餘部鉄橋を見に行こう ~旧い鉄橋も残っていた~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

鎧駅を出たら、餘部鉄橋はすぐ隣。
R178に入って道が北の方角を向いてしばらくすると、餘部鉄橋が見えてきました。
20161025_01

いや、いまは鉄橋ではなくなってしまっていますよね、餘部橋梁というのが正しい。
20161025_02

確かあそこに喫茶店があったはず、と思って着いたところは、喫茶店はなくなっていて、道の駅ができていました。
20161025_03

鉄橋は新しいコンクリート製の橋梁にとって代わられてしまいましたが、一部がまだ保存されています。
20161025_04

橋は平成22年にかけ替えられているのですが、この橋のすぐ下の公園は3年後の平成25年にできたようです。
20161025_05

西側の3本の橋脚はかつての姿をとどめていて、上は展望台になっています。
その橋脚のすぐ南隣りに新しい橋梁が通っています。
20161025_06

塗装記録というのがちゃんと記されています。
ここは日本海に程近く、潮風にさらされるので、定期的にペンキの塗り直しをして維持されています。
明治45年建造の鉄橋が100年以上もこうして原形をとどめて運用できたのは、こうしたメンテナンスの賜物。
20161025_07

駅のほうに向かう途中に説明書きがありました。
先ほど旧い橋の上が展望台になっていると書きましたが、それはこの看板を見て知ったものです。
20161025_08

餘部駅はエレベータもエスカレータもない山の上にあります。お年寄りにはけっこうきついはず。
その途中からトンネル側が見えます。
旧い橋を残したままどうやって新しい橋をかけ替えたのかと思っていましたが、橋一本分南にそらせて橋を建てたんですね。
20161025_09

ホームのところまで上がってきました。
かつての鉄橋のころは、プラットホームは線路の南側にあったと記憶します。しかし、橋と線路が南に動いたことで、そのホームがあった山の法面は削り取られ、ホームはほぼ同じ位置ですが新しい姿になって線路の北側に位置していました。
20161025_10

旧い線路はここから東のほうに向かっていて、旧い橋の上まで行けます。
20161025_11

ここが現在でも残っている西側3本の橋の上の展望台。
確かにここからの景色は絶景なのですが、残念なことに安全柵がうるさく、写真に撮ってもぜんぜん見栄えしません。
20161025_12

ここは展望台の東の端っこからトンネルのほうを見たところ。
こうやってみると、旧い線路がまっすぐトンネルに向かっていて、新しい線路が南にそれて延びてきているのがよくわかります。
20161025_13

展望台をあとにして、少し戻ってから撮影ポイントに来てみました。
う~ん、こんなことを言ったら叱られるかもしれませんが、やっぱり雰囲気としてはトレッスル橋のほうが上だなぁ。
20161025_14

とにかく『空の駅』と言われるくらい高いところにあるので、いろんなものを設置するのもたいへんだったでしょうね。
20161025_15

そこへ上り列車が入り、発進していきました。
20161025_16

電化されていないので、昔ながらのディーゼル車両が走っていきます。
さっき雰囲気のことを書きましたけど、安心感という意味ではやっぱり新しい橋梁のほうが上ですね。
20161025_17

20161025_18

駅をあとにして下りていきます。
明治45年に建設されて、塗装やその他のメンテナンスをされてはいるでしょうが、たぶん分解なんかされたことはないのでしょう、よくもまあ100年以上も維持できたものです。
20161025_19

地上の基礎部分。
脚を直接地面に打ち込んだ基礎に固定するのとは別にもう一本、橋脚を固定している部品があります。これがどれくらいの効果があるのか、私にはわかりません。
20161025_20

そうやって旧い橋と新しい橋を堪能したあと、帰路につきました。
20161025_21

途中、こんな景色のところで休憩したりして、のんびり家路をたどります。
20161025_22

少し眠くなったので、休んでから再出発。
20161025_23

帰りも4時間もかかって帰宅、ODOは 109,754キロ、往復で381キロ。
一部、高速無料区間を使った以外は全部下道でよく走ったものです。
20161025_24

燃費ですが、給油ベースの満タン法で371.9キロを17.45リットルで走ったので、リッターあたり21.31キロ。まあ上出来ですね。
20161025_25

久しぶりに長距離をがっつり走って大満足でした。
エンジンの調子もすっかり戻ったし、また乗るのが楽しみになりました。
20161025_26

今回の餘部までのルート、まあ載せるほどでもありませんが(^^)


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

るーのぼさん、こんばんは。

> 安全上仕方ないならしょうがないですが、やはり鉄橋のほうが見栄えはいいですよね~。
> ただ、いくらかでも鉄橋が残されているというのは、当時を思い出すのに役立ちそうです。

やっぱり皆さんそう思われますよね(^^)
でもそうなんです、救われた気がした(?)のは、橋脚が一部でも残されていたことなんですよ。
私は11年ぶりに見たので、おお、やっぱりこの鉄の感触だなぁ、って思いました(^^)

> 去年行きましたが・・・階段がきつかったのはよく覚えています。(^^;)

るーのぼさんも行かれたんですね。
もうかけ変わってしまったあとで、ちょっと残念でしたね。
あの階段、ホントけっこうきますよね。
名物の駅でなければ、好き好んであんな階段の上の駅なんて使いませんよね、普通(^^;
話のタネに行くのはいいところですね、景色もいいですし(^^)v

Kachi//

No title

安全上仕方ないならしょうがないですが、やはり鉄橋のほうが見栄えはいいですよね~。
ただ、いくらかでも鉄橋が残されているというのは、当時を思い出すのに役立ちそうです。

去年行きましたが・・・階段がきつかったのはよく覚えています。(^^;)

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> こんにちは~
> 風情と言う点では鉄橋ですよね~コンクリートじゃなんだか・・・w

でしょう、でしょう?
やっぱりコンクリートは味気ないですよね。
こう言っては不謹慎ですが、あの細いトレッスル橋の上に、下から見えるような状態で列車が走っているのが雰囲気なんですよね~

> 餘部鉄橋は高校時代バイクで遊びに来て
> ちょっと手前のユースホステルで泊まったんですが
> そこに鉄橋を渡るSLの写真があって凄くカッコよかったのを覚えてます
> それから何年かして転落事故があったときはびっくりしました

あれはびっくりしましたよね。
私も強烈に印象に残っています。
橋の下にはいまでも慰霊碑が立っています。
カニ缶詰の工場かなんかがあって、被害が広がったんですよね。
それを考えるといまの端に変わるのも時代の流れなんでしょうけど、風景的にはもうちょっと考えてほしかった気がします(^^;
まあでも、いまでも天空の端と駅であることには違いないですから、一見の価値はあり、ですね。

Kachi//

Re: No title

ドラゴンローディーさん、こんばんは。

> Kachiさん,お邪魔します。
> 鉄橋って,絵になりますね。

ですよねぇ。
やっぱり古い鉄橋の方がこういう田舎の線路にはぴったりきますよね。
コンクリートだとちょっと味けないですよね。

> この辺は,この後紅葉するのでしょうか?
> 紅葉したら,さらに素晴らしい景色になりそうですね。

ああそうですね~
私はここはなぜか暑い自分しか着たことがないのですが、きっと紅葉の時期はいいと思いますよ。
ネットで検索してみると、冬も絵になりますよ。

> 京都の紅葉は,まだ見たことがないので,見てみたいです。

ぜひいらっしゃってください。
まあとにかく紅葉の京都はど定番という感じですからね。
でも、ドラゴンローディーさん地方もいいところいっぱいありそうですよ(^^)
特に先日行かれた日光方面は私の憧れです。
東京勤務時代に何回か行きましたけど、紅葉の季節だけ行けていないんですよ(^^;
また行きたいものです(^^)

Kachi//

Re: No title

ぷんとさん、こんばんは。

> 余部鉄橋、こんなになっちゃったんですか!
> 僕が知ってるのは、鉄骨で支えられたいかにも怖そうな鉄橋でした。山陰地方を走るときは、必ずと行っていいほど下をくぐりました。

ぷんとさんも何回もいらっしゃっていたんですね。
そうなんです。
もうずいぶん前にこんなになっちゃったんですよ。
いちど大きな事故がありましたからね、安全を考えるとどうしてもこうなっちゃうんでしょうね、残念です。

> こんなふうになっちゃうんなら、掛け替える前に見に行けばよかったなあ。

私もかけ替えられる直前に行きたかったのですが、果たせずでした、残念。
29日の午前零時に11年前のときの様子をアップするよう、予約投稿をしてあります。
もしよろしかったらご覧になってください。
やっぱり雰囲気は古いほうなんですよねぇ。

Kachi//

No title

こんにちは~
風情と言う点では鉄橋ですよね~コンクリートじゃなんだか・・・w
餘部鉄橋は高校時代バイクで遊びに来て
ちょっと手前のユースホステルで泊まったんですが
そこに鉄橋を渡るSLの写真があって凄くカッコよかったのを覚えてます
それから何年かして転落事故があったときはびっくりしました

No title

Kachiさん,お邪魔します。
鉄橋って,絵になりますね。

この辺は,この後紅葉するのでしょうか?
紅葉したら,さらに素晴らしい景色になりそうですね。

京都の紅葉は,まだ見たことがないので,見てみたいです。

No title

余部鉄橋、こんなになっちゃったんですか!
僕が知ってるのは、鉄骨で支えられたいかにも怖そうな鉄橋でした。山陰地方を走るときは、必ずと行っていいほど下をくぐりました。

こんなふうになっちゃうんなら、掛け替える前に見に行けばよかったなあ。
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?