FC2ブログ

大型二輪免許への道 Part4 ~ 波状路

新しい実技、波状路です。

【波状路】
波状路は、大型二輪の教習で初めて体験した技能でした。
これは数メートルのコースの中にほぼ等間隔で設置された路上のかまぼこ板状のコブのうえを徐行速度で通過するという実技。
基本的にシート上にどっかり座って越えるのではなく、ステップの上に立ち、スタンディングの姿勢でバイクを操作します。
強いてこの実技の意義を言えば、不整地を走るときに、バイクのサスペンションだけではなく、手足をサスペンションの一部として機能させて衝撃を吸収するとともに、そうした不整地でのバランス感覚を身につけること、といったところでしょう。
教官がお手本を示してくれたのを見た感じは『ああ、こんなの楽勝、楽勝!』などと思っていましたが、見るとやるとでは大違い。

最初に教官からコツを教わります。
しかしその通りにやっているつもりでも、タイヤがコブに乗るたびに失速し、ふらつきます。
中には豪快に転倒する生徒も出るありさまで、かなり緊張しました。
しかし、スタンディングでバイクを操るという、クルマでは絶対に味わえない、後述のスラロームと並んで最も人馬一体の感覚を味わえる実技のひとつともいえ、特にオフロードを走りたい人は力を入れたほうがいい種目かもしれません。

以下、教官から教えていただいたコツと、自分なりのやり方をミックスした内容です。

1.視線は常に前方におく
一本橋と同じですが、視線は常に前方に置くこと。
前輪のすぐ先に視線を落とすとバランスを崩しやすく思います。

2.クラッチは半クラ状態を維持
クラッチを完全につないでしまうと課題として設定されている時間を大幅に下回る時間で通過してしまいますし、コブを前輪が乗り越えようとした瞬間にエンストして転倒という悲劇につながりかねません。
クラッチは半クラ状態にしておき、動力は伝わるけれども、路面からの抵抗がエンジンの回転を止めないところで維持します。

3.コブを超えるときに一瞬、アクセルを開く
スタート時はアイドリングスタートで構いませんが、半クラで速度を維持調整しながら、コブに前輪 もしくは 後輪が乗って乗り越えるときにアクセルを一瞬開けて動力を後輪に伝えてあげます。
半クラッチ状態でこれを行ないますから、バイクが意に反して暴走することはなく、コブを乗り越えるに足るトルクのみが後輪に伝えられます。
また、ちょうどあんばいがいいその半クラッチ状態を左手が自然に作れる程度、バイクに慣れてしまうことも大切です。
この【アクセルを一瞬開ける】動作を教官の表現をお借りして書くと『びゅう...びゅう...という感じで開けてください』と表現できます(4気筒エンジンの音を想像してください)。

4.頭の位置を常に一定に
コブを超えるときは前輪 もしくは 後輪が上下に動きますから、何もしなければ身体全体もそれに合わせて上下し、頭の位置が動きます。
こうしたバランスを取る実技の時に大切なのは、頭の位置をできるだけ一定に保つことです。
そのためにスタンディングをしているわけで、コブを乗り越えるときに手 もしくは 足を車体の動きに合わせて適宜曲げて、頭の位置ができるだけ上下に動かないように一定に保つこと。
こうすることで、バイクの動きが体全体で把握できて、不用意なバイクの動きに対処しやすくなります。

地味に見えますが、バイクのバランスを習得するうえでけっこう役に立つ要素を含んでいる実技といえそうです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

Access Count 10,000 御礼

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

本日、アクセスカウンタが10,000カウント台に乗りました。
先輩諸氏から見ればまだまだかわいい数字ですが、スタートしてからちょうど7か月、続けてこられたのもご覧いただいている皆さまからの暖かいコメントや応援に支えられてきたからにほかなりません。
いつまで続けられるかわかりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

20110808Theme

Kachi//

大型二輪免許への道 Part3 ~ 一本橋

いよいよ本格的な教習が始まりました。
楽しいですね~。

以下、私の教習経験です。
これから二輪免許を取られる方の参考になれば幸いです。

私にとって難易度の高かった課題順です。
本日は一本橋。

【一本橋】
沼田自動車学校では、教習中は一本橋を渡り始めると正面にデジタルのストップウォッチがカウントアップを始めてくれ、いま何秒経過しているかを教えてくれます。
ただし本検定の際は表示はされません。教習の時にどうやったら長く橋の上にとどまれるのかを体に叩き込む必要があります。
長く一本橋の上に残るには、一にも二にも耐えるしかありませんが、根性だけでは無理なので、以下、ご参考まで。

1.目はできるだけ遠くを見ること 
ついついフロントタイヤのすぐ先の一本橋の上に視線を落としがちですが、遠くを見たほうがバランスしやすいように思います。

2.速度調節はクラッチとリアブレーキのみ
一本橋上では、フロントブレーキは基本的に使ってはいけません。
フロントブレーキをかけるとフロントに荷重がかかり、フォークが縮むことによってキャスターが立って安定性が損なわれます。
また、前に進むベクトルを前から打ち消す形になるため、これも安定性を損なうことにつながります。
止まりそうになったらアイドリングのままクラッチをちょんとつなぎ、スピードが出過ぎたら切る、それでも速すぎる場合はリアブレーキをすこーし踏む。
この繰り返しで速度を調整します。
リアブレーキがフロントブレーキよりもいいのは、進行方向に向かうベクトルを、リアブレーキは後ろから引っ張る形で消そうとするのに対し、フロントは前から反対方向に押し戻すような形で消そうとするため、後ろから引っ張ればフロントの進行方向はあまりぶれませんが、前から押し戻されると、リアが左右どちらかに流れようとする荷重が作用するため、バランスが崩れやすくなります。
400C.C.の教習車両の場合、アイドリングではエンストする可能性が大きいので、わずかにアクセルを開け、1300rpmくらいに回転を保ちながら上記を試すとスムーズにいくと思います。
回転を上げることによってエンジンのジャイロ効果も上がり、安定性も増します。
※これは横置きエンジンだからできること。BMWのRシリーズのような縦置きエンジンだと、アクセルをあけた瞬間に右にぴょこっと傾きます。 ^ ^;

3.進路を微修正するにはハンドルを『押す』
低速で転がすわけですから、当然ふらつきます。
これを避けるには、【ハンドルを押して進路を修正する】ようにすると楽に修正できます。
具体的には、 例えば車体が左に傾いたときは傾いた方向にハンドルを切ると車体が起きるという原理を利用しますが、その時に、左手でハンドルを引っ張って左に切るのではなく、右手でハンドルを押して左に切るようにする、というのがキモです。
もちろん、切る角度は本当にわずかなのですが、【引く】と【押す】では大違い。
押して切るほうが、スタンディングで操作している力のかかり具合から、ハンドルを押した時の反動を下半身ががっちり受け止めて体がぶれず、その結果、さらなるふらつきを誘発することがありません。
対してハンドルを引いて切ろうとすると、体はその反動で前に引っ張られ、それを下半身が吸収することができずにバランスがさらに崩れて脱輪につながります。
このやり方をさらに進めると、一本橋に乗ったら、この【右を押し】そして【左を押す】という動作を、ふらつきに関係なく小刻みに持続すると、嘘のように楽に一本橋を渡ることができるようになります。
私の場合、この方法で最長14秒強で渡れたことがありました。

つづく...

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

大型二輪免許への道 Part2

沼田自動車学校は、そんなに新しい校舎ではなかったと思いますが、スタッフの皆さんも親切でしたし、通う生徒さんもみんな感じの良い方ばかりで本当に楽しく教習を受けることができました。
これは余談。

教習車はHONDAのCB750です。
20110805CB750
調べていると、(可部自動車学校という例外を除いて)だいたい教習車はこのCB750か、KawasakiのZephyr750の採用が多いようです。
20110805Zephyr750

当時乗っていたXR250 Bajaに比べたら重いのは当然(倍近い車両重量)ですが、記憶に残っているRF400に比べても相当に重いです。
すでに中型免許を所持していることから、運転は何ら戸惑うことはありませんでしたが、何よりこの重さがけっこうなプレッシャーで、ぐらっときたらどうしよう、という恐怖感は付きまといました。

しかし、中型限定バイク最大排気量の2倍弱もある排気量は強力でした。
いちばん驚いたのはその低速トルクの豊かさ。
エンジンがかかっていれば、バイクが傾いたときにアイドリングのままちょんとクラッチを当ててやればすっと車体が起きる様は、このトルクを手に入れるためだけでも大型バイクに乗る価値がある、と真剣に思いました。
何しろ小排気量車のように無駄にピックアップが鋭いわけではなく、アクセルを煽った時の反応もいい意味でダルなため、低速でゆったりと転がすことができ、結果的に疲労が圧倒的に少ないのです。

大型二輪での教習で変わったこと...

■実技項目が増えた...
中型二輪免許にはなかった【波状路】という実技が加わります。
これは一定間隔でかまぼこ状に凸凹がつくられた道を徐行速度で渡りきる実技で、スタンディングで確か6秒以上を使って渡りなさい、というもの。

■一本橋の時間が長くなった...
中型二輪の一本橋は確か7秒以上かけて渡ればよかったと思いますが、大型二輪はこれが10秒と長くなりました。

これ以外は、クランク、スラローム、急制動、坂道発進、緊急回避など、記憶にある実技ばかりです。

つづく...

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

大型二輪免許への道 Part1

ある時、会社のバイク好きな後輩からメールが来ました。
『会社のNさんが大型二輪免許取ったそうですよ』
・・・
『ナイトホークも買ったんですって』
・・・
『僕もゴールデンウィークに教習所に通うんです』
・・・
『バイクも買っちゃうつもりで~す』

当時、中国地方に転勤していた私は、もっぱらXR Bajaで山中の林道を走りまわり、『やっぱり道なき道を行くのはいいよなぁ』なんて思っていたのですが、もう取ることはできまい、と根拠もなくあきらめていた大型二輪免許を後輩が教習所に通って取る、と聞いたとき、そんな考えはどこかへ消えていき、『う、俺も大きいのに乗りたい...』と思ったのは、バイク乗りとして当然の反応でした。

...教習所に通う?

学生時代に自動二輪の中型限定を取得した時は、大型二輪(当時の限定解除)を教習してくれる教習所はありませんでした。
いわゆる【一発試験】しか取得の道はなく、いまでもそうだ、と思い込んでいました。
しかし、日本の自動二輪免許制度がバイク貿易の非関税障壁だ、とアメリカから圧力を受けた日本が大型二輪免許の取得難易度を緩和する措置をとった結果、教習所での大型二輪免許教習の道が開かれました。

...そうか、教習所に通うという手があるのか...!

そう思った私は、当時始めたばかりのインターネットで教習所を探し始めました。
で、見つけたのが【沼田自動車学校】
20110805沼田自動車学校

もう1校、【可部自動車学校】という教習所もありました。
20110805可部自動車学校

こちらは当時、四輪教習にBMW(たぶん3シリーズ)と、大型二輪教習にハーレー(車種は覚えていません)を使っていることをウリにしていましたが、少し遠いこともあり、沼田に決めました。

6月某日、いよいよ最初の教習が始まりました。

つづく...

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

レインウェア新調

7月の陣馬形山の時、4~5日前の時点での天気予報は40%以上の雨と、久しぶりのキャンプツーリングを楽しみにしていた身にとっては悲しくなるような予報でした。
それでもレインウェアさえしっかりしていれば、雨の中の高速走行さえ我慢すればどうにか現地につけるだろうと考えることはできるのですが、いかんせん、私が使っているレインウェアは6年くらい前に購入したもので、ウリだったゴアテックスも劣化が進んで、着るたびに白い粉末になって地面に落ちるというありさまになっていました。
当然防水性能はほぼ失われており、白い粉が床に落ちるたびに、嫁から『ヤクの始末はちゃんとしとけよ』などと揶揄される始末でした。

そんな時、Bike Jinにレインウェアほか、いろんなグッズの特集記事が組まれていて、梅雨時だっというタイムリーさもあって、そのトップにこのHenly Beginsのレインウェアが紹介されていました。
20110802BikeJin

機能的なことはともかく、ほかのレインウェアが10,000円をはるかに超えるお値段の中、定価9,240円というお手頃価格。
紙面では【防水性】【透湿性】の相反する機能を星の3段階で評価していますが、【防水性】は星三つ、透湿性はさっぱりのようです。
ただ、胸元にベンチレートホールがあり、ここから走行風を導入して湿気を外に 逃がすのだとか。
まあ、RTに乗っているとこのあたりにはほとんど風が当たらないと思うのですが、試しに買ってみることにしました。

しかし、近隣のどこのショップに電話してみても 『在庫はおいておらず、取り寄せ、定価販売です』と、ハンで押したような回答しか返ってきませんでした。
定価販売というのはともかく、取り寄せに1週間もかかるなんて、欧州のWebショップでも注文から1週間で手元に品物が届く時代に、安全を見ているのだろうとはいえ、ちょっとなぁ、という感じでした。

しかし便利な時代になったものです。
Webで検索をかけてみると、送料込でも7,900くらいで購入できる店がありました。
rakuten市場にあるジョイパワーというショップです。
問合せした時のレスポンスも良好。

で、注文をして2日後に届いたのがこれです。

パッケージ表側。
よく見かけるレインウェアのパッケージです。
20110802PKG1

裏面。
このレインウェアの特徴を写真と文章で細かく記載してあります。
20110802PKG2

パッケージから出した上半身の全景です。
20110802上半身全景

色は白系と黄色系とこのダークグレー系がありましたが、ダークグレーにしました。
雰囲気としては、あまりレインウェア然としていなくてよいかな、と思います。

ウリである胸元のベンチレーション。
う~ん、効果のほどは実際に走ってみないと何とも言えませんが、走行風でつぶれないのでしょうか(謳い文句ではつぶれないような立体加工がされているとのこと)。
20110802エアインテーク

前合わせの右側。
水が浸入してきても返しがついているため、内部まで浸水しにくいような設計です。
このあたりの造りは好感が持てます。
20110802合わせ

襟元。
植毛処理がされていて、肌が弱い私にはうれしい配慮です。
20110802襟元

収納袋。
これは以前使っていたRS-Taichiのレインウェアの方がしっかりした収納袋でしたが、まあ、このお値段ですから、このようなコストカットはまったく不満にはなりません。
20110802収納

で、せっかく買ったのに、平日の通勤時、まったく雨が降ってくれません。
本来は喜ぶべきことなのですが、雨の通勤が待ち遠しい今日この頃です。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?