Bluetoothトランスミッタなどの瞬断を防ぐディレイ回路の図面起こし

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ちょっとした思い付きでやろうと決めたBluetoothトランスミッタの瞬断防止回路
購入したパーツをどんなふうに組めばいいのかな?

ということで、不慣れな回路を考えてみました。
なんて偉そうに書いていますが、D-Typeさんが設計された回路をちょっといじるだけであります f(^^;

これがウィンカーポジションのディレイ回路(D-Typeさん作成)。
20170608_01



点線がリレー本体、上半分がウィンカーのプラスから分岐させた線で、ウィンカーが点灯すると『Position Circuit』とと書かれているほうの回路を開き、『Condenser』を充電します。
そして、ウィンカー消えるとその『Condenser』が放電して放電しきるまでの間『Position Circuit』の回路を開き続けます。
そして放電しきる前に再びウィンカーが点灯して...という具合に作動して、ウィンカーが点滅している間はずっとポジションが消灯する仕組みです。

さて、じゃあBluetoothトランスミッタの瞬断を防ぐにはこれをどういじればいいの?
簡単であります。

ポジションディレイのときは、ウィンカー側が通電されたときに被操作対象の回路を開く(通電を切る)ように接続しますが、Bluetoothの瞬断防止回路の場合はその逆、イグニッションスイッチから通電されたときは被操作対象の回路を閉じる(通電させる)ように接続します。
こうすることで、信号待ちでエンジン一時停止させたときや、エンジンをかけたときの瞬断でもトランスミッタやドライブレコーダには一定時間給電がされます。
20170608_02

本当は、この図に書き込んだように、イグニッションをオフにしても通電されるオーディオの電源にもつなげたい。
この辺はディーラーに教えていただけるかな?

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?