FC2ブログ

LED化計画 〜 部品の調達

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、ウィンカーのLED化計画が場当たり的に始まりました。
前回の記事でさんざんいろいろ考えていましたが、同じようなことは先人の方がちゃんと考えてくださっていて、それ用のパーツもいろいろ用意されていることを知りました。

ということで、お手軽に市販品のパーツを調達。
20191006_01

まずはLED類。
至福の開封〜
20191006_02

こちらはT5ウェッジ球。
Amazonのサイトでは、『5個セットですが、1個サービス』と、ちと意味不明な記載。
最初から6個セットと言えばいいのにね。
これを2セット。これはウィンカーインジケータの他、ダッシュボード部分にある各種インジケータ用で、メーター球もまかなえる数です。
20191006_03

こっちはウィンカーバルブ。
20191006_04



ウェッジ球の方は先端だけではなく、側面にもチップが付いているので、特にメーター照明で明るさにちょっと期待です。
20191006_05

20191006_06

ウィンカーバルブも側面に何個って書いてあったか忘れましたが、大量のチップ。
20191006_07

先端にはレンズが付いていて...
20191006_08

中にもこれでもかっていうくらいチップが。
20191006_09

本当に大丈夫かいなと思いつつ、同封されているサンキューカードを見てみると、ちょっと怪しい日本語ですが、一生懸命丁寧な対応を心がけている模様。
額面通り受け取っておきましょう(^^)
20191006_10

同時に注文したもう一つの荷物は1日遅れて到着。
20191006_11

LEDに換装した時にハイフラになるのを防ぐ抵抗器。
20191006_12

エレクトロタップが大量に同封されていますが、これは使わないかな。
20191006_13

私はまだ使ったことがないのであまり良くわかりませんが、こんなに大袈裟なヒートシンクっているのかしらん。
ウィンカーが点滅するときだけ通電されるんだもんね。
20191006_14

20191006_15

接続方法が書かれています。要するにLEDバルブのプラスマイナスの極に並列に繋げば、合成抵抗値がフィラメントと同等になってハイフラを防ぐというもの。
20191006_16

これらの他、一昨年の秋に作り直したウィンカーディレイ回路が機能不全を起こしていたので、改めて部材を調達しに京都四条寺町付近のMARUTSUにやってきました。
20191006_17

部材の他、端子のカシメツールもちょっと高かったけどこの際買っておきました。あと、ハンダもなくなりかけていたのでいっしょに。
20191006_18

今回はちょっと思うところがあって、左右の回路をケースの中に入れてしまってABSユニット跡地に置こうかと。
でもね、これちょっと大きすぎた。入るには入るのですが、せっかくの跡地スペースの大半を占拠してしまいそう。
20191006_19

ハンダにあんなに種類があるとは知らなんだ。
電子部品用とかホビー用とか、まあナニが違うんだか、お値段もけっこう幅があります。
とりあえず電子工作用を選択。
20191006_20

基板。
これも思うところがあって少し余裕のある大きめのものを選択。
先ほどのケースの中にちょうどいい余裕でおさまるサイズです。
20191006_21

これは前回使っていたのと同じリレー。
20191006_22

この回路図を見ていてふとあることを思いつき、そして諦めるという紆余曲折もありました。
20191006_23

電解コンデンサ、これも同じかな。
20191006_24

先ほどのリレーをショップで眺めていてふとあることを思いついて、前回まで使っていたダイオードの他に少し大きめの容量のものを4本。
20191006_25

それと従来から使っているのと同じショットキーダイオード。
20191006_26

基板をケースに固定する脚。
20191006_27

その脚をケースに固定するビス。
20191006_28

精密圧着ペンチ。
今までラジオペンチでかしめていましたが、こういう物は専用品を使ったほうがきれいに早くできるに決まっていると、奮発して買ってきました。
でも、けっこう使い方難しいのね。
20191006_29

これがその説明書。
20191006_30

なるほど、そうやって使うのか、と思って使ってみても、なかなかそのとおりにはできず、練習が必要ですねぇ。
20191006_31

20191006_32

さて、これがウィンカーディレー回路なんですが、緑の四角の中が今まで使っていたディレイ回路と同じ回路図。
左側にちょっと抵抗器とダイオードを加えていますが、これでウィンカーバルブをそのままポジションにも使えないかなと思ったのです。
抵抗を挟むことで、ポジションとして光るときは少し暗めに光らせることができるかなと考えたのです。
これをするために余分なダイオードを4個追加したのですが、でもなんとなく不安。
20191006_33

そして、こちらがショップでリレーの配線図を眺めていて思いついた配線図。
オレンジの四角の中がリレー本体ですが、1−16の荷電によって開閉する接点が二組あるのを利用できないか、と思いつきました。
20191006_34

これはウィンカー消灯時。
このときはNo.11の接点が閉じているので、電気は赤線のように流れてウィンカーバルブを点灯させる。
20191006_35

そしてこちらがウィンカー点滅時。
このときはNo.8の接点が閉じているので、赤線のように電気が流れてフラッシャユニットからの電気でバルブを点滅させる。
書き漏らしていますが、バルブのプラスマイナスには抵抗器を並列で繋ぐ必要があります。
20191006_36

おお、これはいい考えじゃん、と思っていたのですが、これやっちゃうとウィンカーバルブがポジションとして点灯するときにリアのウィンカーも点灯しちゃうね、って施工の段階で気がついてお蔵入りになってしまいました。

あ〜、回路考えるの面白いけど、なかなか思い通りにしようと思うと大変ですね。
こういうパズルみたいなの、大好き(笑)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

前の記事の計算っぷりから実行は少し後かと思ってたら…しっかり買い込みましたね!
ハイフラ防止抵抗はけっこう熱くなるみたいなので気をつけて下さいね。
テール&ストップランプはLED化しないんですか?

Re: タイトルなし

まーぼーさん、こんばんは。

> 前の記事の計算っぷりから実行は少し後かと思ってたら…しっかり買い込みましたね!

いやねぇ、前の記事、書いたは書いたんですけど、空振りというかよけいに頭を空回りさせたというか(笑)
こんなの、私のような人間が考えるまでもなく、すでに商品を考えてくださっている人がたくさんいらっしゃるんですよね、お恥ずかしい(^^;

> ハイフラ防止抵抗はけっこう熱くなるみたいなので気をつけて下さいね。

おお、そうなんですね。
実は設置場所があのいまいましい不良品の跡地でして、大丈夫かなぁ。
しかもね、とんだ間抜けなやり方しているんで、記事をアップしたらぜひツッコんでやってください(笑)

> テール&ストップランプはLED化しないんですか?

やるつもりですよ〜
なぜ今回いっしょに発注しなかったんでしょうね。
ダッシュボードのインジケータやメーター照明用のLEDは買ったのに。
そのあたりがツメが甘いんですよね(^^;
ストップランプはウィンカーと同じでいいみたいなんですが、テールランプは少しワッテージが低いやつにしないといけないので、どれにしようか思案中です。
バルブの大きさも少し小さいんですよね、こういうの考えるのも楽しいんですよ(^^)

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?