錆びて頭が崩れてしまったボルトをはずす

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日修理したわがRTのサブフレーム。
とりあえず、実用的な強度を確保できたものと見えて、一週間の通勤では問題なくトップケースを支えてくれています。
ただ、やはり全く不安がないわけでもないので、修理と同時並行でMotorworksに中古のサブフレームを発注していました。

そのサブフレームが、9月27日(金)に届きました。

25日には大阪(関空でしょうか)に到着。
20130930_01

26日には京都中央局を通過していました。
20130930_02

一連の動きはイギリスのParcelforceのサイトでもほぼ同期して確認することができます。

で、26日にいったん配達されたものの不在持ち帰りのため27日に到着した荷物。
20130930_04

さすがにサブフレームともなるとけっこう大きな箱です。

至福の開封(^^)
20130930_05

中から出てきました。
20130930_06

形状は先日観察したわがRTのものと同じです。
ただ、これも先日の中古のミラーと同じで、お世辞にもきれいとは言えません。
後方のタイラップが引っ掛かっているブリッジのところには何のものかわからないスポンジの残骸が張り付いていますし、ところどころペイントが剥げて錆が浮いているところもあります。
実際に使うには少し手を入れてやる必要がありそうです。

さて、スペアのフレームは手に入りました。
いまは補修したサブフレームはちゃんと仕事をしてくれているようですが、将来また折れるようなことがあった時のために、いまついているサブフレームをちゃんとはずせるようにしないといけません。

そこで問題なのは、この朽ち果てたボルト。
右側と...
20130930_07

左側。
20130930_08

この両方のボルトはサブフレームの先端から二つ目の穴をシート高さ調整機構と共止めしているのですが、長年の雨水の浸食によって頭が腐食してアーレンキーがかかりません。
何とかしてはずさないといけないのですが、金曜日の夜、土曜の作業に備えて、まずは患部にCRC556を噴いて固着しているかもしれないネジ山部分に潤滑を与えておきます。
20130930_09

ボルトがかみ合っているシートレール本体に腐食が及んでいないことを願いながら(^^;
20130930_10

20130930_11

実は、金曜日の夜にAstro Products京都南店に行ってエキストラクタと金属用ドリルを購入しようと思ったのですが、店員さんに現物を見てもらいながら工具をあてがってみると、どうしてもドリルもエキストラクタも長さが足りなくて高さ調整機構の底にあるボルトに届きません。
店員さんもほかにいい道具が見つからない、ということで、その場はあきらめて帰宅したのでした。

一夜明けた土曜日。
どうするか考えたのですが、ボルトの頭が腐食しているのなら、プラスかマイナスのドライバーを叩き込んで強引に回せないかと思いつき、少々乱暴かもしれないと思いつつ、マイナスをドライバーをこんな感じでボルトにあてがって、金槌でたたいてみました。
20130930_12

すると、わずかにですが、ボルトにドライバが食い込んでいく感触と、たしかにドライバが沈んでいくのが見られたので、その状態でドライバに柄を付け、モンキレンチで回してみました(実際にモンキをあてたのはもう少し下の6角形部分です)。
20130930_13

すると、見事。
20130930_16

20130930_17

外れました。

幸い、フレーム本体側には錆の浸食はありませんでした。
20130930_14

20130930_15

高さ調整機構の中で、ワッシャが密着して、水を通さなかったようです。

さて、代わりのボルトを探します。
工具箱の中に転がっていたM5のボルトがぴったりなのですが、長さが足りません。
20130930_18

そこで思いつくのが、サイドカウルを止めているこのボルト。
20130930_19

この位置に3本使われていて、長さがほかのカウルを止めているボルトよりも長いのです。このボルトが腐食したボルトの長さとどんぴしゃ同じでした。
20130930_20

このボルト、少し短いほかのボルトでもカウルを止めることはできるので、とりあえず一時しのぎとしますが、このボルトを使うことはそれはそれで錆の心配があります。
錆は主に水と空気によってもたらされますが、異種金属同士が接触すると、イオン化傾向の差によってそこに電位差が発生して、これに水が加わると激しい錆を呼びます(異種金属接触腐食)。
この部分に、今回取り替えたステンレスのボルトではなく、フレームと同じさびやすい鉄のボルトを使っていたのはそんな理由からかもしれません。

さて、取り外したボルトですが、どうやって外れたのでしょうか。

今回使ったマイナスドライバをボルトにあてがってみると、あるところでボルトの頭にドライバの先端がかむ部分ができていました。
20130930_21

20130930_22

これのおかげでボルトを緩めることができたようです。

ひとまずフレーム交換の前準備はできました。
当面、いまの補修済みサブフレームで運行して、不具合が発生したら取り寄せたフレームに交換しましょう。
中古フレームもちゃんと手入れしなきゃな。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ツーリング用に買った iPhone 5 用のジャケット

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日行けなかった陣馬形山。
この陣馬形山に行くために購入したものがありました、結局、出番はありませんでしたが(^^;

バイクに乗るときに使うナビとGPSロガー、できるだけ少ない機器で何でもやりたいと思った時、iPhone 5はけっこういい線いっています。
パワーマネジメントが上手なので、バックグラウンドで複数のアプリケーションを起動していても電力消費が少ないのです。
だから、GPSのログを撮りながらナビゲーションをさせても、電源供給さえしておけばバッテリーは減りません。
これがAndroidだと、アプリケーションの組み合わせによっては電源供給していてもバッテリーが消耗していくことがあります。

さて、今回購入したのはこのiPhone 5用のジャケット、GRIFFIN。
この中のSurvivorというタイプ。
20130928_01

これ、完全防水ではありませんが、少々雨がかかっても大丈夫。
20130928_02

iPad用もあるようです。
20130928_03

これはiPhone 4用ですが、これくらい泥がかかっても大丈夫なようです。
20130928_04

背中にはクリップがついていますが、これがいろいろな用途に使えるんだとか。
20130928_05

このジャケットは3層構造になっていて、いちばん外をシリコン製と思われる緩衝層が、その内側にiPhone本体をがっちりつかむシェルが本体を包み込み、この二つを覆うようにスクリーンプロテクタが付きます。
20130928_06

で、実物です。けっこう立派なパッケージに梱包されています。
20130928_07

20130928_08

本体はこんな感じで、かなりごついです。iPhoneが三周りくらい大きくなります。
20130928_09

裏。
20130928_10

このクリップがいろいろ使えるようなのですが、スタンドに使おうとするとちょっと壊れそうで怖いです(^^;
20130928_11

そのクリップは分離可能。
20130928_12

さて、では実際に装着してみます。

スクリーンプロテクタを外します。
20130928_13

アウターのプロテクタも外します。
20130928_14

このインナーに...
20130928_15

iPhoneをはめます。
20130928_16

そのあと、むりむりっとアウタープロテクタにはめ込み...
20130928_17

20130928_18

このスクリーンプロテクタをはめて出来上がり。
20130928_19

20130928_20

このジャケットを着せると、GarminのNUVI1480用に使っている汎用マウントにそのままセットすることができます20130928_21


横に置いてある四角いブロックは、iPhoneを裸で保持するために切り出したスポンジブロックです。
これなら、少々雨が降っても慌ててiPhoneをしまわなくてすみます。

カメラ部分はこんなふうにプロテクタが回転してくれるのですが、使い勝手いはいまいち。
まあ、プロテクト性を優先しているのでしょう。
20130928_22

ここにはマナーモード切替の物理スイッチがのぞきます。
20130928_23

閉めた感じはこんなですが、この二つの突起とスイッチカバーの位置関係は...
20130928_24

iPhone本体のボリュームスイッチにもぴったり対応しています。
20130928_25

こちらのスイッチは...
20130928_26

本体のメインスイッチです。
20130928_27

こちらのブラインドハッチは...
20130928_28

イヤホンジャック、電源プラグ、左右スピーカに対応。
20130928_29

イヤホンはこんな感じでめくれますし...
20130928_30

電源プラグもここからさせます。
20130928_31

...と、気が付いたらたかが携帯電話のジャケットに30枚以上の写真を使ってしまいました。

まあ、さらっと流してください(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

破断したサブフレームを補修する(後編)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

日曜日のフレーム補修作業から一夜明けた3連休最終日の月曜日。
10:00くらいにオートウェルドの硬化具合を確かめてみます。
20130926_01

結んだステンレスの糸が顔を出していますが、光っていて今にも流れそうな表面はかちかちに固まっています。
20130926_02

もう少々ゆすってみてもびくともしません。あんまりやりすぎて折れるとイヤなので、ほどほどにしておきますが、看板に偽りなく、かなりの接着剛性が生まれているようです。

ところで、思うところがあってちょっと後ろから復元したフレームを眺めてみます。
すると、やはりというべきか、右側のほうがわずかに上に上がっていることが見て取れます。
20130926_03

破断面にきちんと合わせて接着したはずなのに?
しかし、ちょっと考えてみれば理由は簡単。
右側のサブフレームの支えを失ったトップケースの重みを左側1本で受け止めていたわけで、その重みで歪が出たのです。これを計算に入れて高さを合わせるべきでした。

横から見てみると、立ち上がり角度に差があるのが一目瞭然。
20130926_04

パニアホルダーを仮付してトップケースベースを取り付けてみると、サブフレームが支える接続箇所にこんなに隙間があいています。
20130926_05

後ろ側からサブフレームを観察してみると、右側はまっすぐで、きちんとまっすぐに接着できたことがうかがえます。
20130926_06

ところが、左側はサブフレームの左右を連結してシートレールに固定されているブリッジから後ろがわずかにおじぎしているのがわかります。
20130926_07

もう少しよく観察してみると、右側は取付の上下方向の角度はよかったのですが、若干右に回転して固定してしまったようで、トップケースベースと少し角度のずれが生じてしまっていました。
20130926_08

左側は、上下方向の隙間を除いて、当然問題ない状態。
20130926_09

これでは右側のサブフレームに左よりも大きな荷重が加わって、サブフレームが右側で固定されているシートレールにまた大きな負担がかかりそうです。
20130926_10

ここはどうにか左右の荷重が均等になるように調整しておいた方がよさそうです。
左側のサブフレームを当初の角度になるように矯正することも考えたのですが、その行為は金属疲労を蓄積させて左側の破断を招きそうなのでやめました。
で、ご登場願ったのは工具箱の中に転がっていた鉄製のワッシャ。
これを2枚重ねると、ほぼ右側と同じくらいの位置にサブフレーム後端の位置をかさ上げできます。
20130926_11

ネジで止まる位置の前方にも接触するところがあって、そこにも隙間ができるので、都合3枚にさび止めのスプレーを施します。
20130926_12

これをあてがってみるとおそらくOKといえそうなあんばいです。
20130926_13

右側はボルトをしめあげたら密着しそうなので、このままいきます。というか、これ以上知恵もわかず、強行突破です(^^;
20130926_14

カウル類をすべて復旧してベースを取り付けると、やはりカウルから立ち上がっているサブフレーム後端のブーツからのぞく長さが違います。
20130926_15

ワッシャを2枚重ねてはさむことで、トップケースベースの水平もどうにか出たようです。
20130926_16

トップケースを付けたところ。違和感ありません。
20130926_17

当然、ゆすってみても、修理前のような頼りないたわみは皆無です(^^)v

ついでなのですが、トップケースベースの天板を止めているビスが錆びていたので、サンドペーパーで錆を軽く落とした後、錆止めスプレーを噴射しておきました。
20130926_18

こうしておいてもちょっと怪しい感じですが、まあ何もしないよりましでしょう。
20130926_19

20130926_20

これでサブフレーム補修は完了。
火曜日からの通勤でしばらく様子見です。

いろいろ知恵や情報を寄せてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
おかげさまでどうにか修理することができました m(_ _)m
まあしかしいろんなことがあるものです。
昨年は同じ9月にABS & サーボが逝ってしまい、今年はサブフレームの破断。気を付けないといけませんね。


ところで、いずれはサブフレームを交換しないといけないので、サブフレームの先端を止めているボルトを外してみようと思ったところ、これまた面倒なことを発見してしまいました。

サブフレームの先端はこのシート高さ調整の階段を止めている後ろ側の穴に通ったボルトでシートレールに共止めされています。
20130926_21

ここをのぞいてみると、あ~あ、とつい声が出てしまいました。こちら右側。
20130926_22

そしてこちら左側。
20130926_23

真っ赤に錆びていて、ためしに4ミリのアーレンキーをあてがってみると、ぐず、という感触とともに崩れてしまいました。

こうなってしまった理由はなに?

このボルトは、後ろから見るとこの矢印の先にある穴の奥にありますが...
20130926_24

タンデムシートを載せてみると...
20130926_25

タンデムシートの先端がご丁寧にスロープになっていて、雨がこのスロープを伝って件の穴の中に流れ込むような位置関係でした。
20130926_26

逃げ場のない水はたまるにまかせ、蒸発するまでの間にボルトを腐食させてしまったということですね。

さて、このボルト、どうやって外しましょうか。こういうボルトをはずす方法ってきっとあるはずですが、もうちょっと考えて設計してよね、BMWさん、と文句の一つも言いたくなります。

同じRTに乗るご同輩、いちどチェックしたほうがいいかもしれません。

それはそうと、このボルトがはまっているフレームのほうは大丈夫なんでしょうね(-_-;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

破断したサブフレームを補修する(前編)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

本当なら、今日の記事は楽しかった開田高原でのまーぼーさんご夫妻とのランデブーと、陣馬形山キャンプの記事のはずでした。

結局、土曜日から3日間、3連休をすっかり使った長丁場のフレーム修理に費やすことになってしまいました。

土曜日に部材を買ってきて、いよいよサブフレームの作業開始です。

こちら、ボディ側のサブフレーム。
20130924_01

そしてこちらがトップケースにつながる方の破断面。
20130924_02

思ったのですが、この破断面、錆が出ていません。
ということは、この破断は最近起こったものなのかもしれません。

さて、作業です。

今回、フレームの中にボルトを入れて固めると同時に、フレームの外側を固めようという算段。
そのため、フレームの外側にサンドペーパーをあて、接着剤の足付けをします。
20130924_03

ボルトをサブフレームにあてがいます。こんな感じ。
20130924_04

これくらいを後ろに残す予定です。
20130924_05

仮に破断した後ろ側をはめてみると、特段歪もなくまっすぐに取り付けられそうです。

20130924_06

ボルトの頭を飛ばしたところでささくれがあったのでちょっと心配でしたが、大丈夫。
20130924_07

さて、オートウェルドを調合します。
用意したのは、RTのバックミラーにつけている魚眼ミラーが入っていたパッケージと、クルマのガラスにスモークフィルムを貼った時に使ったゴムスキージー。
20130924_08

これにオートウェルドの主剤と硬化剤を同量とって混ぜ合わせ、作業を開始します。
あまり慌てることもなかったようですが、初めてのことで手早くやらなければという気持ちが先行して、作業途中の写真はありません(^^;
20130924_09

要領としては、あまりケチらず、たっぷりとボルトにまとわりつかせ、フレームに挿入します。
考えればすぐわかることなのですが、挿入するときに余分なオートウェルドがあふれてくるので、位置決め用に用意したナットは使わずじまいでした(^^;
次の作業に移る前に、洗車で使っているウエスで支えておきます。
20130924_10

用意したのはホームセンターで買ってきたステンレスのネット。
20130924_11

小さいサイズですが、それでも20センチ×30センチもあります。
20130924_12

これから必要なサイズを切り出して補強したいところに乗せます。
20130924_13

裏側も。
20130924_14

追加のオートウェルドを調合してこのネットに塗ります。
ネットはどうしても浮いてしまうので、残ったネットから縦糸横糸どちらでもいいので1本抜き取り、浮いたところを縛って密着させます。
20130924_15

ちょっと粗い仕上がりですが、さらに重ねるのでこれでも大丈夫。
20130924_16

ある程度固まったところでもう1組切り出して重ねます。
20130924_17

その上からさらに塗り固めていきます。
20130924_18

裏側も。
20130924_19

日曜日の作業はここまででいったん終了、24時間放置して完全硬化させます。

長くなったので続きます(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

中古のフレームを発注、そしてフレーム補修のめどが立った!?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先週発覚したわがRTのトップケースを支えるシート後端のサブフレームの破断。

先日の記事を書いてからいろいろ考えました。

1.溶接
2.オートウェルドかGM-8300と補強材による補修
3.サブフレームそのものの交換

フレームの交換は、同じ製造方法を用いて製造され、私のもとで以前と同じ使用方法をされるなら、ある程度の時間を経て同じように破断する可能性はありますが、どこにも修正が入っていないフレームを入手して交換、破断したサブフレームを上記1か2のいずれかの方法で補修してどうなるかをためすのもノウハウ(そんなにたいそうなものか ^^; )を蓄積するのもいいかと思うようになりました。

そんなこんなで、例によってMotorworksにサブフレームの在庫があるかどうかを問合せしてみました。
そうすると、翌日の夜には『中古がありますよ~』の返信。
20130922_01

その場でフレームを発注し、土曜日のお昼くらいからフレームが外せるかどうかを試してみることにしました。

まずはテールカウルを外しにかかります。

最初にはずすのはこのボルト(カウルの奥の方にももう1か所あります)と...
20130922_02

ここの2か所のボルト。
20130922_03

そのあと、トップケースベースの天板を外して、折れたサブフレームから立ち上がっているアームをベースから外します。
20130922_04

すると、ゴムブーツで支えられているアームは...
20130922_05

サブフレームの支えを失っていて、こんなふうに抜けてきます。というか、これはサブフレームの一部なんですね。
20130922_06

破断面です。
20130922_07

ん~?
こんなふうに破断した先が外れるということは、ひょっとして自分で補修ができるか?
実は、破断した先は左側のサブフレームと何らかの形でつながっていて、このフレームの剛性では破断した右側のフレームの中に棒材を入れるだけの隙間をつくることはできないだろうと決めてかかっていました。

ここで一気にテンションが上がって作業を進める手も早くなります。

ベースをパニアホルダーに固定しているこの4本のボルトを外し...
20130922_08

アームの中を通っているボルトを外すと...
20130922_09

20130922_10

ブーツといっしょに外れてきます。
20130922_11

さらにカウルの後ろのこの穴からボルトを外し...
20130922_12

カウルの内側から手回しができるナット2本を外してテールランプとウィンカーユニットを外し...
20130922_13

奥のこの小さなビスを外すとようやくテールカウルが最中状に分離されます。
20130922_14

ただ、ここまで外してもパニアホルダーが邪魔をしてカウルを割りそうなので、この3本のボルトを外して...
20130922_15

パニアホルダーが外れるとようやく...
20130922_16

テールカウルの上半分が外れて中身があらわになります。
20130922_17

サブフレームの後端がものの見事に折れていますね。

少しずつクラックが広がって、やがて耐えられずに破断した、というように見える破断面です。
20130922_18

これなら何か無垢材を挿入して自分で補修できるかも。

...ということで、ホームセンターとアストロプロダクツに走って部材を購入してきました。
10ミリパイ、15センチのボルトを購入して頭をホームセンターに備え付けの高速切断機で飛ばします。
20130922_19

これは頭を飛ばしているところを写真に撮ろうとしているうちに飛んでしまったため、もういちど2ミリほど切断したやらせ写真です(^^;
20130922_20

こうして頭を飛ばしたボルトと、位置調整用のナット、それとまーぼーさんから紹介していただいたオートウェルドを購入してきました。
20130922_21

ブレニー技研のGM-8300も在庫としてあったのですが、こちらは1回に決まった量しか使えなさそうなので、まーぼーさんが紹介してくださったオートウェルドのほうが使いやすそうに思えました。

さて、このボルトどんなふうに入るかというと、長さはこんな感じです。
ちょうど半分くらいを破断した後半部分に入れようと思っています。
20130922_22

挿入した感じはこんな感じです。
20130922_23

このネジ部分にオートウェルドを塗ってフレーム内に挿入して固定、サブフレーム本体側も同様にしてつなごうという算段です。

さすが3連休か、クルマでこれらの部材を購入して帰宅したらもうすでに周囲は暗くなっていて作業は不可能。
日曜日に実行に移します。

さて、顛末はいかに。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

シートレールが折れた! どうやって直そうか?

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、発見してしまったとんでもないもの。
20130920_01

トップケースを支えるシートレールの後端が破断しているのを見つけてしまいました。
いったいいつからこんな状態だったのか。
子供に聞いたところ、クルマで後ろを走っていてなんだか揺れが大きいなぁと思ったんだとか。
RTとクルマを2台連ねて走ったのは一昨年の夏休み。
まさかあの時すでに破断していたのでしょうか。
ということは、その後参加している荷物満載のキャンプツーリング、フルパニアのうえタンデムで新東名高速を走った伊豆ツーリングでも、トップケースは右側の支えの一部を失った状態でのっかっていたということ?
もしタンデムライダーがトップケースに背中を預けているときに左側のシートレールも同じように破断したら...
それも高速道路上でそんなことが起こったら...
荷物満載状態で同じことが起こったら...
考えただけでぞっとしますね。

ちょっとこのシートから後ろのシートレールとパニアホルダーがどんなふうに連携してトップケースとパニアケースを支えているかを見ておきます。

これはRTの後ろ半身を横から見たところ。
20130920_02

上向きの矢印で指したところにパニアケースの上側のフックがかかります。
ちょうど指4本で鉄棒にぶら下がるような格好です。
下向きの矢印のところは、パニア持ち運び用のハンドルをたたんだときに下からアームが起きてきてパニアホルダをつかみます。これがちょうど鉄棒にぶら下がるときの親指のような格好で、この3点でホルダー全体をつかむイメージです。
そして、右矢印で指したところに、パニアの下方、前向きについている接合部分のメス側がはまります。

このような3点支持のため、恐らくシートレールの後ろの方が折れていても、右側パニアについてはパニアホルダーには極端な負荷はかからないと思います。
しかし、トップケースは...息子が車の中から眺めていてわかるくらいしなっているということなので、治さないと危ない。

パニアホルダーはこの3か所でフレームにとめられ...
20130920_03

ここからシートカウルの外を回って...
20130920_04

ここで破断したシートレールの後端に接続されているため、シートレールが破断している後ろは完全に宙に浮いた状態。
つまり、先ほど見たパニアホルダーのボルトの後ろ側には大きな負担がかかっていると思って間違いありません。
20130920_05

これを治すには大きく二つの方法。

シートレールを交換すること。
昨日、ご覧いただいているたー坊さんからサブフレームの情報をいただきました、ありがとうございます。
20130920_06

この方法はエンジンブロックに固定されているフレーム後端に固定されているキャリアフレームを交換しますが、RealOEM.comでみると198.9ドル、ざっと2万円します。
20130920_07

もう一つの方法は溶接。
エルフさんに相談してみたところ、溶接はできますよ、との答え。

そんなこんなで少し気が楽になったところで、お世話になっているまーぼーさんからツボを押さえたアドバイスをいただきました。
オートウェルドという接着剤ですが、これがほとんど溶接と同程度の強度が出る接着剤だそうです。Made in U.S.A.。
20130920_08

オートウェルドのHPはこちら

まーぼーさんのブログ記事にも、これと似た製品でブレニー技研のGM-8300という接着剤の紹介もされていました。こちらはMade in Japan。
20130920_09

ブレニー技研のHPはこちら

さて、補修するとしたらどの補修方法で行きましょうか。

木曜日の昼休みにブレニー技研に電話でいろいろ聞いてみました。

そこで懇切丁寧に教えていただいた内容を記しておきます。

■金属が破断するのは強度不足
そもそも金属パイプがスパッと割れたように破断するというのは、応力集中に耐えられない強度不足である。
...とブレニー技研さんはおっしゃっていました。
が、BMWにしてみれば、トップケースの最大積載重量は5キロだと明記しているのだから、私のように10キロものトップケース+荷物を載せていたのでは、この最大許容重量が車両に見合っているかどうかは別として、その注意書きを無視しているわけで、BMWの責任は問えないだろうと思います(もともと責任を問うつもりはありません ^^;)。

■GM-8300単独の接着では、元のパイプ(フレーム)以上の強度は出せない
接着部材としてはおそらく最強の部類に入るブレニー技研のGM-8300であっても、どう逆立ちしても単独ではオリジナルのパイプ以上の強度を出すことは不可能である。
面接着させるような用途では、それこそむりやりはがそうとすると接着対象物が破壊されるほどの超強力な接着力を発揮するが、破断面の厚さが2mm程度のパイプの破断面を接着するには、パイプの接着部分(破断部分)周辺への肉盛りをした上に金属の板やガラスクロス、もしくはカーボンクロスの類を巻き、さらにそれを包むようにGM-8300を盛ることが必要。
最も効果的なのは、破断したパイプの中に補強用の無垢の棒材を挿入し、その上から破断面全体を接着、肉盛りすること。
こうすることによって、オリジナルよりも高い剛性を確保することができる。

■溶接は錆を呼ぶ
溶接は施工後の表面処理をきちんとしないと錆を呼び、2~3年で劣化が進んでいく。
塗装をすることも防錆には効果的だが、溶接部分の上をGM-8300で保護すると、防錆と強度増強の二つの効果が狙える。

ということでした。

こうしたことを聞くと、やるべき対処が見えてきます。

■破断箇所に肉盛りするとともに金属板を巻いて補強するか
しかし、この用法はフレームの途中であればいいのですが、今回のように左右のフレームに橋が渡っているきわのところでは破断箇所を補強用の金属板等で覆うことが出来ません。

■破断したフレーム内に補強用の無垢棒材を入れて固めるか
DIYで施工するにはこれは最も効果的であることは容易に想像できますが、しかし、左側に残っているシートレールの剛性を考えると、そのような棒材を挿入し、さらに適切な位置に接着させることはまずできないだろう、と考えました。

以上から判断すると、
・サブフレームをそっくり交換するか
・サブフレームよりも溶接のほうが安いのであれば、溶接をした上にオートウェルドかGM-8300を塗布する
というのが現実的な対処法かなぁと思います。

Motorworksにもサブフレームの価格の問い合わせをしていますので、金曜日の朝には返事が来ているのではないかな?
金額を天秤にかけて、どうするかを決めようと思います。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

HIDの交換をしたあと、別のとんでもないことが見つかった

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、オイル交換の時に佐川急便が届けてくれた荷物。
20130918_01

実は、先日取り付けたSPHERE LIGHTのHID。
ちょっと事情があって、交換していただけることになりました。

中身です。
20130918_02

左からバラストとイグナイタ、バーナー、取り付け用のステー、そしてそのステー固定用のネジです。

今回送られてきたバラストは薄型のもので、イグナイタが別体になっているもののようです。
20130918_03

35Wのバラスト、24Vにも対応しているようです。
20130918_04

この二つの駆動パーツ、どう設置しましょうか。
20130918_05

バーナーはH7。
20130918_06

実は、先日いろいろいじっていたHIDですが、結局また不点灯のことがあり、いろいろやり取りをした結果、代替え品を送っていただくことになりました。

では、最初にセットしたバラスト、バーナーを外します。
20130918_07

新しいほうをクルマのバッテリーを使って5分くらい空焚きします。
20130918_08

前のバーナーを外す前に、車体側のプラスの端子がわかるように、マスキングテープを少しだけ貼り付けておきます。
20130918_09

ハロゲンバルブは極性を気にすることはありませんが、バラストとイグナイタに電源を供給する場合は極性を分かっておかなければなりません。

狭い隙間に四苦八苦しながらどうにかバーナーはセットできました。
20130918_10

さて、バラストとイグナイタの取り付けです。
今回送っていただいたHIDは薄型バラスト、イグナイタが別体になっているタイプでした。
そのバラストを取り付けるために付属しているステーとビスたち。
20130918_11

このビスのセットなのですが、せっかくついているのに、ワッシャの穴がビスの直径よりも小さく、役に立ちませんでした。

取り付ける場所ですが、最初にHIDの取り付け記事を書いたときに、ホーンの取り付けボルトに取り付けられるとの情報をいただきました。
なるほど、ここならいけそうです。
20130918_12

まずあてがってどんなあんばいか調べてみます。
20130918_13

ところが、ステーの形状の関係か、いろいろ試してみても、どうしてステアリング操作をするとフロントフォークが接触してしまいます。
時間があればいろいろ試行錯誤したのですが、作業のスタートが遅れたため、日が暮れてきてしまいました。
仕方がないので、バラストにあいているネジ止め用の穴にタイラップを通してフレームに固定することにしました。
20130918_14

固定場所はここ、ライトハウジングのすぐ後ろにカウルを支える太いステーがあり、途中でT字に分かれているため、ここに載せます。
バラストのビス穴は3か所あるのでちょうどいい感じで固定できます。
20130918_15

点灯を確認したあと...
20130918_16

念のために余りもののコルゲートチューブで保護。
20130918_17

暴れないようにタイラップで固定します。
20130918_18

やれやれ。

そんな作業を息子が横で眺めていて妙なことを言いました。

『ねえ、後ろから走っているのを見ると、なんだかトップケースがすごく揺れてるんだよね。大丈夫なの?』

『まあ、まったく揺れないことはないと思うけどなぁ...』

なんて言いながらトップケースベースを押してみると、なんだか右側のほうが大きくしなります。
ナンだ、こりゃ?

いやあな予感がして、シートを外してテールカウルの内側を見てみると、この横板の向こう側でエライものをみつけてしまいました。
20130918_19

ナント...!
トップケースと右側のパニアを支えるシートレールが折れています(-o-)
20130918_20

これでは荷物が載せられないぞ...どうする...

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

陣馬形山行のロングに備えて定期メンテナンス(オイルとエアフィルタ)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

今週末に迫った陣馬形山キャンプツーリング。
長距離を走る前に簡単な整備をしてしまいます。
今日あけるところはここ。
20130916_01

エアクリーナーボックス、え? この間のスロットルボディの掃除と同調の時に換えてなかったの?
はい、忘れておりました(^^;
前回は2012年1月、58,500キロの時だったので、1年半、21,000キロぶりなのでちょうどいいころあいでしょう。

2か所のネジを外して...
20130916_02

エアクリーナーが顔を現わします。
20130916_03

思ったより汚れていないなぁ、と思いながら手に取って観察。
20130916_04

エアクリーナーボックスの中は例によって砂がたくさん混入していました。
これを見てしまうとファンネル仕様にはできないですね^_^;
20130916_05

Motorworksより購入済みのエアクリーナー。
20130916_06

出して古いものと比べてみると、やっぱり古いほうの汚れはそうとうなものです。
20130916_07

もう、問答無用で取り換えます。
20130916_08

念のために同調もやり直しです(^^;
二度手間ですね、ちゃんと計画してやらないといかん(^^;

ついでにオイル交換です。
前回オイル交換したのは77,400キロの時

まだインターバルの3,000キロまで600キロほどありますが、長距離を走りますし、前回の交換直後に、オイルクーラーファンを回したとはいえ、沼津の大渋滞で高温にさらされているので、このタイミングで換えてしまいます。

オイルを抜いて...
20130916_09

今回はオイルフィルタも交換します。
20130916_10

3.5リットルを入れた後エンジンを回し、さらに0.2リットルを追加してこのレベルです。
20130916_11

距離を記録しなきゃね、と写真を撮っていたら、佐川急便が荷物を届けてくれました。
20130916_12

さて、なんでしょう(^^)...と引っ張るほどのものではないのですが(^^;
20130916_13

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

オイルフィラープラグOリング2回目の交換

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

最近、オイルフィラーキャップにオイルがしみだして湿ってきているようです。
20130910_o1

ここはプラグと、その下のスリーブの2か所にOリングが挟まっていますが、これらが片方、もしくは両方劣化してオイルがしみだしてきます。

前回の交換の記事はこちら
【オイルフィラープラグ アウタースリーブのOリング交換】
【オイルフィラープラグのOリングを交換】


オイルフィラープラグを外すとご覧の通り、もうびしょびしょです。
20130910_02

そこで、ストックしてあるOリング。
初めてパーツを個人輸入したときにMoto-binsから購入したオイルフィルターに同梱されていたものです。
20130910_03

まずはオイルフィラープラグ側のOリングを外して、新しいものと古いものを比べてみます。
20130910_04

左が古い方、右が新しいほうです。
20130910_05

ここは上からスリーブに押し付けられるので、厚みが圧縮される方向に力が加わります。
古いほうが少し薄く変形しているのがわかるでしょうか。

プラグに取り付けた感じでも...
古いほう。
20130910_06

新しいほう。
20130910_07

さて、さらにヘッドカバーに刺さるスリーブを外します。
20130910_08

どろどろですね。
20130910_09

スリーブのあたり面も砂粒やゴミが付着しています。
20130910_10

スリーブのOリングを外してみると、ここにもゴミが。
でも、前回よりはゴミの付着は少ないといえます。
20130910_11

このOリングは、スリーブとヘッドカバーの間に挟まって円の中心方向に圧迫されるので、横から見ると左右方向に圧縮されているのがよくわかります。
20130910_12

こちらがスリーブについた状態の古いOリング。
20130910_13

こちらが新しいほう。
20130910_14

新しいほうが圧縮される前なので厚みが薄いのがわかるでしょうか。

こうして交換した後、一週間経過しても、オイル漏れやにじみは発生しませんでした。

これもだいたい10,000~15,000キロごとに取り換えですね。
まあ、滲み始めたら交換、としておいても大勢に影響はないでしょう。

ちなみに一週間後に見てみましたが、滲みは完全に止まったようです(^^)
20130910_15

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

陣馬形山秋の陣 ~ルートを考えよう~

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日実施したスロットルボディの清掃と同調ですが、通勤での感触でいまいち調子が良くなった気がしないため、改めて調整を行なうことにしました。

それはさておき、来る9月21日~23日の3連休、待ちに待った【陣馬形山 秋の陣】があります。
夏の陣は私はイケなかったので、今回は満を持して参加しようと思っています。
参加される皆さん、宜しくお願いいたします。

さて、そうなるといつも考えるのが楽しみなのが当日のルートです。

前回、前々回と行ってすっかり気に入ってしまった開田高原。
20130914_01

この季節だとアルプス方面の冠雪の山は見られませんが、スコーンと抜けるような秋空の下を走るのはきっと気持ちいいでしょう。
20130914_02

ビーナスラインも気持ちよさそうですし。
20130914_03

朝うんと早く出た時の、そこに至るまでの、深夜の高速道路にも心が躍ります。
20130914_04

20130914_05

いままで走ったことがある道もいいけれど、新しいルートの開拓もしてみたい。

あるいは、もうとっとと陣馬形山についてしまって、秋の空の下での~んびりする、というのも、走るばかりのツーリングにはない贅沢な楽しみかもしれません。
20130914_06

■開田高原縦横無尽
■ビーナスライン全線制覇
■未知のコースの新規開拓
■陣馬形山でのんびりお昼寝

さてさて、どうしようか楽しいお悩みのはじまりはじまり...です(^^)
20130914_07

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?