fc2ブログ

乗鞍まったりヒルクライム 〜天上レストランでとんかつ食べておりましょう〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

乗鞍ヒルクライムのゴール地点、長野県と岐阜県の県境に到着しました。
ここから向こうは岐阜県の高山市だそうです。
20230729-105718_IMG_3370_16_583 mm_1-640 秒 (f - 3_2)

少し先に進むと、日本でいちばん高いところにあるバス停 乗鞍岳があります。
20230729-105757_IMG_3371_8_8 mm_1-640 秒 (f - 3_2)

公称2716メートルに対してEDGE520Jの標高表示は2722メートル。
まあそんなものでしょう。
気温は26.6度を指していますが、まあそんなに高いことはありますまい。
渡っていく風は冷たいのです。
20230729-105841_IMG_3374_21_082 mm_1-1250 秒 (f - 3_2)

荒々しい山ですね〜
20230729-105919_IMG_3373_18_378 mm_1-400 秒 (f - 3_2)

ここまで上ってきたら、お約束のバイクリフト(^^)
ボトルの口が開いていたので、持ち上げたら冷たい水が落ちてきた(笑)
閉めて改めて持ち上げ直してパシャリ(^^)
20230729-110118_IMG_3375_8_8 mm_1-500 秒 (f - 3_2)



いつ来てもあそこの池には水がたたえられている。
20230729-110426_IMG_3377_8_8 mm_1-400 秒 (f - 3_2)

雪解け水が溜まっているんでしょうねぇ。
20230729-110437_IMG_3378_24_453 mm_1-500 秒 (f - 2_8)

乗鞍スカイラインを岐阜川に言ってみよう、しばらくはフラットだし、と思っていってみたのですが...
20230729-110629_IMG_3379_8_8 mm_1-640 秒 (f - 2_8)

あらら、道路決壊で通行止らしい(^^;
どこらへんが崩落しているのかわからないのですが、ゲートはそんなにあちこちにあるわけでもないので、入り口のここを閉める他ないんでしょうね。
あ〜無念。
20230729-110719_IMG_3381_13_61 mm_1-500 秒 (f - 2_8)

畳平のレストハウスに行って、お腹が空いちゃったのでとんかつ定食をいただきました。
衣がサクッとしていて美味しかったですよ(^^)
ここは上水道施設がないので、水はボトルを買わないといけません(^^;
20230729-113050_IMG_3383_8_8 mm_1-1250 秒 (f - 2_2)

食事を終えて外に出てみると、上ってきたときは涼しくて気持ちいい風だな〜と思っていたのに、クールダウンしたあとだからか、寒い寒い。
流石に2700m超えの高地は伊達ではない。
20230729-121857_IMG_3384_8_8 mm_1-640 秒 (f - 2_2)

ウィンドブレーカを着込んで下りに備えます。
さっきのバス停よりも14メートルだけ下りたところですが、まあ変わりゃしません(^^)
20230729-121916_IMG_3385_8_8 mm_1-640 秒 (f - 2_2)

さあ下りましょう、下りは上りみたいにヒイヒイ言わなくてもいい代わりに、スピードが乗りがちなので要注意。
私は初めて乗鞍に上ったときに下りで落車しましたからね(^^;
20230729-122948_IMG_3387_36_8 mm_1-1000 秒 (f - 2_8)

そういえば、この道が一般車通行止めになる直前の2002年にバイク(当時はYAMAHA TDM850)で2回ほど来ましたが、上りはそんなに違和感なかったけど、下りのエンジンブレーキのときは排気音が割れるような感じでびっくりしたことを思い出しました。
20230729-123009_IMG_6772_5_7 mm_1-5900 秒 (f - 1_5)

のんびり下りましょうね〜
20230729-123015_IMG_6773_1_57 mm_1-3400 秒 (f - 1_8)

20230729-123218_IMG_3389_8_8 mm_1-500 秒 (f - 2_2)

要所要所で止まって景色をカメラに収めます。
20230729-123307_IMG_3390_36_8 mm_1-1000 秒 (f - 2_8)

雑誌『Outrider』だったら、バイクがあそこを走っているところをこういうアングルで撮るだろうなぁ(^^)
20230729-123320_IMG_3391_36_8 mm_1-1250 秒 (f - 2_8)

湧き上がる雲がすごい。
絶景を観るために何回も止まる。
これができるのが大会じゃないフリーのいいところですね〜
20230729-123424_IMG_3392_9_5 mm_1-1000 秒 (f - 2_2)

上りのときに立ち寄った冷泉小屋で休憩、コーヒーでもいただきましょう(^^)
20230729-130900_IMG_3396_8_8 mm_1-320 秒 (f - 2_2)

こんなところに蚊なんかいるのかしらん、という気もしますが(^^;
20230729-130950_IMG_3394_8_8 mm_1-1000 秒 (f - 2_2)

しばらくまったり〜
20230729-131459_IMG_3395_8_8 mm_1-200 秒 (f - 2_2)

いやほんと、動けなくなりますね〜
もちろん、クーラーなんていらない、窓を開けていたら涼しい風が吹き抜けていく。
天国ですよ、ええ。
20230729-132238_IMG_6774_1_57 mm_1-100 秒 (f - 1_8)

冷泉小屋を出るとき、ShimaQさんのおしりに根が生えたらしく、引っこ抜くのにたいそう苦労されていました(笑)
森林限界線の下に下りるとご覧にように背の高い木々も姿を現し始める。
まだまだ標高は高いけど、現実世界に戻る途中、って感じがするもんです。
20230729-135056_IMG_3397_8_8 mm_1-320 秒 (f - 2_2)

ゴールの三本滝までおり、着替えを済ませたら、観光センターの斜向かいにある湯けむり館で温泉\(^o^)/
出てきたらお約束のソフトクリームです(^^)
20230729-145916_IMG_6775_5_7 mm_1-50 秒 (f - 1_5)

昭和のおっさんはやっぱり『牛乳』!
ShimaQさんに無茶振りしてキメていただきました(^^)
京都だと『風呂上がりは水道水!』が合言葉なんですが、やっぱりここは牛乳でしょう(^^)
20230729-152016_IMG_6776_5_7 mm_1-120 秒 (f - 1_5)

もうね、お風呂入っちゃうと動く気が起こらないんですよね〜
だけど帰らないわけには行かないので、3人別れを惜しみつつ、再会を誓いあって解散!
3人が3人とも方角が違う(ShimaQさん東京、TREKさん名古屋、私 京都)ので一人旅です(^^)
20230729-163456_IMG_3399_17_671 mm_1-320 秒 (f - 2_5)

飛騨清見ICまで下道、無料区間を過ぎて有料高速に乗り換えます。
20230729-175153_IMG_3403_20_211 mm_1-1000 秒 (f - 2_8)

こういうときはサングラスがありがたい。
20230729-185117_IMG_3407_8_8 mm_1-320 秒 (f - 2_2)

どんどん西に向かって走りますよ〜
20230729-185214_IMG_3408_8_8 mm_1-320 秒 (f - 2_2)

20230729-185317_IMG_3409_8_8 mm_1-320 秒 (f - 2_0)

20230729-185338_IMG_3410_20_786 mm_1-320 秒 (f - 2_8)

20230729-185341_IMG_3411_20_786 mm_1-320 秒 (f - 2_8)

20230729-190224_IMG_3412_19_932 mm_1-1000 秒 (f - 2_8)

20230729-191030_IMG_3413_19_393 mm_1-320 秒 (f - 2_5)

で、20:20すぎに京都に帰着、ガソリンを入れて全行程終了です(^^)
20230729-202404_IMG_3414_8_8 mm_1-60 秒 (f - 2_0)

今回のログ。
■上り


■下り


久しぶりのTREKさん、ブログではいつもやりとりさせていただいているけどリアルでは初めてお会いするShimaQさん、ありがとうございました〜
同年代だけど、私がいちばんヘタレで足を引っ張っちゃいました(^^;
これに懲りずに、次回また誘ってくださいね〜

【おまけ1】
コースを上っているとき、どうも乗鞍のスタッフと思しき方々が沿道で写真を撮っていらっしゃいました。
我々がスタッフの方のクルマを追い越したり、休憩しているときにまた追い越されたりしてデッドヒートを演じたわけ(笑)ですが、乗鞍の公式HPに私達の写真が5枚ほど乗っていました。
norikura.org
このサイトの2023年7月29日のところで『viaggio』のジャージを着て走っている自転車ヤローを探してみてください。

【おまけ2】
乗鞍の三本滝でボトルに移した水のペットボトル。
家に帰って捨てようと思ったらこんなにぺしゃんこになってました(^^)
やっぱり気圧の変化ですねぇ。
20230729-213538_IMG_6783_5_7 mm_1-60 秒 (f - 1_5)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




BMWランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

一般車通行止めは20年前ですか

私も最後の年にバイクで上がりました。槍ヶ岳が美しく見えたのが記憶に残ってます。
それ以来、その辺には近寄ってないですねえ。
自転車で登るのは乗鞍スカイラインの方だと思ってました。裏側?になるんですね。
そこの今でも忘れられない強烈な思い出は、50年前に初めて行った時、知り合った名古屋のライダーに案内されて、当時砂利道だったエコーラインを下らされたこと。
おそらくエコーラインの名称も無い、今とは全然違う完全な砂利道のぐねぐね林道でした。おいおい、こんな所下りるのかよ⁉️と必死の思いで下りて行って、乗鞍高原のユースホステルに宿泊した記憶があります。
漕がなくて済む電動自転車があれば登ってみたいですね。

No title

こんにちは
乗鞍お疲れさまでした。
写真見てて思いますが、ほんと雄大!っていうのがピッタリ来る景色ですね。
しかも天気が素晴らしく良いですね。日頃の行いの結果が発揮されましたね。
ちなみに、私が居ると雨になります(T_T)
ほんと楽しそうで羨ましい限りです。


Re: 一般車通行止めは20年前ですか

kub1951さん、こんばんは(^^)

> 私も最後の年にバイクで上がりました。槍ヶ岳が美しく見えたのが記憶に残ってます。
> それ以来、その辺には近寄ってないですねえ。

そうだったんですね。
私も2回ほど行きましたが、本当に寒いくらいでした。
いずれも松本側から上りました。
学生のときはHONDA Life(360ccのやつです)で高山側から上りましたが、まあ2速ベタ踏みでも20km/hしか出なくてタイヘンでした(^^)

> 自転車で登るのは乗鞍スカイラインの方だと思ってました。裏側?になるんですね。

そうですね、自転車だと車をとめるところが東側のほうが充実しているみたいです。
西側からももちろん登れるのですが、勾配はそっちのほうがきついみたいですね(^^;

> そこの今でも忘れられない強烈な思い出は、50年前に初めて行った時、知り合った名古屋のライダーに案内されて、当時砂利道だったエコーラインを下らされたこと。
> おそらくエコーラインの名称も無い、今とは全然違う完全な砂利道のぐねぐね林道でした。おいおい、こんな所下りるのかよ⁉️と必死の思いで下りて行って、乗鞍高原のユースホステルに宿泊した記憶があります。

50年前は舗装されていなかったんですね、それは知りませんでした。
砂利道を下っていくなんて怖いですよね。
私も2002年に来たとき、乗鞍を下りてから林道安曇奈川線を走ったとき、私はTDM850でしたけど、CB750がスライドしながらとんでもない勢いで抜いて下りていったのをびっくりしてみていたのを思い出します。
世の中、すごい人がいるもんですよね。
ところで、林道安曇奈川線は、昔は違う名前だったような気がします、勘違いかなぁ?

> 漕がなくて済む電動自転車があれば登ってみたいですね。

まああんなきつい坂は好き好んで上るもんじゃないですよね(笑)
実際しんどいですよ〜
私も誘われるまでは自転車で上るなんて考えたこともありませんでしたよ(笑)

Kachi//

Re: No title

しげさん、こんばんは(^^)

> こんにちは
> 乗鞍お疲れさまでした。
> 写真見てて思いますが、ほんと雄大!っていうのがピッタリ来る景色ですね。

ここの景色はおっしゃるとおり、雄大!って言葉がピタリですよね。
とにかくスケールが大きいし、特に森林限界を超えた上は非日常です(^^)
なかなかお目にかかれない景色なんですよね。

> しかも天気が素晴らしく良いですね。日頃の行いの結果が発揮されましたね。
> ちなみに、私が居ると雨になります(T_T)
> ほんと楽しそうで羨ましい限りです。

今回のお天気は雨男と晴れ男のせめぎあいで晴れ男がかった! ってところだと思います、いずれも私ではないです(爆)
しげさんも機会が合えばぜひ一度ご一緒しましょうよ。
まったり4時間くらいかけて上るので私でもなんとかついていけます(^^;
下りがまた気持ちいいんです(^^)

Kachi//

No title

こんばんは。

改めてKachiさんのお写真拝見すると、あの時の(特に帰りの)雲は、山を邪魔せず、太陽を遮らず、それでいて、あの重厚な存在感! 
快晴よりも更に素晴らしい絶妙の雲と山と空のバランスだったんだなぁ、と。

えっ?京都だと『風呂上がりは水道水!』が合言葉なんですか?
日本全国どこでも牛乳かと思ってました(゚o゚;;

それにしても、ペットボトルが潰れちゃうくらい、下界は気圧が高いんですね(@_@)

帰りはこちらでは目の前にどーーんと富士山が見えてました(写真撮ったの、あげるの忘れてました)

No title

こんにちは~楽しいひと時をありがとうございました
僕も全然登れなくて本番が心配になりました、やばいやばいw
でも写真撮りながらおしゃべりしながらの道中はほんとたのしくて
汗かいても涼しくって帰りたくなくなりますね
Kachiさんの写真はどれも素敵ですね、僕はやみくもに撮るばかりなのでw
本番もお互い頑張りましょう、とりあえず完走目指してw
またのんびりワイワイも登りたいですね、その時はよろしくお願いします。

Re: No title

ShimaQさん、連投ありがとうございます(^^)

> こんばんは。
>
> 改めてKachiさんのお写真拝見すると、あの時の(特に帰りの)雲は、山を邪魔せず、太陽を遮らず、それでいて、あの重厚な存在感! 
> 快晴よりも更に素晴らしい絶妙の雲と山と空のバランスだったんだなぁ、と。

たしかに仰るようにあの雲は絶妙なバランスでわいていましたよね〜
刻々と形が変わるので、ベストタイミングで撮るのがけっこう難しいんですよね〜

> えっ?京都だと『風呂上がりは水道水!』が合言葉なんですか?
> 日本全国どこでも牛乳かと思ってました(゚o゚;;

実は京都は水が美味しいことでけっこう有名でして、地下鉄の扉のところに貼ってある広告には『風呂上がりは水道水!』というキャッチコピーがそこここにあるんですよ(笑)
こんど見かけたら写真撮っておきますね(^^)

> それにしても、ペットボトルが潰れちゃうくらい、下界は気圧が高いんですね(@_@)

そうなんですよ。
逆に、街なかで買ってあとで食べようと思っていたポテトチップスは、山の上ではパンパンになってます(笑)

> 帰りはこちらでは目の前にどーーんと富士山が見えてました(写真撮ったの、あげるの忘れてました)

お〜、この季節に見えたのはラッキーでしたね〜
もう雪はなかったでしょうね〜
こんど記事にされるの楽しみにしています(笑)

Kachi//

Re: No title

TREKさん、こんばんは(^^)

> こんにちは~楽しいひと時をありがとうございました

こちらこそありがとうございました(^^)
久しぶりのお会いできて嬉しかったです。
なんか、私のMourenxの形見を無理やりもらっていただいて、すみません(^^;
これであのコも安心していると思います(^^)

> 僕も全然登れなくて本番が心配になりました、やばいやばいw

え〜、TREKさんしっかり上っていたじゃないですか〜
私はほんとにヤバかったですよ、何しろ体重が74キロ超えましたからね〜
間食を減らさないと(^^;

> でも写真撮りながらおしゃべりしながらの道中はほんとたのしくて
> 汗かいても涼しくって帰りたくなくなりますね

そうなんですよ。
あれ、一人で上っていたらきっと途中でやんなって下りちゃってんじゃないかと思います(^^;
もうね、京都のインター降りたらもう30度超えですよ、やばすぎですよね(^^;
夏は山に住み込んで仕事したいです(^^)

> Kachiさんの写真はどれも素敵ですね、僕はやみくもに撮るばかりなのでw
> 本番もお互い頑張りましょう、とりあえず完走目指してw
> またのんびりワイワイも登りたいですね、その時はよろしくお願いします。

ありがとうございます(^^)
私なんてたくさん撮ったうちの上澄みですよ、お恥ずかしい(^^;
そうそう、『完走』が大事です、私は前回リタイヤしましたからね〜(^^;
やっとTREKさんと還暦ライドできましたし、また行きたいですね、秋も良さそうだな〜(^^)

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?