梅雨の合間にロードバイクで京北に向かったら

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ときは梅雨の真っ最中、6月25日のこと、もう2週間も前ですね。

乗鞍のヒルクライムが日に日に近づく週末はやっぱり自転車でトレーニングしたい。
ということで、梅雨の真っ最中、ちょっとした晴れ間をついて走ることにしました。
本当は、この日は早朝から高校時代の同級生と花折峠までトレーニングの予定だったのですが、前日まで降水確率70%だったので延期することにしていました。
でも、10:00を回るころに晴れ間が見えてきたので、意を決してスタート。
20160711_01

今回は京北を目指します。
ということで、まずは金閣寺の前まで。この金閣寺、数年前にアメリカのブッシュ大統領(当時)が見えてから、まあすごく外国の観光客の方が増えました。
この日も大型の観光バスが数台(^^;
20160711_02

そんな観光名所を横目に見ながらきぬかけの道を走り、いつの間にか山の中。
嵐山高尾パークウェーの高雄口に到着。
20160711_03

ここまで10キロちょっと。そんなに急勾配ではなく、まだまだ余裕です。
20160711_04

さらにペダルをこいで先に進みます。
このあたりは、秋の紅葉の季節はけっこう渋滞します。いまはスカスカですね。
20160711_05

この周山街道は、いつのころかトンネルがほられてバイパス化しているところがあります。ここはそんなバイパスの一つ目のトンネル、杉の里トンネル。
20160711_06

その手前に旧道があります。トンネルはちょっと怖いので、旧道をいってみようかな? 何となく荒れている雰囲気がしますが(^^;
20160711_07

しかし、入ってすぐにテンションが下がってきました。
こりゃやめたほうがええねぇ。
20160711_08

ということで、バイパス側に戻ってトンネルを抜けて行きます。

まあバイパスも悪いことばかりではありません。
ちょっと横を見ながら走るとこんな古い農道のようなものが見えたりします。
20160711_09

そして二つ目の中川トンネル。ここの右側に見える旧道は現在も生きています。そっちを通って行きましょう。
20160711_10

旧道は古い集落があって、どうも林業の町のようです。
20160711_11

20160711_12

そんな集落を抜けると並行している清滝川を渡ります。季節によって靄がかかりそうなたたずまいがいいですねぇ。北山杉の郷の豊かな水です。
20160711_13

その旧道でトンネルをパスして周山街道に戻るとすぐに杉坂口の交差点。ここで後ろからきたロードバイクの一群にあっさり抜かされます。あんなに速く走れるのか、きっと乗鞍でもあんな人たちばっかりなんだろうなぁ(^^;
20160711_14

この周山街道のピークの一つ、笠トンネルの手前まで来ると、上り坂の途中に古い古いお屋敷があります。
20160711_15

そのトンネルの手前で、さっき追い越して行った軍団の仲間と思しき一団に再び追い抜かれます(笑) いや速いわ。鍛え方が違うんでしょうねぇ。
20160711_16

そして、笠トンネルに突中。このトンネル、自転車で走るとなかなか長い。早く出てしまいたい。なんたって、トンネルにクルマが入ると後方でものすごい轟音がして、それがどんどん迫ってくるんです。その怖さったら(^^;
20160711_17

そんな長いトンネルを抜けて、京北に抜ける新しい栗尾バイパスの手前で旧R162に入ってすぐ。そこにかつて喫茶店として営業していた建物がいまだにあります。いまはどうも不動産屋さんか何かになっている模様。
旧道になってしまっても、私の中ではこっちの道のほうが楽しいんですけどね。
20160711_18

そこから日吉方面に少し行くと、春日神社というお社があります。ここまで来させていただいて、ありがとうございます m(_ _)m
20160711_19

と、ここまで圏外だった携帯が電波をつかんだので、空模様が怪しかったこともあり、雨雲レーダーを見てみると、西からどんどん雨雲が近づいています。こりゃいかん、とっとと帰ろう。
20160711_20

ということで、一目散に先ほどくぐってきた笠トンネルをかけ戻ります。戻るときは基本的に下り基調なので楽です。が、スピードが極端に乗らないように気をつけないといけません。
20160711_21

帰りは杉坂口から東に進路をとり、京見峠経由で市内に入ります。
ここはその京見峠のほぼ頂点に当たる氷室分れという三叉路。
ここでcerveloのロードレーサーに乗った男性。坂を上がってきて私に声をかけていただき、さあ、3本目いってきま~す、と京都市内方面に下って行かれました。
いやはやすごいですねぇ。
20160711_22

氷室別れからはもう下る一方。学生のころはもう少し展望がきいたのですが、いまは所々でこんなふうに樹の間から京都市内が見える程度。
20160711_23

そして峠の茶屋。休みのたびに通ってもいつも閉まっている、もう廃業しちゃったのかな。
20160711_24

鷹峯まで下りてきました。ここにある然林房。昔はこんな茅葺の建物なんてなかったよな。
20160711_25

そして帰宅したときのTRIPは45.4キロ。サイクルコンピュータを撮影しているとミラちゃんが『パパなにしてるの? 早くおうちに入ろうよ』とこっちを見ていました。
20160711_26

GPSベースの走行距離は45.8キロ。
20160711_27

こちらはGPSログです。
20160625 To Keihoku at EveryTrail
EveryTrail - Find trail maps for California and beyond

そして、こちらはルートラボで描いた今回のコース。


ハーフデイだったらやっぱり60キロくらいは行きたいですねぇ。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

国際的な観光地京都でも、
ちょっと離れると自然がいっぱい。
でも、田舎の自然とは違いそこかしこに
京都って言う趣も感じられます。

いつも思うんですが、
良い処にお住まいですね~
こちらから行くと、
交通費、一泊の宿泊費で4~5万はかかります。
それが、歩いても自転車でも行けるなんて・・・(-。-)y-゜゜゜

Re: No title

yosiさん、こんばんは。

> 国際的な観光地京都でも、
> ちょっと離れると自然がいっぱい。
> でも、田舎の自然とは違いそこかしこに
> 京都って言う趣も感じられます。

京都は町が小ぢんまりしていますから自転車で横切ってい中道に行くのも楽でいいですね。
自転車で行く距離は、むかし人間が歩いていく道のりと大差ないから、そのころからの趣が残っているのも頷けますね(^^)
奥座敷という言葉がぴったりのところも多いですよね。

> いつも思うんですが、
> 良い処にお住まいですね~
> こちらから行くと、
> 交通費、一泊の宿泊費で4~5万はかかります。
> それが、歩いても自転車でも行けるなんて・・・(-。-)y-゜゜゜

私も元々は京都の人間ではないので、こうして楽に観光客のみなさんが喜びそうなところに行けるのは本当に幸せなことだと思います(^^)
あと何年住めるかわからないですが、いまのうちにたっぷりと楽しんでおこうと思います(^^)
京都にも京北にキャンプ場がありますから、そこに幕営してバイクで市内を走り回る、なんてのもありですよ~ (^^)v

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?