2012年の総決算

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

間もなく2012年も終わりです。
昨年と同じように、今年1年間を振り返ってみようと思います。

年初の活動開始の時に立てた【今年の目標(?)】、これがどれだけ実現できたのか、ちょっと興味があったので過去の記事を振り返ってみました。
【対象記事】⇒ 2012年の活動開始

この中に書かれている内容を一つ一つ、できたかどうか振り返ってみます。

■プラグ交換・・・実施済み
交換した様子は、プライマリ側はほぼ理想的な焼け具合でしたが、セカンダリ側はだいぶカーボンが堆積していて、決して良いコンディションであるとは思えませんでした。
しかし、火はちゃんと飛んでいるようでした。
20120108_19

20120108_18

すでに交換から10,000キロを後にしていますので、そろそろまた交換してもいい時期です。
【関連記事】⇒ プラグ・エンジンヘッドプロテクタ・エンジン左右同調(長文御免)



■ヘッドプロテクタ交換・・・実施済み
これは2011年の年末に自宅前で横転させたために破損したヘッドプロテクタの交換ですが、これも前述のプラグ交換と同時に実施できました。
単なる交換なのでカウルを外す面倒さはあるものの難易度としては低い作業でした。
20120108_27

ただ、交換後、春の陣馬形山行の時に寄った御嶽山のふもとで横転させて、右側を少し傷つけてしまいました。
まあ、これは当面そのままにしておきます。



■左右エンジン同調・・・実施済み
エアクリーナーの交換、先述のプラグ交換と一緒に実施しました。
Motorworksから調達したバキュームゲージを接続し、同調をとりました。
20120108_32

本当はタペットクリアランスも調整した後でなければならないらしいですが、さしてメカノイズも多くなかったため、また、調整のためのシクネスゲージもなかったため端折りました。



■RIDの接点清掃・・・実施済み
2011年秋ごろからだったか、RIDのフューエルゲージの目盛があまり信用できなくなりました。
原因の一つはRIDが接続しているカプラ内の接点腐食による抵抗増大であるとの情報をいただき、接点復活剤で掃除ししました。
20120109_14

【関連記事】⇒
   RIDのフューエルゲージ表示不安定を修理
   RIDのフューエルゲージ表示不良再発を修復

これによって一時的に正確な表示が戻りましたが、数カ月すると再び表示があやしくなりだしました。
満タン給油しても一目盛り減った状態までしかゲージが上がらず、10キロ走って2目盛り減り(正常はフル点灯)、50キロ走ったら3目盛り減る(正常は1目盛減)という状態にまで症状は悪化。
もはや接点をいくら清掃しても治らない有様で、そうした中、拙ブログをご覧いただいている方から、タンクから生えているRID行きケーブルの引き出しターミナルの樹脂に隠れた部分の半田クラックによる抵抗増大であるとの情報をいただきました。
補修を試みましたが、すぐ横をフューエルラインが走っていることもあり、危険と判断、結局断念したまま今日に至っています。
ここは実走行に支障がない部位だけに完全に積み残したままです。
ただ、RIDの動きを見ていると、中のフロートの問題かもしれないという疑いも払拭できず、いずれタンク内のフューエルポンプやストレーナー、パイプ類を交換する際にフロートに引っ掛かりがないかどうかのチェックをしてみてもよいかな、と問題の先送りを決め込んだ状態です(^^;



■ジャンプスタートターミナルの設置・・・実施済み
RTのセルの回り方から、早晩バッテリ寿命によるジャンプスタートが必要なるだろうとの懸念から、購入当初より温めていた構想でした。
結局実施したのは年末も押し迫ったころでしたが、近所のホームセンターで部材を購入してきて、不細工なりに実用になりそうなものが作れました。
20121205_19

できるだけお世話になりたくはないものではありますが、あるとないとでは安心感も違います。
【関連記事】⇒
   ジャンプスタートターミナルの部材調達
   ジャンプスタートターミナルの製作実施



■オルタネータベルトの交換・・・実施済み
60,000キロごとの交換を指定されているオルタネータベルト交換は、今年の前半、まだ寒いころでしたが交換することができました。
ただ、やはりというか、新品のベルトはかなりサイズが小さく、上下の位置を調整できるオルタネータを最も低い位置にしてもぴちぴちに張られた状態でしたが、走行とともに伸びるようで、年末までに都合3回くらい長さ調整をしました。
20121125_25

そのたびにカウルはもちろん、ガソリンタンクまで外さなければならない大袈裟ぶりには閉口しましたが、あと50,000キロ強はこのまま運用できると思えば初期延びくらいはガマンできます。
【関連記事】⇒
    オルタネータベルトの交換 ~ 実行編
    オルタネータベルトのテンション調整



■オイル/オイルフィルター交換・・・実施済み
これはもう、私のような素人が行なうにはもっともとっつきやすいメンテナンスのひとつで、ガソリンスタンドでアルバイトしていたころにもクルマのオイル交換の経験があったので、敷居は低かったといってよい作業でした。
20121121_01

都合3回のオイル交換を行ないましたが、このオイル交換を通して私なりに感じたのは、RTのエンジンには 10W-50くらいの粘度のオイルが年間を通して使いやすく、エンジンにもよさそうだ、ということでした。
BMWの指定オイルは、ウィンター側がもう少し高粘度、たしか15か20くらいだったと思うのですが、それくらいの粘度だと冬場のセルの負担が大きく感じられ、一方、空冷の大排気量のエンジンには、高温側は指定通りの50がエンジン回転の軽さや保護膜の維持などのバランスの関係から最も良いように感じられました。
今後、新しいオイルを調達するときはこの粘度にしようと考えています。
【関連記事】⇒
    ミッション・エンジンオイル交換 
    夏に向けてオイルを交換 粘度は 10W-50 
    冬に向けてオイル交換 ~シェブロン Supreme~



■ミラーハウジング塗装・・・実施済み
寒い時期に一度ペイントを実施しましたが、実施環境の気温が低すぎてクリアの下の塗膜に細かいクラックが発生したためにやり直ししました。
20120701_07

結果はまあまあなのですが、塗装作業の奥深さを感じた作業でした。
【関連記事】⇒ 『塗装』カテゴリー



■サスペンションの交換・・・未実施
これは全く手付かずでした。
冬のボーナスが出た時に、『夏には換えようと思っているんだ』と家内に匂わせておいたので、来年の夏には勇気を奮って交換を訴えようと思っています。
そのころには走行も75,000キロを超えているでしょうから、換えるといっても不思議ではありません...という理屈が通るかどうかですが(^^;



■オイルクーラーファン自作・・・思い付きから実施
これは年初の計画にはありませんでしたが、オルタネータベルトの交換をしている最中にオイルクーラーファンの設置構想を思いつき、フレームをアルミ板で製作して8センチ角のファンを2基つけることができました。
当初はパソコンの冷却用のファンでしたが、のちに山洋電気の高回転ファンに交換して能力アップしました。
20120901_13

これは強力で、夏の渋滞でもある程度安心できるようになりましたが、ライダー側が熱中症でヘタリ気味になってしまいました。
【関連記事】⇒ オイルクーラーファン カテゴリー



■ABS & ブレーキサーボ故障・・・想定外
これはまったく予定はしていなかった出来事ですが、今年の最も大きなトピックはこれに尽きるといっていいでしょう。
20121028_10

秋の入口に突然わがRTを襲った、この車両にとって致命傷ともいえる忌まわしい故障は衝撃的でした。
症例があるのは知っていましたが、どれくらいの発生率であるかはともかく、現実に自分の車両に降りかかったこの災厄はにわかに信じ難いものでした。
しかし、多くの方から情報のご提供をいただき、また応援や励ましのメッセージを頂戴して、どうにかRTを手放すことなく、いまでも通勤快速に、ツーリングの相棒にと縦横無尽に働いてくれています。
バイク屋を営んでいらっしゃる方から差しのべられた暖かい手にも甘えさせていただきましたし、部品を調達したイギリスのMotorworksのスタッフの方のクイックで的確なアドバイスにも大いに助けられました。
いまでもこうしてRTに乗って、RTネタのブログを更新し続けられているのも、皆さんからいただいた暖かいメッセージや情報のおかげであると、感謝の気持ちでいっぱいです。
【関連記事】⇒ 『ABS & サーボ故障』カテゴリー



■ツーリング
結局、まとまったロングといえるツーリングは、春の陣馬形山のキャンプと、つい先週行った川湯温泉日帰りツーリングだけでした。
20120531_25

ロングを得意とするRTくんにとってはちょっと物足りない回数でした。
でも、夏の熱い時期に能勢方面にショートツーリングのつもりで行ったときには、拙ブログをご覧いただいている方から声をかけていただき、ハイテンションになって六甲山頂までのぼってしまいました。
その六甲山の展望台駐車場でも、わがRTを発見してブログに載せていただいたり、ブログつながりで昨年と同様に輪が広がりました。



世相は相変わらずあまり明るい話題がありませんでした。
昨年の東日本大震災の爪痕は未だ生々しく、不自由な生活を強いられている方の数は減る様子がありません。
景気は依然、不透明感が強いですが、つい先日行われた総選挙で代わった政権で何かが変わることを期待したいものです。

来年はRTを購入して丸6年、RT自身の齢は2月で10歳です。
車両としては高齢な部類に入るといえそうですが、まだまだ現役で頑張れそうです。
さて、どれくらい距離を伸ばすことができるでしょうか。
楽しみです。

最後になりましたが、皆さんとご家族、そして日本だけではなく、世界の皆さんにとって来年が素晴らしい年になることをお祈り申し上げます。
本年も拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ようやくクルマも冬装備

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

いよいよ今年も余すところ2日です。

京都だけではなく、全国的に寒気団が勢力を増して、雪が舞うことが多くなってきました。
すでに自宅近くから見える山の方は何回か雪化粧をしましたし、平地でもいずれ積雪があるでしょう。

ということで、クルマのタイヤをスタッドレスに交換しました。

すでに中古でaudi用ホイールと一緒に購入して4年は経つスタッドレス4本。
製造は確か2005年くらいだったはずで、もういい加減新しいのにしたほうがよさそうですが、溝も残っているのであとワンシーズンはこれで行きます(^^;
20121229_01

例によって、先シーズン、どこに履かせていたかを示す紙を貼ってあります。
今シーズンも前後ローテーションです。
20121229_02

使うのは、これも4年くらい前にオートバックスで980円で購入してきた激安油圧フロアジャッキ。
20121229_03

値段だけ見るとすごく不安になりますが、いまのところ歪もなく、しっかり車体を持ち上げてくれます。

4本とも交換しました。
20121229_04

夏タイヤにも交換前の位置を明示しておきます。
20121229_05

交換したタイヤはラックに収納。
上段がフロント、下段がリア、左右はタイヤの装着位置と合わせてあります。
20121229_06

audiの、恐らくA3用と思われるホイールは、寸法的にもピッタリ、装着したときの違和感もありません。
20121229_07

秋口に1回洗って以来ほったらかしで汚れ放題だったので...
20121229_08

洗ってコーティングもしようかと思いましたが、雪が舞ってきたため洗っただけです。
20121229_09

感心するのは、購入してから5年半たとうかというのに、洗ってきれいにしてあげれば、ワックスも塗らずに水が転がるつやを維持している塗装の強靭さです。
塗装色によって強度も違うのでしょうが、このあたりの仕上げはさすが独逸もんという感じです。

最後にタイヤの空気圧を確認。
20121229_10

2.5キロとは数字だけ見ればOKですが、このゲージでは3.0まで入れてちょうど2.5くらいなので、手押しインフレータで40~50ストロークして空気を充填します。

これでクルマも冬支度完了。
いつもで雪の中を走れます(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

家内がツールボックスをくれた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

年末も押し迫ってきました。
家の掃除もしなきゃなりませんが、今年もいっぱいバイクいじりした私としては、どうにか使っている道具の整理もしたい。

あんまりきたなくてお見せできませんが、いま使っているツールから配線用の部材、接着剤やボルト、絶縁テープに至るまで、初めて海外通販したときにMoto-binsから送られてきた段ボール箱に一切合財を放り込んでいて、カオス状態でありました。
20121227_11

何かするたびに物を探すのが億劫で、家内に『ちょっと工具屋さんで工具箱物色してくる』というと、『あたし、いらないの持ってるけど使う?』
家内は昔から洋服のパターン引きや、実際に洋服を縫ったり編んだりしていたため、けっこう立派な道具入れを持っていたそうで、先日、その道具を整理して適当な引き出しに放り込んだらケースがまるごと一つ空いたというのです。

これは渡りに船。
さっそく見せてもらうと、なんだかいい塩梅のケースです。
20121227_02

よく見てみると【MEIHO】のロゴが見えます。ネットで調べてみるとこのメーカー、樹脂製のケースのメーカーで、どうも釣り人御用達のケースを数多くリリースしている模様。

SWING PALなんてロゴがついているところを見ると、雰囲気としては裁縫道具入れなのか、それとも、スイングとは釣竿を振って糸を遠くに飛ばす行為のことを言っていて、釣り用の針やルアー、テグスなどを収納するためのケースなのでしょうか?
20121227_01

一番上に蓋があって、ここを開けるとまず大きな収納スペースがあります。
20121227_03

ケースの前面にはこれまた蓋があって...
20121227_04

これを開けると3段の引き出しが顔を出します。中にはけっこう細かい仕切りがあり、小物を収納するのに重宝しそうです。
20121227_05

ということで一も二もなく、これを使わせていただくことに(^^)

一番上の大スペースにはよく使うヘックス、メガネレンチ、ホームセンターのレンチセット、オイルフィルターレンチなどなど、見た目はけっこう乱雑に見えますが、段ボール箱の中に比べれば格段に見通しもよく、すぐに目的のものが探せるようになりました。
20121227_06

一番上の引き出しには、手前にちょっと長めのやすりやキリを、その他、絶縁テープや塗装用のマスキングテープ、配線部材の一部などを収納。
20121227_07

二番目の引き出しにはさらに細かいボルト類や配線の接続ターミナルなどなど...
20121227_08

そして一番下の引き出しには出番は少ないけどあまり雑に扱えないトルクレンチ、グリスやプラグ類、大きめのT40とT45のトルクスビットや結束バンド、そして半田ごてなどを収納。
20121227_09

この中に入りきらなかったものは、ギアオイル注入用の注入器とオイルフィルターくらいのもので、日常のメンテナンスに必要なものはほぼすべて収納できました。
20121227_10

いままで、メンテナンスのたびにひと抱えもあるダンボールを抱えてえっちらおっちらガレージに道具を運んでいましたが、これで片手で道具を運べるようになりました。もちろん、腰への負担も激減(^^)
道具も探しやすくなりましたし、なんとなくまたメンテナンスが楽しみになりました。
ありがたいことです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

12月24日はクリスマス・イヴ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

12月24日、クリスマスです。
前日23日には川湯温泉までワンデイツーリングに行ってきましたが、泊まらなかったのは家族とクリスマスイブのお食事をするためでした。
拙宅は別にクリスチャンというわけではないのですが、なんだかうきうきするクリスマスは小さいころからの楽しみでもあります。

家内が近くのスーパーマーケットでお肉とお野菜などの食材を買ってきて腕をふるってくれました。
20121226_02

本当は、子どもはステーキが食べたいといっていましたが、いいお肉がなかったということで、大きな塊を買ってきて、ローストビーフにしてくれました。

そのほかにもミネストローネとお野菜
20121226_01

食後はお約束のクリスマスケーキです(^^)
20121226_03

Fortnum & Masonの紅茶と一緒にいただくととってもおいしい(^^)
甘いモノ好きの私としてはとっても幸せなクリスマスイブでした。
20121226_04

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

キャンプではなく、川湯温泉へワンデイツーリング

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

事情があってキャンプに行けなくなった川湯温泉。
ちょっと残念でしたが、3連休の2日目、日曜日に日帰りで行くことができました。

寒いキャンプ場で皆さんに温まっていただこうと思い、前日に焼酎を買って、戦中差し入れ(?)として持って行くことにしました。
お酒が全く飲めない私はどんなものがいいのか全く分からず、会社の後輩がおいしいと思う銘柄を教えてもらって、トップケースに忍ばせて持っていきました。

朝6:00、出発です。
スタート時のODOは67,919キロ。さて、今回はどれくらい走るでしょうか。
20121224_01

今回のコースは以下の通り。
京都東ICから名神高速に乗り、滋賀県の竜王ICでおります。
そこからR477で鈴鹿スカイラインの入口、野洲川ダムの手前まで行きます。
鈴鹿スカイラインは、12月7日から冬季通行止めになっているため、ここから県道507に乗って南へ。
R1にぶつかったら南東にハンドルを向け、伊勢関ICから伊勢自動車道に乗り、勢和多気JCTで紀勢自動車道に乗り換えて、終点の紀勢大内山ICでおります。
ここからひたすら下道、R42、R311を乗りついで、有井近辺から山の中に入っていくR311をたどります。そこからくねくね道をなぞって、川湯温泉に入るという、ざっと300キロ強の行程です。


大きな地図で見る

名神高速を竜王ICで降りて竜王の平野から日の出が見えました。
20121224_02

すでに働き始めた人々が運転する車が行き交います。
20121224_03

陽の光に暖められた地面から、水蒸気が解き放たれていきます。
20121224_04

そんな朝もやの中をのんびりと、地元の車の後ろにくっついて走っていきます。
20121224_05

鈴鹿スカイライン手前から伊勢自動車道に乗るまで、やはりこの時期は寒い。とっとと伊勢の海に出てしまいましょう、ということで、R311で海沿いを走っていると、ひなびた漁港が見える高台の道を走ることができます。
20121224_06

あの筏は何かを養殖しているのでしょうか、阿古屋貝?
20121224_07

そんな漁港の一つでちょっと一息。
20121224_08

入り江だからでしょうか、ほとんど波らしい波も寄せてきません。
20121224_09

20121224_10

20121224_11

写真を見ていただければお分かりいただけると思いますが、ポカポカと温かく、沿道の温度計では10度を指していて、グリップヒーターを付けているとまったく寒さを感じません。
とっても快適なツーリング(^^)
20121224_12

海沿いの道を走っていると、地形に合わせて道が高度を上げたり下げたりして、変化に富んだ景色を楽しませてくれます。
20121224_13

20121224_14

この砂浜なんか、夏になったら海水浴客で賑わうのでしょうね。
20121224_15

海鳥が羽を休めている様子も遠くに見えます。
20121224_16

いままで走ってきたR311は、有井から山の中に入っていきます。
川を渡って小一時間走り、また川を渡ってさらに進んで、川湯温泉野営場に到着。
20121224_17

キャンプ場に入って、いちばん奥の方まで行くと、蒼海さんのTransalp、ななかげさんのボニーさんが止まっているのを発見。
20121224_25

20121224_24

しかし、周囲を見ても姿が見えません。
どうやらどこかに出かけている模様。
そんな、うろうろしている私に声をかけてくださった方がありました。
shumidderさんのお仲間の阪やんさんでした。
20121224_18

なるほど~、たしかに昨晩の激戦のあとが見て取れます。

shumidderさんとななかげさんのテントもすぐにわかりました。
20121224_19

1時間ほどしてクルマで熊野本宮大社出かけられていたshumidderさん、蒼海さん、金太さん、ななかげさんがご帰還。久しぶりの再会、うれしいですね(^^)
20121224_20

このキャンプのために(?)蒼海さんが鋭意製作された焚火台。
上でお鍋ややかんを温めることができるように五徳まで作っていらっしゃいます。これは完成度が高い。
20121224_21

いろいろお話している間にshumidderさんがおしるこを作ってくださいました。
20121224_22

お餅も焼いてくださって、温まりました。
あ~、おいしかった、と言ったら、『え、もう終わりみたいに言ったらだめですよ? まだ食べるでしょ?』
おかげさまで、3杯いただきました、本当にごちそうさまでした。
20121224_23

すっかり温まったところで、名残惜しいですがお暇させていただくことに。
なんだか食い逃げしたようで肩身が狭かったのですが、本当にお世話になりました。
阪やんさんには最初に話しかけていただいて、迷うことなく皆さんと合流することができました。
shumidderさんにはおいしいおしるこをいただきました。芯から温まりました、ありがとうございます(^^)
蒼海さんにはプラスチックの傷を目立たなくするワックスの存在を教えていただきました。あれ、探してみますね。
金太さんには久しぶりの楽しいトークを聞かせていただきました。帰りにごあいさつできずに失礼しました。
ななかげさんにはいつもと変わらぬ可憐な笑顔をいただきました、癒されます(^^)

そんな川湯温泉に後ろ髪をひかれるようにしながら、R311を西に走り...
20121224_26

少し海沿いを走った後...
20121224_27

阪和自動車道...
20121224_28

近畿自動車道...
20121224_29

名神高速を乗り継いで...
20121224_30

帰ってきました。
20121224_31

帰宅時のODOは68,503キロ。
20121224_32

走行距離は584キロ、久しぶりにがっつり走ったワンデイロングツーリングでした。

スタートとゴールの給油間の走行距離は567.1キロ、給油量は26.32リットル、燃費は21.55キロ/リットルでした。

突然の乱入にもかかわらず、皆さん、温かく迎えてくださって本当にありがとうございました。
年の最後の最後に、ただ走るだけになってしまいがちなツーリングに、楽しいトークとおいしい時間をいただくことができました。
そのついでにABS ディアクティベート後の Long term testもできました。

これが今年のロングの最後でしょう。
来年はもうちょっと行きたいですね(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

御礼! 10万アクセス

本日もご覧いただき、ありがとうございます。


昨日、12月21日にアクセスカウンターが10万を超えることができました。
ここまで続けてこられたのも、ご覧いただいているみなさんからの温かいコメント、そして、ブログを通して知り合うことができた皆さんとの素晴らしい交流があればこそです。

来年の1月でブログを初めて2年がたちますが、本当に早い2年でした。
バイクに乗れる喜びを最も強く感じられた2年間でもありました。

今年もまだ少し残っています。
あとどれくらい記事が書けるかわかりませんが、今年も最後まで、そして、来年もどうかよろしくお願いいたします(^^)v

Kachi//

20121222_01

冬の快適なナビ操作のために

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

22日~23日かけていく予定だったキャンプツーリング。
とうとう降水確率は80%まで上り詰め、1日ずれることになりました。
それでも悪あがきの私は日帰りで行こうかと画策中。
冬のロングは本当に久しぶりなので、夏の時にやった小技の冬バージョンを(^^)

【関連記事】
 ⇒
 バイクでポータブルナビ操作のための一工夫
 ⇒ バイクでのナビ使用に一工夫 ~手直し

これ、つまらん工夫なのですが、これがけっこうはまりました、使いやすいのです。

そこで、冬のグローブでもやってみることにしました。

これがいま使っているウィンターグローブ。
20121221_01

中綿がけっこうしっかりしているうえに防水(だいぶダメになっていますが)、レザー仕上げでもう8年くらい使っています。

これに、例によって服に使うスナップを付けます。
20121221_02

ためしにどんなふうにつくかを仮置きしてみます。
20121221_03

この取り付けの位置がけっこう重要で、スナップが見えた状態で押せるようにしないと、意外に使いづらいのです。
そのために、手の甲の側から見て少し見えるくらいのところにつけることにします。

こちら、左手側。
20121221_04

そして、こちらは右手側。
20121221_05

しばらく放置してほぼ固まりました。
20121221_06

手の甲側から見るとこんな感じに見えます。
20121221_07

本当はもう少し見えたほうがいいのですが、残念ながらちょっと足が短いため、これが限界のようです。

これでナビを操作すると、ほぼ狙い通りの操作ができるようになりました。
20121221_08

こうすることでグローブを外さずにナビが操作できます。

なんだか雨なら雨でロングの日帰りでもいいや、とかえってすがすがしい気分になったりして(^^)
とにかく走りたい!
これにつきます(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

和歌山県 川湯温泉へのルート

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

12月22~23日に和歌山県の川湯温泉にキャンプに行くことになりました。
久しぶりのキャンプですが、京都から紀伊半島をほぼ縦断する場所にある川湯温泉。
ストレートにGoogle Mapのルート検索でStart to Goalを指定してルーティングしてみると、和歌山に入って少し行くまでほとんど高速のルートです。

大きな地図で見る

まあ、これは帰りに楽して走るルートとして取っておくとして、ここはやっぱり下道をつないでいく道を行きたいものです。
ただし、紀伊半島の中央縦断(横断?)は山間部を走る『酷道』が多く、冬季は凍結のため二輪通行止めになるルート(R371=高野龍神スカイライン)もあるので要注意です。
余談ですが、高野龍神スカイラインは全線携帯電話がつながりにくく、加えて沿道には民家、ガソリンスタンドの類もないため、特に氷点下になる夜間や早朝などに事故を起こして立ち往生すると命にかかわることもあるようです(Wikipediaより)。

このルートを、一部、京奈和道路を経由した後、奈良を抜けて紀伊半島のほぼ中央を貫くコースで行くのがこのルート。

大きな地図で見る

しかし、これだと4時間半(休憩なし)なので、もうちょっと遠回りしてもよいかも。
山の中を走るのも楽しいですが、さすがに冬季の山間部は凍結があると危険。
ならば伊勢に抜けて海に近いところを南下していくルートはどうでしょうか?

大きな地図で見る

このルートだと休憩なしで6時間半。
休憩しながらだと朝スタートしていい時間につきそうです。

川湯に参加される皆さん、どんなルートを考えていらっしゃるのでしょうか。
久しぶりの寒中ツーリング、楽しみですね(^^)

それにしても天気です。
22日(土)の天気予報は曇りときどき雨、降水確率は50%だそうです。
どうもキャンプに行く算段をしていると降水確率が上がるのはなぜでしょう?
持ち直してほしいものです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スピードメーターケーブルを交換した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

最近、というか、ずいぶん前からスピードメーターの針が安定しない現象が起こっていました。
具体的には、スタートから時速40キロくらいまでの間、加速中でも定速走行中でも針がふらふらとふれるのです。
40キロを超えると針の振れはさほど気にならないレベルまで落ち着きますが、それでもよく見ると細かく震えているのがわかりました。
なんだか過走行の路線バスのスピードメーターのようで、いかにもくたびれている感が強く、気になっていました。
そんなある日、いつものように通勤で走っていると、時速60キロくらいでいきなりフロントから異音が発生しました。
『くぉおおおー...』とも『きゅるるる...』とも聞こえる、たいへん耳障りな音で、恐らく私が走っているのを歩道から眺めていても、この音は聞こえているだろうな、というくらいの音、ヘルメットの中にも聞こえてきます。
そこで調達したスピードメーターケーブル。
土曜日に交換を行ないました。

これが新しいケーブル。
こちらはメーター側に接続するほうです。
20121217_01

昔々の自転車のスピードメーターケーブルと同じように、メーター裏にねじ込んでやるタイプです。

こちらはホイール側。
20121217_02

ケーブルから出っ張っている円形のアームにボルトを通してギアに固定します。
ケーブルの端面にはケーブルの先にギアと噛み合うマイナスネジの頭と同じような溝が切られた接続端がのぞいています。

パッと見は、昔のカメラのケーブルレリーズのような感じです。
20121217_03

さて、作業にかかります。
メーターケーブルひとつを交換するのにも、フルカウルだと障害物が多く、けっこう多くの部品を取り外さないといけません。
基本的に、フロントのインパネ類はそっくりはずさないと、メーター裏のケーブル接続部分にアクセスすることはできません。

フロントのウィンドシールドを外してからアッパーカウルを取り外しにかかります。
この四つのボルトと...
20121217_04

左右のボルトと、RAMマウントを止めているボルトを外すと...
20121217_05

アッパーカウルが外れます。
20121217_06

インパネを外すにはアッパーカウルに隠されていた上側2本のボルトと、左右と下にとめられているボルトを外します。
20121217_07

車体側からはこれでインパネはフリーになりますが、ヘッドライトの光軸調整のノブと、フォグランプ用のスイッチ、RID、さらに私の車両にはオイルクーラーファンのパイロットランプがついているため、これを外さないと車体から完全に取り外すことはできません。

ノブはこのいもねじをはずすことで簡単に外れます。
20121217_08

ちょうどこの位置にネジがはまって固定しています。
20121217_09

さらに、調整ノブの先にはまっているケーブルをインパネに固定している樹脂製の大きなナットも外します。
20121217_10

これで光軸調整用のケーブルが外れます。

次に、オイルクーラーファンのパイロットランプのLEDが設置されているプレートを外します。
矢印のところに通っているいもねじを外すことで簡単に分離できます。
20121217_11

この部分は長いドライバーは入らないので、フレキシブルシャフトドライバーが使いやすいでしょう。

そして、フォグランプスイッチの奥で接続されているスイッチのカプラーを外します。
20121217_12

最後にRIDをインパネから外し(写真撮り忘れ)、これでインパネを完全に車体から外すことができますが、メーターの裏側に手を入れようとすると、さらにメーターがはまっているブラケットをずらさないといけません。
そのためには、左右にあるスピーカーを外す必要があります。
私はオーディオを付けていませんし、オープンエアで大音量で音楽を流す趣味もありませんので無用の長物、外してしまったほうが軽量化できていいのかもしれませんが、たいへんそうなのでまた機会があれば(^^)

まず、スピーカーボックスですが、赤い丸で囲んだボルト(トルクス)3本で外れます。
20121217_13

このボルトを外すとスピーカーボックスを少しずらすことができるようになるので、ようやくメーターのブラケットを固定しているボルトにアクセスすることができるようになります。固定しているボルトは全部で4本。
20121217_14

さらに、ウィンドシールドを動かすアームユニットをフリーにしてずらすことができれば、メーターの裏へのアクセスがより簡単になります。
止まっているボルトは左右2本ずつの計4本。
20121217_15

ボルトの裏側はセルフロックナットがついていますので、なくさないように要注意。

ここまで外してメーター裏側のケーブルを外すことができました。

ホイール側はこのボルト1本なので、ドライバ1本で簡単に外れます。
20121217_16

外した後はこんなギアが生えています。
20121217_17

これがケーブル側のメスにかみ合ってケーブルを回すという構造。
20121217_18

新しいケーブルを装着します。
20121217_19

簡単なように見えてなかなかはまりません。
このケーブルはケーブルチューブの中でケーブルが前後に少し動きますので、ケーブルのホイール側にケーブルを寄せてホイール側端からギアと噛み合うメスの切り込みを少し露出させてギアにはめてからケーブルを固定するとすんなりいきます。

古いケーブルと同じルートを通します。
ケーブルガイドにケーブルをしっかりはめます。
20121217_20

下の写真はフロントフォーク左側からのぞいた様子で、ここで何種類かの電装系ケーブルとメーターケーブルがタイラップでまとめられています。
20121217_21

新しいケーブルをセットするときは、この束に沿わせてケーブルを通し、タイラップで新しいケーブルと配線の束を緩くまとめた後、古いタイラップを切って古いケーブルを抜きます。しかる後に新しいタイラップを締め上げると、交換前の状態を再現することができます。

古いケーブルのメーター側をのぞいてみると、なんとなくケーブルを構成しているワイヤの一部が切れてほつれているように見えます。
20121217_22

これが針の振れの原因でしょう。
しかし、あの大音量のギアか何かの唸りの原因というにはちょっとしょぼいような気もします。
あの異音は主に氷点に近い低温時に発生することが多い気がするので、通勤時に出ないかどうか注意しておきましょう。

テストランでは発進から60キロまで非常にスムーズな動きで、従来はふらふらと安定しなかった40キロの定速走行でも針はびしっと40キロを指して微動だにしません。
実に気持ちいいものです。やはりこうでなくてはいけません。

すっきりしたところで、この日はそばのお鍋をいただきに行きました。
20121217_24

牡蠣鍋です。
おいしくいただいて温まりました(^^)

20121217_23

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

冬の快適な視界のために

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

寒い冬にバイクに乗るとき、悩まされるもの。
それは寒さではなく、ヘルメットシールドのくもりだったりします。
走行中はヘルメット内にもある程度乾燥した空気が流入してくるため、それほど悩ましくはありませんが、信号待ちなどで止まって空気の流れがなくなると、呼吸で吐き出された水蒸気が結露して、とたんに視界がホワイトアウトしていきます。

私が日常的に使っている GIVIの X-Plusは、シールドの最下部、チンガードとシールドのオーバーラップ部分にエアインテークがあいていて、これがシールド内部のくもりをとる設計になっているようですが、客観的に評価して、AraiやSHOEIのベンチレート機構に比べると効果は薄いように思います。
20121215_01

エアインテークのアップです。
20121215_02

このGIVI製のヘルメットには曇り止めのリキッドスプレーが同梱されていて、冬場はこれをシールド内面に塗布することで曇りが防止されて重宝していたのですが、気がついたらすっかり使い果たしてなくなってしまっていました。
新しく同種のものを調達しなきゃな、と思ってはいたのですが、探すのも面倒くさいので、自分で調合することにしました。
20121215_03

調合といっても全然大袈裟なことはなくて、要するに、シールド表面の表面張力をなくせばよく、一番手近にあるものを流用するならば、無色透明な食器洗剤が好適です。

曇りというのはつまるところ、水蒸気が金属やプラスチックの表面に結露(凝結)して、水分自身の表面張力によって球形もしくは半球形の形状で面に並ぶために光が乱反射して曇りとして見えるものです。
したがって、この表面張力を弱めて結露面と同じ面状に水分を均してやれば、光の乱反射もなくなって透明性や鏡面を維持できる、というのが曇り止めの原理です。

20121215_04

これがGIVIについていた、その名も "No Fog Spray"。
20121215_05

すっかりなくなっています。
20121215_06

使うのはたまたま台所にあったこの台所用洗剤。
20121215_07

ママレモンのように不透明なものより、できるだけ透明に近いものを使う方が結果はよいようです。

スプレーの容器の容量は10C.C.もないくらいですので、これに3滴ほどを垂らして...
20121215_08

そこに水道水を満たします。
20121215_09

これを振り回して撹拌したら出来上がり。
シールドに吹きかけて、セーム皮などでのばしてやれば(拭くのではなく)、界面活性剤の被膜ができて、水の表面張力を弱めてくれます。
20121215_10

洗剤の量ですが、原液の粘性(濃度?)によって変わりますので、いろいろ試行錯誤して適量を探すといいでしょう。

この洗剤曇り止めスプレーでも、市販のくもり止めスプレーでもそうですが、もちろん効果の持続時間は限らています。
雨が降ってシールド内側を雨が流れれば曇り止剤も一緒に流されますから効果は失われます。
また、曇っていないように見えても、それは曇っているように見えないだけで、実際にはスプレーを施した表面は水蒸気が結露しており、結露した水分によって、曇り止剤は少しずつ流されていくので、数日で効果は徐々に薄れていきます。

まあ、寒中ツーリングをするときには、雨さえ降っていなければ、朝塗布しておけば1日は余裕でもってくれるので、出がけにちょっと手を加えるだけで鮮明な視界を確保できます。
メガネも同様ですね(^^)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?