雲海は見られるか ~竹田城跡~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

12月、寒い日が増えてきましたが、こういう時こそ早朝に素敵な景色を見ることができるもの。
その筆頭が雲海、ということで、12月の初めの土曜日に、家内といっしょに高速を飛ばして行ってきました。

向かったのは兵庫県にある『日本のマチュピチュ』といわれる竹田城跡。
未明につくべく計画を立てましたが、竹田城の中腹駐車場は07:00だったか08:00にならないと開場されないため、5キロほど離れたところにあるイオン和田山店に向かい、そこから出発する『雲海バス』に乗って山城の郷まで送ってもらう必要があります。


05:00過ぎにイオンに到着すると、まだ真っ暗だというのにすでにガイドの方がいらっしゃって、あっちにクルマとめられますよ、バスはあちらから出発します、と案内してくださいました。

で、その雲海バスに乗車します。
20151214_01

山城の郷についてもまだまだ空は暗い。
ISO8000で撮った空には星がくっきり。
20151214_02

ここから約30分、竹田城まで歩かなければなりません。歩いているうちにだんだん空が明るくなってきます。
20151214_03

中腹まで来ました。きんと冷えた空気の向こうに夜が明けていく様はこの歳になってもいいもんです。
20151214_04

30分くらいと聞いてはいましたが、さてどれくらい歩いたでしょう、とうとうお城の石垣が見えてきました。
こうやってみると『遺跡』と呼ぶのが適当な感じがします。
20151214_05

最後の階段を上がると、そこには暁の光にほんのりと照らされた下界と紅く染まっていく空の素晴らしいコントラストが。
20151214_06

20151214_07

20151214_08

20151214_09

そこここのベンチに日の出を待つ人々の姿があります。
残念ながら雲海は見られませんでしたが、そんなことはいいや、と思えます。
20151214_10

20151214_11

色づいた木々の向こうに城下町が広がります。おうちの様子は変わったでしょうが、昔もきっとこんな感じで見えたのでしょうね。
20151214_12

20151214_13

20151214_14

20151214_15

ここにお城が建っている姿はどんなだったんでしょう。
20151214_16

日の出を待つ人々。寒いけど、みんな笑顔です。
20151214_17

もう日の出はすぐそこ。向こうのほうにカスミが漂っているのが見えますが、あれがもっと大規模に出れば雲海になるのかな。
20151214_18

そして、日の出。初日の出でもないのに厳粛な気分になりました。
20151214_19

陽が出るとだんだん石垣の立体感もあらわになってきます。
20151214_20

20151214_21

せっかく来た記念なので、一緒に写真を撮ります。三脚持参です(^^)v
20151214_22

この樹はたぶん桜。春も楽しめそうですね。
20151214_23

あの橋は播但連絡道のようです。
20151214_24

すごく広い城跡、一か所で止まっているのはもったいない、いろんな所を歩いてみましょう。正面に太陽を見ながら順路を先に進みます。
20151214_25

人の姿から石垣の大きさを想像してみてください。よくこんな山の上にこんな石垣を作ったものです。当時から土木技術はすごかったんですね。
20151214_26

いまはこんなふうに道がつけられていますが、ここにどんなふうにお城が建っていたんでしょう、想像するだけで楽しくなってきます。
20151214_27

20151214_28

20151214_29

何枚着ているの、とツッコミたくなる家内。でも満面の笑顔です。
20151214_30

ここが天守でしょうか。建物の痕跡もないのが惜しいですが、きっと壮観だったでしょうね。
20151214_31

こんなところで記念写真なんてなかなか撮れないので、ここでもツーショットを。
20151214_32

太陽も高く上がって、城下町にも日の光が降り注ぎます。もうそろそろ町も起き始めたころです。
20151214_33

ひとしきり堪能して下山すると、登る時は暗くて見えなかった案内板を見つけました。
この立雲峡の存在は事前の下調べで知っていましたが、時間も早いから行ってみるかということに。
20151214_34

その立雲峡の駐車場にクルマをとめて、ものの10分足らずで最初の展望台に到着。ここから見た竹田城跡がこんな感じです。
20151214_35

ここからさらに30分ほど登ると、案内板にあった写真が撮られたもっとも高いところの展望台につくようです。
この時点でまだ09:30にもなっていません。
ということで、この日はもう一か所寄ってみることにしました。

... to be continued ...

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

yosiさん、こんばんは。

> 結構広大な城跡なんですね~
> 以前、竹田城って聞いたときは大分の竹田城だと
> ずっと思っていました。(笑)
> ぷんとさんの言われていた、昔の景色も見たいものですね。

そうですよね。
私も竹田城を知ったのはここ数年ですので、とても興味があります。
さらに、お城が建っていた頃も見てみたい(^^)

> 観光化の為の遺跡維持ではなく、まず遺跡の維持から雰囲気を
> 損なわないような観光化を・・・
> このような場所は経済優先では無いのですがね~

そうですよね~
もともと持っている雰囲気が壊れてしまってはやっぱり偽物ですものね。
訪れる側としては雰囲気を壊してほしくないですが、そういう観光財産を持つ側はいろいろ客寄せの方法を考えてしまうんでしょうね。
残念なふうにはしてほしくないですね(^^;

> それにしてもお二人、仲がよろしいですね。
> 私も孝行しなくては・・・(^。^)y-.。o○

二人になったらやっぱり家内を優先しないとね(笑)
世界平和のためです(^^)

Kachi//

No title

結構広大な城跡なんですね~
以前、竹田城って聞いたときは大分の竹田城だと
ずっと思っていました。(笑)
ぷんとさんの言われていた、昔の景色も見たいものですね。

観光化の為の遺跡維持ではなく、まず遺跡の維持から雰囲気を
損なわないような観光化を・・・
このような場所は経済優先では無いのですがね~

それにしてもお二人、仲がよろしいですね。
私も孝行しなくては・・・(^。^)y-.。o○

Re: No title

ぷんとさん、連投ありがとうございます。

非常に悩ましい問題ですね。
私の場合はこうした古代の遺構や文化財に対して、ぷんとさんほど一家言を持っていないのでお返しする言葉に窮するのが正直なところですが、おっしゃりたいことはよ~く分かります。

遺構や遺跡は昔の姿を保っているからこそ古のものなのであって、近代的な手を加えてしまってはイミテーションですよね。
世界遺産登録を勧めるのは地元にとっては悲願でしょう。
こんな場所にあるものなら自治体にとってはドル箱になりますからね。
西欧諸国と日本の街並みとを比べたら悲しくなる様な事がけっこう多いですね。
京都だって、世界で訪れたい観光都市のナンバーワンに選ばれはしましたけど、街中は古都の雰囲気ではなくなっていますからねぇ。
折り合いだなんて言葉では片づけられないですが、こちらからは手が出せないのが非常につらいところです。

Kachi//

> またコメントします。というのもこの竹田城をはじめとする古城にはひとかたならず思い入れがあるので、現状にとても不満があるのです。
>
> 不満をかきつづると果てがないのですけど、一言で言えば「必要最低限の手入れで、あとは放っておいてほしい」ってことです。
>
> 神社仏閣のような建築物のばあい、定期的なメンテナンスは絶対必要なので、触るなとはいえません。ですが、こうした石垣だけが残った遺構のばあい、石垣の崩落を防ぐために樹木の伐採は必要です。
> しかし、あとは草刈りゴミ拾い程度で良いと思うんです。
>
> 歴史的建造物は現状維持が原則で、客を呼ぶために改変を加えるなんて、あってはならない。
> どうしても手を加えたければ、専門家との綿密な打ち合わせが必要でしょう。適当に手すりを地面に打ち込めば、地下の遺構を壊してしまいます。
> はっきりいえば、竹田城はめちゃくちゃなやり方です。
>
> 日光も白川郷も富士山も、有名になったことで良くなった部分は一つもありません。
> どこの自治体も「うちを世界遺産に」と血眼ですが、あれってただの観光誘致なんですよね。
> かぎられた文化財を食いつぶしてるだけだって気がついて欲しいです。

No title

またコメントします。というのもこの竹田城をはじめとする古城にはひとかたならず思い入れがあるので、現状にとても不満があるのです。

不満をかきつづると果てがないのですけど、一言で言えば「必要最低限の手入れで、あとは放っておいてほしい」ってことです。

神社仏閣のような建築物のばあい、定期的なメンテナンスは絶対必要なので、触るなとはいえません。ですが、こうした石垣だけが残った遺構のばあい、石垣の崩落を防ぐために樹木の伐採は必要です。
しかし、あとは草刈りゴミ拾い程度で良いと思うんです。

歴史的建造物は現状維持が原則で、客を呼ぶために改変を加えるなんて、あってはならない。
どうしても手を加えたければ、専門家との綿密な打ち合わせが必要でしょう。適当に手すりを地面に打ち込めば、地下の遺構を壊してしまいます。
はっきりいえば、竹田城はめちゃくちゃなやり方です。

日光も白川郷も富士山も、有名になったことで良くなった部分は一つもありません。
どこの自治体も「うちを世界遺産に」と血眼ですが、あれってただの観光誘致なんですよね。
かぎられた文化財を食いつぶしてるだけだって気がついて欲しいです。

Re: タイトルなし

まーぼーさん、こんばんは。

> 朝からシャトルバスまで出てるんですね
> !
> それでも30分歩いてやっと見れる景色は
> 最高のご褒美ですね。

そうなんです、こんなに朝もはよからバスが走っているんですよ。
やっぱり少しくらいは苦労したほうが景色のきれいさが倍増しますね~
噂には聞いていましたが、やっぱり素晴らしい景色でした(^^)

> しかしまぁ、息子さんが巣立ってから二人でお出かけの記事が増えましたね〜。
>
> はぁ、やれやれ。(爆)

なんだか面白いですね。
二人になると一週間も一緒にいるのが耐えられないというご夫婦もあるようですが、幸い拙宅は逆に仲良しの時間が増えてうれしはずかし(笑)
やれやれってのは、見てられんわい、っていう感じですか? f(^^;

Kachi//

朝からシャトルバスまで出てるんですね

それでも30分歩いてやっと見れる景色は
最高のご褒美ですね。

しかしまぁ、息子さんが巣立ってから二人でお出かけの記事が増えましたね〜。

はぁ、やれやれ。(爆)

Re: No title

ぷんとさん、こんばんは。

> 竹田城は3回ほど訪問しました。今はこんな柵があるんですね。たしか石垣から落ちて怪我した人がいたとかで、すっかり景色が悪化しましたね。

まあ行政としてはほっとけないのでしょうが、ここにきて観光するのであれば落ちないように注意するのはユア・オウン・リスクでお願いしたいですねぇ。
きっと怪我した人が出ると、『管理者はなにしてるんだ』ってパターンでこうなっちゃったんでしょうね(^^;
まあそれでも、私はここは初めてだったのでじゅうぶんいい景色に見えました(笑)

> だいぶ昔、20年位前はろくに樹木の伐採もされず、山の中に密かに石垣が残ってる、って風情でした。人っ子一人いなかった。不気味な場所でした。

ぷんとさんはマニアックな場所をよくご存じなんですね。
竹田城がメジャーになったのはここ10年くらいでしょうか。
昔はほったらかしでしたけど、最近は城壁や環境を維持するためにお金をとっていますね。
あまり人の手をかけずにしっかりと昔の姿を維持していただければと思いますね。

> 5年位前は、すっかり木が伐採されてきれいになっており、遠目からも城がはっきりわかって美しかったですね。日曜日の昼間でも誰もおらず、のんびり見て歩けました。この時がベストでしたね。
>
> 2年前訪問した時は、平日朝6時だというのに、駐車場が満杯。カメラ担いだ老人が行列して歩いていました。早朝なのに、石垣から人が落ちそうなほどの大賑わいで、一体何ごとかと思いましたよ。
> 有名になったことでダメになってしまった観光地は山ほどありますが(白川郷が代表)ここ竹田城もすっかりダメになりましたね。ブームが去って、さびれるのを待つしかないのかな。

この書き込みを拝見すると、ぷんとさんの竹田城やこうしたコアな場所に対する愛情を感じます(^^)
確かにそうなんですよね。
『秘境』と宣伝されているのにでっかい国道が目の前まで通されてちっとも秘境でなくなってしまったところも枚挙にいとまがありませんね。
万人にいい景色を見せられるようにするという発想はまあわからないでもありませんが、そうするととんでもない人まで来ちゃうのも事実ですからねぇ。
北海道の和琴温泉なんかも、昔の掘ったまんまの様相からすっかり変わったようですしね。
何がいいんだか、複雑な気分ですね。

Kachi//

No title

竹田城は3回ほど訪問しました。今はこんな柵があるんですね。たしか石垣から落ちて怪我した人がいたとかで、すっかり景色が悪化しましたね。

だいぶ昔、20年位前はろくに樹木の伐採もされず、山の中に密かに石垣が残ってる、って風情でした。人っ子一人いなかった。不気味な場所でした。

5年位前は、すっかり木が伐採されてきれいになっており、遠目からも城がはっきりわかって美しかったですね。日曜日の昼間でも誰もおらず、のんびり見て歩けました。この時がベストでしたね。

2年前訪問した時は、平日朝6時だというのに、駐車場が満杯。カメラ担いだ老人が行列して歩いていました。早朝なのに、石垣から人が落ちそうなほどの大賑わいで、一体何ごとかと思いましたよ。
有名になったことでダメになってしまった観光地は山ほどありますが(白川郷が代表)ここ竹田城もすっかりダメになりましたね。ブームが去って、さびれるのを待つしかないのかな。

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?