自然の力はすごい ~ ダムはよく頑張った ~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日の台風は、京都でも今までなかった被害をもたらしました。
有名な観光地である嵐山で桂川が氾濫して周辺の観光地に甚大な被害があったのはおそらく初めてのことです。
嵐山周辺は、桂川の川幅が局所的に狭く、そして深さも浅くなっているため、京都における治水の弱点のひとつだそうですが、歴史的景観を壊すことができないために手が付けられずにいたものでした。

桂川に限らず、京都市内を走っている有名な鴨川の増水も凄まじく、橋の下をくぐっている遊歩道は完全水没、かなり高い位置にまで水が上がってきていました。
20131004_01

20131004_02

20131004_03

20131004_04

20131004_05

20131004_06

こちらは台風が去って一週間たった鴨川の様子。
息子とわんこが散歩している様子では、あの怒涛の濁流の緊迫感は感じられません。
20131004_07

流れも平常に戻り、台風の時の水かさがどれくらいのものだったかがよくわかります。
20131004_08

20131004_09

所変わって、先日、RTの一連のメンテナンスを終了した後、ぶらっと周山街道方面、ワインディングが楽しい日吉方面にショートツーリングに行ってきました。
そこで、この台風がもたらした大量の水がどれほどのものであったかを、図らずも目の当たりにしました。

これはそのとき走った日吉ダムによってせき止められた人造湖、天若湖です。
桂川水系の治水の要で、桂川の水量を調整する重要な役割を担っています。

大きな地図で見る

この日はこの地図のこの世木ダムと...

大きな地図で見る

この日吉ダムの2か所で驚くような光景を目にしました。

大きな地図で見る

いつも通るこのダム湖の周回道路、南側は土砂崩れのため通行止めのバリケードが立っていました。ということで、今まで通ったことがない北側を走ってみます。
20131004_10

このあたりはまだダムに流れ込む川で、かなりの草が水になぎ倒されている様子が見えます。
20131004_11

川の水位もずいぶん高かった様子がうかがえます。
20131004_12

そして、一つ目のダム、世木ダムです。
20131004_13

こうやってみるといたって平穏に見えるのですが、ちょっと引いてみると...
20131004_14

水がこんなところまで上がっていたようです。

右の方に目をやると、この世木ダムのすぐ下流にある日吉ダムでもう一段階せき止められているのでとんでもないところまで水がたまっていたようです。
20131004_15

20131004_16

先ほどの世木ダムのところをアップにしてみると、水没しているところに通路のようなものが見えますが、なんとなく破壊されているようにも見えます。
20131004_17

ダムの上流のほうに移動して眺めてみます。
20131004_18

こんなところに流木が引っ掛かっています。ダムの上に人が見えますが、その大きさがお分かりいただけるでしょうか。
20131004_19

写真では少しわかりにくいですが、階段の下のダム上は泥だらけ、ここは完全に水に浸かっていたようです。
20131004_20

このダムを上流から見てみると、先ほどの流木はこんな感じで引っかかっています。
20131004_21

ダムの上流もここまで水位が上がっていました。
20131004_22

こちらはこの天若湖に流れ込む川でしょうか。普段はこの程度の水の流れなのに、とんでもなく水量が増加していたことがうかがえます。
20131004_23

同じところで橋の反対側を見ると、橋のすぐ下まで水が上がってきていたことがわかります。
20131004_24

遠目で見ると、これだけの水面上昇があったということで、この湖を満たすだけの水が空から落ちてきたなんて、驚きを禁じ得ません。
20131004_25

20131004_26

ちょっとドキドキしながら府民の森日吉で一休み。
20131004_27

広い空き地が広がっていて、気持ちいいところです。
20131004_28

さらに進んで、この天若湖の要、日吉ダムです。
20131004_29

遠目から見てここまで水が上がっていたのがわかります。
20131004_30

このダムがなかったら、きっと先日の嵐山の被害もあの程度ではすまなかったことでしょう。
ダムのすぐ下流の地域の水害も食い止められたといっていいと思います。
20131004_31

このダムで一体どれくらいの水がためられるのか全く想像もつきませんが、自然の力とは恐ろしいものです。

先日の鴨川の増水ですが、近所のご主人のお話では、伊勢湾台風か室戸台風の時は、あの遊歩道直下の堤防を水が乗り越えて、遊歩道が完全に水没したことがあるそうです。
あとにも先にもあれほどの凄まじい増水はなく、恐ろしい思いをしたとおっしゃっていましたが、台風でなくても最近のゲリラ雨での降水量は尋常ではなく、なんとなく南の島のスコールを思わせます。
日本も亜熱帯になったといわれて久しいですが、もう熱帯になってきているのかもしれませんね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここ数年の雨の降り方はちょっと異常ですね
家の地元も去年堤防が切れて水に浸かったので人事とは思えません
嵐山も何度も行ってなじみがあるだけに心配してました
日本のダムは優秀ですね、これまで決壊したって話は聞いたことが無いですもんね
決壊したらえらいことですがw

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> ここ数年の雨の降り方はちょっと異常ですね

本当に異常と言っていいですよね。
私たちが子供の頃は、あんなバケツをひっくり返したような雨なんて降らなかったですよね。
言葉としてはあったけど、体験したのはここ15年くらいじゃないかな。

> 家の地元も去年堤防が切れて水に浸かったので人事とは思えません

実際に近所でこういうことがあると、そうですね。
幸いなことに拙宅付近は被害はありませんでしたが、いつ降りかかってくるかわからないですよね。

> 嵐山も何度も行ってなじみがあるだけに心配してました

嵐山の光景には言葉を失いましたよね。
渡月橋か冠水するなんて思いもよりませんでした。
自然の力とは、美しくもあり、恐ろしくもあり、というのを思い知りました。

> 日本のダムは優秀ですね、これまで決壊したって話は聞いたことが無いですもんね
> 決壊したらえらいことですがw

ネットを探すと、この間の台風時の増水の様子が見つかりますけど、日吉ダムのこの間の貯水量は300%だったそうです。
あれが決壊したらとんでもないことになっていましたよ。
本当に日本の技術はすごいです。

Kachi//

No title

自然の力はやっぱりスゴイなぁ。。。
もう7~8年くらい前か、九州は高千穂あたりを襲った台風を思い出しました。
高千穂鉄道の鉄橋をもぎ取った自然の力。

京都は昨年宇治川も氾濫しましたし、
豪雨の降り方・降る場所も変わってきたのかもしれませんね。

しかしKachiさんのこのスクリーン、横幅も高さも良いなぁ~

No title

このダムが水で一杯になるほどの雨量・・・改めてとてつもない雨が降ったと思い知らされますね。(^_^;)

川もそうですが、ダムとかも普段は景色のよいきれいな場所なんでしょうね~。
・・・あの木、どうやって取るんでしょう・・・。(-_-;)

Re: No title

まーぼーさん、こんにちは。

> 自然の力はやっぱりスゴイなぁ。。。

すごいですよね、本当にすごい。
これに耐えたダムもすごいですね。

> もう7~8年くらい前か、九州は高千穂あたりを襲った台風を思い出しました。
> 高千穂鉄道の鉄橋をもぎ取った自然の力。

鉄橋をもぎ取ったんですか...恐ろしいですね。
最近は台風に竜巻が加わるようになったみたいで、かつての日本の気候ではなくなってきましたね。

> 京都は昨年宇治川も氾濫しましたし、
> 豪雨の降り方・降る場所も変わってきたのかもしれませんね。

まったくですね。
桂川は昔からけっこう暴れ川として知られていたようですが、記事にした日吉ダムができてからしばらくは平穏でした。
でも、今回の台風では放流する水の量よりも流れ込んでくる水の量のほうが多かったそうで、あの状態が長引いたら相当ヤバかったのだろうと思います。
上流でどっさり降るとこういうことになるんですね。

> しかしKachiさんのこのスクリーン、横幅も高さも良いなぁ~

このスクリーンは秋口から春の終わり限定です(^^;
まあ、夏でも高速走行はラクですよ。
いちばん寝かせた状態でオリジナルのスクリーンを真中まで上げたくらいの高さがありますから、まーぼーさんのように大きな方でも少し上げるだけでヘルメットの上を風が流れていく感じになると思います。
これからはRTの本領発揮ですよ。
ミラーのおかげでグリップ部に直接風があたることもないし、冬こそRTの独壇場です!
これにこのスクリーンがあったら、道が凍らない限りどこまででもイケます。
ヤフオクでもときどき出ていますよ。

Kachi//

Re: No title

るーのぼさん、こんにちは。

> このダムが水で一杯になるほどの雨量・・・改めてとてつもない雨が降ったと思い知らされますね。(^_^;)

もうびっくりしちゃうでしょ。
これ高の水が空から降ってくるんですよ。
ダムがなかったらどうなっていたことか、想像するだけで恐ろしいです。
今回は京都市民の5分の1の世帯に避難指示が出たそうなので、気象庁や関係各役所の緊迫感というか、危機感は相当なものだったのだと思います。

> 川もそうですが、ダムとかも普段は景色のよいきれいな場所なんでしょうね~。
> ・・・あの木、どうやって取るんでしょう・・・。(-_-;)

このダム湖は、景色は...なんですよ。
近所の宇津峡は、戦国時代に誰かの首が流れてきたことで有名らしくて、ここのキャンプ場ではちょっととまれな気もするし(^^;
あの木はどうするんでしょうね。
片方の引っ掛かりを外せば落ちるんでしょうけど、そうするとダムの構造体を痛めてしまってヤバそうですし、両端を少しずつ切断するかどうかして、軽くしてから外すんでしょうね。
作業の現場に居合わせたい気もしますが、まあ無るかな(^^;

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?