雨だけど、めちゃくちゃ楽しかった乗鞍ヒルクライム

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

夜から雨音を子守歌に寝ていた私は、朝も雨音で目を覚ましました。
が~ん、とか思いながらモーニングをいただきました。
20170728_01

食べ終わったときの時間は07:15、これならまだ余裕で間に合う、とさっそくクルマで駐車場に戻ると、なんともう皆さんついていらっしゃいます。
なんと早い(^^;
すみません、また私が最後でお待たせしてしまいました。
今回のメンバーは、いつも引っ張っていただいているていじんさん、TREKさん、14144さん、そして、今回初めてお会いするみのさん。
しかしどうする? この雨。
みなさん、この雨の中を上る気満々。
Kachiさん、どうします? ひょっとしたら美ヶ原のほうが晴れているかもしれないから、そっち行ってもいいし、ひょっとしたらこの乗鞍でも、上まで上がれば雲海の上に出られるかもしれませんよ?
と、どうするかの判断を私にゆだねられて、根性無しの私は迷わず美ヶ原を選択。これがそもそもの間違いのもと(^^;
20170728_02

そこから松本市へ小一時間かけて下りて行くのですが、結局松本の体育館までたどり着いても雨は上がるどころか、雨脚は強くなる一方。
TREKさんのクルマの中で、14144さんとみのさんが、あ~これだったらやっぱり乗鞍だぁ、と算段されていたようで(^^; 体育館近くのコンビニで500円しないお安いビニールガッパを購入して、また乗鞍にとんぼ返り~(^^;
みなさんえらいすみません、私のせいで2時間もロスしてしまいました(^^;

と、前置きが長くなってしまいました。





雨が降っているからフルじゃなくて、三本滝から出発しようということになって、三本滝の駐車場でおのおのバイクを下して準備。
20170728_03

ビニールガッパの3人(私を入れて)がシュールですが、これが意外や不快ではないのですねぇ。暖かくて風邪をひくこともありませんでした。
20170728_04

そして、そぼ降る雨の中を、13キロ先の頂上を目指して出発。今回は終始雨が予想されるので、カメラはなしです、悲しい。
三本滝の駐車場を望む中腹で一休み。こういう好きなところで休憩できるところがレースと違ったよさですね。
20170728_05

20170728_06

そこからさらに上を目指していきますが、やっぱりペース配分が下手な私はすぐに顎が出る。
先行するていじんさんが2回も下りてきて、あと1キロですよ~、あと500メートルないですよ~、頑張って~、と声をかけてくださいます。すごすぎ(^^;
そして、へえへえ言いながら冷泉小屋に到着。
20170728_07

道の反対側には沢が。雪解け水なんでしょうね。
20170728_08

どんどん高度を上げていきます。
20170728_09

ここからはいま上がってきたワインディングが下に見えます。ガスが出てきていますねぇ、雨もそぼ降っています。
20170728_10

冷泉小屋からほどなく位ヶ原山荘に到着。
去年はここでたい焼きをいただきましたが、今回はカップヌードルをいただきました。
身体が温まってエネルギーを注入することができた、これで頂上までかたいぞ。
20170728_11

森林限界線近く。
雪渓がガスの向こうに見えています。
ああ、晴れていたらなぁ、と悔しい気持ちもありますが、山ならばこんな風景も楽しいというもの。なぜか寒いという感覚はなく、うきうきしている自分に気がつきます。
やっぱりみんなで上るのが楽しいですねぇ。
20170728_12

20170728_13

そのうち、雪の回廊の残りと思われる雪の壁に出くわしました。
20170728_14

自分たちの背の高さよりも高い雪の壁。
でも、7月でこれですから、真冬はさらに倍くらいの高さなんでしょうねぇ。
20170728_15

この写真を撮ったバックにある雪渓では夏スキーを楽しむ好き者のみなさん。
その好き者のみなさんに『自転車で上がってきたんですか? 好きですねぇ~』と笑われました(笑)
いや、もうお互い様ですよ、ははは。おきをつけて~
20170728_16

こうして本番よりも7キロ短いヒルクライムは終了、頂上のレストランで思いきりカロリー補給して温まりました。
20170728_17

ここから下るのですが、登頂したとき、岐阜県との県境の頂上では岐阜側からとんでもなく強い風と雨が吹き付け、ガスでホワイトアウト。
レストランから出るときは少し雨は弱くなっていましたが、視界が悪いのは相変わらず。
でも下りないといけません。
20170728_18

途中は雨と風で写真撮れず。
やっとガスが晴れて雨も小雨くらいになりましたが、もうブレーキはきかないわ、握力は弱くなるわで、去年落車した私としてはとっても怖い(^^;
20170728_19

それでも、下界が見えるとやっぱりテンションが上がりますね~
20170728_20

最後尾の私の自転車のタイヤ下に見えているのがスタート地点の三本木です。
こんなパノラマが見えるのもこのコースの大きな魅力ですねぇ。
20170728_21

こうやって見ると、北海道のナイタイ高原牧場のレストハウスに向かうところのような感じもします。あっちはもっと周囲がだだっと広いですが。
20170728_22

無事にゴールについてから、せっかくだし温泉に入ろうということに。
観光センター近くの湯けむり感に入ってきました。浴室内部は撮影禁止なので写真はなし(^^)
20170728_23

皆さん長く入っていらっしゃいましたが、最近、体温調整がおかしくなった私は長風呂がだめ、のぼせそうになってとっとと出てしまいました。
でいただいたのがこけもものソフトクリーム、これおいしかったですよ、お勧めです。
20170728_24

こうして今回の乗鞍ヒルクライムのすべてのアクティビティが終了です。
別れ際がなんとなく名残惜しいんですよね。
後ろ髪を引かれるような思いを胸に、高速道路上の人になります。
20170728_25

山岳路を走るので、トンネルをいくつも抜け...
20170728_26

200キロほどを走って名神高速の養老SAで復路初めての休憩。
20170728_27

もうここまで下りてくると、あのまとわりつくようなむしむしとした暑さに体が包まれます。日常に逆戻りですね。
20170728_28

今回も、ていじんさん、TREKさん、14144さん、そして初めてお会いするみのさん、ほんとうにお世話になりました!
ひとりだったら絶対に敵前逃亡間違いなしの今回の乗鞍、みなさんのおかげでテンション保ちながらとっても楽しく上れましたよ~
やっぱり皆さんの仁徳のおかげです。
それと、私の優柔不断で2時間もロスしてしまったすみません!
次回は雨が降っていても絶対初心貫徹するようにします... たぶんね f(^^;
次回は秋の紅葉ヒルクライムですね!


最後に今回の復路の燃費。
高速道路を降りたところでオンボードで18.6キロ/リットル。
20170728_29

そして市内をうろうろして給油時点で18.2キロ/リットル。
20170728_30

まあ立派な値ですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
いや、あのドライブは雨止まないかな~て言う時間稼ぎもあったし(笑)
私たちで決めたので気になさらないでください

松本までの道中も
「美ヶ原の激坂は乗鞍より危ないんじゃないか」とか
「どうせ雨で登るのなら乗鞍の方が多少なりとも景色が見える」とか
「もう大王わさび園見て帰ろうか」とか
「蕎麦食べて解散?でもせっかく来たんだし」とか
止まない空模様を見ながら晴れれて来ればよかったのですが
雨の美ヶ原はあまり乗り気じゃなかったんです

あんな天気でもスキーヤーが居たり登山する人がいたり
自転車で登ったりとホントもの好きですね(笑)

No title

kachiさん お邪魔します
14144です

乗鞍お疲れ様でしたぁ~♪
本当に悪天候の中 お疲れ様でしたぁ~って言葉がぴったりでしたね(^^)

と、私はこの2週間前 炎天下の東京~山梨を走ったんですが・・・それよかずっと雨の乗鞍の方が楽しく走る事が出来ましたぁ~!

やっぱ高温多湿を走る方が辛いし キツイです(^^;

それよりなにより Kachiさんがメッチャ登れる様に成ってる事にビックリ!(◎_◎;)

皆さんドンドン速く成ってるので チョッピリ私も刺激を受けましたぁ~!

私もちょこっと頑張ろう~!

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> こんにちは
> いや、あのドライブは雨止まないかな~て言う時間稼ぎもあったし(笑)
> 私たちで決めたので気になさらないでください

そうなんですか、恐縮です。
なんだか申し訳ないなぁと乗鞍に戻る車の中でがっくりきてました^_^;

> 松本までの道中も
> 「美ヶ原の激坂は乗鞍より危ないんじゃないか」とか
> 「どうせ雨で登るのなら乗鞍の方が多少なりとも景色が見える」とか
> 「もう大王わさび園見て帰ろうか」とか
> 「蕎麦食べて解散?でもせっかく来たんだし」とか
> 止まない空模様を見ながら晴れれて来ればよかったのですが
> 雨の美ヶ原はあまり乗り気じゃなかったんです

いちど美ヶ原は走って見たいんですが、やっぱり晴れた日までとっておきましょう^ - ^
バイクでは何回も走っているんですが、やっぱり自転車でも走りたいですからねぇ。

> あんな天気でもスキーヤーが居たり登山する人がいたり
> 自転車で登ったりとホントもの好きですね(笑)

まったく^_^
お互いに笑ってましたもんね。
スキー担いであの雪渓を登るのも、自転車でハアハアゼエゼエ言いながら登るのも五十歩百歩ですよね、酔狂というか、なんというか。
でも、だから楽しいんですよね^_^

Kachi//

Re: No title

14144さん、こんばんは。

> kachiさん お邪魔します
> 14144です
>
> 乗鞍お疲れ様でしたぁ~♪
> 本当に悪天候の中 お疲れ様でしたぁ~って言葉がぴったりでしたね(^^)

いやあ、あの雨の中、よく上りましたよねぇ、ほんと、お疲れ様でした^_^;
でもね、私とても楽しかったんですよ。
去年の本番の時もそうだったんですが、いつまでも余韻に浸っているという、なんかそういう魔力がありますね、乗鞍^_^

> と、私はこの2週間前 炎天下の東京~山梨を走ったんですが・・・それよかずっと雨の乗鞍の方が楽しく走る事が出来ましたぁ~!

楽しかったですよね!
一人だったら絶対ああはいかなかったと思います^ - ^

> やっぱ高温多湿を走る方が辛いし キツイです(^^;

なんせ、身体の冷却がきかないですからねぇ。
湿度が低いだけでもずいぶん違うと思うんですけどね^_^;

> それよりなにより Kachiさんがメッチャ登れる様に成ってる事にビックリ!(◎_◎;)
>
> 皆さんドンドン速く成ってるので チョッピリ私も刺激を受けましたぁ~!
>
> 私もちょこっと頑張ろう~!

いえいえ、まだまだメッチャなんてレベルではございませぬ^_^;
なにしろ、心拍の回復が遅くて遅くて。
もっと鍛えないといかんですね、ひっくり返らない程度に^_^;

Kachi//

やはり乗鞍

おはようございます、ていじんです

いや~、今回は土砂降りの乗鞍
でも楽しかった!

美ヶ原でも良かったですが、これだけノリノリにはならなかったと思います
なので引き返して登ったのは正解でした

多分こういうのは一生ものの経験になりそうですし
とにかく今回も非常に楽しめました♪

今度は秋、その時は快晴の乗鞍ご一緒しましょう

Re: やはり乗鞍

ていじんさん、こんばんは。

> おはようございます、ていじんです
>
> いや~、今回は土砂降りの乗鞍
> でも楽しかった!

おもしろいですよね~、ひとりだったらゼッタイ帰っちゃいますけど、みんなで上るとあんなに楽しいなんて!
なんかくせになりますねぇ。

> 美ヶ原でも良かったですが、これだけノリノリにはならなかったと思います
> なので引き返して登ったのは正解でした

最初から乗鞍にすればよかったですね(^^;
美ヶ原は今度はれたといにしましょう。
といいつつ、最初に20%の強烈斜度があるのは怖いなぁ。

> 多分こういうのは一生ものの経験になりそうですし
> とにかく今回も非常に楽しめました♪

本当です、皆さんのおかげですよ、やっぱり皆さん暑いハートをお持ちだからでしょうね(^^)
いつも足手まといなのに、つきあってくださってありがとうございます(^^;

> 今度は秋、その時は快晴の乗鞍ご一緒しましょう

ですね!
秋の真っ赤な紅葉に映える設計が見たいですね。
いまから楽しみです。

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?