FC2ブログ

六義園の八十八景

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

六義園の中を、ボランティアガイドの女性と一緒にゆっくり回っていきます。
前回の記事で、八十八箇所の絶景を示す石柱があると書きましたが、この頭が尖った石柱は戦前からある石柱だそうで、戦後、復元されたものは頭が平らだそうです。
20190405_01

それら絶景を詠った句、ごく一部ですが、こうしてリーフレットにされています。
この歳になって、こういう短歌というのはええもんだなと思うようになりました。
五七五七七という短い文字の中でその情景が目に浮かぶような詠って、世界広しといえども日本くらいのものではないかと。
いや、漢文でも似たようなものはあったと思いますが、やはりこの定形の音の中で表現しているのは素晴らしい文化だと思います。
20190405_02

そういう句を詠みながらこうした景色を見ると、またそれが趣を深くしていくものです。
20190405_03

20190405_04

ガイドさんが触って説明してくださっているのは、佐渡ヶ島原産の赤玉石。
細かいことは忘れてしまいましたが、たぶん、鉄分なんかを多く含んでいたと思います。
同じような色を呈する石はオーストラリアでも見られて、あちらは石ではなく、赤い砂状です。
20190405_05

アオキの木。
20190405_06

こういう看板はちゃんと読んだほうがいろいろ面白いですよ。
20190405_07

夜はろうそくが灯るそうで、なんだかかぐや姫が出てきそうですね、
20190405_08




園内には門を入ったところにある桜だけではなく、各所に立派な桜の木が植わっています。
20190405_09

20190405_10

あ〜、あの後ろのビルが見えなければね、と思うのは私だけか? まあ、仕方ありませんね。
20190405_11

吹きあげの松。
松という字は、私達が知っている『木へん』に『公』ではなく、『木』の下に『公』を書く面白い字。
20190405_12

松は『黒松=男』と『赤松=女』があって、黒松のほうが固く強く、海辺や水辺の風よけのために生えていることが多く、赤松はきのこの苗床になるため、水から離れたところに植わっていることが多いそうです。
この水辺に植わっている松は赤松で、このことから、この池は人工であることがわかるそうです。
20190405_13

こちらは樹齢100年以上のソメイヨシノ。
ソメイヨシノの樹齢はせいぜい60年がいいところだそうで、昔から『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』と言って、桜の木はむやみに切ってはいけないと言われていますが、桜の木も病気になった枝などを適切に切ってやればこうやって命を永らえるものだそうです。
20190405_14

その老木の根元付近にはこうやって新しい芽が吹いています。
可愛いですね。
20190405_15

こちらは頭が平たいから、戦後に復元された石柱ですね。
20190405_16

ここは『つつじ茶屋』。
世にも珍しい、ツツジの木で軒を支えている、確か弥太郎さん時代にできた茶屋です。
20190405_17

8年前の東日本大震災で壊れかけたけど、どうにか復元できたそうで、貴重な建物です。
20190405_18

反対側の足はサルスベリの木も使われているそうで、このいびつな形がなんともいい味を出しています。
20190405_19

これはなんと言ったかな、鈴なりに花がぶら下がっている珍しい木です。
20190405_20

少し下から見たつつじ茶屋。
20190405_21

この近辺は、かつては水の流れがあったそうで、現在は霧とライトアップでかつての水の流れを再現しているそうです。
20190405_22

園内にはいろんな木が植わっていますが、私も初めて知ったのですが、楠というのはとってもいい香りがするんですね。
ガイドさんが下に落ちている枝を拾って嗅がせてくださったのですが、なんだかハーブという感じです。
20190405_23

ここは園内にある『藤代峠』という峠です。
20190405_24

う〜ん、やっぱり背景のビルが無粋だなぁ。
20190405_25

20190405_26

こうやって下界のみを切り取るとなかなかいいですね。
20190405_27

京都にもある『渡月橋』。
この橋は2枚の岩を少しオフセットして橋にしていますが、これは悪い気が橋を渡って入ってこないようにしているのだそうです。
20190405_28

でもね、やっぱり池ポチャする人がけっこういるらしく、浮き輪が常設されています(笑)
20190405_29

その渡月橋、陸地から見るとこんなふうに一本のまっすぐな橋に見える、このあたりが妙ですね。
20190405_30

だいぶ歩いて、そろそろガイドさんの説明も終わり。
いやあ、こんなふうに1時間半もかけてじっくり説明していただくと、夫婦二人だけで歩いているのでは知りえないいろんなトリビアが聞けて、本当に楽しかった、ありがとうございました。
20190405_31

吹上茶屋で抹茶セットをいただきましょう。
20190405_32

奥さん、着物着てきてよかったね(^^)
20190405_33

ここから見る池も平和ですね。あれはどうやらつがいのよう。
20190405_34

陽が少し傾いてくると、光がいい感じで桜を照らしてくれます。この時間を待っていた。
20190405_35

でもちょっと曇り気味なのが残念かな。
20190405_36

いやしかし、年休とっても毎日こうやって出歩いているから、本当に体が休まっているんだかどうなんだか(^^;
ま、心を休めることができたらきっちりリフレッシュですな(^^)v

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?