FC2ブログ

オイルクーラーファン設置構想 ~ 製作開始

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

金曜日に調達してきたオイルクーラーファンのフレーム用部材。
土曜日にいよいよ加工を開始しました。

昼に仕事を終わらせ、帰宅してから作業にかかります。

こういう作業をするときは、ちょっと落ち着いたBGMなんか流すと心が落ち着いていいものです。
20120226_01

まずは指金で採寸しながら切断するところにマークを付けていきます。
この線を引くには、インクがなくなって使えなくなったボールペンがいいようです。
もちろん、いちど線を引いたら消すことはできませんので、慎重にする必要があります。
20120226_02

線を引いた後、引いた線をカッターでなぞるようにして何回も何回も切れ目を入れていきます。
この作業、正直言ってけっこうな重労働です。
わずか0.5ミリ厚のアルミ板だと思ってタカをくくっていましたが、やはり相手は金属。2枚のフレームの元の外形を切り出すだけで、上半身がパンパンになりました(^^;
なので、とてもじゃありませんが、切っている様子を、やらせであっても写す気力はありませんでした(^^;

細かい仕上げはまだ先ですが、ひとまず外形だけ切り出した、こちらは曲げ強度を上げるために反しをつける方のフレーム。
返しを付けるための曲げ代を付けてあるのがわかるでしょうか?
20120226_03

こちらがそのアップ。
20120226_05

そして、こちらがファンを取り付けるためのフレーム。
先のフレームにはない、ファンを固定するためのステーがかかれています。
20120226_04

これもアップです。
20120226_06

この二つを重ねてみると、こんな感じ。
20120226_07

ここで、コアの部分を切り離す前に、ファンを固定するステーにボルトを通す穴をあけておきます。
まず木工用のキリで小さな穴をあけておき...
20120226_08

細いドリルからだんだん太いドリルに交換して、穴を広げていきます。
20120226_09

ファンを仮付してみたところです。
いい感じでついています。
20120226_11

こちら、裏側です。
20120226_10

そして、内側のコアの部分にかかりますが、これがまたけっこう気を遣います。
ステーが生えているところには刃を当てないようにしなければ、と思うのですが、勢い余ってステーの付け根まで切り目を入れたりしてしまいます。
20120226_12

あとから思ったのですが、刃を止めなければならないところは、先にドリルを使う前に使ったキリで穴をあけておけば、そこで刃を止めることができたかもしれません。
こういうことは実際に経験を積んでみないとわからないことですね。

ということで、今日はここまでやってもうギブアップです。
とにかく、アルミを切るには左手に全体重をかけてアルミ板を押さえつけて滑らないようにし、右手でカッターを注意深く走らせなければならないので、けっこう力仕事です。

さあ、明日も外出しなければなりませんので、続きができるのは夕方以降。
今週はまだ完成まではいきそうもありませんね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

いよいよですね!

おはようございます^^

おお~~!いよいよ開始ですね!
大変ですが楽しいと思いますので、頑張って下さい(^-^)
私も今後の参考にさせていただきますのでm(_ _)m

じっくりいきましょう。

当方の場合、出かけようと思っていた休日が
雨で暇になったので、有り余った時間でノンビリと切り出しましたが
たしかにカッターで切り出すのは非常に時間と根気が要ります。
慌てると怪我の元なので、少し作業してはバイク雑誌でも読み
また少し作業してはWeb巡りをして…みたいな感じで進めました。

そして作業を進めていくうちに見つかる『コツ』みたいなものもナットクです。

…それにしてもこれだけ複雑なものの切り出しは、さぞかし大変だったでしょう…
くれぐれも怪我にはお気をつけくださいませ。
完成が楽しみです♪

Re: いよいよですね!

マサフジさん、おはようございます。

> おお~~!いよいよ開始ですね!
> 大変ですが楽しいと思いますので、頑張って下さい(^-^)

とうとうはじめてしまいました(笑)
たまたまオルタネータベルトをの交換でふと思いついた構想でしたが、ほんとうに始めることになるとは思っていませんでした(^^)

> 私も今後の参考にさせていただきますのでm(_ _)m

ご参考になればいいのですが、なにぶん未経験のことの連続ですので、どうぞ反面教師としてご笑覧くださいませ(^^;

アルミはやはり曲げに対しては存外柔らかく、コアの部分を切り離した途端にくにゃっといきそうで、ちょっと怖いですね。

Kachi//

Re: じっくりいきましょう。

たんたんさん、おはようございます。

> 当方の場合、出かけようと思っていた休日が
> 雨で暇になったので、有り余った時間でノンビリと切り出しましたが
> たしかにカッターで切り出すのは非常に時間と根気が要ります。
> 慌てると怪我の元なので、少し作業してはバイク雑誌でも読み
> また少し作業してはWeb巡りをして…みたいな感じで進めました。

たんたんさんのおかげで思い切って作業を開始することができました。ありがとうございます。

> そして作業を進めていくうちに見つかる『コツ』みたいなものもナットクです。
>
> …それにしてもこれだけ複雑なものの切り出しは、さぞかし大変だったでしょう…
> くれぐれも怪我にはお気をつけくださいませ。
> 完成が楽しみです♪

しかし、やはり金属相手だと、アルミとはいえカッター切断はたいへんですね~
その割に細いところは簡単に曲がってしまいそうで、返しだけではなく、何らかの補強を考えないといけなさそうです。

Kachi//

No title

カッターVSアルミ板・・・ホントに気が遠くなりそうな作業ですね・・・。
中をくりぬく場合、はさみは使えませんから・・・水圧カッターでも欲しいところですね。(^_^;)

力と精密さが必要な作業ですよね・・・怪我だけはされないように気をつけて作業されて下さい。(^-^)

Re: No title

るーのぼさん、こんばんは。

> カッターVSアルミ板・・・ホントに気が遠くなりそうな作業ですね・・・。

いやあ、やっぱり、一般に手に入る金属のうち柔らかい部類に入るアルミといえども、やっぱり金属は金属ですね~、もうすでに昨日の作業の間に、換えの刃を2本使いました(^^;

> 中をくりぬく場合、はさみは使えませんから・・・水圧カッターでも欲しいところですね。(^_^;)

水圧カッター...! それいいですね、ぜひほしいところです。
糸鋸を買っておくか、とも思ったのですが、こうやって切断をしていると、糸鋸だと細いところの切断では絶対にシワが入るな、と思えます。
そういう点、水圧カッターはよさげですね。

> 力と精密さが必要な作業ですよね・・・怪我だけはされないように気をつけて作業されて下さい。(^-^)

ご心配いただいてありがとうございます。
ほんとうに力がいります。
今日はどちらかというと寒いですが、この作業をやっているとうっすらと汗ばむほどです。

でも、だんだん形もできてきて、楽しみでもあります。

早く完成形を見たいところですが、焦ると元も子もなくなりそうなので、じっくりやりますね。

Kachi//

No title

結構な力がいりそうですね
勢いあまって切り過ぎって分かるような気がしますw
0.5mmをなめちゃいけませんね

形になってくるとワクワクしますね
もうちょい頑張ってください!

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> 結構な力がいりそうですね
> 勢いあまって切り過ぎって分かるような気がしますw
> 0.5mmをなめちゃいけませんね

ほんと、なめちゃいかんです。
左の掌はもう力が入らなくなってきました(^^;

> 形になってくるとワクワクしますね
> もうちょい頑張ってください!

今まさに佳境です。
なので、まさにぴったりのコメント、ありがとうございます。
あと、コア部分を三つ通せば切断完了です。
もうちょい、頑張ります!!

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?