GIVIのヘルメット XPlusの印象追加とちょっとモディファイ

GIVIのヘルメット、XPlus。

■過去の記事
【ヘルメット GIVI XPlus】

ちょっと手を入れたりしましたので、印象を少し追加で書いてみたいと思います。

XPlusにはシールドのヒンジをはずすためのツールが同梱されていて、これでヒンジの丸いストッパを回転させることで、シールドをはずすことができます。

シールドヒンジ

外す手順は至極簡単で、戻すのも簡単、このあたりの使い勝手はとてもいいです。

あご紐の連結には、日本製で一般的なリング式ではなく、このようなラチェット式のバックルが採用されていて、冬用の厚手のグローブをはめていてもワンタッチで着脱ができます。

ベルトラチェット1

ベルトラチェット2

引っ張り強度で考えると、リング式のほうが高いだろうと思われますが、ドイツのヘルメットメーカーSchuberthなども採用している方式です。

ヘルメット上部にはベンチレーションの口が開いていますが、この黒いアタッチメントを交換することで、ベンチレーションを無効にすることができます。

ベンチレーション外観

Araiなどのように、走行中でもワンタッチでベンチレーションを無効にできないのは難点です。突然の雨でもいちいち止まってアタッチメントを交換しなければなりません。

アタッチメントをはずしたところはこんな感じです。

ベンチレーションをはずすと...

このヘルメットにはサンバイザがついています。
ヘルメットの左側面についているレバーを操作することでバイザーが下りてきますが、もう少し縦方向の長さがあってもいいように思います。視界の下3分の1くらいがバイザの外に出てしまいます。RTの場合はちょうどそのあたりがメータのあたりなので支障はありませんが、ネイキッドに乗っている方はちょっと明暗差で疲れるかもしれません。

視界はジェットヘルメットと遜色なく、それでいてちょうど口の前にチンガードがあり、これが視界に入らないように上手にアレンジされているため、安心感と視界の広さが両立されているといえます。

このヘルメットは試着できなかったため、メジャーで頭囲を測定し、61センチあった私の頭に合わせてXLサイズを発注しました。
最初のうちはちょうどいいくらいかと思っていましたが、1年かぶっているとクッションが少しへ立ってきたため、東急ハンズで低反発スポンジシートを購入し、内部に敷いてみました。
敷いては試着し、試着しては調節を数回繰り返して、写真のような配置に落ち着きました。

内装調整1

内装調整2

内装調整3

小さい切欠きがある部分は、チークパッドを固定するスナップが入る逃げの部分です。

頭頂部の内装を戻し、チークパッドを戻して復旧です。

復旧過程1

復旧過程2

これでフィット感が良くなり、今まで頭がヘルメットの中で少し遊んでいたことがよくわかりました。
フィットすると、ヘルメットが1割程度軽くなったような感覚にもなります。
ヘルメットの中がヘタって少しゆるんだら試してみると、なんだか新調したような感じになるので、おすすめチューニング(?)です。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?