか、注意は必要ですよね。
式の様子を定点観測する、というのもいいかもしれませんね(^^)v

Kachi//

Re: タイトルなし

TREKさん、こんばんは。

> 雪ならではの景色ですね
> 桜や紅葉も綺麗ですが雪景色は静かで荘厳な感じです

桜や紅葉は本当に色彩が豊かですけど、雪はモノトーンで、これはこれで潔いというか、ピンと張りつめた美しさがあると思うのですよ。
こうやって見ると、本当に日本の四季は美しいなぁ、と感慨が深まります(^^)

> まだ降るかな〜w仕事ではあまり降って欲しくないですがwww

もう1回くらいは寒波が来そうですね。
というか、京都は明後日金曜日が雪の予報です(^^;
私もそうですが、ウィークデーというか、仕事のある日はあんまり降ってもらいたくないですね(^^)
今週末はどうなるんでしょう~(^^;

Kachi//

No title

こんばんは 雪景色の北山杉には凛とした清々しさを感じます。冬ならではの愉しみですね(^^) 30年くらいまえは、しばしば冬の廃村八丁に低山徘徊を気取ってウロウロしました なんだか風情を感じて好きです。

Re: No title

JBLさん、おはようございます。

> こんばんは 雪景色の北山杉には凛とした清々しさを感じます。

おっしゃる通りですよね。
春や秋は何となくほんわかした(?)感じですが、冬はピンと張りつめた緊張感というか、厳しさの中に美しさがありますよね。

> 冬ならではの愉しみですね(^^) 30年くらいまえは、しばしば冬の廃村八丁に
> 低山徘徊を気取ってウロウロしました なんだか風情を感じて好きです。

は、廃村八丁に行かれていたんですか!?
これはまたコアというかマニアックというか...(^^;
あそこは毎年冬の入口あたりに京大の学生たちが何日かキャンプをするそうですね。
私もいちどは行ってみたいのですが、ちょっと勇気がいりそうです。
銀座の景色を以外多奥らがあったそうですが、それもすでに崩壊したそうですね。

Kachi//

No title

.>は、廃村八丁に行かれていたんですか!?

当時は、気楽なハイキングコースとして『岳人』や『山と渓谷』に掲載されていた記憶があります。本格的な登山を行わない私にはちょうど良い感じがして、冬の里山風情がお気に入りでした。鞍馬、花背を抜ける景色も大好きです。銀座の風景画についても、話題にすることはタブーだったのか?訪れる人だけの密かな楽しみなのか大袈裟な扱いはしなかった気がしますね 南側の林道の脇に車を停めて、ちょっと急な斜面をよじ登り、綺麗な沢の脇を抜けると 村の跡が眼前にひろがります。冬がオススメです(^^)

Re: No title

JBLさん、こんばんは。

> .>は、廃村八丁に行かれていたんですか!?
>
> 当時は、気楽なハイキングコースとして『岳人』や『山と渓谷』に掲載されていた記憶があります。
> 本格的な登山を行わない私にはちょうど良い感じがして、冬の里山風情がお気に入りでした。

そうなんですか。
私はたどり着くのにけっこう気合が必要なんだと思っていて、行きたいと思いながら足が向いていませんでした(^^;

> 鞍馬、花背を抜ける景色も大好きです。銀座の風景画についても、話題にすることはタブーだったのか?

鞍馬・花背あたりはいいですね~、私も好きです。
銀座が書かれている蔵も、私はもちろん写真でしか知らないのですが、村の歴史を見てみるとちょっと怖くなったり(^^;

> 訪れる人だけの密かな楽しみなのか大袈裟な扱いはしなかった気がしますね 
> 南側の林道の脇に車を停めて、ちょっと急な斜面をよじ登り、綺麗な沢の脇を抜けると 
> 村の跡が眼前にひろがります。冬がオススメです(^^

けっこう簡単にいけそうですね。
こんど行ってみますね、情報をありがとうございます(^^)

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?