BMWとの付き合い方(?)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日来、BMWのバイクのリコールの情報が出ています。

ganmodoiさんのブログで紹介されていたR1200系のガソリンタンクのフューエルポンプフランジのクラック

TREKさんのブログで紹介されていた同じリコール

そのほかにもR1200RTのリアショックユニットのシャフトの強度不足のリコールもつい最近のことですね。

まあリコールなどというのはBMWに限らず、日本のメーカーでもしばしば発生します。
しかし、個人的な感想ですが、どうもBMWのリコールは動きが遅い感じが否めません。
冒頭でご紹介した二つのフューエルポンプフランジのクラックなど、ていじんさんは2年前に経験されています。
この時すでに少なくない症例がネット上でも報告されていて、海外ではこのときすでにこれの対策パーツが市販されていました。

あまりに遅い対応ですね。

まだありますよ。

私のRTでも、世に出ている同世代のサーボつきABSでも発生しているABSの故障。
このABSの故障、いくつかのパターンがあるようですが、私の場合は急ブレーキをかけるとABSアラートが点滅すると同時にサーボが抜け、レストブレーキに移行してブレーキがさっぱりきかなくなるというものでした。
ガソリンの噴出もおそろしいですが、このブレーキサーボの故障は怖い。
詳細は一連の記事をカテゴリにまとめてありますのでそちらをご覧いただければと思います。
20140727_01

20140727_02

これなどは年数や距離が進むと十中八九発生しているのにメーカーからのリコールはおろか、雑誌の紙面上でもそんな記事を目にしたことはありません。
しかし、ネットを検索してみるとたいへんな数の症例がヒットします。

そのほかにもクラッチレリーズスレーブシリンダが劣化してフルードが漏れ出し、最悪の場合はそれがプッシュロッドを伝ってクラッチを濡らしてクラッチ滑りを誘発します。
これも修理に2日かかりました
20140727_03

20140727_04

このように、BMWというメーカー、命を載せるバイクやクルマを生産する会社としてはいささか首をかしげたくなるような会社ですが、なぜか訴えられることもなく生き長らえています。

なぜでしょうね。
私自身もRTに乗って心臓が口から飛び出しそうな思いをしているにもかかわらず、いまだに毎日乗っています。

なんとなくですが、BMWって、私はバイクしか乗ったことがないのですが、バイクとの付き合い方があるのかもしれません。
以前、まーぼーさんがいみじくもおっしゃっていたように、BMWって壊れたら治して乗るものなのでしょう。

そういえばBMWって、そうとう旧い車両でも主な部品はいまでも供給されているようです。
さすがにR100RSのあの巨大なカウルはディスコンだとどこかで聞いた気もしますが、運航に必要な部品はまだまだ現役のようです。

翻って、日本のメーカーだと、製造終了後10年も経過したら部品の供給はまずストップします。
むかし、私が360C.C.のHONDA Lifeに乗っていたころ、昭和57年から59年くらいまでだったと思いますが、ホンダはまだ部品供給にはかなり安心感がありました。
でも、最近はXLR 250 Bajaあたりでも部品が出ないことがあるようで、本田宗一郎さんの思想もだいぶ希薄化してきた気がして残念です。

BMWって確かに故障も多いし、本当にユーザーのことを考えてくれているの? お客の命よりも自社の利益を最優先しているんじゃないの? と感じることが少なくないですが、こうしてちょこまか故障するところを直しながら乗るほうが、数年ごとにバイクを乗り換えていくよりもずっと安上がりな気もします。

あまり断定的なことは言えませんが、最新の電子制御で手が出せない車両よりも、ちょっと古い枯れた技術で組み上げられたちょい古以前の車両の方が、永く乗るにはつきあいやすい気がします。
...というほどの腕は持ち合わせていませんが、私はサーボ & ABSが壊れたこのRTをまだまだ乗っていきます。
ばかっ速くはありませんが、これだけの積載性を持ち、長距離で疲れず、航続距離が長いバイク、新しく探してもなかなかありません。
なんだかんだ文句を言いながらも、もう切っても切れない仲なのかな(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

家内と三島に日帰りデート

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

この土曜日、家内と話をしていて三島大社に行きたいね、という話になりました。
三島大社は古くから記録がある由緒あるお社で、源頼朝も篤く崇敬していました。

大きな地図で見る

じゃあ行こうか、ということで、朝の8時過ぎ、GOLFのODO40,556キロでスタートします。
20140728_01

天気は快晴、暑い一日になりそうな予感ではあります。
20140728_02

自宅を出発してから約100キロ、湾岸線の長嶋SAで休憩です。
20140728_03

横にMAZDAのATTENZAが停まっていますが、やっぱり大きいですね(^^;

さて、4時間半をかけてようやく三島大社に到着しました。
この日は全国的にたいへんな猛暑で、ここ三島も暑かった(^^;
20140728_04

さあ、参道に向かいます。
こじんまりしたお社ですが、参道は本当に素晴らしい。
20140728_05

途中に厳島神社という小さなお社があります。ここもちゃんといわれのあるお社です。
20140728_06

さて、いよいよ門をくぐります。
20140728_07

左手に社務所があります。
20140728_08

きれいにされています。気持ちいいですね。

ご本殿。
20140728_09

こじんまりしているけれどもとても立派なお社。
前に立つとすうっと気持ちの良い風が体を通り抜けて清々しい気持ちになります。
この感じ、お伊勢さんと同じ感じがします。

家内とご祈祷もしていただこうかということに。社務所に向かいます。
20140728_10

社務所に向かう渡り廊下、ここも厳かな感じです。
20140728_11

ご祈祷をしていただいた後、お社を後にします。菊のご紋をくぐって駐車場に向かいます。
20140728_12

このご紋、日本の国章で、伊勢神宮にもあります。

敷地内には鹿が飼育されているようです。
バンビ?
20140728_13

体型がいかにも子供です、かわいいですね~
20140728_14

さて、ついたのが13時過ぎで食事もせずにお参りしたのでおなかもぺこぺこ。
三島って何があるんだろう、やっぱりお魚がおいしいんだろうか、といろいろ調べていると、どうもうなぎが名物らしい。
ということで、さっそく検索してみるとヒットしたのが『うなよし』。


大きな地図で見る

20140728_16

ついてみると、どうやら間に合ったようです。
20140728_17

私は上を頼みました。
ご飯の量は並と同じで、うなぎが1.5倍だそうです。
しめた蓋から身の端っこがはみ出す大きさ(^^)
20140728_15

おいしくいただいておなかいっぱい(^。^)これだったら夜ご飯もいらないかも。

そして最後に、クラッチレリーズスレーブシリンダ交換の時に助けていただいたお向かいのご主人にお土産を。
20140728_18

拙宅でもいただいてみましたが、おいしかった(^^)
20140728_19

こうして清々しい気持ちになった三島大社まいりは無事終わりました。
これですっきりした気持ちで明日からがんばります。
三島大社様、ありがとうございました m(_ _)m


帰宅時のODOは41,312キロ。全行程で756キロの日帰りドライブでした。
20140728_20

給油ベースでは751.5キロ走って46.64リットル飲みこんだのでリッター16.1キロの燃費。
1.5トンある車がこれくらい走るのだったら、バイクはやっぱり30キロくらい走ってもらいたいものですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

新しい汎用ホースに交換してみた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日【ホースガレージ.com】から届いたフューエルホース。
いまついているフューエルホースがクラックが入ってどれくらいたっているかわからないので早速交換作業を行ないました。

交換に当たっては、ホースを外すので当然タンクの中はエンプティに近い状態にしないといけません。
今回は先日の信楽方面のツーリング約170キロと通勤を合わせて395キロくらいでエンプティアラートがつき、さらにそこから通勤で65キロを走ってからの作業としました。
20140726_17

もうほとんどすっからかんに近い状態ですが、この状態でもイグニッションOn時にフューエルポンプが燃料を初期圧送をする際、空気を吸うような音がしていないので、まだ20キロやそこらは走れそうです。

さて、カウルを外してみます。
20140726_01

フューエルポンプによって圧送されるガソリンは2本あるホースのうち、下の供給側からレギュレータに送られ、燃料噴射で余ったガソリンが上のリターン側からタンクに戻ってきます。
クラックが入っているのは供給側のホースです。

タンクを外してアクセスパネルにはまっているホースを観察します。
こちらはリターン側。
20140726_02

指でつまんでみると、ちょうど黄色い線をつけているところまで、なんていうんでしょう、パネルの首が伸びている様子がわかります。

こちらは供給側。
20140726_03

同様に黄色の線のところまでです。

なぜこんなことを調べるかというと、今回試してみる断熱チューブをかぶせた時にこの部分までチューブをかぶせてやればホース根元の無理な屈曲を少しでも緩和できるのではないかと考えたためです。

さて、供給側のホースからです。
ものの見事にクランプからクランプまでクラックが走っています。
20140726_04

これについているクイックリリースコネクタを今回調達したホースに付け替えます。

しかしこのホース、やはり少し内径が純正よりも細く、挿入に苦労しました。
ホース内に残留していたガソリンを小瓶に取っていたので、それをホースにつけて潤滑剤代わりにして何とか挿入できましたが、それでもかなり窮屈、ちょうど黄色い線のところまでコネクタのパイプが来ていることがわかります。
これはちょっと心配ですが、とりあえずこのまま使ってみることにします。
20140726_05

断熱チューブをかぶせるので、ちょっと取り回しに余裕を持たせるためにちょっと長めにカットします。
20140726_06

これに合わせて断熱チューブもカット。
20140726_07

断熱チューブはこんな感じでクランプの直前までホースをカバーできます。
20140726_08

ところがここで問題。
供給側のホースはクイックコネクタが金属であるために少々無理をしてもホースに挿入できるのですが、リターン側のクイックコネクタはプラスチックであるうえに滑り止めがけっこう鋭く口径も大きいため、ガソリンを塗ったくらいではすんなり入っていきません。
あまり無理をすると折ってしまいそうなことと、リターン側のホースは現状クラックが入っていなかったため、このまま再利用して断熱チューブをかぶせることにしました。
20140726_09

コネクタのリリースボタンの方向に注意をしながらセットし、断熱チューブをかぶせます。
20140726_10

最後にアクセスパネルにホースをセットします。
こちら供給側。
20140726_11

パイプの挿入部分はちゃんとカバーできたようです。

こちらはリターン側。
20140726_12

タンク内のフロート信号を取り出し、フューエルポンプの電源を供給する端子が邪魔をして断熱チューブを奥まで通すのに少し手間取りましたが、どうにかここまでカバーすることができました。

とりつけた全体像です。
20140726_13

幸い、断熱チューブはかなり柔軟性が高く、ホースがカバーされていないところへのストレスの集中も避けられそうです。

タンクを復旧し、コネクタを車体側と接続、ホースをタイラップでタンクにつってホースとシリンダ間の距離を稼ぎます。
20140726_14

改めて、シリンダとホースの距離の近さが際立ちますね。
ちょうどテレレバーの支点の逃げが切られているところが燃焼室にあたり、その外側がバルブが収まるシリンダヘッドです。
最も高温になるところのほんの数センチ上をガソリンが流れるホースが通っているわけで、この断熱チューブが溶けないかどうかちょっと心配ではあります。

ホースの様子を後方から覗いたところ。
20140726_15

シリンダとのクリアランスはこれ以上あけることはできないでしょう。
断熱チューブでホースが太くなった分、シリンダに近づいているかもしれません。

前方から。
20140726_16

わかりにくいですが、チューブをかぶせたことによるアクセスパネルから生えた部分の屈曲の強さはなく、問題なさそうです。

ここは走行しているときに前方からの空気の流れが発生してエンジンを冷やすのですが、信号待ちの時はその空気の流れが止まるうえ、カウルでフルカバーされたこの空間の温度はうなぎのぼり。
さあ、このホースとホースカバー、どれくらい耐えてくれるでしょうか。

今回調達したホース。
内径が6.5ミリのものでしたが、RT(と同じクイックコネクタを持つ車両)には少し口径が小さかったことがわかりました。
金属製のオス側のコネクタはどうにかはまりましたが、プラスチックのメス側は無理をすると折れかねず、オス側もホースの膨らみ具合から見て手放しでこれでよいとはいいがたいものです。
経時変化を観察してクラックが入らず、硬化もしないようであれば合格点をあげられますが、こればかりは今すぐに結論を出すことはできません。
できればホースの内径は7ミリくらい欲しいところ。
まずは1~2か月経過後にいちど様子を見ることにしましょう。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

新しいフューエルホースが届いた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、クラックができたホースの代替え品を物色していて、STARFLEXのホースを見つけて【ホースガレージ.com】に注文しました。
注文したのは
■ホース(1メートル)
■断熱保護チューブ(1メートル)
■ホースクランプ(小4個、中2個)

で、注文した2日後の夜に着荷しました。
20140724_01

開封してみるとどうでしょう。ホース類が中に入っていてかなり余裕がある箱ですが、荷物がハンドリングされるときに中で品物が暴れないように上手に蓋で押さえてあります。
20140724_02

こういう配慮はいいですね、プロの仕事と思えます。

さて中身です。
断熱チューブの下にメインのフューエルホースとホースクランプがおさめられています。
20140724_03

これが今回注文したホースの断面。Motorworksで購入したホースと、断面だけ見たら同じ構造のようです。
20140724_04

こちらが断熱チューブ。触った感じは非常に柔らかい発泡ウレタンのような感触。
非常に柔軟性があって、ホースの取り回しの邪魔にはならないように思われますが、実際に装着してみないと何とも言えません。
20140724_05

こんな感じに組み合わせて使います。
20140724_06

フューエルホースをMotorworksで購入したものと比べてみます。
20140724_07

写真ではわかりづらいですが、わずかに内径が細い気がします。
ひょっとすると脱着に少し苦労するかもしれません。

そしてクランプです。
20140724_08

その中に注文した覚えのないものが一つ入っています。
20140724_09

【ホースバンド真円調整用アルミパイプ】と書かれています。
どうやらこれでクランピングの幅があるクランプを目標のサイズにするときに真円度をキープするためのもののようです。
こういう配慮はありがたいですね。

そしてホースクランプです。
20140724_10

サイズはこれで大丈夫そうですが、ちょっと重い気がします。
小さいほうはタンク内のフューエルフィルタやフューエルポンプのホース固定に使おうかと思っていましたが、これはちょっと重くて不安があります。
振動が多いバイクなので、この重さでバイブレーションが増幅されて、特にポンプに悪影響が出るかもしれません。
これはタンク外に使う方がよさそうです。

さて、次のメンテナンスはまたホースの交換ですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Virgin BMW サイトに出てますね

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

5月の終わりごろに行ったBMW BIKES ヒミツ集会。
  BMW BIKES ヒミツ集会 in 赤穂 ~ Part 1 ~
  BMW BIKES ヒミツ集会 in 赤穂 ~ Part 2 ~
  BMW BIKES ヒミツ集会 in 赤穂 ~ Final ~

たった半日でしたが、ブログでやり取りをさせていただいている方とお会いできたり、初めて乗るバイクに試乗ができたりと充実した半日でした。
そして、その時に撮ったオーナー プラス BMWの写真がBMW BIKESに載ったのが6月の中旬。
  BMW BIKESに載りました~

それからまた1か月、BMW BIKESに載った写真がVirgin BMWのサイトに載りました。
20140722_01

なんだかしまりのない顔ですが、昨年の清水であったミーティング以来の媒体登場でした。
20140722_02

またこんな集会があったら行ってみたいですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

RTの劣悪環境に耐えるフューエルホースはどれだ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、シガライターソケットの配線を直したときにチェックしてクラックを見つけたガソリンタンクからインジェクタにのびるホース。
予想していたとはいえ、あまりに早い劣化にあきれてしまいました。
燃料ホースの劣化は車両火災の危険もあるので、これは早々に交換しなければなりません。

というわけで、さっそく燃料ホースの物色を開始です。

燃料ホース】などのキーワードで検索すると、けっこうな数の製品がヒットします。

最初に見つかったのは、バイク用品でも有名なDaytonaが販売するホースです。
20140720_01

しかしこのホース、【インジェクション車のガソリンホースには使用できません】という注意書きがあります。
価格は、単価(たぶん1メートルあたり) 760円と手ごろですが、恐らく耐圧性がロースペックなのでしょう。
20140720_02

次に見つかったのはKIJIMAというメーカー。
20140720_03

内側と外側で各々耐油、耐熱の素材を組み合わせた二層構造。
こちらは少しだけ単価が上がって835円。
20140720_04

そして、ホース類に関してかなりの情報量を発信している【ホースガレージ.com】を発見。
ここに燃料用ホースなどを中心に、用途や特性、使用する上での注意事項など、かなり細かいことが紹介されています。
20140720_05

耐熱性については、高温下で仕事をするホースは専用設計の純正品の方が信頼性は高い可能性があること、あくまでここで売っているホースは汎用なので、その点を理解して使うこと、心配なら断熱チューブで保護すること、という趣旨のことが書いてあります。
20140720_06

ここで紹介されているSTARFLEXのホースの断面写真で見る限り、Motorworksで購入したホースと同じような二層構造で、その層の境目はネットによる補強が入っているようです。お値段は単価1,180円と少しお高いですがこちらの方が安心かもしれません。
20140720_07

そして、こちらがホースガレージ.comが利用推奨する断熱チューブです。
20140720_08

先ほどのホースがすっぽり入る大きさの内径を持ったものですが、厚みが6ミリあるので取り回しに少し窮屈さが出るかもしれません。
また、保護することによって安心感はありますが、実際にガソリンが流れるホースそのものの状態を直接観察することができなくなる点が少し心配です。
以前、断熱シートでホースをくるんでみたときは、断熱シートで保護できない根元の部分の屈曲が強くなることでそこにストレスが集中し、劣化を早めるかもしれないことも心配され、それと同じことが起こりそうな気もします。
まあ、実験的に半年くらい断熱チューブを装着したあと開けて状態を確認し、それからどうするかを考える、という手もありそうです。

とりあえず、この二つを買ってみましょうか。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

家計費でメンテナンス用のツールを買っちゃおう(^^)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日のお休み。
家内が自分が履いている靴をさして『このつま先の金属部分が曇ってきたんだけど、あのきれいになるペースト、もうないの?』
家内が言っているペースト、MothersのMag & Alinium Polishです。
以前、マフラーのくもりを取ったものですが、家内が大事にしている食器の曇りも取れたりしたことを覚えていたのです。
そのペーストも、家内が散々使いまくってすっかり底をついていました。
じゃあ買ってきてあげよう。

あ、そういえばダイニングのテーブルも表面のニスが京都の湿気で溶けてべとべとになってきたから表面をきれいにしたいって言っていたよね。
じゃあ、ポリッシャかグラインダも買ってきてあげよう。

ということで、しめしめ、小遣い使わずに工具が買えるぞ、って感じでAstro ProductsへGo!

まずは件のポリッシュペースト。
20140718_01

以前とパッケージのデザインが変わりましたね。
でも、おばあちゃんのイラストは共通(^^)
もちろん、家内の靴のメタル部分を磨くだけには使いませんよ、バイクやクルマのメッキパーツも磨けます。

そしてこれもメインの一つ、ポリッシャーです。
20140718_02

箱の中身はポリッシャ本体、グリップ、標準のバフ、取扱説明書。
20140718_03

これのほかに、テーブルの表面のニスをはがすための目の粗いバフと...
20140718_04

細目コンパウンド。
20140718_05

そして、表面を整える180番のサンドペーパー。
20140718_06

これらでテーブルの表面をきれいに均します。
もちろん、ポリッシャなので、バイクの塗装の磨き上げにも使えます。
そういえば、中古のミラーの塗装剥離とペイントがまだ中途のままだったな...

ついでなので、タンクを外すたびに使うタイラップも。
20140718_07

そうそう、この間、シガライタソケットの再配線するときに導通を調べていて、ダイヤルの設定を間違えてテスタを壊しちゃったんだ。これも安いし買っておこう。
20140718_08

それから、毎週のようにバイクをいじっているのにラチェットの一つも持っていないというのも恥ずかしいよね。
フルバージョンのラチェットを買うと3,000円とか4,000円とかしますけど、これなら手持ちのスピンナハンドルなんかと組み合わせて便利に使えそう。お値段も1,800円だし、ついでだ(^^)
20140718_09

ということで、うまい具合に家計の中からメンテナンスにも応用できる(というかそっちに使うことを考えて ^^;)部材とツールが手に入りました(^^)v

また楽しみが増えましたね~

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

梅雨の合間に信楽方面へハーフデイツーリング

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

いつも北にばかり走りに行っているので、たまには南にも行ってみようか、ということで、梅雨の中休みに信楽方面に行ってきました。

今回走ったルートです。
20140705Shigaraki at EveryTrail
EveryTrail - Find the best hikes in California and beyond

今回初めてこのルートを走って知ったのですが、信楽の方はお茶の産地でもあるんですね。
ちょっと道をそれるとこんなお茶畑が見えます。
20140716_01

斜面に沿ってお茶がきれいに並んでいます。
20140716_02

気持ちのいいワインディングが続きます。
川沿いの道も気持ちいですね。
対岸の緑は紅葉のようです。これは秋にも来ないといけませんね。
20140716_03

山の中なので、雪も積もるでしょうから、早めの紅葉狩りが吉かもしれません。
20140716_04

あちこちにお茶畑。
20140716_05

こんな谷間の、あまり日が当たりそうにもないところにもお茶畑です。
20140716_06

穏やかな川の流れを左手に観ながらのどかな道をトコトコ走ります。
20140716_07

こんなのんびりした田舎の風景が日常の仕事の疲れを癒してくれますね。
20140716_08

空も怪しいですが、その代わり気温もさほど高くなくて気持ちよく走れます。
20140716_09

20140716_10

川沿いにこんな公園が。
20140716_11

親子連れが川遊びをしています。
20140716_12

キャンプしている人はいませんでしたが、ちょっと川で遊んでピクニックするにはちょうどいいかもしれません。
20140716_13

そんな気持ちいい道を走っていると、ぽつりぽつりと雨がシールドに当たり始めました。
降ったりやんだりですが、いまのところ激しくなる様子はないので、そのまま走り続けます。
そんなR422を走っていると、道端にお地蔵様です。
20140716_14

この樹はどうやら桜?
桜の下にたたずむお地蔵さま。これは絵になりそうですね。
20140716_15

ここも春のツーリングで来てみましょう。
20140716_16

ここで少し雨脚が強くなってきて、本当はもう少し遠方まで行くつもりだったのですが、急遽、西に向けて進路を変更することにしました。

R422から西に入ったところで素敵な田園風景。
20140716_17

これは癒されますね。
欲を言えば向こうのおうちが茅葺屋根だったら...、まあそれは言いっこなしかな。
20140716_18

この青々とした稲のうえに大粒の雨が降り出して今回のツーリングの写真は終わりです。
合羽を着こんで走り始めたとたんに土砂降りの雨。
帰路は、高いからあまり走りたくなかったのですが、阪神高速京都線を通って時間短縮。
路上でバケツをひっくり返したような雨に遭いましたが、どうにか無事に帰ってきました。

この時期は大気の状態が不安定だからカッパは欠かせませんが、それでもこの雨は強烈でした。

また天気のいい日にこよう(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ナビやiPhone用の電源が取れなくなった

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日のアサツーの記事のとき、いつものようにiPhoneでどこを走ったかのLogを取ろうと思っていたのですが、シガライターソケット --> USBソケットの変換プラグをさしてもパイロットランプがつかず、iPhoneの連続駆動ができずにとることができませんでした。
20140714_01

これは変換プラグが逝ったか、シガライターソケットの通電が逝ったかどちらか。

で、ソケットの中をのぞいてみると、あ~あ、サビサビですね。
20140714_02

でも少しヘンなことも。
このソケットを車体の接続から外してプラス側とマイナス側をバッテリに直接つないでみると、ちゃんと通電するのです。
20140714_03

タンクを外す前に、ソケットのプラス側とマイナス側にテスタをあててみると、ちゃんと12Vが来ているのです。
20140714_04

このソケット、バイク用の防水を謳ったものですが、分解してみると、写真向こう側に見えるヒューズを交換するための交換窓のところにはOリングが入っていますが、最中状に分解できる本体の上下の間にはなぜかOリング、パッキンの類はありません。これではちょっと防水は甘いか。
サビは向かって右側の方が激しいですね。
20140714_05

車体搭載状態で変換プラグをさしてみても、やはりパイロットランプは点灯しません。
20140714_06

ちなみに、このソケットはバッテリには黄色の丸のカプラでプラス分岐されて電気を受け取り、写真上部のバッテリのマイナス端子でマイナスに接続されています。
20140714_07

さて、ソケット内のプラスとマイナスのプレートです。
マイナス側はそんなにひどい状態ではありませんが、プラス側は水がたまって錆が浮いていて、これでは接触不良を起こすのも頷けます。ただ、錆びていない左側の方でも通電しないんですよね。
20140714_08

このプレートを目の細かいペーパーで削って、コンタクトスプレーを噴いたあと。
20140714_09

マイナス側のプレート最中は少し錆が粉をふいていたので...
20140714_10

こちらもコンタクトスプレーを噴いて掃除します。
20140714_11

ちょっと錆は残っていますが、プラグの接触部分はきれいになりました。ここでよしとするあたりが詰めの甘いところです(^^;
20140714_12

しかし、ここをきれいにしても、やはりまだ通電しません。
線をシェイクしてみると、途中で通電、遮断されるようなので、少し長い線を短くして導線を接続しなおしてみましょう。
少し切断箇所をずらして接続したところをハンダで固定して...
20140714_13

20140714_14

自己融着テープで絶縁します。
20140714_15

こうすることでしっかりとパイロットランプが点灯し、安定して電源供給ができるようになりました。
20140714_16

さて、せっかくタンクを外したので、少し前にクラックが入っていて交換したガソリンホースがどうなっているかをチェックしてみました。
すると、果たして、しっかり同じようにクラックが入っていました。
20140714_17

前回交換したのはざっと85,000キロ、2カ月弱前で、わずか4,000キロ足らずでまたクラックです。
こりゃやっぱりちゃんとした耐熱性の高いホースを汎用で調達しないといけないですね。
20140714_18

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

朝の京北で霧に出会った...

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

久しぶりにアサツーに行きました。
雨が降っていないとはいえ、梅雨の中休みというか、湿気は多い山間部です。
20140712_01

それでも朝の林の中を走る道は気持ちがいい。
20140712_02

道を挟む林は朝の湿気を含んでみずみずしい緑のじゅうたんがびっしりです。
20140712_03

20140712_04

ちょっとその辺を散歩しながらバイクの方を見てみると、なんとなく朝もやがかかっているようないい雰囲気です。
20140712_05

周りでは小鳥のさえずりが聞こえて、穏やかな朝です。
こんな朝はゆっくりゆっくり走るのがお似合いです。

亀岡の方に抜けるべく、R477に入りますが、どうやら昨年の土砂崩れか何かの復旧工事をやっているようで、全面通行止めだそうです。
20140712_06

親切なことにちゃんと迂回路が備え付けられています。
20140712_07

この迂回路がけっこうな快走路でした、また走ろう(^^)
あまりの快走路だったので写真はなしです(^^;
20140712_08

亀岡から能勢の山の中を走った後、再び京北に戻ってきてKAMONOSE LOGの喫茶店で一服です。
20140712_09

このKAMONOSE LOG、あのKAMONOSE CABINと何か関係があるのかと思って訊いてみたら、KAMONOSE CABINをやっているのがお兄さんの方で、このKAMONOSE LOGは弟さんがやっているそうです。
20140712_10

しばし外の景色を見ながらまったり...。
20140712_11

そんなことをしていると急な通り雨。
その雨をやり過ごしてから出発、トンネルをくぐると、熱くなったアスファルトに落ちた雨が蒸発して湯気が上がっています。
20140712_12

トンネルの中は涼しいのでしばらくこの霧をながめて...
20140712_13

しばらくすると霧も晴れてきました。
20140712_14

しかし、すでに時刻はお昼すぎ、通り雨のお湿り程度では湿気が増すばかりで暑い暑い。
京北から涼しいところに行こうと思うと、花背峠か。
ということで一気に花背峠までワープです。
20140712_15

20140712_16

ここ、下界が30度くらいあっても20度です。
京都でも貴船と並んで涼しいところです。
20140712_17

こうして、ここで火照った体を冷まして、この日のモーニングツーリングは終了です。

たまにこうしたハーフデイショートツーリングもいいですね。
昼から出るよりも朝から走る方がいい景色に出会えそうです。

こんな軽いツーリングなら、夏の暑さの中でもなんとか行けそう。
お勧めです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?