Golf5 Variantのドライブシャフトブーツを交換した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2月最初の土曜日、暖かい立春の日に Golf5 Variantのドライブシャフトブーツの交換を行ないました。

まず必要な工具です。
ジャッキアップは必須で、時間もかかる作業ですからウマも必須。
そのほか、ブーツの脱着に使うのは、マイナスドライバー、金づち、少し大きめのハサミだけで、特殊工具はまったく必要ありません。
このほかにプライヤかラジオペンチがあればバンドの固定の時に重宝するでしょう。
20170208_01

さて、まずはクルマのジャッキアップです。
作業の際、どうしてもシャフトを回す必要があり、ジャッキアップの際は安全に十分注意する必要があります。
私の場合、ジャッキアップする前にサイドブレーキを強くひき、ギアセレクタはニュートラルにしました。
リアタイヤの後ろには輪止めを左右にかけ、しかる後にジャッキアップし、ウマをかけました。

さて、ジャッキアップしてタイヤをはずします。
そうして患部を見てみると、アウターブーツのミッション側のブーツが切れたところからグリスが飛び出し、あらゆるところに付着していました。
余談ですが、先週、洗車をしているとき、左側のリアバンパーのところに得体のしれない濃い緑色のねっとりした物体がついていたのですが、それがこのグリスであったことがこのグリスを見てわかりました。
20170208_02

ディーラーの人が見つけてくださってよかった。これは放っておいたらもっと大変なことになっていましたねぇ。
20170208_03

ではブーツをはずしにかかりましょう。
ホイール側のバンドはここで固定されています。
これをはずせばいい。
20170208_04

こちらはミッション側、止め方は同じです。
20170208_05

バンドは先端の穴を赤い矢印の部分の爪に引っ掛け、黄色の矢印の部分をかしめて固定してあります。
20170208_06

その爪の先端にマイナスドライバを金づちで打ち込んでめくっていきます。
20170208_07

何回か打ち込んでめくっていくと爪がはずれました。
20170208_08

爪がはずれてしまえば、あとはバンドは開いて簡単に外れます。
ブーツがどの部分で固定されているのかをちゃんと記録して、新しいブーツを同じところで固定するようにします。
20170208_09

つぎ、ホイール側のバンドも同じように爪の部分にドライバをたたきこんではずします。
20170208_10

こちらは爪がはずれたらピン、と音がしてはじけるように開きました。
20170208_11

ちょっと時間がかかりましたが、両方のバンドがはずれました。
20170208_12

ホイール側もブーツがどこにかかっているのかをチェックしておきます。
20170208_13

ここまで来たらあとは簡単。
ホイール側のブーツをめくって...
20170208_14

隙間からはさみを挿入してカットしていきます。あまり神経質にならなくてもいいでしょうが、シャフトに傷をつけないように要注意。
20170208_15

こうしてようやくはずれました。
ひゃあ、旧いグリスがすごい。
20170208_16

このグリスが6万キロ以上にわたってジョイントのベアリングを保護してくれていたんですね。
20170208_17

交換の前に新しいグリスを塗らないといけませんが、そのさらに前に古いグリスをふき取ります。
20170208_18

しかる後にブーツに付属していたグリスを塗りこみます。
20170208_19

まんべんなく全体に行きわたらせます。
20170208_20

ブーツのパッケージの蓋についていたグリスガードをはめておきます。
20170208_21

この潤滑液を...
20170208_22

ブーツの勘合部のメス側に流し込んで...
20170208_23

シャフトにかぶせます。グリスガードはこのときにブーツの勘合部にグリスがつかないようにするためのものです。
20170208_24

ブレーキホースやらいろんなリンケージが邪魔でけっこうはめづらいのですが、どうにか全体がはまりました。
20170208_25

グリスガードをはずして...
20170208_26

ホイール側をはめ込み、バンドで固定します。バンドはてこのようになっていて、そのてこを倒す方向を車輪の回転方向と反対にしなければなりません。つまり、走行中に倒したバンドの端が何かを引っ掛けて開いてしまわないようにする、ということです。
このかしめをドライバなどで倒してしまえば完了です。
20170208_27

ミッション側も位置をきちんと合わせて...
20170208_28

同じようにバンドの固定方向を注意して固定します。
20170208_29

これで交換は完了です。
が。
ひとつちょっと気になることが。
この写真をご覧いただければわかりますが、オリジナルのブーツがはまっていた場所よりも今回のブーツがはまった場所のほうが少し浅いのです。同じところまでかぶせようとしたのですがこの位置まで戻る。
よく観察してみると、新しいブーツがホイール側とかみ合うリップは正しく噛み合っていて、バンドで固定することでしっかり固定されていて、指で強くずらしてもはずれることはありません。
それはそれでいいのですが、問題は、この先純正のブーツに戻すような機会があるとしたら、今回露わになった部分が錆びてしまうのではないか、という点。
なんかいい方法を考えないといかんですね。
20170208_30

ついでに反対側の右側もチェックしてみましたが、いまのところ問題はないようです。しかし、同じ時期に取り付けられているブーツだから、同じように切れるのも時間の問題でしょう。車検前には要チェック。
しかし、いま写真を見て気がついたのですが、左側とシャフトの形状が違いますね。
もっとちゃんと観察すればよかった。
20170208_31

さて、はずしたブーツですが、内部はこんな様子。もちろん、切れたからこんなになったわけではなく、ブーツの中はこんなふうにグリスまみれになるもののようです。
これであのグリスが切れないのかとちょっと心配になります。
20170208_32

グリスにまみれていたときはよくわかりませんでしたが、きれいにしてみるとここが切れていたのだと分かります。
20170208_33

そのあと、その辺を10キロばかり走った後チェックしてみてもグリス漏れはありません。
20170208_34

どうやら成功のようです。
20170208_35

63.801キロでの交換でした。
20170208_36

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?