瞬断防止回路のパーツを調達

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

Bluetooth-FMトランスミッタとドライブレコーダの瞬断を防ぐディレイ回路のパーツをとりあえず購入してきました。
オーディオのアクセサリ電源のありかはまだ分かっていませんが、ディレイ回路さえつくっておけば、あとは配線だけの問題なので。
購入したお店はここ、四条寺町を少し下ったところにあるマルツという電子パーツショップ。
20170606_16

これが今回購入してきた全体像。
20170606_01

一個一個見ていきましょう。



まずはディレイ回路のディレイ時間を決定するキモの部分、コンデンサです。
ウィンカーポジションの回路を作るときは 1,000μFのコンデンサを使って、おおむね 1秒程度のディレイができました。
なので、今回は 4,700μFと...
20170606_02

微調整のために 3,300μFを買ってきました。どちらか一方、もしくは両方を使ってもいい。2本使うときは並列でしょうね。
20170606_03

こちらは今回購入したのではなく、ウィンカーポジションのパーツのあまり、ダイオードです。
20170606_04

さらに、こちらも心臓部といえる、リレー。今回の使い方はウィンカーポジションのときと逆、通電時に操作される回路が閉じ、通電が解かれると回路が開く、という使い方。
20170606_05

今回はクルマの室内に設置するので、作った回路を格納するケースも調達。
20170606_06

こちらはコンデンサをはじめ、今回組む回路を配置する基板です。
コンデンサを2本配置するかもしれませんので、少し大きめのものです。
20170606_07

これは基板に貼り付け、ケースの外からビスを通して固定する脚です。ボスというのですね。ステアリングを取り付けるためのボスと同じ意味合いでしょうか。
20170606_08

そして、これらそのボスをケースの外から固定するビスです。無論、寸法は合わせてあります。
20170606_09

こちらはこの回路に何らかの不具合が発生したときに保護するためのフューズ。
20170606_10

端っこについている小型のフューズは使わないかもしれません。
20170606_11

フューズボックスから電力を取り出すための端子。接続用にも使えるように、オスとメスの両方を購入しておきます。
20170606_12

そして、アースを落とすための丸型端子。一個で十分なのですが、どうしてもまとめて5個とか6個でしか売っていないんですよね。
20170606_13

こちらはこの回路の末端に付けるシガライタソケット。同じものを二つ買ってあります。
両方別々の場所に設置するために二つです。
20170606_14

最後はミノムシクリップ。
今回の工作には直接関係ありませんが、導通のチェックをするときにあると重宝します。
20170606_15

さて、これで役者はそろいました。
ウィンカーディレイ回路とは少し回路の構成を変えないといけないので、ゆっくり考えながらやりましょう。
こういう仕事は楽しいですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

TOYさん、こんばんは。

> こんにちは。
> 車載の場合、リレーは基板用の物よりエーモンなんかの車用の方が耐久性が良いようですよ。
> 基板用の物は内部のスプリングが弱いからか接点がすぐに焼けてしまいます。
> (基板用でも耐震動の物や基板全体を防震すれば大丈夫でしょうけど)
> 私も何度かありあわせのリレー使って回路を組んだら、すぐにダメになりました(笑)

そうなんですか、それ走りませんでした。
前回作ったポジションのディレイ回路の場合はウィンカーが点滅しているときだけリレーに荷電されていましたけど、今回のは走っている間はずっと荷電されますからね、ちょっと危ないかな?
まあ、せっかく買ってきたので、ちょっと様子見てみますね。

> それから電源の取り出しは、できればヒューズボックスから
> または主電源をバッテーリーから直に引き、制御信号をヒューズボックスから取る
> と言う方が良いですよ。
> 理由はオーディオの配線から分祀させた場合、トラブルがあった際には
> オーディオ裏にアクセスする時にダッシュ周りに傷をつける確率が上がる。
> まれにドラレコ等がオーディオにノイズを載せたりナビに影響する場合もあります。
> また車を売却する際の原状復帰にも面倒です(そのまま売却するなら問題ないですが)

アドバイスありがとうございます。
実はフューズボックスの通電をチェックしたのはそうしようと思ったからなんですよ。
ただ、本当はオーディオの電源もそこで見つけたかったのですが、結局見つかりませんでした。
これは裏から分岐させないといけないようです。

> VWのACCの仕組みが複雑みたいなので単純にはいかないでしょうから
> ディーラーで聞いてみてもと思いますよ。
> (単にヒューズの配置ならググれば出てきますが)

VWはイグニッションをオフにしても、キーを抜くまではオーディオは動作しているのですが、これがフューズボックスからとれないんですよね。
先日、ディーラーの人に教えてもらったのですが、オーディオの電源はコンピュータが制御していて、いちおう線の色は教えてもらいました。裏側を除かないといけなさそうです。
ちょっと慎重になってしまいますね。

まあ、瞬断防止だけでまずはいってみますね(^^)

Kachi//

No title

こんにちは。
車載の場合、リレーは基板用の物よりエーモンなんかの車用の方が耐久性が良いようですよ。
基板用の物は内部のスプリングが弱いからか接点がすぐに焼けてしまいます。
(基板用でも耐震動の物や基板全体を防震すれば大丈夫でしょうけど)
私も何度かありあわせのリレー使って回路を組んだら、すぐにダメになりました(笑)

それから電源の取り出しは、できればヒューズボックスから
または主電源をバッテーリーから直に引き、制御信号をヒューズボックスから取る
と言う方が良いですよ。

理由はオーディオの配線から分祀させた場合、トラブルがあった際には
オーディオ裏にアクセスする時にダッシュ周りに傷をつける確率が上がる。
まれにドラレコ等がオーディオにノイズを載せたりナビに影響する場合もあります。
また車を売却する際の原状復帰にも面倒です(そのまま売却するなら問題ないですが)

VWのACCの仕組みが複雑みたいなので単純にはいかないでしょうから
ディーラーで聞いてみてもと思いますよ。
(単にヒューズの配置ならググれば出てきますが)






Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?