乗鞍ヒルクライム ~ Nori-Climberになった日 ~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、乗鞍ヒルクライム当日の朝。
04:00に起床。朝食は05:00ごろからだということで、みんな思い思いにやることをやります。

TREKさんはクルマに積んできたローラー台でウォーミングアップされています。
これ、前日に私も試させていただきましたが、すごくほしくなりました。
負荷を調整できるうえに、公道を走っているときと違って、一定時間ずうっと負荷をかけられる。う~ん(^^;
20160901_01

私はていじんさん、ドラゴンローディーさん、14144さんに誘われて宿から2キロほど下ってウォーミングアップに行きます。
20160901_02

2キロですが、体は十分に温まって目覚めました。
このウォーミングアップのあとの食事がまたおいしいですね。
でも、ここはあまりたくさん食べるのはご法度。おかわりはしません。エネルギーになるジェル系の食物を携行して走ることにします。
20160901_03

07:00前にスタート地点の集合場所へ。
私は51歳~60歳のクラス。
20160901_04

私よりも上の方もいらっしゃいますが、皆さん速そうですねぇ。
20160901_05

周りを見渡してみると、山に霧がかかっていてとても幻想的。
そんな景色の中を、大会事務局のアナウンスが入ります。
『ゴール地点の天候は晴れ、気温は10度、雲海が見えているそうです』
いやあ、これはいよいよ盛り上がりますね~
20160901_06

さらにアナウンスは続きます。
『今回の参加者の最高齢者は91歳です』
まじか!
会場がどよめきます。
20160901_07

大会委員長だったかな、松本市長のご挨拶などもあり、いよいよスタートの雰囲気が高まってきます。
20160901_08

こんな風景の中を...
20160901_09

上がっていくなんて...
20160901_10

まさに天空の道を行くようなもの。
20160901_11

霧の中を走るのは寒いかもしれませんが、体が温まりますからね。
20160901_12

スタート地点につきます。
いいタイムを出そうなんて思っちゃいませんが、やっぱり緊張しますねぇ。
でもどうでしょう、スタート地点の向こうの山の上はしっかり晴れていますよ~
さすが、超晴れ男の14144さんのパワーの賜物!
20160901_13

そしてスタート。

しばらく走っていると、前方に霧。
20160901_14

三本滝のレストハウスを過ぎてしばらく行くと半分の距離の10キロを通過。
この時点の経過時間はちょうど1時間。
お、このペースなら2時間も可能か。なんて、そう甘くはないわけです(^^;
20160901_15

さらに漕いで漕いで、位ヶ原の山小屋の前を通過。前回と違って今回は霧の中ですが、まだまだいける気がするのは興奮しているせいでしょう。
20160901_16

残り3キロの標識が見えてきました。ここまで、いったい何台のバイクに抜かれたでしょう。逆に抜かしたのはわずかに5台か6台くらい(^^;
20160901_17

この残り3キロ地点を過ぎてちょっといったところの右カーブで、とうとう私の脚が悲鳴をあげました。
ここに至るまでにも3回くらい休憩をしたのですが、脚が動かなくなったので止まってビンディングをはずし、バイクを降りたところ、両膝の内側がギューっと攣ってしまいました。
あ~いかん、とにかく揉もう。ここまで来てリタイヤなどできるものか。
そうして足を揉んでいると、すぐそばにいたフォルツァの二人組が歩み寄ってきて
『お父さん、どうされました?』 (この『お父さん』がけっこうショックだったり ^^; )
『いやまあ、脚がつってしまって、揉んでるんですわ』
『そんなときにナンですけど、今回は何回目の参加ですか?』
『え~と、一回目です(^^;』
『そうですか、頑張ってくださいね』
『ありがとうございます。ここまで来たんですからね、ゼッタイ完走して見せます!』
と脚を揉みながら大見えを切りました(笑)
聞くと長野朝日放送のクルーの方らしく、編集後、乗鞍ヒルクライムの番組で放送されるそうです。
長野県のローカル番組らしいので、私が住む京都では観ることができませんが、もしこんなやり取りをしている丸っこいサングラスをかけてOGKのヘルメットをかぶったおっさんが映っていたら、それは私です(笑)

でもね。
あんなふうに『完走して見せます』って宣言したら足のつりもすっかり鳴りをひそめました。
長野朝日放送のクルーの方のおかげで続行できたようなものです、ありがとうございました。

さあて、頂上も見えてきました。
まだあんなに上るのか、なんてことは考えません。
もうすでに2キロ近くまで来ているんだ、と自分を奮い立たせます。
20160901_18

もう下山してくる人たちもいますね、速いなぁ。
20160901_19

ここらへんであと1キロ地点だったと思います。
もうゴールはあの先です。
20160901_20

そして、薄い空気の中、へえへえ言いながらようやくゴールイン。
20160901_21

自分で計測した所要時間は2時間54分。でもスタートと同時に計測をスタートしたわけではなく、スタートの数分前、画面を見ると07:24分にスタートボタンを押したので、実際はもっと少し短いはず。
20160901_22

ふもとから運んでもらった荷物の中からフリースを出して着て、ちょうど横にいたお兄さんにお願いしてお約束のバイクリフトを撮っていただきました。
ウィンドブレーカの下からフリースがのぞいている間抜け具合はご愛嬌ということで(^^)
20160901_23

先にスタートされたTREKさん、私といっしょにスタートされたドラゴンローディーさん、私を追い越して行かれたていじんさんと14144さんはすでに下山されているはず。私もとっとと下りましょう。
20160901_24

下山は200台くらいが先導車(クルマ)について下っていきますので、少し待たされます。あそこがその先導車がいるところ。
20160901_25

5分くらい待ったかな。前回の落車のトラウマがあるので言われなくてもスピードなど出す気になれません。ゆっくりのんびり下ります。
20160901_26

途中でいい景色が見えたら写真なんか撮ったりしながら。
20160901_27

みなさんお疲れさま~
20160901_28

雲がどんどん流れていきます。なかなかこんな風景を見に来ることはできないので、できるだけゆっくり下りたいのですが、皆さんがどうされているかわからないので、下りていきます。
20160901_29

で、宿に到着したら、ていじんさんとTREKさん、14144さんがが『お帰りなさ~い』と出迎えてくださいました。
なんと、もうお風呂もすませてしまったんだとか。
どんだけ遅いんだ、オレ(^^;

13:00でイベント会場は終わりだというので、皆さんとイベント会場に行きます。お待たせしてしまってすみません。

受付のときと同じテントに行って完走証をいただきます。
20160901_30

例のチップを埋め込んだバンドでコンピュータに記録された公式タイムは2時間46分21秒。
う~ん、皆さんより1時間以上遅いぞ(^^;
まあでも、初めての参加なので、完走できてよしとしましょう。
20160901_31

Webサイトで見てみると、私は一般男子Fクラスの791人中770番台。
後ろ3%以内に入ったという、なかなか取ろうと思っても取れない成績でした(笑)

この後、13:30頃から皆三々五々、帰路につきました。
宿を出発してしばらくすると、雨がパラパラと。
20160901_32

14144さんが『大会が終わって昼から雨が降りますよ、きっと』なんておっしゃっていましたが、本当にそうなった!!
いやあ、さすがですね。これにはホント、驚きましたよ。
レースが始まるときに晴れさせてしまって、終わったら雨ですよ。
帰りは安房峠のトンネルを西に抜けるまでずっと雨でした(^^;
14144さんの晴れ男パワー、恐るべしですね。

帰りはけっこう休憩も少なく、まだ明るいうちに京都のインターチェンジを降りることができました。
左前にいるBMWが同じETCレーンを先にくぐりましたが、私と同じ料金でした。たぶん、この方々も乗鞍に出ていらっしゃったんでしょう。
20160901_33

帰宅してからシャワーを浴びたら足がひりひり。
雲が多かったから焼けまいと思っていたのに、こんなに焼けていました。やっぱり山の紫外線は強いですねぇ。
20160901_34

こうして、私の初めての乗鞍ヒルクライムは無事終了~
こうやって無事に完走できたのも、今回ご一緒させていただいた皆さんのご指導や励ましがあったからです、本当に。
7月にプレクライムに連れて行ってくださり、ほかにも高校の同級生もいろいろ教えてくれました。
こうやって新しいことに挑戦して成功することって、幸せなことですね。

今回もTREKさんには宿の手配からお土産までいただいて、14144さんにもおいしいジュースをごちそうになり、ていじんさんとドラゴンローディーさんには夕食の飲み物をごちそうしていただいたり励ましていただいて、みなさんのおかげで完走できました。
何より楽しかった!
本当にありがとうございました。

なんだか、ヒルクライムが終わってもなかなかゼッケンをはずす気になれません。
それくらい楽しかったんだよな~
走っている最中はとってもしんどかったのに、思い出すと楽しい思い出しかないんですよね。
これ、たぶん一人でエントリしていたらこんな印象はなかったと思います。
走るときは離ればなれだったけど、やっぱり皆さんに引っ張っていただいたんだなぁ、と実感しました。
20160901_35

来年もぜひ参加したいです。
会社の休暇を調整して、ネゴシエーションをしっかりして行くぞ~、NORIKURA 2017!!


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

yosiさん、こんびんは。

> こんにちは~(^.^)
>
> いや~~お疲れ様でした!
> 参加した人だけが味わえる達成感でしょう。

ホント、正直なところ、こんなに楽しいだろうとは想像していませんでした。
明後日で一週間ですけど、まだ余韻が残ってますよ〜〜(*^_^*)

> kachiが帰った時に皆さん風呂上りとは・・皆さん速かったんですね。(^-^;
> 自分のペースを知って、楽しみながら完走できたんですから
> 思い出深い事だと思います。

一時間も離されるとやっぱり実力の差を見せつけられた感じがしますよね(;^_^A
でも、おっしゃる通り、完走できたのはいい思い出になりましたし、まだ頑張ればいけるなぁと少しだけ自信がつきました(*^_^*)

> ゼッケンは付けたまま(笑)
> 来年に向かってトレーニングしますか・・(^。^)y-.。o○

これつけたままで走るのはちと恥ずかしいですねぇ(;^_^A
玄関にでも飾っておきましょうか。
家内に剥がされますね(;^_^A

Kachi//

No title

こんにちは~(^.^)

いや~~お疲れ様でした!
参加した人だけが味わえる達成感でしょう。
kachiが帰った時に皆さん風呂上りとは・・皆さん速かったんですね。(^-^;
自分のペースを知って、楽しみながら完走できたんですから
思い出深い事だと思います。

ゼッケンは付けたまま(笑)
来年に向かってトレーニングしますか・・(^。^)y-.。o○

Re: No title

どらごんろーでぃーさん、こんばんは。

> また一人,Nori-Climberが誕生しました。
> 喜ばしいことです。
> 走った人しか感じられない達成感と景色の爽快感ですよね。

いやあほんと、ヒルクライムがこんなに楽しいものだったとは。
確かに上っているときは苦しいんですが、その先に待っている素晴らしい景色、いっしょに走ってくださっている仲間との連帯感など、これは本当に走らないと分からないでしょうねぇ。
初めてのヒルクライムでしたが、何事でも言えますけど、最初の印象って大事ですね。
皆さんのおかげで、ホントにはまりましたよ(^^)

> ぜひもっと走りましょう。

京都も自転車でトレーニングするには恵まれているようなので、来年の乗鞍までにもう少し頑張れるように鍛錬します(^^)
ドランごんローディーさんやていじんさんのように1時間前半まではいけなくても、なんとか2時間くらいまで短縮したいです。

> Kachiさんの写真きれいです。さすがです。

恐縮です。
数撃った上澄みです(汗)

Kachi//

No title

また一人,Nori-Climberが誕生しました。
喜ばしいことです。
走った人しか感じられない達成感と景色の爽快感ですよね。

ぜひもっと走りましょう。

Kachiさんの写真きれいです。さすがです。

Re: No title

ふらふらさん、こんばんは

> お疲れ様でした
> 『競技』の場のドキドキ&ワクワク感が写真から伝わってきますね~
> ヒルクライム、やみつきになるんじゃないでしょーか

いやはや、この楽しさ。
走っている最中はしんどいしんどいって言っているんですが、終わってみると『また行きたい!』って思ってしまう不思議な魅力があるんですよ~
さすがに乗鞍は頻繁に行けないので、京都の山でがんばろうってホントに思っています(笑)

> 乗鞍スカイライン側もありますからね~
> 自転車沼にドップリな予感します(笑

おっしゃる通り(^^;
私がハマる趣味ってけっこうディープなものが多いようで、どっぷりいってしまうと底なしになる予感(汗)
楽しみでもあり、心配でもあり(^^;

Kachi//

Re: No title

14144さん、こんばんは。

> kachiさん お邪魔します
> 14144です
>
> 乗鞍お疲れ様でした(^^)
> いやぁ~!楽しかったですねぇ~♪
> トライアスロンを含め沢山レースに出て来ましたが
> こんなに リラックスして臨めた大会は そう有りません!
> これも 全て皆さんのお蔭です。

私も本当に楽しかったですよ~
バイクで走ってもこの楽しさはないと思います。
いま、こうやって思い出しながら返信を書いていても、思い出すだけで胸が躍りますよ(^^)
ホント、皆さんのおかげだと思います(^^)

> と、今回は 初参加同士 完走出来て良かったです!
> 私が下山する時にkachiさん お見かけしてますよぉ~(^^)

そうだったんですね。
いや、絶対どこかでどなたかとすれ違っているはずだと思っていたのですが、周りに目を配る余裕なんかなかったですね~
でも、下る人たちから『がんばれー』って声をかけてもらえたのも力になりました(^^)

> 因みに 2時間48分ってタイム 場所が違いますが 私が昨年富士山に登った時が丁度その位でした(^^) 2時間切りまでは直ぐに到達出来ます!
> TREKさんと私がほぼ 同タイム 8秒私のが遅かったです(T_T)
> 来年3人で1時間50分!目指しましょう(≧▽≦)

そうお聞きして俄然やる気が出てきましたよ~
幸い、京都は近くに山があるので、この秋は頑張っちゃおーと思います(笑)
来年、14144さんをびっくりさせられるように精進します。
またご一緒させてください(^^)

Kachi//

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> いつもですが写真がきっちりしてますね
> 基本ですが水平がちゃんとしているのは見習いたいです

いやあ、息も絶え絶えで撮っているので、没になった写真もけっこうありましたよ(^^;
レースだと写真を撮っていると邪魔になりそうで気が引けるので、やっぱりゆっくり上がっていく機会も設けたいですねぇ(^^)

> 7月に登ったときに比べるとトレーニングの成果が出てますね~
> 私が初めて出場した時の位ヶ原山荘がゴールだったら私の時より早いんじゃないですか?

そうなんですか?
私はもう下山したときに皆さんがお風呂終わっちゃっていたのが印象に強すぎて(笑)
やっぱり皆さんおっしゃるように、走りこむことが必要ですね(^^;
なんだかバイクで走っているよりも充実感が強いですね。
これはいいモチベーションになりそうです(^^)

> 私も高山周りで帰ったんですが雨でしたね~14144さん恐るべしwww
> そうなんです楽しくって帰ってからも余韻に浸ってました
> また来年もよろしくお願いします

こちらこそよろしくお願いいたします。
レース以外でもどこかみんなで走りたいですね(^^)

Kachi//

Re: タイトルなし

るーのぼさん、こんばんは。

> お疲れ様でした。(^_^ゞ
>
> 天気を心配しておりましたが、雨ではなかったようで、良かったですね。
> 乗鞍に行ったことはないですが、コースのハードさが伝わってきました。(^_^;)

私はもう13年ほども前に、一般車乗入禁止になる前にバイクでここに帰化ことがありましたが、こんなところを自転車で上がろうなんて発想は全くなかったですね~
それくらい厳しい坂に見えましたよ(^^)
雨に降られなかったのは本当に幸いでした。

> ですが、景色は病みつきになりそうな場所ですね~。
> 雲の中を走るというのがすごいです。(^-^)

スタート地点ですでに1500メートル、道半ばにして2000メートルを超える標高ですからねぇ。
運が良ければ雲海を下に見ながら走れます(^^)
今や原動機では上がれませんから、こうして自転車で上がるのがいちばんいいかも。
おっしゃる通り病み付きになりました(笑)

Kachi//

Re: 素敵な写真

ていじんさん、こんばんは。

> おはようございます、ていじんです
>
> 乗鞍レース、本当にお疲れ様でした
> 記事読んでいると私もあの時の事思い出されてワクワクしてしまいます
> それに写真が相変わらず素敵ですね~

本当に楽しかったですね~
不思議なんですよ、皆さんと離れ離れなのに、なんだか一緒に走っているみたいなんですよ。
人がきいたら気持ち悪いって言われるかも(笑)
でもやっぱりレース中の写真は少ないですね、これがちょっと残念です(^^;

> そして自転車ナンバー、お気持ちわかります
> 私は初めての乗鞍ナンバー捨てらずに持ってます

やっぱりそうですよね、ワタシ、壁に貼っておこうかと思っています(笑)
何でもそうですけど、最初の印象がその後のモチベーションを大きく左右するものですから、そういう意味では今回のヒルクライムレースは私のつぼにはまった気がします(^^)
それもこれもみんなていじんさんをはじめ、今回ご一緒させていただいた皆さんのおかげです(^^)

> しかし楽しかったですね~♪
> 一人でストイックに走るのも嫌いじゃないですが、みなでワイワイやるのも良い!
>
> また来年みんなで出ましょう

ぜひぜひ!
本当に楽しかったですよ~
7月のプレクライムのときも楽しかったですけど、こうやって大勢の中で仲間といっしょに走るのもまたいい!
こんどはもう少しタイムを詰めらるように、この秋はトレーニングですね!
次回もよろしくお願いいたします(^^)

Kachi//

No title

お疲れ様でした
『競技』の場のドキドキ&ワクワク感が写真から伝わってきますね~
ヒルクライム、やみつきになるんじゃないでしょーか
乗鞍スカイライン側もありますからね~
自転車沼にドップリな予感します(笑

No title

kachiさん お邪魔します
14144です

乗鞍お疲れ様でした(^^)
いやぁ~!楽しかったですねぇ~♪
トライアスロンを含め沢山レースに出て来ましたが
こんなに リラックスして臨めた大会は そう有りません!
これも 全て皆さんのお蔭です。

と、今回は 初参加同士 完走出来て良かったです!
私が下山する時にkachiさん お見かけしてますよぉ~(^^)

因みに 2時間48分ってタイム 場所が違いますが 私が昨年富士山に登った時が丁度その位でした(^^) 2時間切りまでは直ぐに到達出来ます!
TREKさんと私がほぼ 同タイム 8秒私のが遅かったです(T_T)
来年3人で1時間50分!目指しましょう(≧▽≦)

No title

いつもですが写真がきっちりしてますね
基本ですが水平がちゃんとしているのは見習いたいです
7月に登ったときに比べるとトレーニングの成果が出てますね~
私が初めて出場した時の位ヶ原山荘がゴールだったら私の時より早いんじゃないですか?
私も高山周りで帰ったんですが雨でしたね~14144さん恐るべしwww
そうなんです楽しくって帰ってからも余韻に浸ってました
また来年もよろしくお願いします

お疲れ様でした。(^_^ゞ

天気を心配しておりましたが、雨ではなかったようで、良かったですね。
乗鞍に行ったことはないですが、コースのハードさが伝わってきました。(^_^;)

ですが、景色は病みつきになりそうな場所ですね~。
雲の中を走るというのがすごいです。(^-^)

素敵な写真

おはようございます、ていじんです

乗鞍レース、本当にお疲れ様でした
記事読んでいると私もあの時の事思い出されてワクワクしてしまいます
それに写真が相変わらず素敵ですね~

そして自転車ナンバー、お気持ちわかります
私は初めての乗鞍ナンバー捨てらずに持ってます

しかし楽しかったですね~♪
一人でストイックに走るのも嫌いじゃないですが、みなでワイワイやるのも良い!

また来年みんなで出ましょう
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?