fc2ブログ

2台目のバイク

せっかく中型二輪免許を取ったのですから、お金がなくても何とかして中型バイクに乗りたくなるのは人情です。

余談ですが、当時の自動二輪免許体系は、 原付を除くすべての排気量の二輪車が【自動二輪車】というカテゴリにくくられていて、その中で、
■125C.C.未満・・・小型限定
■400C.C.未満・・・中型限定
■400C.C.以上・・・限定解除
という形で、排気量レンジが【免許条件】で定義されていました。
現在はこのうちの【中型限定】以下が【普通二輪車】、【限定解除】が【大型二輪車】とカテゴリが分かれてしまっている(まったく別の免許、ただし大型免許で普通二輪は運転可能)ので、もし400C.C.未満の運転資格しかない免許で大型二輪を運転して検挙されたら【無免許運転】とされますが、当時は【条件違反】ですんでいました。

さて、教習所になどに通ってしまいましたから、お金なぞ残っていません。
しかし、乗りたい乗りたいとうわ言のように唸っていると、神様が憐れと思ってくださったのでしょうか、高校時代の友人の友人が、バイクを降りるから買わないか、と格安でバイクを譲ってくれることになりました。
その価格、5,000円也。
もう即決です。
年式は不明でしたが、CB250(確か"T"がついたと思います)で、教習所で乗ったCB400Tと同世代のCB250よりももう一つ世代の古いCBでした。

CB250(T)

SOHCの空冷ツインですが、ぼこぼこぼこ...という鼓動感たっぷりの排気音と、原付の5倍の排気量に物を言わせたスタートダッシュは、信号待ちの先頭から車たちを置き去りにしていけるだけの加速力を持っていました。
キックスターターに加えて憧れだったセルスタータもついていて、その当時のセルは【ふしゅるしゅるしゅる...】という、車と一味違った笛を吹くような素敵な音を奏でていました。

このバイクは、ハンドルがトップブリッジにラバーマウントされていて、これがグニャグニャとソリッド感に欠け、荒れた道でのコーナリングでは肝を冷やしました。
また、決まって70キロ前後の特定の速度域の時だけハンドルに異常な振動(おもに縦方向)が発生していて、いま思うと、リムが振れていたのかもしれません。

でも、なんだかんだ言っても、車にあおられることもなくなり、高速道路も走れるようになって、積載性も格段に向上、よりツーリングらしさを堪能できるようになったことは大きな喜びでした。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?