FC2ブログ

夏休みに半世紀ぶりの黒部ダム 【後編】 黒部平から大観峰へ、そして展望台へ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

黒部平からロープウェイに乗って大観峰に向かいます。
振り返ると黒部湖が横たわっている。
20190904_01

しかし、いまでこそここまで難なく来ているけど、このダムができるまでは秘境と言われるところだったはず。
20190904_02

下りとすれ違い。ここが中間地点です、
20190904_03

大観峰についてさらに高い展望台に上がっていきます。
外国からの方もたくさんいらっしゃいましたね、こちらのカップルはどこからなんだろう?
20190904_04

風速計の向こうに麓の駅が見えます。この距離を、途中に支柱なしで渡らせているなんて、ホントかよ(^^;
20190904_05

この駅の下にも沢があります。夏こそ素敵ですが、冬は完全に雪に閉ざされて過酷な環境です。
20190904_06

息子、オレの肉を少し分けてやりたい(^^;
20190904_07



大観峰の景色を堪能したあと、再びロープウェイで黒部平に下り、そこからケーブルに乗り換えて黒部湖へ。
今見えている左側のケーブルは上ってくるケーブルカーを引き上げているケーブルです。
あそこが中間地点、すれ違います。
20190904_08

このトンネルだって苦労して作ったんだろうなぁ。
20190904_09

運賃は決してお安いとは言えないけど、これだけの施設を維持するためには必要な経費ですね。
20190904_10

ダム堤体の横にはこんな慰霊碑。
今なら巨大な岩盤掘削機があるけれど、この当時は発破とツルハシで掘るという、気の遠くなるような作業が続いたはず。
20190904_11

171名の殉職者を出したそうで、この尊い犠牲の上に当時の関西の電力需要の半分がまかなえるようになったという、歴史的な工事でした。
20190904_12

ここには平成27年に関西電力によって刻まれた感謝の碑が。
20190904_13

こちらは黒部湖の説明書き。
この記事を書いていて気がついたのですが、前回書いた『なんとなく昔見たときよりも放水が小さくなったような気がする』というのは気のせいじゃなかったようです。
左下のところ、放流量が時期によって1.5倍の差があるようで、たぶん、50年前に見たのは毎秒15トンのときだったのかもしれません。
20190904_14

このダムは言うまでもなく発電目的ですが、肝心の発電所本体はこのダムの直下ではなく、10キロも下流にあるそうです。それにしてもすごいスケールですね。
これを昭和38年に造ったんですよ。
まあ、それを言っちゃうと、アメリカの西海岸にあるフーバーダムなんて1936年、戦前に造られて琵琶湖と同じくらいの貯水量の湖を造っているってんだから、すごいですよね。
20190904_15

この説明書きは、なんとなく難解な日本語ですが、要するにダム以外の導水路やトンネルなど、黒四ダム建設や維持に必要な設備など一切合切をひっくるめて『くろよん』と呼ぶのだということのようです。
20190904_16

この壁の向こうに2億立方メートルの水が溜まっているという...
このダムはまだ向こう250年はダムの機能を維持できるというのだから、日本の土木技術というのは大したものです。
つい最近、熊本かどこかのダムが撤去されたという話も聞きましたが、黒四ダムの撤去はまだまだ先ですね。
20190904_17

大観峰からさらに先に向かうと富山側に抜けられます。
つぎはそっちからアプローチしたいものですねぇ。
20190904_18

展望エリアに上っていきます。
階段何百段だったかな、確か300段くらいは上らないといけないはず、ここはまだ中途です。
20190904_19

ここから見た観光放水のアップ。
放水に飛び込んだらぴゅ〜〜っと飛ばされますね。
20190904_20

20190904_21

これは建設途中のダム。この下の方の放水口はいまでもあるようです。
20190904_22

いまはその下の方の放水口は観光放水に隠れて見えませんね。
20190904_23

展望台のところにある休憩所にあったポスター。
ハサイダーってなんだ? と思っていたら、どうやら破砕帯から流れ出てくる水を使ったサイダーだそうで。
20190904_24

その展望台から見た黒四ダム、これが定番の撮影ポイントですね。
やっぱりでかいわ。
20190904_25

そのダムにせき止められてできた黒部ダム。船まで浮かんでますよ、はぁ。
20190904_26

たしかにこの景色は50年前に見た記憶がありますが、たぶん、場所は少しずれているんでしょうね。
20190904_27

下に降りて、さきほど見たハサイダーを買ってみました。
20190904_28

20190904_29

20190904_30

黒部ダム駅に向かう地下道にはいろんな案内図が出ています。
向こうの方に吊橋なんかがあったんだな、先に見とけばよかった。
20190904_31

これ、びっくりしましたね。
まさに黒部ダム建設の第一歩でしょう。
断崖の僅かな出っ張りに木の板を敷き、これをなんとか連結して誰も足を踏み入れたことがない現場に行ける文字通り足がかりを造った。
奥さんは『こんなの見たら涙が出るね』と感動しておりました。
まったく同感。
こういう小さな一歩、そのために命を落とした人もいたはずで、その小さな一歩からあの巨大なダムにつながったのだと思うと、感慨もひとしおです。
20190904_32

関電トンネルを電気バスに乗って下界に下りてまいりました。
ここまで下りてくるとすでに暑い(^^;
20190904_33

うちの奥さん、こういうの大好き。
息子を強制連行して運転手と車掌を演じているらしい。
20190904_34

駅を出て山の方を見てみると、あんなに雲に覆われてしまっている。
ほんと、ジュラシックパークみたい。
20190904_35

息子はあのリュックの中に三脚まで持ってきておりました。
教えてもいないのに親子よく似るもんだな、まったく。
私の親父もそうでしたから、親父が生きていたらどんなに喜んだか(^^)
20190904_36

こうして半世紀ぶりの黒四ダム観光は無事終了〜
50年前は、白馬の宿を出発して、どこをどうやって歩いたか覚えていませんが、半日かけてトロリーバスやロープウェイを乗り継ぎ、あのダムの堤体にたどり着いて、すんごい冒険をした気分でした。
今は車で乗り付け、バスとケーブルカー、ロープウェイを乗り継いでTシャツ半ズボンでいけちゃう。
かつての秘境はいつでも気軽に行ける場所に変貌を遂げましたが、あのスペクタクルは変わりませんね。
こんどは富山側からアプローチしてみよう。
20190904_37

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

50年前に訪れていたんですね、その頃に扇沢まででも行くのは大変だったんじゃないですか?
うちも家内と雪の壁があるときに通り抜けで行きたいと話をしますが中々行けません(笑)
黒四建設で新しい技術や工法が開発されたそうですが、沢山の犠牲になった方がいたからこそなんでしょう、ほんと難工事だったんでしょうね

Re: タイトルなし

TREKさん、こんばんは。

> 50年前に訪れていたんですね、その頃に扇沢まででも行くのは大変だったんじゃないですか?

私は小さい頃のことは比較的よく覚えている方なのですが、どうやって扇沢にたどり着いたかは思い出せないんですよ。
ただ、朝もはよから宿を出て、山道を歩いて昼頃についていたような気がします。
7歳ですから、それだけでもすごい冒険でしたね。
親父は若い頃から山登りが好きだったので、息子たちにも経験させたかったのかも。
もちろん、扇ワワの駅だったもっと粗末な建物だったのだと思います。
こんど実家に行ったらアルバムあさってみます、写真があるのは覚えているんですよ(^^)

> うちも家内と雪の壁があるときに通り抜けで行きたいと話をしますが中々行けません(笑)

雪の壁もみたいですねぇ。
黒部だけじゃなくて、それこそ乗鞍でも観られるんですよね(^^)

> 黒四建設で新しい技術や工法が開発されたそうですが、沢山の犠牲になった方がいたからこそなんでしょう、ほんと難工事だったんでしょうね

なにしろ171人の殉職者を出したっていうんですから、悲惨ですよね。
転落したり台車に轢かれたりなんてことも多かったんでしょう。
破砕帯にあたったときは本当に大変だったみたいですね。
4度くらいしかない水が何トンも噴いてくるなんて、かぶっただけで心臓麻痺を起こしそうです。
先人たちのご努力と犠牲に感謝しかないですね。

Kachi//

No title

コレは・・まことに正しい夏休みの過ごし方デスネ!
黒部、いいですね~
会社のプチ旅行でしか行ったコトないので、いつかはジリキで行ってみたいです
きっと、『黒部の太陽』を観てるか観てないかで風景の印象が違うでしょうね

Re: No title

ふらふらさん、こんばんは。

> コレは・・まことに正しい夏休みの過ごし方デスネ!

あはは、正しい夏休みの過ごし方ですか(笑)
たしかにアクティブでしたよ、今年は(^^)

> 黒部、いいですね~
> 会社のプチ旅行でしか行ったコトないので、いつかはジリキで行ってみたいです
> きっと、『黒部の太陽』を観てるか観てないかで風景の印象が違うでしょうね

これねぇ、私も直前に見ておけばよかったと思いましたよ。
観たのはもう5年も前でしたからねぇ。
ふらふらさんが行かれるときは是非ご覧になってから行ってください。
ボスさん地方からだと富山側からのアプローチでしょうから、関電トンネルは反対側ですね。
私は富山側の宇奈月とかトロッコ列車に乗れていないので、そちらに一度行ってみたいです(^^)
なかなか一回では全て楽しめない懐の深さがありますね。

Kachi//

こんにちは~^_^

いや~懐かしいですね~
私も三十数年前に「黒部、立山アルペンルート」とかいうツアーで、五月の連休に行ったことが有ります。
ダム周りは昔過ぎて(笑)あまり記憶がないのです。(^^;)
唯一残っているのは、室堂の雪の壁の道とその時に吹雪だったのが記憶に残っています。^_^

Re: タイトルなし

yosiさん、こんばんは。

> こんにちは~^_^
>
> いや~懐かしいですね~
> 私も三十数年前に「黒部、立山アルペンルート」とかいうツアーで、五月の連休に行ったことが有ります。

30年前だと、私は会社の同期とバイクであちこち走り回っていたときですねぇ。
あの頃は西日本ばかりで、黒部方面はまったくノーマークでした。
そうか、ツアーだと楽ちんに行けそうですねぇ。

> ダム周りは昔過ぎて(笑)あまり記憶がないのです。(^^;)
> 唯一残っているのは、室堂の雪の壁の道とその時に吹雪だったのが記憶に残っています。^_^

GWだと雪壁が残っているんですね、乗鞍でもそうらしいですが、私は雪壁見たことがないんです、羨ましい(^^)
それにしても、吹雪きましたか、さすが秘境、山の中ですね〜
GWに行くんだったらバイクはヤバイかもしれませんね。
私はこんどは富山側からトロッコ列車に乗っていきたいです(^^)

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?