FC2ブログ

大型二輪免許への道 Part8 ~ 慣熟走行

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

しばらくあいてしまった大型バイク免許取得の第8弾。

課題には今まで上げたほかに【クランク通過】や【坂道発進】などがありますが、さほど難易度は高くないので割愛しようと思います。

一連の課題を一通り習得すると、沼田自動車学校では【慣熟走行】をしてくださいました。

【慣熟走行】って何?

あまり聞きなれない言葉ですが、本来の意味は【本格的に走行する前に身体とバイクの両方を暖機する目的で走る】ことで、ここでは【今まで練習してきた技術を、教習所コース上で実践的に練習し、卒業検定と公道での走行に備える】ことです。
私の場合は、教官の後ろにくっついて同じように走るように指示されました。

『コース上の信号や制限速度は気にしないでいいですから、私の後ろをできるだけ同じような走り方でついてきてください』
と指示された後、慣熟走行はスタートしました。
教官と私のほかに走っている教習車両はありません。

スタートした後、外周コースを走ります。
いま思うと大したスピードではないのですが、道路の幅がさほど広くないため、けっこう飛ばしているように感じます。

一周したあと、一本橋に乗ります。
一本橋は2本あって、片方に教官が、もう片方に私が乗ります。
かなりいい出来で一本橋を渡っているつもりですが、後から乗ったはずの私は横に並んで渡っている教官をどんどん追い越してしまいます。腕の差は歴然、悔しいです。

私の前輪が一本橋からおりるところを見計らって、教官は加速して私より先行します。

スラロームに進入。
度重なる練習で私の好きな課題です。
しかし、ちょっと様子が違います。
通常、スラロームはパイロンの内側を通りますが、今回は外側を通っているため、方向転換するのにいつもよりも小さく、すばやく転回しなければなりません。そのことにすぐに気が付かずに、おっとっと...とバランスを崩します。

スラロームを抜けたら今度はクランクとS字コース。
練習の時よりも高いスピードで抜けます。
ここでもアクセルワークがモノを言います。
もちろん、コースサイドに設置されているポールに触れてはいけません。

ものの5分くらいの走行だったと思いますが、汗びっしょりになりました。
いま思えば軽い部類のクラッチですが、慣熟走行が終わった時には左手の疲れは相当なもので、全く余裕のある運転ができていないことを実感しました。

さきほどまでは教官の後ろについて走っていたため、急制動などはありませんでしたが、同じ走行パターンで、スピードの強弱など、メリハリをつけて練習を続けることを指示され、何回か走りました。
次に何をするのかがわかっているとやはり疲労蓄積も違いますが、だんだん要領ものみ込めてきました。
このときに、初めて一本橋で14秒台を出すことができました。

この慣熟走行は楽しかったです。
ためしに乗り比べで400CCの教習車にも改めて乗らせてもらいましたが、400と750ではこんなにも重さが違うのか、と少し驚きました。
制動距離も400の方が短いことを体験しました。

いよいよ卒業検定を待つのみになりました。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?