バルブクリアランス調整

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日記事にしたゴールデンウィークの3日目。
初めてのエンジンのバルブクリアランス調整なので、前回はダイジェストのようにしました。
記憶が新しいうちにいろいろメモを書きとめておいたのですが、Ryuさんから教えていただいた勘所を中心に、自分の備忘録としても少し詳しめに記事にしたいと思います。

まずはカウルを左右ともにはずします。
20160520_01

さらにプラグをはずし、しかる後にシリンダヘッドカバーのボルト4本を緩めヘッドカバーをはずします。
20160520_02

プラハンマーで軽くたたくと、カバーはあっさりと外れます。
20160520_03

初めてあらわになったわが愛車の心臓部の弁機構。
20160520_04

走っているとき、ここが猛烈な勢いでバルブを開けたり閉めたりしているんですねぇ。
20160520_05

カバーをはずすとき、わずかながらオイルがこぼれるので、トレーの類を必ず置いておくこと。
20160520_06

プラグホール部分のガスケット。ちょっと癖がついていますが...
20160520_07

あの下側の穴にはまっていた部分です。幾何学的な意図的にあけた穴というにはちょっといびつな穴ですが、なんの穴でしょうね。オイルの通り道?
20160520_08

エンジンを冷ましつつ、エンジン以外の部分のグリスアップなんかをしていると、ちょうどお昼時になったので、エンジンにゴミが入らないように養生をして昼食に。
20160520_09

食事をして帰ってきたら、エンジンもすっかり冷めていたので、まずはシリンダヘッドの増し締めから。
スピンナハンドルでナットを緩めて...
20160520_10

トルクレンチでまずは20N・mで締め、さらにレンチアングルで180度しめこみます。
20160520_11

これを対角線の順に、そして反対側も同様に増し締めします。
20160520_12

さて、では本丸にかかりましょう。
20160520_13

プラグホールからドライバを挿入し...
20160520_14

16ミリのボックスを用意して...
20160520_15

クランクシャフトを向かって時計回し(運転時のエンジン回転方向)に回して圧縮上死点を探します。
20160520_16

回していくとロッカーアームが動く様子が見え、ピストンに押されて突っ込んだドライバが最も押し戻されたポイントが見つかります。
このとき、ロッカーアームとバルブの間にガタがあるほうが圧縮上死点、ロッカーアームがバルブを押していないのでバルブが閉じている状態。ここでクリアランスを調整します。
今回は右側で圧縮上死点が先に出ました。
20160520_17

まずは現状のクリアランスを測定してみましょう。
排気側で 0.30mmを入れてみます。
20160520_18

いとも簡単に入りました。
20160520_19

続いて 0.35mm。これもちょっと抵抗を感じつつ、それでも無理なく入りました。
20160520_20

吸気側。0.10mmと 0.09mmを組み合わせて 0.19ミリを測ってみると...
20160520_21

入りました。
20160520_22

0.20mmは入りません。
20160520_23

吸気、排気ともにちょっと広がっていますので、調整にかかります。
まず吸気側を0.15mmに調整します。
20160520_24

ロックナットを緩め、シクネスゲージを挟んでアジャストボルトを軽くしめ、ロックナットをしめこみます。
20160520_25

ロックナットの締め付けトルクは 8N・mというごく軽いトルク。
20160520_26

排気側は 0.30mmに調整します。
20160520_27

こちらは左側の吸気。
20160520_28

20160520_29

排気側。
20160520_30

まあしかし、けっこうデリケートで、ちょうどよく調整したつもりでも、ロックナットを締めると詰まりすぎたりするので、どれくらいの状態でロックナットを締めるとちょうどよくなるかの感覚をつかむのに、けっこう何回もやり直しました。

すべてのバルブで調整が終わったらシリンダヘッドを組みつけますが、その前にやっておいたほうがよいことがいくつか。
ヘッドのガスケットが密閉するところですが、けっこうスラッジと思われる汚れが付着しています。
これをこそぎ落します。
20160520_31

スクレーパーも使用。
20160520_32

仕上げはオイルストーンにCRCを噴いて...
20160520_33

接触面の平滑を出します。
20160520_34

20160520_35

カバー側も。
20160520_36

20160520_37

削り取った汚れをウエスで拭き取ります。
20160520_38

20160520_39

20160520_40

20160520_41

20160520_42

反対側も。
20160520_43

シリンダヘッドをとめているボルトですが、ここのガスケットも長いこと換えていないと十中八九切れるようです。長期放置後のガスケット類は基本的に全とっかえしたほうが間違いない。1年にいちどくらいの頻度であけていて、切れていなければ再利用もいいかもしれませんが、状況次第ですね。
20160520_44

切れてしまったガスケットと新しく用意したガスケット。この様子を見ていると、切れたガスケットを再利用した場合、漏れるとしたらこのボルトの脚とヘッドカバー側に残ったガスケットの間からオイルがにじむかも、ってところでしょうか。
20160520_45

切れていない個所もありますが、たいがいこんな具合。
20160520_46

20160520_47

こいつをマイナスドライバで押し出してはずします。
20160520_48

20160520_49

脚に残っている切れたガスケットはニッパーなんかで切れば簡単に外せます。
ボルトの先端の段差を越えさせる目的と、ボルトの脚となじませるためにシリコングリスを塗布。
20160520_50

20160520_51

これは失敗、ヘッドカバーとの接触面にグリスを塗っていますが、これは脚に通したあとにすべきでした。滑って脚に通すのに難儀しました(^^;
20160520_52

1本で懲りて、ほかの個所は穴にだけ塗布、簡単に通ります。
20160520_53

プラグホールにもガスケットをはめて...
20160520_54

ここにもシリコングリスを塗布。
20160520_55

ヘッドとカバーの接触面のガスケットも新しいものをはめます。
20160520_56

ヘッドカバーのボルトの山にモリブデングリスを塗ってからはめます。こうしてかじりを防止するんですね。こういう細かい心配りは Ryuさんならでは。
20160520_57

ボルトの頭やヘッドカバーのくぼみのところもきれいに掃除したので、多少の傷はありますが気持ちよくなりました。
ボルトの締め付けトルクは、これも 8N・mというごく軽いトルク。
20160520_58

このほかにもグリスアップなどをしたりしていただいたりしていますが、それはまた別記事で。
こうして、すっかり日も暮れたころに全体の作業が完了しました。
20160520_59

完了時の ODOを撮り忘れましたが、翌日のいすみ鉄道行きの時の ODOでも数十キロ程度の差でしかないでしょう。106,500キロ時の調整としておきます。
20160520_60

最後になりましたが、Ryuさん、今回も様々なアドバイスやテクニック伝授をありがとうございました。
おかげさまで、帰還時高速走行もすごく快適でした。あまり大きな声では言えませんが、巡航速度が1割増しでも問題なかった、とご報告させていただきます(^^)

これからは年1回、または1万キロごとの調整ですね。少し自信がつきました。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

まーぼーさん、こんばんは。

> 念願のクリアランス調整、お疲れ様でした!
> けっこうフィールが変わったんではないでしょうか?

これ、喰わず嫌いではなかったのですが、とんまな私はいじり壊すのが怖くてなかなか手が出ませんでした。
フィーリング、余裕、いろいろいいことがいっぱいありますね、もっと早くやればよかったです(^^)

> しかし、ヘッドカバーの当たり面をオイルストーンで磨くとか、なんとも丁寧な作業に脱帽。
> プラスアルファの気遣いの積み重ねが走らせると効いてくるんでしょうね〜。

たぶん、このオイルストーンの研磨単体は直接の機能向上にはつながらないのかもしれませんけど、こういう思想で触る整備が機関全体に及んでいくと、車両全体の調子の底上げにつながるんでしょうね。
いいことを教えていただきました、本当に感謝です(^^)

Kachi//

念願のクリアランス調整、お疲れ様でした!
けっこうフィールが変わったんではないでしょうか?

しかし、ヘッドカバーの当たり面をオイルストーンで磨くとか、なんとも丁寧な作業に脱帽。
プラスアルファの気遣いの積み重ねが走らせると効いてくるんでしょうね〜。

Re: No title

Ryuさん、こんばんは。

> やる前は壁があったかもしれませんが、まあやってみればどうってことなかったのではないですか?v-389

おっしゃる通りですね(^^)
おかげさまで苦手意識というか、怖さが薄れました(^^)
次もしっかりトレースしたいと思います。

> 一割増で巡行できるということは、元の速度であればその分が余裕になって安全マージンが増えるということだと思います。
> そのために適正な整備をするというのが僕の考えです。v-410

おっしゃるとおりですね。
これでまた向こう10万キロを乗れそうです。
あ、その前にやらないといけないことがまだありますね~
エンジンの腰上オーバーホールもしてもらわないといけませんね。
買い換えるより安上がりだから、長く乗るにはやっておくべきことですね(^^)

Kachi//

Re: No title

ぷんとさん、こんばんは。

> 丁寧に作業されていて、感心しました。僕はもっといい加減かなあ。

それもこれもみんなRyuさんのご指導のたまものです。
心臓部ですからね、最初が肝心、我流でやる前に教えていただいてよかったです(^^)

> ボルトの増し締めなんて、ヘッドを開けた直後以来、まったくやってません。
> やらなきゃいけないかな?
> でも、あまりやり過ぎるとボルトが伸びそうで、ちょっと怖いですね。

しかしあれですよ、増し締めする前としたあとでクリアランスが狭くなっていたので、
やっぱりしたほうがいいのだと思います。
私のはもう7万キロほったらかしでしたので余計ですね。

> ヘッドカバーガスケット面の汚れも、ウエスで拭き取るくらいですね。
> はるかにいい加減にやってます……

ぷんとさんにそうおっしゃっていただけると、いい方法を教えていただいたことに感謝です。
このエンジンの手入れだけではなく、ほかにも応用できることが多いのでよく覚えておきたいです(^^)

Kachi//

No title

やる前は壁があったかもしれませんが、まあやってみればどうってことなかったのではないですか?v-389
一割増で巡行できるということは、元の速度であればその分が余裕になって安全マージンが増えるということだと思います。
そのために適正な整備をするというのが僕の考えです。v-410

No title

丁寧に作業されていて、感心しました。僕はもっといい加減かなあ。
ボルトの増し締めなんて、ヘッドを開けた直後以来、まったくやってません。
やらなきゃいけないかな?
でも、あまりやり過ぎるとボルトが伸びそうで、ちょっと怖いですね。

ヘッドカバーガスケット面の汚れも、ウエスで拭き取るくらいですね。
はるかにいい加減にやってます……
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?