ロングツーリング前のメンテナンス ~吸気系同調~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

続けましょう。

次はエアクリーナーです。

ETC車載器が載っていますが、この下がエアクリーナーボックスです。
20160422_01

ETC、フォグのリレー、吸気温センサーのカプラをはずして邪魔ものをなくします。
20160422_02

蓋をはずすと、クリーナーが現れました。
20160422_03

毎回そうですが、けっこうな量の砂がボックスの中にたまっています。
こういうのをみると、ファンネル仕様にはできませんね。
20160422_04

エアクリーナーの奥の吸気ダクトの中にはオイルと思しきものが流れた跡があります。
ブローバイミストが凝結して流れたものかな?
それよりも気になるのは、そのオイルと思しきものにけっこうな量の砂粒のようなものが捕らわれていること。ここで捕まらなかったやつはエンジンのほうに行っているんでしょうね。
20160422_05

掃除機できれいに吸ってしまいます。吸うときに砂が穴に飛ばないように細心の注意を払います。
20160422_06

古いほうのエアクリーナ。蜂かなんかが捕まっていますね。
20160422_07

ちょっと黒ずんでいるだけのように見えますが...
20160422_08

谷間の奥のほうにはこの通り、けっこうな量の砂、砂、砂
20160422_09

ボックスの底面に接するところもこの通り。
20160422_10

新旧比較です。前回、58,500キロくらいのときにはじめて交換したときに比べたらまだきれいと言えそうです。
20160422_11

新しいエアクリーナーをセットします。やっぱり新しいと気持ちいいですね~
20160422_12

センサーのカプラを戻します。忘れないように。
20160422_13

次に同調にかかります。
アイドリングスクリューの位置を覚えておきます。いっぱいにしめこんだところから何回転戻してこの位置にするかを控えておきます。
20160422_14

しかる後に外してお掃除、掃除したら元に戻します。ブローバイで真黒ですね。
20160422_15

きれいになりました。
20160422_16

エアクリーナーボックスからスロットルボディに延びるダクトをはずします。
20160422_17

ここのOリングは劣化して伸びていることもあるから、本当は予備のOリングを用意しておいたほうが間違いありません。
インジェクタも邪魔なので外しています。
20160422_18

スロットルボディ前後のバンドを緩めると、スロットルボディをはずすことができます。
スロットルボディにつもっているごみや砂粒がインマニ内に入らないように要注意。ボディをはずす前にきれいにしておくほうが無難です。
20160422_19

スロットルボディ内は想像していたほど汚れていません。
このあたりはバックプレッシャーバルブの汚れと相応な感じです。
20160422_20

いつも真黒になるアイドリングスクリューの穴を念入りに洗浄しておきます。ここもクリーナーキャブの出番。
20160422_21

いつものぞいちゃう吸気バルブ。10万キロも走っていれば、ここもガタが出てきているかもしれませんね。
20160422_22

インジェクタです。見たところでいいのか悪いのかわかりませんが、まあ走っているから大丈夫なんでしょう(^^;
20160422_23

右側終了です。スロットルワイヤがタイコに乗っかっていないかよく確認すること。
20160422_24

左側も同様にしてはずしにかかります。
20160422_25

こっちもたいそう汚れています。
20160422_26

これもきれいきれいに、スロットルボディもきれいにしておしまい。
20160422_27

ついでだからブローバイミストもドレンしておきましょう。
20160422_28

ドレンプラグをはずしてみましたが、以前ほどオイルらしいものが出てくることもなかった代わりに、どうも乳化したオイルが出てきました。
20160422_29

20160422_30

これもきれいにします。
あんまり気にしていませんでしたが、ここのOリングも新調したほうがよさそうですね。もう13年無交換のはず。
20160422_31

20160422_32

そして吸気系の最後は同調です。
まずは20分くらい街中を走って暖機を済ませてしまいます。
アイドリング状態。写真ではずれはわずかに見えますが、脈動しているためで、実際は平均して右側のバキュームのほうが強めに出ています。
20160422_33

アイドリングスクリューを回して...
20160422_34

揃えます。
20160422_35

アクセルをあけて約3,000rpmに合わせてゲージを見てみると右のほうが弱い。
20160422_36

数回調整してこれも完了。
20160422_37

20160422_38

さてさて、まだ続きますよ~。
ロング前の整備だとちっとも苦になりませんね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

yosiさん、こんばんは。

> こんにちは~(^.^)
>
> 同調はそのうち私もしないと・・
> と思っています。(^^;)
> で、質問なんですが、
> 同調はエンジンが温まっている時でしょう。
> 暖機運転後カウル外すのエキパイなど熱くて
> 緊張しませんか? それともカウル外してから
> 一回りしてくるんでしょうか?

私はカウルを外して20分くらい走ってきますねー
温まってからカウルを外そうとすると、特にシリンダーの奥にあるボルトを外すときにエキパイに触れて火傷をしそうですものね(;^_^A

> 3,000回転での同調はアイドリングスクリューじゃなく
> アクセルワイヤーでかな?と思ってましたが、
> これもスクリューなんですね(^^ゞ

> 素人ですみません(笑)

あー、いえいえ、yosiさんのご認識であってますよ。
もう何回か記事にしているのではしょってしまっていますが、3000回転で合わせるときはおっしゃるようにワイヤー側で調整します。
ここにちらっと写真を載せていますよ(*^_^*)
わかりづらくてすみません。
アタマに h をつけてコピペしてください(;^_^A

ttp://r1150rt2003.blog24.fc2.com/blog-entry-828.html

Kachi//

No title

こんにちは~(^.^)

同調はそのうち私もしないと・・
と思っています。(^^;)
で、質問なんですが、
同調はエンジンが温まっている時でしょう。
暖機運転後カウル外すのエキパイなど熱くて
緊張しませんか? それともカウル外してから
一回りしてくるんでしょうか?

3,000回転での同調はアイドリングスクリューじゃなく
アクセルワイヤーでかな?と思ってましたが、
これもスクリューなんですね(^^ゞ

素人ですみません(笑)

Re: 綺麗なRTですね〜

ぐっちさん、こんばんは。

> 本日は突然、声をおかけしてすみませんでした
> RTの後ろ姿でもしかして?と思いまして...
> あまりの偶然にびっくりでした!

いやあ、お声掛けいただき、ありがとうございました。
あんまりびっくりしたので、なんだかそっけない感じで失礼しました。
しかしこんなことがあるんですねぇ。
ぐっちさんのお住まいからはずいぶん離れていますよね。
それなのに、あの時間、あの場所で信号待ちで並ぶなんて、こんな偶然、ありえないですよぉ(^^;

> 今度はまたバイクの時にお会いしたいですね〜

ですね!
こんな偶然がまた起こることを祈りましょう(^^)
私はどちらかというとソロでふらっと、というパターンが多いので、見かけたらいつでもお声掛けください。

今日は本当にありがとうございました!!

Kachi//

綺麗なRTですね〜

本日は突然、声をおかけしてすみませんでした
RTの後ろ姿でもしかして?と思いまして...
あまりの偶然にびっくりでした!

今度はまたバイクの時にお会いしたいですね〜
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?