FC2ブログ

日吉ダムの完成で天若湖に沈んだ村々

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、日吉ダムの堤体内にできているギャラリーに行ってきました。
堤体内には、堤頂部の入口か、スプリングス日吉側からの入口のどちらか側から入ることができます。
当然ながら堤体は水をたたえた湖の壁を構成していて常に冷やされているため、堤体内は鍾乳洞の中のようにひんやりしています。

さて、その堤体内にあるギャラリーにとても興味深い資料が多く展示されていました。

一つ目、ダムができる前と建設途中、そして湖水誕生後の同じ位置からの航空写真です。
これはダム建設前の写真です。
右下に見えている世木ダムは昭和27年にできたものなので、この時点でもすでに写真に写っています。
日吉ダムの堤体は写真の真ん中より少し左上にある『府道京都日吉美山線』の『府』の文字の左上あたりに造られます。
こうやってみると、この狭い山に囲まれた川沿いの土地によく田畑と集落があったものだと驚きますが、ダムができることで7つの集落が水に沈みました。
かろうじてその集落を確認することができます。
20180809_01

こちらはダムの建設が始まった直後の様子。
ダムの基礎が作られているのがわかります。
集落はあらかた姿を消していますが、それは居宅の類は全て取り壊されたためです。
ダムが完成してから建造物の残骸が流れるのを嫌ったためでしょうか。
田畑もほとんどがその痕跡が認められませんが、これは農作業がされなくなって相当時間を経過しているためでしょう。
画面中央より少し上あたりにあった最も広い面積の平地部分に何やらため池のようなものができていますが、これは何のためのものなのか、ひょっとしたら何か説明のようなものがあったかもしれませんが、見漏らしたかも。
20180809_02

そして完成後、水が満たされた天若湖です。
村々の間を縫うように流れていた桂川は水がせき止められたことによって大きな湖に姿を変えました。
20180809_03

続きを読む

スポンサーサイト
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?