FC2ブログ

自転車用のトルクレンチが届いた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日の記事でAmazonに発注した自転車用のトルクレンチ。
Amazonのプライムは看板に偽りなし。
翌日の夜には着荷であります。
20190630_01

至福の開封〜
20190630_02

おお、なかなか素敵なパッケージじゃないですか。
20190630_03

裏面には ”Made in China” と書かれていますが...
20190630_04

パッケージの側面には "Made in Taiwan” と書かれています。どっちがホンマ?
20190630_05




2N・m〜24N・mの間のトルク測定が可能。
20190630_06

1/4ドライブで10本のビットが付属します。
20190630_07

割にしっかりしたケースに収納されていますね。
20190630_08

開いてマニュアル類をどけると、一式のぞきました。
20190630_09

ビットは3ミリから1〜2ミリステップで10ミリまでのヘックスが、さらにT20、25、30のトルクスも付きます。
20190630_10

質感はまあ値段なりという感じ。決して高級には見えませんが、まあちゃんと測定ができりゃそれでいいんであります。
20190630_11

目盛りは2〜24まで刻まれています。
20190630_12

さてマニュアル。
日本語はないのですが、こういう注意事項はちゃんと読んでおいたほうがよろしい。
しばらく使わないとき、また、長期間保管していたときは低トルクで何回か動作させることで内部のパーツにグリースが回る。
(24N・m以上にセットしてはイカンというのは想像できましたが)2N・m以下にもセットしてはいけない。
 ⇛しまうときは完全にユルユルになるくらいまでダイヤルを緩めるべきだと思っていましたが、これ、知らないと間違った保管をするところでした。
20190630_13

裏面には中国語で説明書き。
『注意事項』以外は意味不明です(英語と同じことが書いてあるんでしょう)。
20190630_14

もう一枚、キャリブレーション結果のチェック表が入っていました。
セットしたトルク位のプラスマイナス4%以内に誤差が収まっているそうです。
20190630_15


さて、これでロードバイクの主要なボルトはしめられるでしょう。
ソケットを買ってくりゃ、RTのタペットクリアランス調整のロックナットをしめるのにも使えそうですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?