ロードバイクと脂肪燃焼

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2月の初めに900キロに届いた自転車
あれから晴れた日や体がしんどくない日はできるだけロードバイクで通勤するようにしていました。
そんな調子でいたら、2月20日過ぎにおおむね1,170キロ弱まで走りました。
20160228_01

自転車での帰り道には、ちょっとおいしそうなパン屋さんに寄って帰ったりして、しんどいなりに楽しい日々です。
20160228_02

そして、この1,170キロに達した日に半年ぶりに保健士の先生から呼び出しがあってカウンセリングを受けてきました。
そのカウンセリングの結果、100平方センチ以上あると肥満といわれる腹部断面の内臓脂肪が、8月の108平方センチから、今回は94平方センチに改善。
20160228_03

体重は73.5キロから71.0キロに減量。
20160228_04

あと、紙の記録はありませんが、腹囲は8月の91センチから今回は84センチに減少。

でもね。
4年ほど前に減量していた時は76センチまで減ったので、まだ8センチ減らすことができるはず。

いただいた講評は、『いいペースですね、遅くもなく、無理して頑張りすぎてもいないし、この調子で行きましょう』
といって、ニコッと笑ってくださいました(^^)

実は自転車通勤を続けていて気がついたことがあります。

あんまり必死こいて鬼漕ぎするよりも、ゆっくり、深呼吸しながら漕ぐ。
ゆっくり深呼吸しながら漕ぐと、漕ぎもそんなに力いっぱい漕げないのですが、そのほうが体が温まる時間が短く、かつ、発汗量も大きい気がするのです。
ということは脂肪燃焼量も多いのではないか?
素人考えなのではずれだったら恥ずかしいのですが、ちょっとこの『深呼吸走法』を続けてみようと思います。

さて、どうなるかな(^^)

にほんブログ村 バイクブログ bmw(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

GIANT Storeに行ってみた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、植物園に梅を見に行った帰り道、以前から気になっていた紫明通りにあるGIANT Storeに行ってきました。
なんだか京都の街とは雰囲気が違う近代的な外観。
20160226_01

ここ、ショールームなのかと思いきや、GIANTのロード、マウンテンバイクを専門に扱うショップだとのこと。

中は、豊富なバイクのラインナップはもちろんのこと、メットやウェア、パーツやアクセサリなど、あるわあるわ、一日いてもあきそうもないほど。
20160226_02

ショップのオーナーさんか店長と思しき方がいろいろ教えてくださいました。
GIANTのカーボンバイクは東レのカーボンシートをベースにGIANT社内で一貫してフレームにまでビルドアップしているらしい。
カーボンホイールは、通常ヒルクライムのあとのダウンヒルなどで連続したブレーキングでは高温に耐えられないけれど、GIANTのカーボンホイールは240度までの高温に耐えることができるため、ヒルクライムのあとに下り用のホイールに履きかえる必要がなく下りてこれるんだとか。
私が持っているフルサスMTBのTRANCEの後継機もサスストロークが200ミリに拡大して重さそのままだそうで。

しばらくお話して、そのまま出てくるのもナンなので、これだけ買ってきました。
20160226_03

いま持っているロックがけっこう重いので、ちょっと華奢ですが、軽くて鍵をなくす心配がないヤツ。お値段もお手ごろでした。
20160226_04

もらわなくてもいいのにカタログももらっちゃいました。いや、これは目の毒ですねぇ。
20160226_05

GIANTはママチャリクラスも作っているから、本当にスポーツ好きのバイカーからは敬遠されるブランドらしいですが、そうはいっても圧倒的な生産量から来るスケールメリットによるコストパフォーマンスは抜群。
同じお値段なら他社のひとクラス上のグレードが買えちゃうのは魅力だったりします。
しかし、重さやコンポなどをみたら、ていじんさんとTREKさんにお世話になった拙宅のTREKも負けちゃいません。
私は幸せ者、ありがたいことです(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

黄昏の空を飛ぶ飛行機たち

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

陽は西にすっかり沈みました。
黄昏の淡い光の中を飛行機がどんどん舞い上がっていきます。
20150222_100

夜の帳が下りていきます。
20150222_104

20150222_109

そんな中をプロペラ機も下りていきます。
20150222_114

夜の闇を切り裂くライトがまぶしい。よく見ると翼の左右でパイロットランプの色が違うんですね。
20150222_116

降りていくと、滑走路のライトが機体の下に反射してこれまた美しい。
20150222_117

間もなくタッチダウン。
20150222_118

20150222_119

少し空気に湿り気が出てきたのか、ライトが照らす前方の空気が見えるようです。
20150222_127

右上に写っている光点は三日月です。昔は着陸の時は客室内の照明は消したような記憶がありましたが、いまはつけっぱなしなんですね。
20150222_128

暮れゆく空を背景に飛ぶ姿は美しい。
20150222_129

向こうのほうには先ほど飛び立ったばかりの飛行機が弧を描いて西に飛んで行くのが見えます。
20150222_130

20150222_131

滑走路の向こうのほうに見えるのは池田市から川西市、宝塚市に至る長尾連山の山々。
20150222_132

広角で見てみると、大きいはずの空港滑走路も小さく感じます。
20150222_134

これよりあとはもう写真も撮りにくくなりそうですね。そろそろ行きましょうか。
20150222_137

出発する直前に撮った動画を1枚。


帰りもひたすら下道で帰ります。
20150222_139

20150222_141

R423から京都縦貫道に乗り換えて京都入り。
20150222_143

初めて着陸する飛行機の真下で写真を撮りましたが、こりゃいいですね。
もう少し長くて手ぶれ補正の付いたレンズがあれば最高。
まあ今回も三脚は持って行ったものの、結局手持ちで通してしまったので、やっぱり高感度のノイズが少ないというのはいいものです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

伊丹空港で飛行機を撮ってきた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

到着したのは大阪国際空港=伊丹空港の滑走路の南端。
風向きにもよりますが、通常はここの頭上を着陸してくる飛行機が通ります。
昔、宝塚に住んでいたころ、自宅から空港を離発着する飛行機が遠くのほうに見えていました。
こんなに近くで見るのは初めてです。
コミュータが降りてきます。
20160220_11

飛行機のことをもっと勉強してから来るともっと面白いでしょうね。
この飛行機は今回もっとも多く見た気がします。
20160220_13

望遠で引き寄せるとこんなに近くに寄れます。本当にすぐそこを飛んでいきます。
光の入り具合によってはパイロットの顔も見えるんじゃないかと思えるほど。
20160220_14

エンジンからジェット気流が出ているのが見えます。
20160220_15

これも同じANAの同型の飛行機だったように思います。
20160220_22

本当に頭の真上を飛んでいきます。さぞかしとんでもない爆音がするのかと思いきや、来ると分かっていれば我慢できない音量ではありません。昔のDC-8あたりだととんでもない金切り音がしたんでしょうね。
20160220_23

着陸したあとは逆噴射の音が高まります。なんだか興奮しますねぇ。
20160220_28

こちらもANAの飛行機。
ANAのおしりか(笑)
20160220_40

タッチダウンの瞬間、止まっていたタイヤが滑走路と触れてすごい煙が上がります。その煙が翼の下で弧を描く様子を見ていると、ああ、確かにあそこで浮力ができているんだなぁ、と感じ入ります。
20160220_44

こちらはこれから離陸しようとしているJAL機。JALマークを昔の鶴のマークに戻して再出発した、日本を代表する翼。よく復活したものです。
20160220_53

そんな離発着の様子を見ていると、飛行機を見ながら上機嫌のおじいさんが声をかけてきてくれました。
やたらと飛行機に詳しい。
ほれ、あれ見てみい、ライトがほかの飛行機と違って真っ白やろ、日本で一機しかないLEDライトをつけた飛行機や。
なんという飛行機か忘れましたけど、うん、確かに白いライトで、ほかの機とは違うぞ。
20160220_58

20160220_73

だいぶ日が傾いてきました。これからがいいところです。
20160220_74

シャッタースピード30分の1秒くらいで撮ると飛行機も流れて動感が出ますね。
20160220_84

滑走路に灯がともりました。
20160220_85

エンジンが噴かされるとエンジンの向こうの明かりが陽炎のように揺らめきます。これが好き。
20160220_87

黄昏の空に向かって飛び立つJALK機。あの飛行機はどこに向かうんでしょうね。
フライトレーダーというアプリを使うと、飛んでいる飛行機にカメラを向けることで、それがどこに向かうどこの航空会社の何便かがわかります。
20160220_89

ちょっとだけ動画も撮ってみました。
どれも iPhoneで撮ったものです。




さて、夜の部に続きます。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ある冬の暖かい晴れた日に向かった先は...

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

とある休みの日の午後、ふと思い立ってカメラと三脚と望遠ズームレンズをトップケースとパニアケースに分けて積みこんで出かけることにしました。
ナビゲーションは新しい iPhone 6s Plus。画面が大きいからやっぱり見やすい。
20160218_01

高速は使わず下道だけで行くことにしたら、いややっぱり楽しいですね、高速では通らない河川敷なんかを案内してくれていい景色です。
20160218_03

こういう道はスピード出さずにの~んびり走るのがお似合い。
20160218_04

そんな大阪とは思えない田舎のような道から、中国縦貫道沿いの中央環状線に乗り換えて西に進みます。私が学生のころにはなかったモノレールが並行して走っています。
20160218_06

万博記念公園が左手にありますが、あの万博ももう46年前か、暑い暑い夏だった。
20160218_07

そして、その中央環状線からそれてある施設の下をくぐるトンネルを通ります。
20160218_08

20160218_09

走っているのはこんなところ。
20160218_10

で、到着~。
20160218_12

どこか、わかりますよね~
『航空機の噴射で危険なので...』という看板、そういえばだいぶ前に旅客機が着陸する後ろをパトカーが通っていて吹き飛ばされるシーンがある映画がありましたけど、あれってなんでしたっけ、ダイハードだったかな?
20160218_16

ここでしばらく写真を撮って帰ります。

続きます。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

そろそろOリング類の交換時期だ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

バイクに限らず、運航していく上では消耗品の交換は必須です。
代表的なのはやっぱりOリングやパッキン類ですね。

2年半前に2回目の交換をしたオイルフィラープラグのOリングですが、またオイルがにじみ始めました。
20160216_01

手元には2年前に Motorworksからほかの部品といっしょに購入したOリングがひと組ありますので、もう少ししたら交換しましょう。
20160216_03

プラグ上面の片側を噴いてみると、これくらいのにじみがあることがわかります。
20160216_02

私のRTは内圧コントロールバルブをつけていて、クランクケースからヘッド内部にかけて負圧になるので、特に雨の日は要注意。あんまり放置しないほうがよいと思っています。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

バッテリーのマイナス端子が粉を噴いた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日のABSユニット撤去の時、念のためにバッテリーのマイナス端子を外したのですが、その時、端子に白っぽい粉がふいているのがわかりました。
20160214_01

充電の抵抗になるといけないので、念のために接点を磨いておきます。
ターミナルの内側。
20160214_02

20160214_03

外側。
20160214_04

20160214_05

ボディ側も。
20160214_06

このバッテリー端子の粉噴き。
バッテリーの過充電や、バッテリーの寿命が近くなっているなど、いろんなことが原因のようです。
成分は希硫酸のようで、バッテリー内部から希硫酸が霧状になってバッテリーの外に出てきて結晶化して粉を噴くというのが原因だそうで。
このバッテリーも2012年の12月に交換したUPS用バッテリー
もう丸3年を経過しているのでそろそろ交換してもいいかも。もともとバイク用のバッテリーじゃないし、送料込みで5,000円(当時)の激安バッテリーなので、充分に元は取れてる(^^)v
まあ、この冬いっぱい頑張ってもらいましょう。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

春はもうすぐそこか

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

立春を過ぎてしばらく経ちますが、この週末はけっこう暖かかったですね。
先週くらいからぼちぼち梅の開花の情報も入ってきていて、先日、植物園の梅林を見てきました。
20160224_01

南側の正門から入ると、こんな園内の地図をいただけます。
正門からまっすぐ北に向かっていくと、つきあたりに桜林、そこから右のほうに向かって小さな橋を渡るとすぐ左手に梅林があるようです。
20160224_02

園内を歩いていきます。正面に桜の木が見えてきます。こりゃ咲いたら壮観でしょうねぇ。
20160224_03

梅林に到着。咲いている樹、咲いていない樹がありますが、こんなふうに可憐な花を咲かせている樹はほぼ七分咲きというところ。
20160224_04

梅は桜に比べて濃い色の樹があるから華やかですね。
20160224_05

赤いのと白いのと、このコントラストが素晴らしい。
20160224_06

20160224_07

20160224_08

蕾と開花した花が同じ枝にある樹も。
20160224_09

20160224_10

これに鶯がいればなぁ。
20160224_11

20160224_12

湿地を渡る木道の下の水も緩んできていて、春はもうすぐそこまでという感じです。
20160224_13

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

3年間放置していた、ぶっ壊れているABS & サーボユニットを撤去しよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、フロントブレーキランプの配線の修理を行なったとき、タンクを外しての作業だったので、もう3年ちょっと前にディアクティベートしたABSユニットを外そうかと思っていました。
ところが、その前日に晩ご飯を作っているときに、スライサーで大根をスライスしていたら右手の中指も一緒にそいでしまって、5キロほどもあるといわれるABSユニットを持ち上げることができるとも思えず、スルーしていました。
その後、指の傷も癒えたので、寒くてツーリングに行く気もしないこともあり、思い切ってユニットを外す決心をしました。

カウルを外し、ガソリンタンクも下してあらわになったABSユニット。
こいつのおかげで、まあ苦労させられたこと。
20160212_01

じゃあコネクタやパイプ類を外していきましょう。
信号のコネクタを、シーソーを押してはずします。2か所。
20160212_02

次にパイプ類、このブーツ(?)をめくって...
20160212_03

このクリップを外すとパイプが抜けるようになります。
フロントとリアのコントロールサーキットとホイールサーキット、合わせて4か所です。
20160212_04

ブリーザーはヘックスで緩めます。はまっているのかと思いきや、スクリューでした。
これはフロントとリアの2か所。
20160212_05

はずすべきものがすべてはずれました。
20160212_06

ユニットを外すとこのブリーザーのホースも邪魔なので撤去してしまいます。
20160212_07

地面にピントがあってしまっていますが、ホースをシェイクしてみると、このホースがブリーザーだと分かります。ちょっときついですが、上から引き抜けば簡単に抜けます。
20160212_08

つぎ、フロントのコントロール・ホイールサーキットのパイプを撤去します。
20160212_09

複雑にルーティングされているように見えますが、どうせもう使わないパイプなので、適当にひん曲げてやれば意外にあっさりと抜けてきます。
20160212_10

リア側はユニットを外した後に撤去します。
ユニットの撤去にかかりましょう。
はずすのはまずこの押さえ。
20160212_11

車体右側、ユニット底部のこのボルト2本。
20160212_12

そして、反対側の左側のこの1本。これはエアクリーナボックスにつながるダクトをちょっとずらしたほうが回しやすい。
20160212_13

リアのコントロール・ホイールサーキットのパイプを後ろにずらしながらABSユニットを上に引き抜きます。
20160212_14

ぽっかり穴があきました。ここ、なにか置くのに使えそうですね。
20160212_15

さて、リア側のパイプの撤去にかかりましょう。
20160212_16

ホイールサーキット側のリアエンドはブラケットに固定されているので、レンチで外します。
20160212_17

あとは知恵の輪よろしくパイプを曲げたり伸ばしたりしてひっこ抜けば、パイプ類は全部撤去できます。
20160212_18

予想はしていましたが、やっぱりパイプ内には少なからずブレーキフルードが残っていて、ステッププレートにかかりました。
そんなこともあろうかとバケツに水をためておいたので、すぐに洗い流してことなきを得ました。

ところで、ABSユニットの底部についているブラケットですが、いちおうこれは外してボディに戻しておきましょう。側面と底部の合計3か所のボルトで外れます。
20160212_19

こうしてボディに設置しておけば、今後何かを設置するのに使えるでしょう。いま考えているのは、自作した電装系の配線をここに集中させようかと。
20160212_20

ABSユニットに刺さるカプラですが、これはもう切り落としてもいいような気もしたのですが、貧乏性ですね、やっぱり何だか惜しくて、残しておくことにしました。あってもしょうがないのにね(^^;
大丈夫だとは思いますが、念のためにカバーをしてタイラップで固定しておきます。
20160212_21

最初にABSユニットから抜き取ったかコネクタとともにタイラップで固定しました。そのうち気が変わったら切り取ってしまうかもしれません(^^;
20160212_22

20160212_23

20160212_24

はずしたバッテリのマイナスをバッテリーターミナルに接続してタンクを復旧。ユニットがあったところにはぽっかりと大きな空間ができました。
20160212_25

取り外したユニットです。きたない。
取り外したはいいけど、これどうしましょうね。
解剖でもしてみましょうか(笑)
20160212_26

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

BMW純正のバッテリーチャージャーの接触が悪い

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

冬になってから自転車通勤をしているため、最近はすっかりRTとご無沙汰。
乗っていないと当然バッテリーは放電するに任せてしまうので、チャージャーの登場なのですが、このチャージャーの調子が最近あまりよくありません。

通常、帰ってきてすぐにチャージャーをつなぐと最初は赤いLEDだけが点灯して充電中であることを示し...
20160210_01

30秒ほどすると緑色のLEDも同時点灯して充電が80%程度完了していることを示します。
20160210_02

充電が完了すると、緑色のLEDだけが点灯します。
20160210_03

ところが、最近は充電を開始してもなかなか80%進行までいかないばかりか、いつまでたっても充電完了の緑色のLEDが点灯しません。
また、ヘラープラグをちょっとだけ触ってみると...
20160210_04

その瞬間に緑色のLEDが消灯してしまいます。つまり、接触が断たれてしまうようです。
20160210_05

何回かプラグを抜き差しすると充電が開始されるようですが、これってけっこうストレスがたまるんですね~
なので、悪いところを探してみようと思います。

上流から見ていきましょう。
以前、ヘラープラグとワニ口を交換するために取り付けたコネクタ。ここはたぶん大丈夫だと思うのですが、念のため。
20160210_06

無論、10Vがきています。線をゆすっても安定していて断線はしていません。
20160210_07

つぎ、プラグ側です。
ここもちゃんと電圧がかかっています。
20160210_08

が、このプラグのプラス側に遊びがあって、こんなふうに動きます。
20160210_09

20160210_10

プラグをソケットに押し込むと、こんなふうにプラス側が押さえつけられます。
20160210_11

でも、遊びがあるため、引っ張るとちょっと浮きます。
この状態で導通を確かめると、電圧はかかりません。
20160210_12

もう一つ怪しいと思ったのが、このプラグから出ている導線の付け根。
ここをゆすってみましたが、電圧はかかったまま、断線はしていないようです。
20160210_13

どうやらこのプラグの中に問題があるようなので、分解してみます。
20160210_14

ここがプラス側につながる接点です。
20160210_15

この端子のような端が...
20160210_16

プラス側のプラグにつながるこの鳩目のような接点に接触して電流を送る構造。
20160210_17

以前、この端っこの曲がりが弱くて接触が悪くなっているのだと思ってRをつけたことがありましたが、そのRがなくなっています。
ここにハンダを盛ってつぶれないようにしたら接触の悪さも無くなるでしょう。
20160210_18

ということでここにハンダを盛ってみました。
あんまり盛りすぎるとプラグとブラケットの間に端子が入らなくなりますのでほどほどに。
20160210_19

ほとんど遊びがなくなり、しっかり固定されたようになっています。
20160210_20

もうひとつ、プラス側がのプラグが車体側の接点に接触していなかったことも原因の一つかもしれません。ブラケット内の接点にハンダを盛って突き出し量が増えたから大丈夫かもしれませんが、念のためにここにもハンダを盛っておきましょう。
20160210_21

ちょっと仕上がりが汚いですが...
20160210_22

1~1.5ミリくらい盛れました。
20160210_23

こうして導通をチェックすると、プラグを引っ張った状態でも10Vがかかることが確認できました。
20160210_24

早速RTに接続します。
20160210_25

スイッチを入れると赤のみが点灯しますが...
20160210_26

カメラのモニターで画像を確認している間に無事に緑色も点灯。
20160210_27

ということで、成功のようです。
これで寒い夜に何回も接続が生まれるまでさし換えて凍えることもないでしょう。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?