FC2ブログ

バッテリーの交換

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先週水曜日に届いたバッテリー。
もともとバイク用ではありませんが、すでに多くの方がお使いで実績があるため、思い切って調達しました。

【関連記事】
  ⇒
採寸 ~次の計画~
  ⇒ バッテリーとスピードメーターケーブル

この土日は珍しく風邪を引いたため、ちょっと作業は難しいかと思いましたが、日曜日朝に回復したため、暖かくして作業を行ないました。

念のために前日のうちにバッテリーをチャージャーにつないで初期充電を行なっておきました。先日製作したワニ口が初仕事です(^^)
20121211_01

ちょっとわかりにくいですが、フルチャージ完了状態です。
20121211_02

作業前に、古いバッテリーでのセルのまわり具合を見ておきます。


さっそくRTのカウルを剥いで作業開始です。
20121211_03

20121211_04

4年前にバッテリー交換を行なった時は左側のカウルだけを外し、エアダクトを取り払えばバッテリーは交換できましたが、プラス側(車体右側)にフォグランプやオイルクーラーファンの配線をつないでしまったため、プラス端子を外せるところまでバッテリーを引き出すことができず、結局右側のカウルも外し、さらにタンクまで外すことになりました。
このあたりの作業の効率までを考えて仕事をしないといけませんね。反省です。

さて、外したバッテリーを比べてみます。
20121211_05

いままで使っていたバッテリーもBMW純正ではなく、純正に比べて若干高さが低かったのですが、今回のバッテリはそれよりさらに1ミリ程度低いようです。
プラスマイナス両ターミナルの位置も、新しいバッテリーのほうが外側にあります。

幅は新しいほうがほんの少し、2ミリくらいでしょうか、広いようですが、もともと車両のつくりがバッテリーを車体左側にずらしてはずすことができる構造なので問題になることはなさそうです。
20121211_06

車体側ですが、純正に比べて若干背が低いKAMIKAZEバッテリーに対応するために、すでに5ミリ前後の厚さのゴムスペーサーを敷いてあります。
20121211_07

しかし、これでも固定ベルトをセットすると少しぐらつくので、オイルクーラーファンを制作したときのゴムシートの余りをその上のしいて高さを稼ぐことにしました。
20121211_08

ところが、先ほど比べるときにノーマークだったのですが、新しいバッテリーは厚みが若干薄いようで、高さを調整しても車両前後方向に少し遊びができて、振動でバッテリーホルダーの中で暴れそうです。
そこで、ゴムシートの余りをバッテリーの前後に挟むことにしました。
こちら車両前方側。
20121211_09

写真上側が車両前方です。
バッテリー本体に隣接するABSユニットが写りこんでわかりづらいですが、バッテリーとバッテリーホルダーの間にゴムシートをはさんであるのがわかるでしょうか?

こちらが車両後方、同じようにバッテリーとバッテリーホルダーの間にゴムシートをはさみました。
20121211_10

端子にプラスとマイナスのケーブルを接続します。
20121211_11

すでにこのバッテリーをご利用の皆さんからいただいたアドバイスでは、バッテリーのターミナルの穴を6ミリ程度に広げるようにアドバイスをいただいていました。
私もその通りにするつもりでいたのですが、準備不足ですね、手元にあったドリルが5ミリまでしかなく、広げることができませんでした(^^;
ここまできてやめてしまうと脱力感で風邪をぶり返しそうなので、バッテリーに付属していたボルトで接続することにしました。
クルマのバッテリーでもそうですが、ターミナルはしっかりと圧着しないと、中途半端な締め具合だと満足に充電されずにバッテリーあがりの原因になります。
肝心なのはバッテリーのターミナルと車両側の端子の密着度であると考えて、車両の端子とバッテリーのターミナルが直接接触するようにして、他の電装系はその外側から接触させて、しっかりボルトで締め上げました。

さらに、バッテリーのターミナルが旧いバッテリーよりも外側にあるため、念のために(結果としては不要でしたが)プラスターミナルを絶縁テープで覆っておきました。
20121211_12

全体を復旧して新しいバッテリーでのセルのまわり方を見てみましょう。


終わりの方に『お~』という私のマヌケな声が入っていますが、イグニッションをOnにしたときのフューエルポンプの動作音がまず違うこと、そして、セルのまわった時の機関の回転音が軽いのがおわかりいただけるでしょうか。
また、古いバッテリーの時はセルが回っているときにインパネのインジケーターが暗くなりますが、新しいバッテリーは明るさが変わらないのが見て取れると思います。
古いバッテリーでは、夜間に充電をして満充電になっていてもこんなに軽い回り方はしませんでしたから、やはり新しいバッテリーは相当強いと思ってよさそうです。

これで寒い日の朝も安心ですね。

本当はこのあと、メーターケーブルも交換しようと思っていたのですが、息子に『風邪ひいてんのになにやってんの?!』と諭され、やめました。どっちが親かわかりませんね(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?