FC2ブログ

ほんとうに寒い朝のオイルの感触

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

今朝起きて、寒い寒い部屋の中、ストーブをつけると、現在の室温が表示されます。
その気温、7度。
20120209_01

部屋の中で7度というのは珍しいですが、こういう時は、屋外はまず氷点下です。

朝食をとった後、7:00前にバイクをガレージから出庫し、エンジンをかけました。
さすがにセルの回りは重く、充電していたものの、時計はリセットされてしまいました。
この気温では柔らかいオイルでも固くなるようです。

スタート後、油温計が一目盛り上がるまでは、エンジンは2500rpm以下に回転をおさえて走りますが、その後、回転を上げていくとやっぱり少し回転のあがりは軽い感じがします。
プラシーボ(プラセボ)かな、という感じもないではありませんが、まあ、自己満足の世界ですから、軽くなったと思っておきます(^^;
いちばん大きな違いは、オイルが温まり切っていないときの発進で、15Wや20Wのオイルでは長い半クラッチを必要としていたのに、まるで温まったあとであるかのように、短い半クラッチで停止状態から発進できるようになったことです。
これは冬の朝では大きな安心材料です。

ミッションも好印象です。
こちらは明らかにがちゃがちゃした感触が少なくなりました。

やはり、定期的な油脂交換はバイク(クルマも)のためには必須ですね。
機械を操作したときの、『がたん』とか『がちゃん』といった音とショックは、そこで機械的な衝撃や摩耗が発生している証拠ですから、これを緩和するオイルの交換は機械を長期的に運用していくうえで極めて重要です。
機械の減耗を防ぐだけでなく、操作感も向上するのであれば、一定のインターバルでの交換は必須といえます。

ここまでで交換した油脂類は以下の通り。
(1)エンジンオイル
(2)ミッションオイル
(3)ブレーキフルード

あとはクラッチフルードを交換すれば、あとしばらくは3,000~4,000㎞ごとのオイル交換で運用できそうです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?