ミラーベースのクラックを補修しました

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日とりあえず塗装を終えたミラーハウジング。
しかし、まだやらなければならないことがあります。

ミラーを車体に合体させるためのベースのクラックを補修しないといけません。

そのために先日Amazonで購入した【プラリペア】
20120612_01

結果から言ってしまうと、これは画期的な接着剤ですね~。
5分で硬化するという謳い文句ですが、本当に短時間で硬化し、硬化すると補修対象のプラスチックと一体化しますし、取り扱いも簡単です。
ただし、使用する溶剤は鼻が曲がりそうな匂いがします(^^;

さて、要補修箇所を見てみます。

当初、1か所だけだと思っていたクラックですが、もう1か所あることがわかりました。
この赤丸をつけたところ。
20120612_02

そのちょうど裏側にもクラックが観察できて、このクラックがベースを貫通していることがわかります。
20120612_03

下準備として、このクラック部分をリューターで削り、V字型の溝を作ります。
20120612_05

20120612_06

20120612_07

20120612_08

補修しなければならないクラックの位置はこの2か所。
レンズユニットとハウジングを借り組してどれくらいのスペースの余裕があるかを確認しているところです。
20120612_04

先に示したプラリペアのWebページで紹介されていた【ニードル法】で補修した後の様子です。
20120612_09

赤い線で示したのが、クラックが走っていたおおよその部位です。
これでもかっ、とリペア剤を盛ってしまいます。
20120612_12
クラック以外のところは、補強のつもりです(^^;

新たに発見したクラックの部分も。
20120612_10

20120612_11

さて、車体への取り付けです。

これは左側の取り付けの様子。接合部分の様子はこんな感じです。
20120612_13

補修した後の右側のミラーを取り付けるとこんな感じ。
20120612_14

転倒の衝撃でミラーハウジングが少し削れていますが、ミラーを取り付けるときのミラー後方の結合部分の節度もしっかりして、がっしりとかみ合っていることが確認できました。
ただし、これでもかっ、と盛り付けた補強部分は、一部車体側と干渉してしまう部分があり、少し削る必要がありました(^^;

とりあえず、これでミラーの塗装は(鏡面仕上げを残して)ひとまず完成、取り付け剛性もどうにか確保できました。

もう一つの割れたミラーハウジング。
あれも補修できたりするのかな、なんて、ちょっとした野望(?)も頭をもたげたりして(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

V字型の溝を掘ってクラックを補修・・・そういうやり方があるんですね~。
自分だったら、間違いなく放置しますよ。(^_^;)

しかし、削ったり埋めたりくっつけたり・・・お疲れ様です。m(_ _)m
カウル付のバイクは一度やらかしてしまうと、本当に大変ですね・・・。

No title

色んなものが有るんですね~
プラスチックを溶接する感じでしょうか?
これだったら削って塗装もできそうですね
カウルも補修できそうですか?

Re: No title

るーのぼさん、こんばんは。

> V字型の溝を掘ってクラックを補修・・・そういうやり方があるんですね~。
> 自分だったら、間違いなく放置しますよ。(^_^;)

私もプラリペアって以前から名前は知っていたのですが、今回、ミラーの補修をするために初めて真面目に調べて、試してみる気になりました。
これやらないと、ミラーの後ろ側がしっかり固定されないので、やらざるを得なかった、というのが本音ですね~(^^;

> しかし、削ったり埋めたりくっつけたり・・・お疲れ様です。m(_ _)m
> カウル付のバイクは一度やらかしてしまうと、本当に大変ですね・・・。

まったくです(^^;
まだフレームがゆがむよりも助かりますが、傷がつく面積が広い、というのは、きれいなうちはいいですが、ひとたび傷物になると気になって仕方ありませんね。
大事にしたいですね~

Kachi//

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> 色んなものが有るんですね~
> プラスチックを溶接する感じでしょうか?

まさにそうです、溶接するというのがぴったりの表現ですね。
これはいままで使っていたプラスチック用のセメダインでも、アロンアルファでもない、まさに樹脂溶接、って感じです。
まあ、セメダインも本当は溶かしてくっつけるのですが、接着部分の強固さは比較になりませんね~

> これだったら削って塗装もできそうですね
> カウルも補修できそうですか?

うまくすれば補修できるかもしれません。
今回、私が補修したいサイドカウルは下端の目立たないところなので、実験にはうってつけです。
パテと組み合わせてどんなふうになるか、ちょっと落ち着いてやってみます(^^)

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?