fc2ブログ

折れたパニアロックステーを修理しよう 〜第二段階 持ち手分離〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

パニアケースのロックステーの修理ですが、そのままクイックウェルドやオートウェルドをつけると、周りについて固定されてしまいそうなので、持ち手の部分が取れないかどうか観察してみました。
どうもパニアリッドを開けたボディ側上の部分、ここにあるリベットを外してやれば分離できそう。
20191229_01

そこで鉄工ドリル、どれくらいの太さがいいかなと思って、2.8ミリを試してみましたがはずれず、4ミリに換えてやってみました。
20191229_02

20191229_03

ぐりぐりぐり〜
z20191229_04



ある程度ほじったらリベットの頭がドリルの刃と一緒に回転するようになるので、そこでマイナスドライバか何かでこじったらすんなりはずれました。
20191229_05

リベットの頭と防水用のゴムが落ちます。
このゴムは再利用するのでなくさないように。
20191229_06

他のところも。
奥のところはドリルの長さが長くて斜めにあたりましたが、同様にしてOKでした。
20191229_07

こうして7個のリベットすべてを外せました。
20191229_08

防水用ゴムはちょっと切れかけているものありますね。ここは紫外線にさらされるわけでもないので代替品でもいいでしょう。
20191229_09

あと、このリッド固定用のアームのところにあるゴムも外さないといけない。
20191229_10

ここ、オートポンチがあるとラクに外せました。
数回インパクトを与えるとある程度出てくるので...
20191229_11

あとはプライヤなんかで引っこ抜けば簡単に抜けます。
20191229_12

20191229_13

あとは単に引き抜けばOK。
20191229_14

ほらね。
20191229_15

ここまではずれたら持ち手は簡単に外れてきます。
この矢印のところに外したリベットが残っていますので、これもさらにドリルで揉んだりポンチで叩いたりして外しました。
20191229_16

20191229_17

20191229_18

すべてのリベットがはずれました。
外したリベットの脚はちょっと残しておきます。
リベットの寸法(直径)なんかを後で測るためです。
20191229_19

外したリベットの脚と防水ゴムリング。
リベットの頭と脚は後ほど廃棄です。
20191229_20

折れた固定アームの患部。
20191229_21

ものの見事に破断していますね〜
20191229_22

こんな感じにしておけば接着も楽にできそう。
20191229_23

アームのこっちに向いている部分も塗装を剥がして固定しましょうかね。
20191229_24

あとは年明けに続く〜

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?