RIDのフューエルゲージ表示不安定を修理

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ずっと気になっていた、実害はないけれど気持ち悪いRIDのフューエルゲージの不安定を、本日メンテナンスしました。

症状を記事にした時、はるかぱぱさまからRIDがフューエルセンサーから受け取る信号の接点不良の可能性ありという情報をいただき、症状が同じであることから接点を掃除することとしました。

まずはスクリーンの取り外しから。
アームに固定されているこのボルト4本をはずします。
20120109_01

アッパーパネルを固定しているのは、この4本のボルトと、車体前方の4本のボルトです。
20120109_03

私のRTは Migselのボールジョイントベースが真ん中2本のボルトで共留めされています。
20120109_02

ボルトを外したらアッパーパネルをはずしますが、このとき、シールドを支持するアームを最も起きた状態にするとスムーズにパネルをはずすことができます。
20120109_04

つぎにメーター部のインスツルメントパネルをはずします。
ボルトはここの1本と...
20120109_05

ここの3本。
20120109_06

ところで、Migselのボールジョイントベース、私は現在のところポータブルナビしかつけていませんが、ここまでバラして、ご覧のようにベースはこの樹脂製のインスツルメントパネルとアッパーパネルが重なったところに2本のボルトで固定されていることがわかりました。
強度的にはおそらく結構なものを付けても大丈夫と思われます。
20120109_07

これは余談。

ボルトを外すと、ようやくインスツルメントパネルが外れました。
20120109_08

しかし、LEDインジケータとフォグランプの配線の長さに余裕がなく、作業をするのに十分なスペースを確保できません。
インジケータを外し...
20120109_09

フォグランプの配線コネクタをはずします。
20120109_10

こうして、ようやくRIDの接続コネクタにアクセスできるように。
これは車体側。
20120109_11

こちらはRID側。
両方接点があるかと思っていましたが、RID側は接点はなしです。
20120109_12

RIDのコネクタをはずしてみます。
20120109_13

車体側は接点不良を起こすような腐食は見られません。

一方、RID側のメスコネクタはちょっと怪しい雰囲気です。
20120109_14

接点復活剤をぷしゅっ。
20120109_15

そのあと、爪楊枝にウエスをかぶせてコネクタに挿入してお掃除します。
20120109_16

コネクタを所定の位置に復旧してイグニッションをOnにすると...
20120109_17

無事にRIDの表示は復活。

このときのTRIPは193km。
20120109_18

この走行距離で半分の残量は順当なところです。

アッパーパネルを復旧すると別のちょっとした問題が。
アームが生えている穴をふさぐゴムのシート(Real OEM.COMでは『ガスケット』と表記されています)がはがれており、奥にたったいま処置したコネクタが見えています。
20120109_19

これでは雨の日の走行で水がコネクタを直撃してしまい、また接点を腐食させてしまうのも時間の問題。
再度はずして見てみるとこの有様。
20120109_20

以前、家具の脚を修理した時のボンドで接着です。
20120109_21

寒い中、長い間にしわが寄ったゴムが硬化しているため、洗濯ばさみで固定してしばらく置きます。
20120109_22

20120109_23

そして、もう一つ問題が。
これ、ウィンドスクリーンをアームに固定するときに挟むゴムのパッキンですが、左側上部のものがなくなっています。
20120109_24

シールドをはずす時に注意をしていたのですが、どうやら落としたようです。
それにしても周囲を見回してみても見当たりません。
仕方がないので、自宅にあったゴムシートを切り抜いてパッキンの代わりにします。
薄いゴムですが、2枚程度重ねればほぼ厚みは合います。
20120109_25

さて、アッパーパネルのガスケットが接着されるまでの間にちょっと試走してみましょう。
昨日、オートバックスに走った時は5つ表示されていたフューエルゲージが、ひどいときは2目盛まで下がって、また戻る、という動きをしていましたが、今日は10km弱を走る間、目盛は終始5つを表示し、昨日までの不安定さはありません。
どうやらこれで解決できたようです。
20120109_26

ガスケットもちゃんとついたようなので復旧します。
20120109_27

20120109_28

完了の図。
20120109_29

作業を終えてRIDの表示が安定したことで、なんだかのどに引っかかっていた魚の骨がとれたような気分でした。

情報をいただいたはるかぱぱさま、ありがとうございました。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

RTのカウル脱着は手応えバツグンな感じですね~
メーター周りは四輪的でもあるし・・・
1100Sなんて何も付いてないのでカナリお手軽かな? ネジの数はそれなりに多いですけど
フューエルゲージのトラブルは解決ですね
やっぱり外国製のコネクタは信用できません・・・ コネクタだけじゃないケド・・・ (笑)

Re: No title

ふらふらさん、こんばんは。

> RTのカウル脱着は手応えバツグンな感じですね~

ほんとに手ごたえありますね~
最近でこそ慣れて裸にするのに10分くらいでできるようになりましたが、最初は全部はずせているかどうか心配で、いよいよ車体から離す時にどこかで『ぱきっ!』って音がしないかどうかハラハラものでした。

> メーター周りは四輪的でもあるし・・・

確かに最初は四輪的に見えましたね~
まっすぐ自分の方を向いているので、これがRT独特の包まれ感に寄与しているのかもしれませんね。

> 1100Sなんて何も付いてないのでカナリお手軽かな? ネジの数はそれなりに多いですけど

実は私、1100Sってじっくり見たことがなくて、一度しっかり見てみたいんですよ~
写真で見ると、あのシンプルなデザインがすごく美しいですよね~

> フューエルゲージのトラブルは解決ですね

そうですね、とりあえず、明日の通勤時に注意して観察して最終完了宣言をしようかと(笑)

> やっぱり外国製のコネクタは信用できません・・・ コネクタだけじゃないケド・・・ (笑)

確かに...ですね。
BMWは特に電気系統、ケーブルの被覆など、日本車ではちょっと考えられないところが劣化することがありますね。
まあ、本国ドイツに比べて高温多湿なので、耐候性などの基準に差があるのでしょうね。
最近は弱点を知っておけば先回りして予防策を講じられるのかな、なんて考えています。
エンジンやミッションそのものの耐久性は日本車よりもいいようですので、ちゃんとケアしてあげれば永く乗れるだろうと期待しています。

次はどこのメンテが必要なのかな~、フューエルホースあたりかな、なんて考えています(^^;

Kachi//

お疲れさまです

いつもながら丁寧な仕事ですね
ちゃんと写真も撮ってすごく分かり易いですよ
欧州車は電装が弱いって2輪4輪問わず
よく聞くんですが
気候の違いは大きそうですね
オーバーヒート対策もそうですが
他の国のことはあまり考えないんでしょうか

Re: お疲れさまです

TREKさん、こんばんは。

> いつもながら丁寧な仕事ですね
> ちゃんと写真も撮ってすごく分かり易いですよ

いえいえ、何となく仕上がったところを撮っているだけでありまして(汗)、私がRTをお世話していただいたエルフさんが見たら目を覆っちゃうかも(^^;

> 欧州車は電装が弱いって2輪4輪問わず
> よく聞くんですが
> 気候の違いは大きそうですね

天候の違いはあると思いますね~
雪が少ないイタリアや、アメリカのハーレーなどは融雪剤がまかれた道を走るとあっちこちさびまくるらしいですから、やっぱり本国の環境に合わせて作っているのでしょうね。

> オーバーヒート対策もそうですが
> 他の国のことはあまり考えないんでしょうか

オイルクーラーファンはぜひ標準装備してほしかったですね~
夏の町中はあまり走りたくありませんね。
わずか20~30分程度の通勤でも、ゴーストップが多いとすぐに油温計が7目盛までいったりします。
ポリス仕様にはついているらしいですよ。
1200RTはどうなんでしょうね。

Kachi//

こんばんは

バイクだと、コネクター類に水がかかるんじゃないか?と思ってしまう事がありますが・・・コネクタによっては、チェックをしておいた方がいい場所とかがありそうですね。

無事、復活してよかったですね~。(^-^)
それにしても、コネクタにたどり着く前の取り外し作業が大変そうです・・・。
特に、メーター周りが気を使いそうです。

Re: こんばんは

るーのぼさん、こんばんは。

> バイクだと、コネクター類に水がかかるんじゃないか?と思ってしまう事がありますが・・・コネクタによっては、チェックをしておいた方がいい場所とかがありそうですね。

そうですね~
RTの場合、コネクタ類はカウルの中にあるのでぬれないだろうと思っていましたが、こうやってばらしてみるとけっこう水が流れ込んだ痕跡が随所にあって、やっぱり過信は禁物だな、と思いました。
こんなところまで水かからないだろう、と思うようなところも明らかに水の流れた跡がありましたね~

> 無事、復活してよかったですね~。(^-^)

ありがとうございます。
今日も通勤の意気帰りで観察しましたが、215キロくらいでゲージが4目盛に減り、そのまま安定していましたので、たぶんこれでOKとみて大丈夫だと思います。

> それにしても、コネクタにたどり着く前の取り外し作業が大変そうです・・・。
> 特に、メーター周りが気を使いそうです。

いやはや、本当にこのコネクタの掃除そのものはものの2~3分なんですが、アッパーパネルは初めてはずしたということもありますが、たどり着くまでに30分くらいかかっちゃいました。
ちょっと無理に引っ張ると何かがぷちって切れてしまいそうでひやひやもんでした。
いろいろやっていくと面白いですね。
次は何しようかな、なんて、少し楽しみ...(^^v

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?