スロットルボディの掃除を実施

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日ロケハンしたスロットルボディの清掃ですが、土曜日に実施しました。

今回使う道具と取り換えるパーツです。
20130912_01

左上 インテークマニホールド、おそらく10年間、少なくとも私が購入してから6年間交換していないので、スロットルボディ掃除のときに換えようと思ってMotorworksから購入しておいたものです。
その右はCRCのクリーナーキャブ、先日のバックプレッシャーバルブの掃除にも使ったやつ。独特の甘い香りがしますが、身体には毒なので吸引しないように注意しないといけません。
焼き付き防止剤。インテークマニホールドを固定するボルトのかじり防止用です。
そして、アイドリングスクリューのOリング。これはインマニよりさらに前に調達していて放置していたものです(^^)

さて、かかりましょう。右側からです。

赤の丸と矢印を付けたボルトを緩め、負圧取り出しニップルのキャップも外します。
20130912_02

スロットルボディ後方のダクトをスロットルボディから外してひっこめ、スロットルボディをインテークマニホールドから外します。
20130912_03

スロットルボディ側の矢印をさした突起がインマニ側の切り込みにはまります。

インマニがはまっていたところはオイリーですが...
20130912_04

スロットルボディのバタフライのエンジン側は拍子抜けするくらいきれいです。
20130912_05

スロットルボディの上部にガソリンのインジェクタがはまっていて、前方から見て09:30くらいの位置にアイドリングスクリューで調整されたエアが通ってくる穴が見えます。これのおかげでスロットル全閉でもアイドリングするというわけ。
20130912_06

スロットルボディのバタフライよりエンジン側はこのインジェクタから噴霧されたガソリンで洗われているためにこんなにきれいなのでしょう。ここまで隅々まできれいなのは、ガソリンがきれいに霧化してムラがなく気化しているという証と思っていいでしょう。

アイドリングスクリューの位置を最もしめた状態からどれくらい戻すのかを覚えておいて...
20130912_07

はずします。
20130912_08

ブローバイで汚れていますね。

きれいきれいにして...
20130912_09

古いOリングを外します。
20130912_10

左が新しい方、右が古いほうです。
20130912_11

スロットルボディ内で圧迫されて厚みが薄くなっています。

新しいほうを取り付けます。
20130912_12

さて、ボディの清掃です。
こちらは掃除前の様子。
20130912_13

そして、クリーナーキャブをしゅっと噴きつけると、ほとんど瞬時に壁面のオイルミストが流れます。
20130912_14

これを全体にわたって行ない、ウエスで拭きとります。バタフライを壊さないように要注意。

次にアイドリングスクリューがはまっている穴です。ここもクリーナーを噴いた後、綿棒できれいにして、最後に自転車のインフレータの圧縮エアで残存しているクリーナーを飛ばします。
20130912_15

スロットルボディ内部。
20130912_16

露出の関係でまだ薄汚れているように見えますが、これでもだいぶきれいになりました。バタフライはヘンな力をかけて破損させると取り返しがつかないので、クリーナーの噴きつけと圧縮エアの吹き飛ばしによるクリーニングにとどめます。

インマニを外します。
固着しているかと思って覚悟して臨んだボルトはいとも簡単に『こきっ』という感触とともにゆるんでくれました。
20130912_17

めったに見ることができないインテークバルブです。この角度から見てこの左の奥で爆発が起こっているんですね、なんか不思議です。
20130912_18

ここもガソリンに洗われてきれいなものです。
エグソースト側は燃えカスが通るので、このバルブの足(シャフト?)はルーズソックスをはいたようにカーボンが堆積しているそうです。

はずしたインマニ、左が新、右が旧です。
20130912_19

つねに熱に晒されて10年たっているので、スロットルボディを外す時に割れるくらい硬化しているかと思いきや、新品とさほど変わらない弾力を保っていました。
しかし、トラブルが出る前の予防交換で換えてしまいます。今後はスロットルボディの清掃の時にチェックして、90,000か100,000キロを目安に交換でよさそうです。

インマニを取り付けてボルトをしめますが、しめ過ぎは禁物。
かじり防止材の塗布を忘れずに。
20130912_20

ボディを取り付けて...
20130912_21

しめるべきところをしめ...
20130912_22

負圧取り出し口のキャップも戻します。
20130912_23

さて左側。同じようにスクリューの位置を覚えます。
20130912_24

スロットルボディの後ろと前の汚れ方は右側と同じ傾向です。
20130912_25

20130912_26

こちらも同じ手順できれいにして組み上げます。
20130912_27

注意しないといけないのは、スロットルボディを掃除するとき、どうしてもボディを引っ張ることになるので、その時スロットルの引きを調整するリングにスロットルワイヤがこんなふうに乗っかってしまうことがあります。
20130912_28

こうなるとスロットルを閉じていてもケーブルが引かれた状態になってしまうため、バタフライが開いてしまいます。

ちゃんとリングに落とせばいいのですが、この状態でも実はこの黄色の矢印分だけケーブルが浮いていて、日を改めて行なった同調作業のための暖機運転の時にびっくりするきっかけを作ってしまいました。
20130912_29

同調のための暖機も兼ねた試運転をしたかったのですが、あいにく雨脚が強くなって断念。
日曜日の試運転の様子は改めて。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

まーぼーさん、くんばんは。

> あれれ?
> もう少しキレイになると思うんですが…

うわ、手抜きがばれました?
実はエンジン側のきれいさ加減を見て、オイルで濡れているのががわきゃいいか、って怠け心が...f^_^;
それと、バタフライが思いのほか華奢だったので、あまり深追いして壊したら嫌だなとも思ったんですよ。

> 溶解させてエアーで飛ばすんでしたら、ケミカルはキャブクリ(霧状)よりエンコン(泡状)のほうが落ちが良かったかもしれませんね。

そうなんですね。
泡の方が患部にとどまってよく落ちる(溶ける?)のかも。
エンジンコンディショナーを買ってきてみましょうか。
また楽しみが増えましたね〜
ありがとうございます(^^)

Kachi//

あれれ?
もう少しキレイになると思うんですが…
溶解させてエアーで飛ばすんでしたら、ケミカルはキャブクリ(霧状)よりエンコン(泡状)のほうが落ちが良かったかもしれませんね。

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> さすがインジェクションは構造的には単純なものですね~

まったくですねぇ
キャブは細かいパーツの集合体ですからね。
あれを分解してきれいにして組み直すなんて、私にはできないなぁf^_^;

> 中が綺麗になると気持ちがいいですが
> この程度だと走りに違いが見れるほどは変わらないのかな
> 日頃こまめに調整してますもんね~w

そうなんです。
実は掃除しながら私も思ったんですが、レスポンスが良くなるとか、高回転が力強くなるとか、そんなことなさそうだよなぁと思っていたら、やっぱりあまり変わりませんでした^_^;
むしろ、同調をちと失敗したようで、次週、陣馬に向けてのオイル交換と一緒にやり直しですね(^^)

> 週末は天気が悪くて残念でしたね

試運転をしようと思うような整備の時に限って雨が降るんですよ、ヘビの生殺しですなf^_^;

Kachi//

No title

こんにちは~
さすがインジェクションは構造的には単純なものですね~
中が綺麗になると気持ちがいいですが
この程度だと走りに違いが見れるほどは変わらないのかな
日頃こまめに調整してますもんね~w

週末は天気が悪くて残念でしたね


Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?