2016年 ゴールデンウィーク ~雪の峠を越えて息子に会いに行こう~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

意気消沈した蓮華温泉に至る道の途中。
まあそこでも景色は素敵でした。
20160510_01

そこから見えている向こうの雪をかぶった山は大前山のようです。

ちょうど駐車場のところでストップしたのですが、そのすぐ下のところには桜の樹が今頃花を咲かせています。
こういう景色が見られるから山岳路はいいんですよね。
20160510_02

景色の通り、ここら辺は冬装備でちょうどいいくらいです。
20160510_03

仕方ないので来た道を戻ります。
20160510_04

Google Mapの地図には名前も載っていない小さな池ですが、きっといろんな生き物が生息しているんでしょうね。
20160510_05

そんな景色を横目に見ながら、どんどん高度を下げ、白馬方面を目指します。
20160510_06

3年前のGWに行った青鬼村の入口を過ぎてJRの大糸線の横を走っていると、どうも撮り鉄と思しき人たちが砲列をなしているのを発見。
20160510_07

向こうに見えるのは白馬だけの峰々でしょう。
20160510_08

蒸気機関車でも来るのかと思ってしばらく待っていると、近代的な列車がきました。
雪が残った白馬岳をバックに、スマートな編成で駆け抜けていきます。
右手の民家は、その昔は茅葺だったのでしょうね。
20160510_09

そんな風景を堪能しながら、さらに右手に長野五輪の時のコースと思しきゲレンデを見ながら進みます。
20160510_10

どれくらい走ったでしょうか。
まただんだんと気温が下がってきたと思ったら、ルート設定している『渋峠ホテル』の表示と、なんとも楽しそうなワインディングロードが Google Mapの向こうのほうに見えてきました。
20160510_11

ここも沿道に桜が咲いていますね。
20160510_12

まだまだ進むとそんな桜の木もなくなり、前方に樹氷が見えてきました。
20160510_13

それもそのはず、沿道の温度計は3度を表示しています。
20160510_14

ワインディングはとぐろを巻きながら、先ほど見た山を別の角度から見るところまで上がってきました。もう根雪が出てきましたねぇ。
20160510_15

冬装備でも寒くなってきて、用意していたインナーを仕掛けるために休憩。
20160510_16

インナーを入れたらすっかり快適になって、さらに渋峠を目指して進みます。
20160510_17

あのスノーシェッドの中、反対車線は雪がシャーベット状になっていて、スリップしたクルマが突っ込んでこないか気が気じゃなかった。
20160510_18

この樹氷がこのあたりの寒さの厳しさを表しています。
20160510_19

そんな、GWなのに冬のような景色の中を走っていると、ようやく渋峠ホテルに到着。
20160510_20

ここで同じ京都ナンバーのCBRさんとお話。
ここまで寒いと思わず、メッシュジャケットで来て、あんまり寒いからカッパを着こんだのだけどぜんぜん役に立たんと震えていらっしゃいました。いやこれは寒いでしょう。

日本国道最高地点の碑のところはこんなです。樹氷はもちろんですが、石碑にも着雪。そりゃ寒いですよ。
20160510_21

5年前の夏休みに来た時と風景もぜんぜん違います。荒涼とした景観が広がっています。
20160510_22

先に進むとさらに冬の様相がさらに強く。
20160510_23

路面は凍っていないだろうなぁ、と体が岩になるのを感じつつ、慎重に下っていきます。
20160510_24

20160510_25

あんなところでスキーをしている人もいたり。乗鞍でもこんな風景があったな。
20160510_26

高度が下がってくると横方向の風景を撮影する余裕も出てきます。
20160510_27

そしてまた桜の開花が見られる高度まで下りてきました。
20160510_28

ほんとうはこの後、赤城温泉の湯之沢館に寄ろうと思っていたのですが、到着予想時刻が18:30だったので断念。
20160510_29

渋川伊香保インターチェンジから関越自動車道に乗って息子宅を目指すことにしました。
20160510_30

すっかり日が暮れたころに東京外環自動車道に入りました。
20160510_31

京葉道路を走り始めたらもうすぐだ。
20160510_32

そして、21:00前にようやく息子宅に到着。
20160510_33

到着時のODOは 106,482キロ。803キロ(バイクのODOメーターベース)の走行でした。
20160510_34

まっすぐ走れば500キロそこそこなのに、まあ遠回りしたこと(笑)

このあと、バイトにっている息子の部屋でシャワーを浴び、息子が帰ってくるので待ち合わせて近くのファミレスで久しぶりの親子水入らずのお食事。
ちょっと大人っぽくなった息子とおいしい食事ができて、長旅の疲れも吹っ飛びましたとさ(^^)

20160510_36

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひぇ~~
私は渋峠ホテルで一泊したのかと思いましたが、
東京まで帰ったんですね。(^^ゞ

道中の写真はまるでヨーロッパ見たいな景色です。
要所要所での撮影、自分も行っているような
感覚でした。Good Job!(笑)
こういう道は1200GSAが似合うかも・・(^。^)y-.。o○

No title

僕も経験がありますが、GW中のツーリング、旅行の盲点は「山の上の寒さ」ですね。
標高の高いところだと、普通に雪が積もっている。気温も0℃近かったりする。
新潟の山の中だと、雪景色に桜が咲いてるという不思議な景色が見られたりします。

GW中の山岳遭難の多さは、同じ理由だと思います。
平地は25℃とかあって半袖なのに、山の上は氷点下の雪山というのがわりとよくある。
だから遭難しちゃうんですね。

Re: No title

yosiさん、こんばんは。

> ひぇ~~
> 私は渋峠ホテルで一泊したのかと思いましたが、
> 東京まで帰ったんですね。(^^ゞ

そうなんです、バカですね~(笑)
こんな長距離ジャンキー、治らないですね。
このホテル、中に入ると山小屋風でちょっと生かしています。
こんど来るときは泊まってみたいですね(^^)

> 道中の写真はまるでヨーロッパ見たいな景色です。
> 要所要所での撮影、自分も行っているような
> 感覚でした。Good Job!(笑)
> こういう道は1200GSAが似合うかも・・(^。^)y-.。o○

ありがとうございます。
ここの峠越えは欧州のアルプスをほうふつとさせますね。
山並みハイウェイも素敵ですが、このあたりの荒涼とした風景もいいですよね。
確かにこういう道はアドベンチャー系がニアますね。
そのうち乗れるといいんですけどねぇ(^^)

Kachi//

Re: No title

ぷんとさん、こんばんは。

> 僕も経験がありますが、GW中のツーリング、旅行の盲点は「山の上の寒さ」ですね。
> 標高の高いところだと、普通に雪が積もっている。気温も0℃近かったりする。
> 新潟の山の中だと、雪景色に桜が咲いてるという不思議な景色が見られたりします。

おっしゃる通りですね。
今回、私は初めからこの渋峠を越えるつもりだったので、朝の最低気温が低かったこともありますが、完全冬装備で走っていて正解でした。
天候によっては本当に遭難しかねない(^^;

> GW中の山岳遭難の多さは、同じ理由だと思います。
> 平地は25℃とかあって半袖なのに、山の上は氷点下の雪山というのがわりとよくある。
> だから遭難しちゃうんですね。

ですよね。
ここには真夏にも来たことがありますけど、それでも寒かったです。
とにかく、渋峠、乗鞍、麦草峠などの標高 2,000メートルを超えるところは、GWは冬装備が間違いないですね。
天気予報だけでは分からないこともありますから、注意しないと本当に怖いです。

Kachi//

No title

一昨年の同じ時期、渋峠ホテルに宿泊を考えてたんですが、
降雪で断念した記憶が...
ホテルからの電話でバイクじゃ無理ですよって言われました
今年でも樹氷や着雪があるということは、例年はもっと多いんでしょうね〜

まさか、一気に息子さんのとこまで走られるとは...
途中、一泊されるのかと思って拝見してました(驚)

No title

こんにちは~
いや~樹氷ですか!!真冬ですねw
志賀草津道路は冬の通行止めはないんですね、開通したばかりなのかな?
でも雪山は見てる分には綺麗でいいですね~メッシュジャケットじゃだめですが
CBRの方もいい経験になったでしょうねw
それにしても一気に800km!もったいないですよ、伊香保温泉か草津温泉にゆっくり入ればいいのにwww

さすがKachiさん!(^o^)
一日で803キロとは・・、恐れ入りました。(^^;)
GWの渋峠ってこんな景色なんですね。
樹氷、見てみたいな。
(続きが楽しみです。(^.^))

Re: No title

ぐっちさん、こんばんは。

> 一昨年の同じ時期、渋峠ホテルに宿泊を考えてたんですが、
> 降雪で断念した記憶が...
> ホテルからの電話でバイクじゃ無理ですよって言われました
> 今年でも樹氷や着雪があるということは、例年はもっと多いんでしょうね〜

そうだったんですか。
私は以前、夏休みの時と、東京勤務時代の秋に来たことがありましたが、こんなに寒い思いをしたことはありませんでした。
さすがに2000メートル越えはすごいですね~

> まさか、一気に息子さんのとこまで走られるとは...
> 途中、一泊されるのかと思って拝見してました(驚)

このコースだと普通はここで一泊ですよね(笑)
私は走りだすと飯を食うのも忘れるくらい走り続けちゃうんですよ。
その様子を見て、家内には『頭が悪い』とか『脊髄で生きている』とか言われます(^^;
でも楽しいからいいんです(笑)

Kachi//

Re: No title

TREKさん、こんばんは。

> こんにちは~
> いや~樹氷ですか!!真冬ですねw

雪は残っているかなとは思っていたんですが、樹氷が見られるとは思いもよりませんでした(^^;
でも、この風景が見られるのはGWの高山の魅力ですね(^^)

> 志賀草津道路は冬の通行止めはないんですね、開通したばかりなのかな?
> でも雪山は見てる分には綺麗でいいですね~メッシュジャケットじゃだめですが
> CBRの方もいい経験になったでしょうねw

まあ夏でも2000メートルを超えるような麦草峠や乗鞍なんかは寒いですから、この時期は絶対寒い! と踏んで冬装備で来て正解でした。
メッシュはやっぱりダメでしょうね~、夏の網戸と同じですもんね(笑)

> それにしても一気に800km!もったいないですよ、伊香保温泉か草津温泉にゆっくり入ればいいのにwww

伊香保は寄る予定だったんですよ(^^;
もともと蓮華温泉とはしごするのに無理があったかなと。
蓮華温泉が通行止めだと分かっていたら伊香保に行けたんですけどねぇ、二兎を追うものは一兎をも得ずを地でいってしまった感じです(笑)

Kachi//

Re: タイトルなし

ぶんさん、こんばんは。

> さすがKachiさん!(^o^)
> 一日で803キロとは・・、恐れ入りました。(^^;)

あほでしょ~?
家内がわたしを『脊髄で生きている』というのもわかる気がします(^^)
まあ、翌日から予定がびっちり詰まっていたから、というのを言い訳にしています(^^;
でも、これでもいままでの一日の最長距離には達していないんですよ(笑)

> GWの渋峠ってこんな景色なんですね。
> 樹氷、見てみたいな。
> (続きが楽しみです。(^.^))

樹氷はきれいでしたよ~
今回は走った道に雪が残っていなかったのが幸いでしたけど、歳によってはバイクで上ることもできない時もあるようなので、今回はラッキーだったようです。

このGWは、長距離あり、アカデミックあり、メンテナンスあり、ローカル線探訪あり、と楽しかったです。
中身の濃い4月5日でした(^^)

Kachi//
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?