fc2ブログ

オイルクーラーファン

RTに限らず、R系はみんな空冷エンジンです。
冬場はオーバークールもなく、機嫌よく働いてくれるエンジンですが、日本のあの殺人的な暑い夏の中では冷却も結構厳しい条件下で行われます。
1150C.C.という排気量から発生する熱量は相当なもので、特にシリンダの大半がカウルに埋没しているRTの場合は走っていないと油温も上がりがち。
夏真っ盛りでも、走っている分にはオイルクーラーで冷却は促進されており、RIDの表示を見ている限りは油温が極端に上昇することはありませんが、渋滞にはまってしまうと冬場でもRIDの油温は目盛の真ん中を超えることがあります。
それだけ走行風を受けている時のオイルクーラーの効用は大きいといえ、できれば常にオイルクーラーには空気の流れを当てている状態が理想といえます。

RTにはバイク正面から見てヘッドライトの直下に、四輪ではBMWのデザイン上のアイデンティティであるキドニーグリルが控えめにあり(でもどう見てもキドニー=腎臓=には見えないから、違うのかな?)、その奥にオイルクーラーが配置されています。
オイルクーラー

BMW Bikesなどの雑誌を見ていると、防水処理が施された(!)パソコン用のCPU冷却用のファンをオイルクーラーの後ろに取り付けられている方もいらっしゃるようで、皆さん、やはり油温の上昇には悩まされているんだな、と感じます。

あと3か月もするとまたあの暑い夏が来るなぁ、などと考えながら情報を探していると、RealOME.comちゃんとクーリングファンがあることを知りました。
オイルクーラーファン

関連する部品全部で$440.34のようで、高いようなそうでもないような...。
これがなぜ仕向地日本の車両に最初から装着されていないのかはよくわかりません。
仮に装着しようとした場合、物理的な寸法は、当然のことながら何の加工もせずに取り付けられると思われますが、これを運転するための配線が生きているのか(残されているか)どうかがわかりません。
オイルの熱によってオイルポンプの動作を司るサーモスタットがあるはずで、これに連動してクーリングファンモーターのOn/Offを制御できれば一番いいのですが、私のような素人が施工しようとした場合は、手元にスイッチを設けて、それでファンのOn/Offを操作する、という方法が難易度が低そうです。

しかし、このお値段、たかが冷やすファンに$440も、とみるか、$440でオイル劣化がある程度抑制されてエンジンにもいいんだ、とみるか、ですが、金額の絶対値で購入に踏み切れないという悲しい事情は如何ともし難い...。
この半額くらいで同種のものがどこかにあればいいのですが。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

Kura119さん、拍手コメントありがとうございます。

ようこそおいでくださいました。
バイクに興味のない方から見たらなんだかよくわからないブログですが、これからもよろしくお願いいたします。
またのお越しをお待ち申し上げております!

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?