The OSAKA MOTOR SHOW 2013 ~前編~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

昨年の出来事を、しかもまったくタイムリーじゃない記事なのですが、大阪モーターショーに行ったことを書きます。

大阪モーターショーは東京モーターショーに比べて出展社数が少なくてイマイチ、という噂も聞きますが、どうしてどうして、けっこう、というかかなり楽しめました。
20140105_01

■DAIHATSU
最初に入ったブースがダイハツ。
コペンの新型車両のようです。
20140105_02

コンセプトというより、かなり現実味のある形。
出るとしたらほとんどこの形で市販されるのではないか、と思われる形です。
こういう軽量スポーツ、マニュアルで運転するのが楽しいんですよね~

■MAZDA
お次はマツダのブース。
私の一番の興味は、やっぱりスカイアクティブテクノロジーのエンジン。
そのエンジンのカットモデルが置いてあります。
20140105_03

大きな特徴はそのピストンの頭の形状。
技術的なことは全く分かりませんので、完全なる受け売りなのですが、このピストンの形状が高圧縮を実現しているのだとか。
ちょっとピンボケしていますが、左手前にインジェクタと思しきものが見えて、このエンジンも直噴であることがうかがえます。

■TOYOTA
続いてトヨタブース。
前知識なく会場にきましたが、予想通り、LFAがありました。
このお顔はあまりタイプではありませんが...
20140105_04

このホイールとブレーキまわり...
20140105_05

そしてこの後ろはぐっときます。
20140105_06

特徴のエグゾーストを撮るのを忘れた!

■RENAULT
ルノーブースです。
これはまた面白い...
20140105_07

右と左でドアの開くヒンジの位置が前後違うのです。
右側は後ろにヒンジがありますが...
20140105_08

左側は前にヒンジがあります。
20140105_09

これはコンセプトモデルで、ちょっと市販の可能性は薄いでしょうね。
20140105_10

■SUZUKI
スズキブースです。
新しい Vストローム。
20140105_11

あまりの人だかりにやっと撮れた1枚。横からはついに撮れませんでしたが、かなりかっこよい。

こちらはRecursionというコンセプトモーターサイクル。
20140105_12

いかにも軽そう。片持ちのチェーンドライブです。

588CCの2気筒エンジンにインタークーラーターボで武装している模様。
20140105_13

しかしそのスペックを見るとクルマではやりのダウンサイジングコンセプトのようで、かつて欧州向けにリリースされていたほぼ同じ排気量のNAエンジンを持つRF600で実現していた100PSを出しているようです。ただし、車体は軽い!

ツインだけにスリム。
マフラーの取り回しに特徴がありますが、このままだとふくらはぎをやけどしそう(^^;
20140105_14

■CHEVROLET
アメリカ車ファンの方にはたいへん申し訳ないのですが、私はあまりアメリカ車の形が好きではありません。
しかし、このコルベットは別格。この長いエンジンルームと...
20140105_15

横のエイ(スティングレイ)マークもかっくいい。
20140105_16

後ろのマフラーもしびれますね。
20140105_17

■自衛隊
そしてちょっと異色だったのがこれ。
20140105_18

こんな装甲車が見られるとは思いもよりませんでした。
20140105_19

滑って転んでこの角に頭をぶつけたら、確実に頭が割れます(^^;
20140105_20

なにしろ、拳骨でたたいてみてもクルマのような『ごんごん』とか『とんとん』というような薄っぺらな音はしません。
『かっかっ』という、まったく余韻を残さない、中身が詰まったような音を立てるのです。
20140105_21

いったい何センチの厚みがあるんですか? と横にいらっしゃった自衛隊員と思しき男性にお聞きしたら、
『いや、それは秘密でお答えできないんです(^^;』
ですって。
は~、そういうことも機密なんですね、なんだかわれわれとは世界が違う危機管理という印象がしました。
20140105_22

■Mercedes AMG
さて、だんだん佳境になってまいりました。
世界の四輪メーカーの最高峰の一角をなす、メルセデス。
SLS AMG GT Final Editionです。
20140105_23

うっかりスペックは見ませんでしたが、きっと常識はずれな数字が並んでいるに決まっています。
このエコの時代、これがこのモンスターマシンの最終バージョンだよ、というのがネーミングに表れています。
20140105_24

■SUBARU
そして、今回のメインの目的の一つ、スバルブースです。
こちらは現実的な選択としてはそんなに注目はしていませんでしたが、そのBRZのツーリングカーレースバージョン。
20140105_25

後ろから見たら変身したモグワイのようです。
20140105_26

ノーマルの車体から大きくはみ出したタイヤ。
20140105_27

ストックのBRZはさして驚くべき出力を持っているわけではありませんが、チューニングによる伸びしろが非常に大きいということなのでしょうか、戦績はかなり良いそうです。
20140105_28

さて、LEVORGです。
20140105_29

運転席に座るには整理券が必要。その他のシートは自由に座れます。そんないじわるせんでも(^^;

こちらは1.6リットルバージョン。外観上の差異は見つけられませんでした。
20140105_30

その性能諸元です。
20140105_31

リニアトロニックというのは平たく言うとCVTですが、私はこのCVTにあまりいい印象がありません。
クルマの修理時に借りたトヨタのMark X Zioと、同じトヨタの何というクルマだったか、2車種のCVTを運転したことがありますが、その両方とも発進直後は2,000回転ちょっとまで回転が上がりますが、クルマが動き始めると、燃費優先で回転は1,200回転くらいまで落ちて、その回転数を維持したまま室内にこもり音を伴いながらゆるゆると速度が上がっていく...
こんなつまらん変速機がいいのか? と毒づきながら乗っていたのですが、さて、スバルが放つCVTはどんな味付けなのでしょう。個人的にはデュアルクラッチにしてほしかった(^^;
正面から見た顔つきも、ちょっと子供っぽい感じはしますが悪くはないと思います。ちょっと飽きが来るのが早いかもしれません。
20140105_32

内装はよかった。
ただ、この内装はいまのインプレッサとかなり共通点を感じられるものです。
20140105_33

トランクスペースですが、あとで見たNew Golf Variantのほうが明確に広い。特に上下方向の深さ(高さ)はLEVORGよりもGolf Variantのほうがよく煮詰まっているとは思いました。
20140105_34

さて、私が『気に入らない』と言っていたリアフェンダーから後ろにのびるプレスラインですが、実車を見るとさほど気になりませんでした。でも、やっぱりこれはないほうがすっきりしているな、というのは正直な感想。ここまではっきりラインを付けないで、緩やかにフェンダーを膨らませたほうがよかったな、というのは個人的な勝手な希望です(^^;
20140105_35

後ろ姿。
現在のLEGACYに酷似しています。両出しのマフラーは素直にかっこいい、テールランプの造形とその間のプレスラインはいまいちだなぁ。
20140105_36

窓越しの内装。
20140105_37

助手席から見るとこんな感じ。
ビルトインの高機能ナビゲーションは30万くらいするらしいですが、20,000円を切るようなメモリーナビでも十分用をなすのに、そんな大金をナビに投資する気にならないのは私だけ?
20140105_40

しかし、そんなLEVORGも、このVersion 3に進化したアイサイトの高機能さ、信頼性の高さを見ると俄然魅力的になってきます。
アクセルを踏まずとも先行車のスピードに合わせて設定車間距離を保って追尾する...
20140105_38

高速走行時は、レーンをキープするようにアシストしてくれる...
20140105_39

似たような機能はゴルフや他のメーカーでもありますが、帰宅してからネットで調べると、世界中のこうした運転支援システムの中では、特に緊急ブレーキングによる危険回避能力や、人やクルマの認識能力、システムの視野角はこのアイサイトが文字通り抜群の高信頼性を持つようです。
これから反射神経が鈍くなってくると、こうした運転支援システムの出来は非常に魅力的です。

... to be continued ...

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

遅ればせながら明けましておめでとうございます!
ボチボチと再開していきますので今年もよろしくです!!

名古屋でもモーターショーはやってるんですけど行ってみたいと思い続けてはや20年
いまだに1度も行ったことのない僕です (^д^;)
こういう記事読んでると行きたくなるんですよね~
今年こそ行ってみようかな (^д^)

No title

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

名古屋のモーターショウは川湯温泉に行ってた時にあったようで、帰りの湾岸線は会場に降りる車で本線まで渋滞してた挙句に事故もあってかなり渋滞してたようです。
また行ってみたいのですが、あの渋滞と人出を思うとどうしても腰が引けちゃいます。^^;

カブでトコトコ行くのが一番良いかもしれません。^^;
自分で見れなかった分、レポの続きも楽しみにしています。(^_^)v

No title

最近のレーシングカーのエアロは凄いですね、かなり凝ってます。
リアまわりは圧巻といいますか、何だか凄い形状だなと、驚きです。(^_^;)

レヴォーグはどことなく、レガシイの面影がありますね~。
そう言えば、レガシイも最近あまり見なくなりましたよ・・・個人的には好きな車の一つなのですが。(^-^)

Re: No title

masaさん、明けましておめでとうございます!

> 遅ればせながら明けましておめでとうございます!
> ボチボチと再開していきますので今年もよろしくです!!

こちらこそよろしくお願いいたします^_^
しばらく更新されていなかったので、どうされているのかなぁと案じておりました。

> 名古屋でもモーターショーはやってるんですけど行ってみたいと思い続けてはや20年
> いまだに1度も行ったことのない僕です (^д^;)

地元の催事って意外と行かないですよねf^_^;
私も京都の催事って行っていないのが結構あります。
いつでも行けるからって思っちゃうんですよね。

> こういう記事読んでると行きたくなるんですよね~
> 今年こそ行ってみようかな (^д^)

ぜひ行かれることをお勧めします(^。^)
masaさんだったらバイクの方が楽しいかもしれませんけど、やっぱり内燃機関の車両はいいもんです^_^
個人的には電気自動車って、あんまりピンとこないんですよ。
やっぱりあのエンジンの回転が上がる感じがいい。
ちょっとアタマが古いのかな(笑)

Kachi//

Re: No title

蒼海さん、明けましておめでとうございます!

> 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
>
> 名古屋のモーターショウは川湯温泉に行ってた時にあったようで、帰りの湾岸線は会場に降りる車で本線まで渋滞してた挙句に事故もあってかなり渋滞してたようです。
> また行ってみたいのですが、あの渋滞と人出を思うとどうしても腰が引けちゃいます。^^;

確かに高速の降り口で渋滞しちゃうとどうしようもないですよね、ほかに出口があるわけないし。
そういう意味では大阪モーターショーってスムーズにクルマを停められましたね。ラッキーでした。

> カブでトコトコ行くのが一番良いかもしれません。^^;

大阪では自転車で来ている人がかなりいましたよ^_^
あれもありだなぁと思いました。
カブにしても自転車にしても、コンパクトで小回りがきくのが、ああいうところでは強いですね。
蒼海さんもぜひ自転車を(^。^)

> 自分で見れなかった分、レポの続きも楽しみにしています。(^_^)v

ありがとうございます。
今回は、レヴォーグの様子が見られたのが大きな収穫でした。
それと、やっぱりホンダは活きのいい会社ですね。
終わりの方ではそっちのことも書くつもりなので、よろしくお付き合いください(^^)v

Kachi//

Re: No title

るーのぼさん、こんばんは。

> 最近のレーシングカーのエアロは凄いですね、かなり凝ってます。
> リアまわりは圧巻といいますか、何だか凄い形状だなと、驚きです。(^_^;)

まだ、BRZはベース車両が何かわかるじゃないですか、でもぜんぜんわからないのもありますよね^^;
BRZは完全市販車をベースにしているからわかるのかな。
それにしてもド派手ですよね。オーバーフェンダーを外したらタイヤが思い切り車体からはみ出しちゃいます(・_・;

> レヴォーグはどことなく、レガシイの面影がありますね~。

やっぱりスバルのクルマですからね〜
グリルのカタチも彷彿とさせますね。

> そう言えば、レガシイも最近あまり見なくなりましたよ・・・個人的には好きな車の一つなのですが。(^-^)

私もレガシィに限らずスバルのクルマは大好きです(^^)
レガシーは2代目のセダンとワゴンを1台ずつ、3代目のセダンを1台乗りました。
カッコも走りもよかったのですが、如何せん、燃費が悪すぎました。
今乗っているゴルフは同じ燃料で本当に倍の距離を走っちゃうんです^^;
新しいレヴォーグがどれくらい改善しているか、興味津々です(^。^)

Kachi//

No title

モーターショーしばらく行って無いですね~
エコな車ばかりでもなく、面白そうですね
私もCVT嫌いですね~基本スクーターと一緒ですもんね
と言いつつ我が家はCVTのエスティマですがwww

デュアルクラッチはコストがかかるのかな
国産じゃ聞いた事が無いですね、ホンダのバイクぐらいですか?
86でさえトルコンのロックアップですよ、なんだかね~ですねw

Re: No title

TREKさんこんばんは。

> モーターショーしばらく行って無いですね~
> エコな車ばかりでもなく、面白そうですね

やっぱり爆発的なパワーですっ飛んで行くクルマが好きですね〜
内燃機関万歳! って言いたい(^。^)

> 私もCVT嫌いですね~基本スクーターと一緒ですもんね
> と言いつつ我が家はCVTのエスティマですがwww

あのエンジンの抑揚のない感じがどうにも好きになれないんですよね〜
ホンダのCVTはキビキビしているとも聞きますが、やっぱりあのカムに乗る高揚感が好きなんですよ^_^

> デュアルクラッチはコストがかかるのかな
> 国産じゃ聞いた事が無いですね、ホンダのバイクぐらいですか?
> 86でさえトルコンのロックアップですよ、なんだかね~ですねw

ハチロクはトルコンなんですか。
日本でデュアルクラッチは、たしかGTRくらいじゃなかったかなぁ。
ある意味、そのコストだかなデュアルクラッチを実用車に採用したVWってすごいんですね〜
いずれはコストダウンされて普及価格帯のクルマにも搭載されて欲しいものです。

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?