FC2ブログ

削られた脚で芹生峠を越えれば天国だ〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ソロに戻って橋を渡ると、そこは大堰川と灰屋川が合流するところ。
灰屋川は芹生峠の方から下りてきてこの大堰川と合流し、その大堰川はここから西に向かって流れていきます。そして、その大堰川も京北町から先は桂川と名前を変えるようです。
20200629_01

この橋を渡って芹生峠に向かって上っていきます。
20200629_02

途中で見える灰屋川の流れ。
数日続いた雨の後だとはいえ、けっこうな水量です。脚をつけたら気持ちよかろうなぁ。
20200629_03

林の中を縫うように走るF361。
このあたりはまだ勾配もゆるいですが、峠に近づくにつれてだんだん勾配のきつい頻度が上がっていきます。
20200629_04

続きを読む

スポンサーサイト



こんどは周山街道で京北に入って芹生峠を時計回りで走ってみよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

乗鞍に向けて心肺能力を高めておかないと!
と思っていた6月20日の土曜日。
梅雨だというのに、もうこの日からしばらく晴れの予報が続くので、このチャンスを逃すまじ、と出かけることにしました。
20200627_01

やっぱり向かうのは山の方ですよね、きぬかけの路を走って西に向かいます。
世界遺産の仁和寺前、少し前まではほとんど人影もなかったけど、越境移動が解禁になったこの日はそこそこ人出が復活していました。
20200627_02

最高気温予想が27度だったこの日、09:00前でまだ20度ちょいしかなく、とっても気持ちがよろしい。上る前にとっとと京北エリアに入っちゃおう。
20200627_03

続きを読む

オイルクーラーからオイルパンへの戻りのオイルリークを修理するのに新たなツールがいるって?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

オイルも調達したし、ちょっと早めだけどオイル交換しましょうかね。
ついでなので、オイルを抜いたときでないとできない、ここのオイルリークの修理もしちゃいましょう。

そのオイルリーク箇所です。
このオイルクーラーに伸びるパイプを、大きなバンジョーでオイルパンにつなげているところのワッシャが劣化しているのだと思われます。バンジョーのカシメ部分じゃないよねぇ。
20200625_01

で、このサイズなら手持ちの21ミリのボックスで回せるかな、と思ってあてがってみたら、あら、ぜんぜんはまらん。
ナンだよ、また寸法違うのかい?
差し金で測ってみても、よくわからん。
20200625_02

で、ノギスで測ってみたら、なんと22ミリ。
ナンだよ、たった1ミリ違いだったら、21ミリか22ミリかどっちかにしてよ、また使いみちがひとつしかない(といまのところ思われる)ソケット買わんとイカンじゃん。
ちなみに、手持ちの21ミリはテレレバーのボールジョイント固定ナットを回すためのもので、いまのところそこ以外に使い道は見つかっていません(^^;
20200625_03

まあいいや、前回のオイル交換から2,000キロほどだから、今回はオイル補給だけにしておくか。
20200625_04

オイルレベルグラスから液面が見えなくなっているので500CCだけ補充して...
20200625_05

続きを読む

新しく調達したオイルはやっぱり... あ〜代わり映えしないなァ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

前回のオイル交換のとき、それまで使っていたChevronの20W-50のオイルが底をついたので次回は100%化学合成油を物色してみようかな、なんて思っていました。
このChevronのオイル、12リットル弱を5,000円ちょっと、送料込みでも6,000円ちょいほどで買えてしまうので、小遣い父さんにはとっても優しい鉱物油なのであります。
シリンダヘッドをあけてもスラッジが蓄積していることもなく、交換インターバルをきちんと守ってやればちゃんと仕事をしてくれる良いオイルだと思います。

で、そろそろオイル交換の時期が迫ってきたし、次のオイルを物色しようかな、と思っていたら、奥さんが『パパごめん! パパあてのDMが来てるの渡すの忘れてた』と派手な色したハガキをくれました。
見ると、楽天からのクーポンのハガキじゃあないですか(^^)
1,000円Offのクーポン付き、利用期日は6月1日ですと!?
20200622_01

その日は5月31日の日曜日。
あいやあ、こりゃ考えてる時間もないじゃん。
と、いつもChevronを購入している楽天のショップに行って、前回と同じ 20W-50をポチィ〜!

2日後には着荷。
クーポン使って、送料込みで4,600円ほどですよ、ハイ。
20200622_02

これでまた新しいオイルを試すのが1年以上先に伸びてしまったですね。
まあ、特に不満があるわけじゃないので、いいんですよ。
もうすでに暑くなってしまっているので、交換するときは早朝の涼しいうちに交換しましょうね。
20200622_03

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

鞍馬寺から奥の院、そして貴船まで山越えしよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

道はひたすら上ります。
ここまでほとんど下りがない。
ふと左側を眺めてみると、すごい木の根。
ここは『木の根道』というらしい。通り抜けはできませんが、一見の価値あり。
このあたりは天狗さんが走り回っていたんでしょうねぇ。
少し霧がかかって不思議な雰囲気です。
20200621_01

その先には驚くべき光景が。
ここ数年の間は、台風が来ると今まで考えられないくらいの強烈な暴風雨が吹き荒れるため、市内でもかなりの被害が出ていたのですが、やはり山の中も例外ではありえず、太い樹が根こそぎ倒されているのが何本も見られました。
20200621_02

こちらは義経堂。
義経は自害したあと、魂がこの鞍馬山に戻ってきたと伝わります。
20200621_03

その近くでも一本の樹がどっさり倒れています。
義経堂のすぐ横には不動堂もあって、よくその上の倒れなかったものだと。
20200621_04

続きを読む

奥さん連れて白龍園行こうと思って向かった先は...

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ロードバイクに短いステムをつけて白龍園に行った翌週のこと。
奥さんに白龍園の写真を見せたら、行きたい行きたい! とせがまれ、じゃあ行こうかということに。
ただ、前日までは、天気予報は生憎の雨、降水確率90%でした。
でもまあ、こういうお庭って雨の日も風情があっていいやんね、とふたりとも気にすることもなく、傘を持ってでかけたのでした。
降水確率90%だというのに、お日様こそ出ていませんが、雨は降っておらず、これなら濡れずに現地までイケるかもね、と駅に向かいます。
白龍園は自動車バイクでは乗り入れられず、近隣にコインパーキングのたぐいもないのです。
20200619_01

湿気が異様にあって、歩いているだけで汗が噴き出してくる生憎の梅雨空。
まあでもあの景色を観ることができると思えば足取りも軽いというもの。
20200619_02

おお、きたきた。
京都に住んでもう20年近くになりますが、いまだに叡山電鉄に乗ったことがない私。
今回が初めての乗車です。
20200619_03

続きを読む

切れちゃったコンデジのストラップを修理しよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日の貴船の上の激坂上ったあとに切れてしまったコンデジのストラップ。
なんだかネットで探していてもこれ、というものがなかなか見つからず、あのままでいいとも思えないので、とりあえず手元にあるもので直すことにしました、ええ、応急処置ですよ。
20200605_04

困ったときの奥さん、てわけで、またまたアクセサリボックスの中から物色させてもらいます。
20200617_01

お、ちょうどいいのがあるじゃん?
これ、もらっていい? そ、ありがとう。
ということで使わせていただくことに。
20200617_02

まずはDリングみたいなのをストラップの方に通し...
20200617_03

ループをカメラのアンカーに通します。
20200617_04

あとはループについているフックをDリングに噛ませれば出来上がり、カンタンです。
20200617_05

ぱっと見た目には違和感なしなんですが、この矢印の先にあるリングがあまり強そうではない。
首に下げた状態でなにかの力がカメラの上に乗っかると、カンタンに開いてカメラが落下するかもしれない。
早いところリアルショップに行ってストラップを物色するんですな。
20200617_06

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

白龍園と河鹿荘と鞍馬

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

白龍園を出るとき、門のところにいらっしゃる受付・案内の男性に、いかに私がこの白龍園に感激したかをお話し、お礼を申し上げて向かいの河鹿荘に戻りました。
20200615_01

入ると昔ながらの鉄瓶なんかが。
20200615_02

囲炉裏のほとりでお茶をいただきます。
冷たくて美味しい。
20200615_03

冬はここで炭を焚いて暖を取るんでしょうね。
20200615_04

続きを読む

短いステムを試しに鞍馬へ向かったら『白龍園』に心を奪われた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

前回の記事で、ショップに1センチ短いステム(オリジナル10センチに対して9センチ)をお試しでつけてもらったことを書きました。
つけてもらったらやっぱり試してみたくなるのが人情。
というか、ちゃんと試さないと逆に迷惑をかけちゃうんで、早速出かけることにしました。

日曜日に奥さんを仕事に送り出したあとだったので出だしが遅れた。
すでに日は高く昇り、気温も25度を超えた...。
20200613_01

この日は鞍馬温泉を越えて、その上の方でR477に乗り換え、大原の里に下りて帰ってくるつもりで出たのですが、岩倉の町まで上がったところでだんだんきつくなってきた。
ま、行けるところまで行ければいいや、ステムの感触を試すだけだし。
20200613_02

鞍馬方面に向かう道の途中、鞍馬川をまたぐ橋の上で小休止。
ここの日陰はすごく気持ちがいいのです。
すぐ後ろを叡山電鉄鞍馬線の鉄橋が走り、橋の下を覗くと鞍馬川のせせらぎが見える。
20200613_03

上を見上げれば新緑が美しく、この日は雲ひとつない青空が広がって、新緑とのコントラストも素敵です。
20200613_04

その橋を渡ったすぐのところにある『お休み処 河鹿荘』。
普段はしまっているのに、今日は門が開いている。
どうやら道を隔てた反対側にある白龍園が公開されているらしい。
20200613_05

ここはクルマやバイクではとめさせてもらえませんが、自転車だと敷地内にとめさせていただけました、ありがとうございます。
20200613_06

河鹿荘で拝観チケットを購入し、白龍園に向かいます。
20200613_07

続きを読む

ロードバイク用のヘルメットを新調した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

私がロードバイクに乗るときにかぶっているヘルメット。
OGKのメットですが、気がついたら15年もの、2005年に購入したやつでした(^^;
もうとっくに賞味期限切れでして、これに命を預けているのは危険とさえ言える代物。

そこでMourenx69をお世話してもらったショップに行っていろいろ試させてもらいました。
いくつかのブランドがあったのですが、私のアタマにピタリフィットしたのはOGK KABUTOのS/Mサイズの帽体。
いろいろ物色した結果、かぶった感じがとっても軽く、ちょっと色で遊んだこいつにしてみました。
20200611_01

これ、とにかく軽い。
20200611_02

かぶって後ろのアジャストダイアルを回すとピタッとフィット、実に気持ちがいい。
今までかぶっていた同じKABUTOのメットよりもはるかにフィット感が高いし、何より軽いのが素晴らしいです。
20200611_03

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?