スロットルボディ掃除のロケハン

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日の土日の大雨のあと、少し涼しい日が続いていましたが、夏の神様もどこかに行ってしまったのか、急に秋風が吹いてきました。
まだ9月に入ったばかりですからまたぶり返すのかもしれません。

ショックアブソーバーをMotorworksに頼んで、同時にいろんなメンテナンス用のパーツ類も買い込んで、これで当分はブログネタにも困らないな、と思っていのですが、パーツが到着してからこっち、暑くて暑くて、日常の運航に不可欠なオイル交換などのメンテナンスのほかは、不急のメンテナンスはやる気も起こらない、という日々が続いていました。
そんな中、これから秋に入る季節の変わり目にはまたエンジンの左右同調もしなければならないので、併せて吸気系のお掃除もするか、と重い腰を上げて、まずはロケハンを行ないました。

新しくMotorworksから購入したインテークマニホールドを外そうとすると、このヘックスボルトに...
20130831_01

こんなふうにレンチをあてれば緩むはず...固着していなければ。
20130831_02

もう一か所は下側。この2本のボルトを外すことでインマニがエンジンのインテークから外れるはずです。
20130831_03

その前に、このボルトを緩めてインマニからスロットルボディを外したほうが作業性はよさそう。
20130831_04

スロットルボディの、インマニと反対側の後方のも同じようなバンドがボルトで固定されているので、これを緩めればエアクリーナーボックスからのびてきているダクトを外せるはず。
20130831_05

そして、エアクリーナーボックスの方は、このボルトを緩めてバンドを緩めるとダクトがカメの頭のようにエアクリーナーボックスの中に格納できるらしい。
20130831_06

スロットルボディですが、これがスロットル全閉の時の様子。
20130831_07

そして、スロットルをひねってやると、こんなふうにカムが回転してスロットルボディの中のバタフライを開閉させます。
20130831_08

これがスロットルの全閉の位置を決める調整ボルトのはずですが、これは工場出荷状態から動かしてはいけないようです。
アイドリングは左右同調時に動かすアイドリングアジャストスクリューで調整するためでしょう。
20130831_09

私が購入した14,500キロから、現在は79,500キロ。その間、スロットル系は掃除したことがありません。

HIDの配線やり直しをした日曜日に右側のダクトだけ外してみました。

この2本のネジを緩めると...
20130831_10

スロットルボディからダクトが外れ、エアクリーナーボックスにダクトをひっこめることができます。
20130831_11

ダクト側の様子。
20130831_12

けっこうきたないですね。

そして、スロットルボディ本体。
20130831_13

65,000キロ分の汚れです。
今回は時間がないのでこのまま閉めますが、これはきれいにしがいがありそう(^^;

スロットルをすこーしだけ動かしてみると、写真ではわかりづらいですが、スロットルバタフライとスロットルボディとの間にオイルの幕が少しできます。
それくらいしっとり濡れている、ということです。
20130831_14

ここがこれくらい汚れているために調子がどうこうなるというのがなぜなのかよくわかりませんが、ここでエアフィルタを通ってきた空気とインジェクタから噴射されたガソリンが混ざってインテークバルブの方に流れていきますから、こうしたオイルと燃料が混じったような汚れが堆積していると、何かの拍子にそれがある程度まとまってバルブ、つまりは燃焼室の方に流れることは考えられそうです。

それと、ファストアイドルスクリューはしばしば掃除しますが、それが刺さっているスロットルボディ側は掃除したことがないので、そこと合わせてきれいにすれば、ひょっとしたら調子が良くなることはあるかもしれません。


作業自体は1~2週間先でしょうが、これを掃除することでどう変わるのか、いまから楽しみです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

JBLさん、こんにちは。

> 私も、Motorworksには、そうとう助けてもらっています。

MotorworksさんはBMWを維持していく上では欠かせない存在ですよね。
私もABSがダメになった時は本当にお世話になりました(^^)

> ところで。ラムダプローブの件ですが、既存の配線とコネクタを
> 流用してセンサ部分だけを交換すると純正パーツの約半値で済みますが、
> 劣化した配線はそのままなので各自の判断に委ねます。アメリカアマゾンで
> 検索すると該当する部品がヒットしますが、アメリカアマゾンでは海外
> シッピングを受け付けないので、同じ業者をイギリスアマゾンで探して
> 発注できます。すると、ハンガリーの会社から商品が送られてきますが
> 問題はありませんでした。ボッシュの英国工場がハンガリーに移管された
> せいなのかどうかは不明です。たよりないボッシュの刻印のラムダプローブ
> ですが、5000キロ走行した経過は良好です。日本円で6000~7000円です。
> リスク&手間と引き換えですが、日本のディーラーから取り寄せる
> 4分の1以下のコストでバイクを乗り続ける事ができます。

詳細な情報をありがとうございます。
ラムダプローブは、交換するときは私は配線はそのままで行こうかなと思っています。
ラインをたどると全バラしないといけなさそうなので(^^;
やはりディーラーにお願いすると高くつきますね。
海外調達の道があるのは本当にありがたいことです(^^)

Kachi//

No title

私も、Motorworksには、そうとう助けてもらっています。ところで。ラムダプローブの件ですが、既存の配線とコネクタを流用してセンサ部分だけを交換すると純正パーツの約半値で済みますが、劣化した配線はそのままなので各自の判断に委ねます。アメリカアマゾンで検索すると該当する部品がヒットしますが、アメリカアマゾンでは海外シッピングを受け付けないので、同じ業者をイギリスアマゾンで探して発注できます。すると、ハンガリーの会社から商品が送られてきますが問題はありませんでした。ボッシュの英国工場がハンガリーに移管されたせいなのかどうかは不明です。たよりないボッシュの刻印のラムダプローブですが、5000キロ走行した経過は良好です。日本円で6000~7000円です。リスク&手間と引き換えですが、日本のディーラーから取り寄せる4分の1以下のコストでバイクを乗り続ける事ができます。

Re: No title

JBLさん、こんばんは。

> TPS【ゼロリセット】の方法、勉強になりました、みなさま、ありがとうございます、
> diagonal tool(HEXCODE社)に頼りっぱなしなので、基本を顧みなかったです。

まーぼーさんのおかげで謎が解けてよかったですね(^^)
私もいろんな方からいろんなことを教えていただきながら自分のRTをやっとのことで維持しています。

> ラムダプローブに関しては、8万キロを越えたあたりから急激に燃費が悪くなり
> 105000キロ時点でホールセンサーが走行中に逝ってしまった時点で、同時交換しました
> あたりまえというか、燃費は回復し、気のせいか走りが滑らか、元通りになりました。

私のラムダプローブもそろそろ寿命かもしれませんね。
日本で調達するとけっこう高額なので、また例によってMotorworksに先手を打って手配をかけましょうかね(^^)
まーぼーさんの前車のRもそうだったようですが、やっぱりホールセンサーも鬼門なのか、これも調達リスト入りですね。

> ボッシュ社の使用限度10万キロ、BMW社の指定交換時期8万キロは、
> 適正だったのかな?と、独り合点した次第です。

ほかにも弱いところがありそうですね。
各パーツの耐用年数の確認はBMWを安全安心に運航するうえで欠かせないですね。

> ホールセンサーの自力交換、修理に関しても、ネットで惜しみなく公開される情報に
> どれほど助けられたことか…
>
> 今後とも、よろしくお願いしますm(__)m

こちらこそよろしくお願いいたします。
ホールセンサーとラムダプローブの情報もありがとうございます。
私もまだまだ知らないことがたくさんありますので、宜しくお願いしますね~(^^)v

Kachi//

No title

TPS【ゼロリセット】の方法、勉強になりました、みなさま、ありがとうございます、
diagonal tool(HEXCODE社)に頼りっぱなしなので、基本を顧みなかったです。

ラムダプローブに関しては、8万キロを越えたあたりから急激に燃費が悪くなり
105000キロ時点でホールセンサーが走行中に逝ってしまった時点で、同時交換しました
あたりまえというか、燃費は回復し、気のせいか走りが滑らか、元通りになりました。

ボッシュ社の使用限度10万キロ、BMW社の指定交換時期8万キロは、
適正だったのかな?と、独り合点した次第です。

ホールセンサーの自力交換、修理に関しても、ネットで惜しみなく公開される情報に
どれほど助けられたことか…

今後とも、よろしくお願いしますm(__)m

Re: タイトルなし

まーぼーさん、こんばんは。

> こんばんは。
> これまでスロットル掃除されてなかったという事に素直に驚いてます。
> なんかKachiさん半年に1回くらいやられそうなイメージなんですが(笑)

いえ、していないんです(^^;
やろうやろうと思いながら、6年がたとうとしています(^^;
まあ、やっていたら記事にしていますものね(笑)

> キレイにした後、スロットルは同調しないといけないかも。
> でも、エンジンが気持ちよく回り乱れた感じがしなければそれでOKかも。
> 肝心なは感覚です。

そうですね。
バキュームゲージもありますし、目と体の感覚でやってみます。
調子が良くなると嬉しいんですけどね~、どうなるんでしょうか。
壊さないようにしないと、スロットルケーブルとかどこかに引っ掛けて思いきり調子が崩れたりしたらいやですよね。

> スロポジセンサーは同調ではなく「ゼロリセット」だったと思います。

ゼロリセット化、それならバッテリのターミナルを外した後にやってますね。
イグニッションをOnにしてエンジンをかけずにスロットルを何回か全開にする、ってやつですよね?
あ~、ぱっとゼロリセットのことだと気が付かないところが、まだ修行が足りないですね~、精進しないと(^^;
ご指摘ありがとうございます(^^)

Kachi//

こんばんは。
これまでスロットル掃除されてなかったという事に素直に驚いてます。
なんかKachiさん半年に1回くらいやられそうなイメージなんですが(笑)
キレイにした後、スロットルは同調しないといけないかも。
でも、エンジンが気持ちよく回り乱れた感じがしなければそれでOKかも。
肝心なは感覚です。
スロポジセンサーは同調ではなく「ゼロリセット」だったと思います。

Re: No title

ぷんとさん、こんばんは。

> 僕はこの作業を3回ほどやってますが、作業の後は必ず同調調整が必要になります。

でしょうね~
特にスクリューをきれいにしたら、エアの流入量が変わりますものね。

> また、アイドリング調整ネジを一回外して、中の汚れを掃除するといいと思います。どうせ同調調整するのですが、このネジを外す前に位置をマーキングし、全締めまで何回転と何分の一かメモっとくとあとで楽。

アドバイスありがとうございます。
アイドリングの同調は何回かやっているのでまあ大丈夫でしょう(^^)
あの作業は何回やっても気が焦りますね、オーバーヒートが心配で(^^;


> こっから先はおせっかいになりますけど、もう7万キロ以上走ってるなら、インジェクション周りのゴムパーツをひと通り替えるのもいいと思います。
> アイドリングネジにはOリングがありますし、スロットルボディ後ろのOリング、下側のゴムキャップ、インテークマニホールドもゴム製です。私は2年ほど前に全部取り替えてしまいました。

> 追伸
> インジェクターのOリングも……でもこれはスロットルボディをはずさなくても触れるので、あとでもいいかな。


重ね重ねアドバイスありがとうございます。
先にぷんとさんのところでリサーチしておけばよかった(^^;
今回は、ショックアブソーバーといっしょにインテークマニホールドは調達しましたので交換予定です。
スクリューのOリングもその前の調達時に購入しましたが、これも今回交換です。
負圧取り出し口のキャップも少し前に交換しました。
でもスロットルボディの後ろのOリングはノーマークでした(^^;
今回のロケハンで観た限りでは風化している様子はなかったのですが、いただいたアドバイスに従って、日を改めてディーラーでもらって取り替えることにします。ありがとうございます。

やっぱりスクリューの穴はポイントになりそうですね。
がんばってきれいに手してみます(^^)

Kachi//

Re: No title

るーのぼさん、こんばんは。

> キャブの清掃は手が出ない・・・と以前から思っていましたが、スロットルバルブなら手が出せそうだな~、と思いました。

実は私もキャブの分解清掃はまったく自信がありません。
人様のされている様子を見ると、すごく華奢なパーツも含まれていて、とんまな私はそのうちの一つか二つを追ってしまったり、Oリングを引きちぎったりしそうで、元に戻せなくなるんじゃないかという心配が頭を離れないんですよ(^^;

> この辺りも清掃をしたら、気持ちフィーリングが変わりそうですね~。

どうなんでしょうね~
肝はアイドリングの調整をするエアスクリューあたりかな、と思っています。
バタフライ周辺をきれいにしたら、エアスクリューの穴へのミストの侵入も少し緩和されて調子が良くなるといいんですけどね(^^9

> エンジンにゴミが入るのも事前に防げますし、定期的に見たほうが良さそうですね。(^-^)

実は、この作業中にインテークにネジや布きれを誤って落としやしないか、ってそっちが心配だったりします(^^;
ゴミが入るのを事前に防ぐのが目的、ですけど、私の場合はそれがあだになったりすることもあるかも...成功を祈っていてくださいね(^^)v

Kachi//

Re: No title

JBLさん、こんばんは、初めまして。
ようこそおいでくださいました(^^)
ていじんさんのブログでときどきお名前拝見していますよ(^^)

> はじめまして、ていじんさんのブログから伺いました。楽しく拝見させていただいています。私も、10万キロ越えのR1100GSを所有しております。先日、インジェクター廻りに触れる機会があったのですが、貴殿ほどの汚れはありませんでした。以前に拝見したプラグの汚れ具合と合わせて相関がありそうですね。後学のためにも、顛末を楽しみにさせていただきます。ところで、ラムダプローブの交換は何キロあたりで済まされているでしょうか?また、エアスクリュウ等の同調後、TPS(スロットルポジションセンサー)の同調は如何されているでしょうか?

作業はたぶんこの週末に、記事は来週中ごろになろうかと思います。
しばしお待ちくださいね(^^)

ところで、ラムダプローブですが、私のRTは間もなく8万キロですが、まだ交換していません。
あれは不具合が出ると燃費が悪くなると聞いていますが、いまのところその兆候がないため、正常に機能しているのだと思っています。
あとエアスクリュー同調のあとはTPSの同調は行なっていません。そのやり方を知らないのですが、そちらも同調が必要なのでしょうか f(^^;
こんど構造を見てみようと思いますが、TPSはバタフライといっしょに動いているから、スロットルを開けて3,000rpmで回転させて状態で左右同調を撮ったらそれでOKかと思ていました。
ちょっと調べてみますね。

Kachi//

Re: No title

ガンバさん、こんばんは。

> スロットル部分の掃除はエアスクリューと同時にやっていました。

私はエアスクリューしか触ったことがないんですよ、いままで。
やっぱりここはセットできれいにすべきところですよね。
スクリューの汚れ具合からバタフライも汚いだろうと思ってはいましたが、やっぱり相当なものでした(^^;

> バタフライ部分の汚れが結構凄いですよね。
> パーツクリーナーで拭き取った後にエンジンをかけてパーツクリーナを
> バンバン振りかけちゃいましたが、大丈夫でしたよ(笑)。

お~、けっこう荒治療ですね~
私もエンジンかけて振り掛けようかと思っていたのですが、かなり白煙を吐くようで、隣家と密集している京都だとそうもいかなさそうです。
本当はそうしたらエンジンの中もけっこうきれいになりそうなのでやりたいんですけどね(^^)

> アイドリング付近の不整脈はここが原因な事が多いみたいですが、
> 私は掃除しても回復は感じませんでした(汗)。

私もバタフライ周辺をきれいにしても調子が良くなる理屈がよくわかりません。
エアスクリューの、ちょうどエアを調整しているスクリューの先端あたりの汚れはかなり効くかなあとは思うのですけどね。
まあ汚いのはきれいにしたほうが、心理的にもすっきりして調子よくなった感じがしていいかも(^^)

> しかしあのタール状の汚れは何由来なんでしょうね?

ブローバイのオイルミストがキャッチタンクで回収しきれずに来ているんでしょうね~
雨の日に走行すると空気中の湿度も高いでしょうから、それがオイルミストと混ざって乳化する、オイルミストは、匂いを嗅いでみるとガソリンと同じ刺激臭がするから、ガソリンも含まれているのでしょう、これが6年も7年も堆積したら、ガソリンが腐ってガム状のペーストになる、ってところでしょうか。
何にしても、このタール状のものは私が今回使おうとしているCRCのクリーナーキャブだと荷が重そうです(^^;

Kachi//

No title

追伸
インジェクターのOリングも……でもこれはスロットルボディをはずさなくても触れるので、あとでもいいかな。

No title

僕はこの作業を3回ほどやってますが、作業の後は必ず同調調整が必要になります。

また、アイドリング調整ネジを一回外して、中の汚れを掃除するといいと思います。どうせ同調調整するのですが、このネジを外す前に位置をマーキングし、全締めまで何回転と何分の一かメモっとくとあとで楽。

こっから先はおせっかいになりますけど、もう7万キロ以上走ってるなら、インジェクション周りのゴムパーツをひと通り替えるのもいいと思います。
アイドリングネジにはOリングがありますし、スロットルボディ後ろのOリング、下側のゴムキャップ、インテークマニホールドもゴム製です。私は2年ほど前に全部取り替えてしまいました。

No title

キャブの清掃は手が出ない・・・と以前から思っていましたが、スロットルバルブなら手が出せそうだな~、と思いました。
この辺りも清掃をしたら、気持ちフィーリングが変わりそうですね~。

エンジンにゴミが入るのも事前に防げますし、定期的に見たほうが良さそうですね。(^-^)

No title

はじめまして、ていじんさんのブログから伺いました。楽しく拝見させていただいています。私も、10万キロ越えのR1100GSを所有しております。先日、インジェクター廻りに触れる機会があったのですが、貴殿ほどの汚れはありませんでした。以前に拝見したプラグの汚れ具合と合わせて相関がありそうですね。後学のためにも、顛末を楽しみにさせていただきます。ところで、ラムダプローブの交換は何キロあたりで済まされているでしょうか?また、エアスクリュウ等の同調後、TPS(スロットルポジションセンサー)の同調は如何されているでしょうか?

No title

おはようございます。
スロットル部分の掃除はエアスクリューと同時にやっていました。
バタフライ部分の汚れが結構凄いですよね。
パーツクリーナーで拭き取った後にエンジンをかけてパーツクリーナを
バンバン振りかけちゃいましたが、大丈夫でしたよ(笑)。

アイドリング付近の不整脈はここが原因な事が多いみたいですが、
私は掃除しても回復は感じませんでした(汗)。
しかしあのタール状の汚れは何由来なんでしょうね?
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?