fc2ブログ

BRM212 淡路島200kmブルベ 〜波乱の始まり(笑)〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

年末に高校時代の同級生のヤイトくんから誘われ、Itaruくんも誘って出場することにしたBRM212 淡路島200キロブルベ。
いよいよその日が来ました。

■波乱の幕開け??
はじめてのブルベ、準備万端!
荷物はまとめたし、3,000kmほど走ったチェーンも交換した。
そのチェーンもちょっと走って黒ずんでいたので、出発当日の朝、迎えに来てくれるItaruくんが来る前に、午前中に洗浄と注油を済ませた。
Legacy Wagonで登場のItaruくんのクルマにバイクを積載し、荷物も全部積んだ!
さあ一路、淡路島だ!
高速を飛ばして2時間弱。
おしゃべりしながらだとあっという間の到着。
お宿についたら、ちょうど発起人のヤイトくんもフェリーで淡路島に渡って、自転車で宿に到着したところ。
我々もカーゴルームから荷物をおろし始めたんだけど、荷物をおろしていて気がついた。




Kachi 『シューズ積んでない...』




Y & I 『え〜〜〜!?』




さあ困った。
取りに帰るより近くのショップで買っちゃったほうが早そうな気がする、ってんでショップを探す。
淡路島にはない。
対岸の明石、須磨、神戸あたりはどうだ?
Google Mapで自転車屋さんを片っ端から探して電話。
シューズとスピードプレーのクリートをおいているか訊くけど、『スポーツショップ』とか『TREKショップ』なんかでもおいてない...

そんなことしているとItaruちゃんが『よし! オレが連れて帰ったる! 取りに帰ろう!』
ヤイトくんも『じゃあオレも行くよ〜、おしゃべりしたいしね!』
もうなんと申し訳ない。
往復の交通費はもちろんだけど、夕食もごちそうする、ということで再び京都に向けて出発。
クルマの中で奥さんに『シューズ忘れたから取りに帰る』ってLINEを入れたら...
20230211-1700_IMG_2019.jpg

そんなやり取りしながら帰宅すると、シューズがちゃんと揃えられた状態で置かれていました。
※たしかにこんなふうに置かれていたのですが、この写真は再現映像のヤラセです(^^;
20230211-1830_IMG_2019.jpg

本日3回目の明石海峡大橋を渡る。
20230211-2044_IMG_1887.jpg

20230211-2044_IMG_1889.jpg



食事も済ませてお宿に入ります。
お部屋は明石海峡大橋に向いていて、ベランダから真ん前に橋が見えたのには感激しました(^^)
20230211-2225_IMG_1893.jpg

20230211-2225_IMG_1894.jpg

■ブルベ当日
翌朝。
05:00に目を覚まします。
準備を済ませ、持つもん持ってバイクを出します。
東の空が少し明るくなってきている。
だいぶ日の出が早くなったけど、まだ本当に日の出までには少しある。
20230212-0558_IMG_1898.jpg

朝の最低気温の予報は4度だったけど、サイクルコンピュータの温度計は2度を指している。
20230212-0606_IMG_1899.jpg

釣り船なのか、漁に出かける船なのか、港から出ていく。
20230212-0625_IMG_1904.jpg

だいぶ明るくなってきた。
20230212-0626_IMG_1906.jpg

さあ、そろそろスタート地点の岩屋港まで行きましょう。
20230212-0629_IMG_1907.jpg

早朝の海が輝いているのが美しい。
20230212-0631_IMG_1908.jpg

空の感じからして、ブルベとはいえ、いいツーリングにもなりそうな予感(^^)
20230212-0631_IMG_1909.jpg

20230212-0631_IMG_1911.jpg

心づもりとしては07:00のスタートで行きたい。
20230212-0633_IMG_1912.jpg

岩屋港の受付につきました。
すでにけっこうな数のランドヌール、ランドヌーズが集まっています。
みんなフレンドリー(^^)
07:00スタートの受付開始は06:15、ブリーフィングは06:45、その後、車検を済ませたあと順次スタートしていいというけっこうユルいスケジュール。
それにしても、あの夏ジャージを履いたランドヌーズはどなたですか?
このクソ寒いのに、見てるだけでお腹痛くなる🥶
20230212-0640_IMG_1913.jpg

そんなこんなで、06:42 06:57に岩屋港を出発。
この日の淡路島の日の出は06:49だったのですぐに日の出を拝めました。
20230212-0656_IMG_1914.jpg

ここからつぎの方向転換地点、洲本の洲本川河口の右岸の細い道までほぼ一本道。
20230212-0657_IMG_1916.jpg

しばらくは海沿いの気持ちのいい道が続きます。
20230212-0701_IMG_1917.jpg

少しずつ日が昇っていく。
20230212-0702_IMG_1918.jpg

行きのクルマの中でItaruくんが『トレインで走ったらうしろラクやで〜』っていうので実際に最後尾を走らせてもらいました。
20230212-0708_IMG_1920.jpg

そしたら、ペースは33〜34km/hとけっこういいペースなのに、私の心拍が130台なかばで安定している。
このペースだったら、いつも150とか150なかば近くまで行くのに、脚だって本当に楽ちんだ。
20230212-0723_IMG_1921.jpg

エライもんだな〜、と思いながらItaruくんとヤイトくんに牽いてもらう。
たしかにこりゃ『牽いてもらう』ってのがピッタリの表現だな〜
20230212-0724_IMG_1923.jpg

地元の車はとても運転が優しく、抜くときも大きく膨らんで怖がらせないように抜いていってくれる。
これだったら安心して走れる、京都とは大違いだ。
20230212-0726_IMG_1924.jpg

サイコンの温度計は氷点下1度を指しているけど、不思議と寒くない。
20230212-0732_IMG_1925.jpg

他の集団にも牽いてもらったりして、私は牽いてもらう一方、他の人を牽くなんてちょっと無理っぽい。
20230212-0733_IMG_1927.jpg

それにしてもほんとに楽ちんだ。
これならなんとか200キロ走れるかも、って希望が持てるようになった。
20230212-0733_IMG_1930.jpg

23キロ地点、まだまだ序盤、まだこれの8倍くらいを走らないといけない。
20230212-0800_IMG_1931.jpg

洲本川を渡ったすぐの細い道を西に入っていきます。
20230212-0823_IMG_1933.jpg

K473を西進、もう1時間50分近くを走っていますが、時刻と照らすとスタート時刻は06:57と読める。
さっきスタートを06:42と書いたけど、どうもあれはサイコンに転送していた今回のルートの案内をスタートさせた時刻のようだ。
ほぼ07:00スタートと言っていいみたいですね。
20230212-0845_IMG_1934.jpg

スタートから2時間21分、オニオンロードを行きます。
この道は実に気持ちがいい。
そこそこアップダウンはあるけど、路面状態もいいし、そんなに交通量も多くないし、たいへん快適。
20230212-0918_IMG_1935.jpg

坂道をへえへえ言いながら上っていると、背後から複数のランドヌーズがきゃっきゃ言いながら近づいてくる気配。
バックミラーを覗くたびのその影が大きくなってきて、程なく並ばれました。
こんにちは〜、がんばってくださ〜いと黄色い声を上げながら、5人ほどのランドヌーズたちが細い体を踊らせて華麗にダンシングしながら、信じられんことにダンシングしながらまだキャッキャ話しながら楽しそうに私を抜いて上っていく(^^;
眉間にシワを寄せてインナーローでひたすらくるくる脚を回してゼエゼエ言いながら上っていく自分が急に老け込んだような感覚に襲われ、その細く美しい肢体から繰り出されるダンシングに目を奪われながら、追いつきたくても追いつけない自分の不甲斐なさを呪いました(笑)
20230212-0922_IMG_1936.jpg

55キロ地点、もうすぐ第一PCの南あわじ展望台に登る坂にかかります。
20230212-0940_IMG_1941.jpg

このブルベでの最初のキツめの坂。
上り坂に入るととたんに遅れていく私。
ヤイトくんは体重62kg、Itaruくんは72kg、私は74.5kgと私が一番重いうえに、基本的に脚力が違いまして、とてもついていけない。
ヤイトくんはブルベやフォトロゲを転戦しているから脚力がすごいうえに、私よりも12kgも軽いんじゃ勝負になりません(笑)
20230212-0944_IMG_1943.jpg

しんどいときは景色に慰めてもらいながら上るのいちばん。
20230212-0950_IMG_1944.jpg

さっきまで海面すれすれの道を走っていたのにこんなに上ってきてるんだもん、楽なわけないよ。
20230212-0955_IMG_1945.jpg

スタートから3時間5分59km地点が第1PCの南あわじ展望台
ここで通過の証拠写真を撮っておきます。
20230212-1001_IMG_1946.jpg

なんかすぐに出発するのがもったいないな〜
20230212-1004_IMG_1947.jpg

左の端っこに見えているのが四国の剣岳かもね、とヤイトくん。
ほんと、1900m級だもんね、雪かぶってる。
20230212-1005_IMG_1948.jpg

PC1を出たらまた一気に海までおりて、淡路島の南岸をこんどは反時計回りに回っていきます。
右手に沼島が見える。
中学の時に友人と4人で海水浴に渡った島。
20230212-1037_IMG_1951.jpg

この道は、ほぼ東の端にあるナゾのパラダイスに上る坂道が始まるところまでほぼ平坦。
ただひたすら漕いでいきます。
20230212-1044_IMG_1956.jpg

この日は絶好のツーリング日和で、たくさんのローディーさん、そしてモーターサイクリストが走っていました。
20230212-1044_IMG_1957.jpg

道はどちらかというと単調、そして、ところどころにアスファルトからコンクリートの荒い路面に変わるところがあって、細いタイヤだとリム打ちがちょっと怖い。
20230212-1048_IMG_1958.jpg

この日の予想最高気温は14度でしたが、このあたりではサイコンは21度を指していて、たしかにちょっと暑いくらい。
たまらず、このときグローブを夏用に換えました。
それにしてもあのきつい坂を上ってこの距離を走り、総平均時速が19.3km/hというのは私としては異例に速い。
やっぱり牽いてもらっている効果がでかいのだ。
20230212-1116_IMG_1959.jpg

ナゾのパラダイスまで上っていく坂は写真を撮る余裕なし。
峠を越えたあとのPC2のスーパーLIFEで食べ物を買ってレシートを保管です。
このレシートが規定ルート通過の証拠になります。
ここまで92km、経過時間はちょうど5時間です。
20230212-1155_IMG_1960.jpg

お腹にエネルギー源を入れたら再出発。
つぎのPC3は先程内陸部に入っていった洲本の近くにある洲本城跡です。
この洲本城跡に上るのがまた結構きつい坂。
しかもその坂のいちばん奥に上りきったところにある標識で証拠写真を撮らないといけないという(^^;
ということでへえへえ言いながら上ってきて証拠写真撮りました。
PC3もクリア。
20230212-123549_IMG_1962.jpg

スタートから5時間35分、距離はちょうど中間地点の100km
ということで次回に続きます(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




BMWランキング
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ブルベ参戦、お疲れさまでした!
忘れ物…いや〜、やっちゃいますよね!私も得意ですw
先日も博多に帰省した折、実家に老眼鏡を忘れてきたばかりです(爆)

しかし、先導で引っ張ってもらうのってやはり違うんですね〜
私も次のマラソン大会は見知らぬ土地誰かの力を借りて姑息に引っ張ってもらおうっとw
あと、良いペースになったのはあまり止まってないからでしょうね。
バイクも自転車も常々「ほんとよく止まるオッサンやなぁ〜」(失礼)と思いながら見てましたから(爆)

No title

こんにちは
初ブルベさんかお疲れ様でした。
なんか楽しそうで良いですね!

シューズ忘れはトランポするとありがちですよね。
前のりしていてホント良かったですね。
やりそうになるので、トランポする時は真っ先にシューズを確保します(笑)

PC1で1時間半ぐらいの貯金。このあと楽そうですね。
天気予報見てましたが、風速1m程度の予報で走りやすそう!?とか思ってました。

ドラフティングって、びっくりするぐらい効果ありますよね。
上りで効果が無いのが悲しいです(笑)

余談ですが、私も真似て昨夜エントリーしました。
昨年DNFしちゃったので、リベンジを果たしたいです。

No title

お疲れ様です~~^_^
まだ先だと思っておりましたが、執着にレースは終わったようですね。
いや、波乱ってまだまだ有るんでしょうか(^^;)

良いお天気に恵まれて良かったです。

裸足で漕がんかい❗️

いい返しですねえ。
京の都の着物着たお茶の先生の口から出たとは思われない返しが最高です。
クスッとした笑いを誘います。
去年、私もツーリングで淡路島一周をしたので、この写真はあの辺りかなと懐かしく思い出されました。
バイクで一周しても数時間はかかったと思いますが、自転車で一周以上?お疲れ様でした。

No title

無事に帰城されたようで、お疲れ様でした
楽しげな旅の始まりですネ(笑
奥様の愛のムチ的お言葉『素足でこがんかい!』が心にしみます
とーぶんの間、この件でイジられそうですね
キレイな景色の写真見てると淡路島を自転車で巡りたくなります

Re: タイトルなし

まーぼーさん、こんばんは。

> ブルベ参戦、お疲れさまでした!
> 忘れ物…いや〜、やっちゃいますよね!私も得意ですw
> 先日も博多に帰省した折、実家に老眼鏡を忘れてきたばかりです(爆)

忘れ物、しますよね〜
でも、今回の私は『これ忘れてどうすんのよ』ってなものでしたからね〜
かなり落ち込みましたよ、忘れたことに気がついたときは、こりゃDNSだわって本気で思いました(^^;
老眼鏡もないと困りますよね〜

> しかし、先導で引っ張ってもらうのってやはり違うんですね〜
> 私も次のマラソン大会は見知らぬ土地誰かの力を借りて姑息に引っ張ってもらおうっとw

これ、ほんとに楽でしたよ、びっくりしました。
いわゆるスリップストリームってやつなんでしょう、モータースポーツでも使いますよね。
脚で漕ぐスピードでもこんなに効果があるとは思いませんでしたよ(^^)

> あと、良いペースになったのはあまり止まってないからでしょうね。
> バイクも自転車も常々「ほんとよく止まるオッサンやなぁ〜」(失礼)と思いながら見てましたから(爆)

あ〜、そんなふうに思っていたんですね!!(爆)
やっぱりブログ用に写真を撮らないといけないですからね〜(^^;
ブログやってなかったらきっといつもの平均速度の1.5倍くらい出るんじゃないかと。


...なわけないか(^^;

Kachi//

Re: No title

しげさん、こんばんは。

> こんにちは
> 初ブルベさんかお疲れ様でした。
> なんか楽しそうで良いですね!

いやー、初めてのブルベが同級生と一緒の参加で良かったですよ〜
これ、一人での参加だったらきっと終わった頃にはドロ〜ンとして、疲労度ももっと大きかっただろうことは想像に難くありjません(^^;

> シューズ忘れはトランポするとありがちですよね。
> 前のりしていてホント良かったですね。
> やりそうになるので、トランポする時は真っ先にシューズを確保します(笑)

確かにトランポするときは要注意ですよね〜
しかも、他の荷物は一箇所にまとめておけるけど、シューズって上がり框の下においてあるから見逃しがちなんですよね、これはほんとに迂闊でした(^^;

> PC1で1時間半ぐらいの貯金。このあと楽そうですね。
> 天気予報見てましたが、風速1m程度の予報で走りやすそう!?とか思ってました。

たしかに最初の方ではまだ足の疲労もそこまで溜まっていないから比較的気分は楽でしたね。
でも折り返し地点(中間地点)が100キロっていうのは、私のいつものライド距離では『あ〜帰ってきた〜』な距離なのでやっぱりそこそこプレッシャにはなりました(^^;

> ドラフティングって、びっくりするぐらい効果ありますよね。
> 上りで効果が無いのが悲しいです(笑)

これはほんとにびっくりしましたね〜
以前、琵琶湖でも牽いてもらったはずなんですが、今回はほんとにその効果の大きさを実感しました。
なんせ心拍数の低さが際立っていましたものね。
ホントは上りで牽かれたいんですけどね(笑)

> 余談ですが、私も真似て昨夜エントリーしました。
> 昨年DNFしちゃったので、リベンジを果たしたいです。

なにを真似だなんて〜(笑)
あとで伺いますね〜
3月かな? 楽しみですね〜、頑張ってください!

Kachi//

Re: No title

yosiさん、こんばんは。

> お疲れ様です~~^_^
> まだ先だと思っておりましたが、執着にレースは終わったようですね。
> いや、波乱ってまだまだ有るんでしょうか(^^;)

ありがとうございます(^^)
いやあ、期待させてすみません、波乱は本編までです(笑)
ブルベはレースじゃないので、けっこう和気あいあいと楽しいですよ。
PC(Point de check)で休憩しているときでも参加者同士で情報交換したり談笑したり、なんとなく『戦友』的な連帯感もあるんです(^^)
指定距離を規定時間内に走りきれば『認定』されるので、余裕がある人は途中で観光なんかしちゃうくらいです(^^)

> 良いお天気に恵まれて良かったです。

そうですね〜、ありがとうございます。
今回、雨もまったくふらなかったし、2月にしては暖かかったし、いやらしい向かい風にも悩ませられなかったので、初めてのブルベとしてはこれ以上は望めないコンディションだったんじゃないかと思います。

Kachi//

Re: 裸足で漕がんかい❗️

kub1951さん、こんばんは。

> いい返しですねえ。
> 京の都の着物着たお茶の先生の口から出たとは思われない返しが最高です。
> クスッとした笑いを誘います。

そうでしょう? (笑)
けっこうガラ悪かったりします(^^;
京都に来てからヘンな関西弁を覚えたので、それも異様さを助長しているかも(爆)

> 去年、私もツーリングで淡路島一周をしたので、この写真はあの辺りかなと懐かしく思い出されました。
> バイクで一周しても数時間はかかったと思いますが、自転車で一周以上?お疲れ様でした。

外周一周されてると、この中の景色の多くはご記憶にあるでしょうね〜
だいたいアワイチって時計回りですから記事の中に出てきた沼島などは左手に見えていたことと思います。
一周だと150キロしか(?)ないので、内陸部をたすき掛けで走るという変則アワイチです。
いやほんとに大変でした、ねぎらいのお言葉、ありがとうございます(^^)

Kachi//

Re: No title

ふらふらさん、こんばんは。

> 無事に帰城されたようで、お疲れ様でした

ありがとうございます。
はい、無事、事故もなく帰ることができました。
まあ、淡路島のドライバーは皆さん優しい運転なので安心できましたし、怖い思いもしませんでしたよ(^^)

> 楽しげな旅の始まりですネ(笑
> 奥様の愛のムチ的お言葉『素足でこがんかい!』が心にしみます
> とーぶんの間、この件でイジられそうですね

そりゃもう、同級生の二人からは『一生言ってやるからな〜』って言われています(笑)
ホントは忘れたことを口実に新しいシューズを買えたら良かったのですが、残念ながら置いているところがなかった(笑)

> キレイな景色の写真見てると淡路島を自転車で巡りたくなります

淡路島、いいですよ〜
岩屋ポートビル駐車場や岩屋漁港駐車場は一日500円で置けたり、ハイウェイオアシスもサイクリング目的の駐車は許容しているそうなので、トランポして、帰りは車に玉ねぎを積んで帰るのも一興ですよ〜(^^)

Kachi//

No title

大変な波乱の幕開けでしたが、無事にお帰りになったようでおめでとうございます。
朝方が大変寒かったようですが、昼間は2月とは思えない暖かさになり、大変スピードに乗った走りができているようですね。たくさんの写真と共に楽しませていただきました。
この物語の後半が尻上がりに調子づいてきていることを予感させてくれます。後半の展開を楽しみにしています。

Re: No title

MATSUURAさん、こんばんは。

> 大変な波乱の幕開けでしたが、無事にお帰りになったようでおめでとうございます。

ありがとうございます。
いや本当にシューズ忘れているのに気がついたときはどうしようかと思いました(^^;
魔が差すということはほんとにありますねぇ。

> 朝方が大変寒かったようですが、昼間は2月とは思えない暖かさになり、大変スピードに乗った走りができているようですね。たくさんの写真と共に楽しませていただきました。

この日は日較差が大きかったですね。
朝は本当に寒くて、走り出したばかりの頃の気温は、サイコン の表示では氷点下でした。
走行風が影響しているのかどうかは不明ですが、体感的にはさらに寒い感じがしますよね。
写真はそんなにたくさん撮った自覚はなかったのですが、帰ってPCに落としてみたところ、130枚以上あって自分でも驚きました。
一人で走っていたらもっと止まっては撮影していたと思うので、たぶん倍くらいになっていたかもしれません(^^;

> この物語の後半が尻上がりに調子づいてきていることを予感させてくれます。後半の展開を楽しみにしています。

後半はやはりきつくなってきまして、疲れからスピードダウンしたり、でも最後の最後でペダルを踏む力が湧いたりと、とても心に残るブルベでした。
本編は16日午前零時の公開予定です(^^)

Kachi//

No title

こんにちは。

始まりましたね、初ブルベ達成記念記事(^。=)

> Kachi 『シューズ積んでない...』
やっちまいやしたねσ(^◇^;)
ワタシ、ヘルメット忘れたの高速乗ってから気がついて、取り入った事あります。
以来、メットとシューズは真っ先に載せてます。


> クルマの中で奥さんに『シューズ忘れたから取りに帰る』ってLINEを入れたら...
奥さんとのやりとり!すいません、声出して笑っちゃいました(^Q^)/""。
裸足はしんどくても、この方の様に↓、せめてサンダル...(一緒か?)
https://blog.shimaq.com/?p=10081#toc5


当日の好天は、Kachiさんが、参加者全員の全ての悪い運を背負ってくれたおかげでしょう (^・^)
出発時(夜明け)の景色が素敵です。


> たしかにこりゃ『牽いてもらう』ってのがピッタリの表現だな〜
ホント、風よけになってくれる人がいると楽なんですよね~
スピードスケートのパシュートで観てて、そうそぷ、風除けいると楽なんだよな~って、呟いてました。
ただ、あんまり速い人が前だと、引き離されたら、また風受けるからってついてくと、却って地獄(O.O;)(o。o;)

> サイコンの温度計は氷点下1度を指しているけど、不思議と寒くない。
日も照ってるし、風も受けないしね(^。=)
 
 
> 背後から複数のランドヌーズがきゃっきゃ言いながら近づいてくる気配。
> 信じられんことにダンシングしながらまだキャッキャ話しながら楽しそうに私を抜いて上っていく(^^;
ホント、坂道女子達は、速い人いますよね~~ぇ!
 
 
> しんどいときは景色に慰めてもらいながら上るのいちばん。
そうそう、「この景色を上る為に頑張ってんだ!

って、思うしかないσ(^◇^;)

> さっきまで海面すれすれの道を走っていたのにこんなに上ってきてるんだもん、楽なわけないよ。
よくここまで上ってきた!!!って、自分を褒めましょう(こっそりと心の中で)

 
> なんかすぐに出発するのがもったいないな〜
わかる~~その気持ち。

にしても、こんな大変な時に、しっかり写真撮ってらっしゃる!流石!!
ワタシは、走りながら撮れないんで(というか、撮るまではいいんですが、撮った後、カメラを所定の位置に戻す時に止まってしまいます)、読む(観る?)こちらも、楽しいです。

ナゾのパラダイスってのが、気になります(^^ゞ





Re: No title

ShimaQさん、こんばんは。

> こんにちは。
>
> 始まりましたね、初ブルベ達成記念記事(^。=)

ですよ〜
ホントは3篇くらい書きたかったくらいですが、やっぱり余裕なくてブログに使えそうな写真がちょっと足りなかった(^^;

> > Kachi 『シューズ積んでない...』
> やっちまいやしたねσ(^◇^;)
> ワタシ、ヘルメット忘れたの高速乗ってから気がついて、取り入った事あります。
> 以来、メットとシューズは真っ先に載せてます。

それが正解ですよね〜
何しろ、特にシューズは他の荷物と離れたところにありますからね〜
注意力散漫な私はすぐ忘れます(笑)

> > クルマの中で奥さんに『シューズ忘れたから取りに帰る』ってLINEを入れたら...
> 奥さんとのやりとり!すいません、声出して笑っちゃいました(^Q^)/""。
> 裸足はしんどくても、この方の様に↓、せめてサンダル...(一緒か?)
> https://blog.shimaq.com/?p=10081#toc5

笑っていただけてよかった〜(笑)
サンダルの記事、覚えてますよ〜
あの記事、ペダルが写っていなかったけど、ビンディングペダルですよねきっと。
Shimanoだったらまだいいけど、Speedplayだとサンダルだとかなり危険かも(笑)

> 当日の好天は、Kachiさんが、参加者全員の全ての悪い運を背負ってくれたおかげでしょう (^・^)
> 出発時(夜明け)の景色が素敵です。

夜明け、きれいでしょう〜?
もう寒さも忘れてこげましたよ。
早起きは三文の徳、ってのはこういうコトを言うんですかね〜(^^)

> > たしかにこりゃ『牽いてもらう』ってのがピッタリの表現だな〜
> ホント、風よけになってくれる人がいると楽なんですよね~
> スピードスケートのパシュートで観てて、そうそぷ、風除けいると楽なんだよな~って、呟いてました。
> ただ、あんまり速い人が前だと、引き離されたら、また風受けるからってついてくと、却って地獄(O.O;)(o。o;)

そうそう、速い人の後ろだとついていくのに脚を削られてなにやっているのかわからん、て感じですよね。
今回は、平地ではなんとかついていけたから良かったんですが、離れたら無理しないことが結局吉かもしれませんね。

> > サイコンの温度計は氷点下1度を指しているけど、不思議と寒くない。
> 日も照ってるし、風も受けないしね(^。=)

多分に気分の高揚が効いていた気がしますね〜
おっしゃるように『風を受けない』ってのは大きいかもですね!
こうやって体力温存ができたのが200km完走できた要因かも(^^)

> > 背後から複数のランドヌーズがきゃっきゃ言いながら近づいてくる気配。
> > 信じられんことにダンシングしながらまだキャッキャ話しながら楽しそうに私を抜いて上っていく(^^;
> ホント、坂道女子達は、速い人いますよね~~ぇ!

なんかね、あの華奢な体のどこからあんなパワーが出るんだろって思いましたよ。
やっぱり『軽い』ってのが強いのかな〜
あのジャージ姿がまたカッコいいんですよ、目が釘付けになりますな(^^;

> > しんどいときは景色に慰めてもらいながら上るのいちばん。
> そうそう、「この景色を上る為に頑張ってんだ!
>
> って、思うしかないσ(^◇^;)

ホントはね、あの景色のところで止まって一休みしてじっくり景色眺めたかったんですけどね、先に行っている二人を待たせるの申し訳ないのでカメラに収めて後でじっくり見ようとヒイヒイ言いながら上りました(^^;
でもしっかり目に焼き付けましたよ〜

> > さっきまで海面すれすれの道を走っていたのにこんなに上ってきてるんだもん、楽なわけないよ。
> よくここまで上ってきた!!!って、自分を褒めましょう(こっそりと心の中で)

実は声に出していってました(笑)
オートバイだったらヘルメットの中で絶叫するんですが、やっぱりオープンエアの自転車の場合は小声ですけどね(^^;

> > なんかすぐに出発するのがもったいないな〜
> わかる~~その気持ち。
>
> にしても、こんな大変な時に、しっかり写真撮ってらっしゃる!流石!!
> ワタシは、走りながら撮れないんで(というか、撮るまではいいんですが、撮った後、カメラを所定の位置に戻す時に止まってしまいます)、読む(観る?)こちらも、楽しいです。

私はストラップで首からカメラをぶら下げて走っているので、撮るときもワンタッチ、取り終わったら電源をオフにして(人差し指ひと押し)離せばそれでOKなんです(^^)
ShimaQさん、かっこいいブラケット使っていらっしゃいましたよね。
私もホントはああ言うの使いたいんですが、速射性とその後の始末の歯やすさ優先です。
その代わり、ダンシングなどの激しい動きではカメラがブンブン振れて邪魔で仕方ない(^^;

> ナゾのパラダイスってのが、気になります(^^ゞ

その昔、探偵ナイトスクープで紹介されていましたよ(^^)
下のリンク、自己責任でご覧ください(爆)
https://bqspot.com/kansai/hyogo/22217

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?