FC2ブログ

タンク内用のホースを調達した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、フューエルポンプの交換が失敗に終わり、とりあえずフューエルフィルタ、ストレーナ、ホース類の交換を済ませた我がRT。
翌日の通勤のときは機嫌よく走ってくれていたのですが、二日目の朝、エンジンをかけると、かかることはかかるのですが、アイドルアップレバーを引いているにもかかわらず、引いていないときのようなエンジンのかかり方。
こりゃいつ止まるかわからん、ということで、その日からRTに乗っていません。
で、これが現在のかかり方。
...というか、かからん(^^;



アイドルアップレバーを引いてエンジンをかけるものの、かかりそうになるけどかからない。症状は悪くなりました。
2週間くらい放置していてバッテリも少し弱っているはずですが、イグニッションをOnにしたときの初期圧送の音が軽すぎると感じます。
先日のフィルタ、ホース類交換の際のバンドの締め付けがゆるくてはずれたか、いよいよポンプがイカレタか。

いま使っているフィルタ、ポンプ周辺のホースは、ホースガレージドットコムで購入したものですが、よくよく注意書きを見ると、ホース全体がガソリンに浸かる環境はNGと書かれているのを見つけてしまい、ひょっとしたらそのせいでだめになったのかなという心配も起こりました。
で、ディーラーにホースについて聴いてみたところ、タンク外側のホースと内側のホースは種類が違うそうで、外側のホースは車体側の接続箇所までの屈曲カーブに合わせて整形されているもので寸法も使い切りのもの(お値段聞きましたが忘れました、え、そんなに高いの? というくらいのお値段)、タンク内用は1メートルの切り売りで、4,000円台とのこと。
タンク外用は今後もホースガレージドットコムのものを使って、内側はディーラーで購入したものをとっておけば当分再調達する必要はなかろう、ということで先日の自転車ロングライドのときにディーラーで調達してきたのでした。

まだストックはあるのですが、再びタンクを開けるとなると、いちどガソリンに触れたアクセスパネルのOリングは使えないので、予備として。
20181008_01

こちらがそのタンク内用の、ガソリンに浸かっても大丈夫なホース。
20181008_02

表面を眺めてみても、タンク外用のものと何が違うのかしかとはわかりませんが、先日のフィルター交換時のフィルタにつないでいたホースがなんとなくふやけた感じだったので、こちらは外壁が耐油性なのでしょう。
20181008_03

ホース交換時、一回に使う長さなど数センチレベルなので、4万キロごとに交換するとしても40万キロ分はありそう(^^;
あとは、タンク外用のホースを国産のもので賄えばOK。こちらは今も元気に働いてくれていますからね(^^)
20181008_04

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?