メーターのホワイトLEDを交換したけれど... これってどうよ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日届いたホワイトのLED、T5のウェッジ球。
せっかくなので交換しましょう。
しかし、たかがメーター球を交換するだけなのに、これが面倒くさいのなんのって。
メーター球にたどりつく方法は 4年半前のこちらをご覧ください。

で、こちらが新しく買った白色LED。
抵抗なのかコンデンサなのかわかりませんが、回路がむき出しです。まあ、メーターケースの中に収まるので支障はないでしょう。
20180328_01

こちらが新旧比較。
旧が足が接触するようになっているのに対して、新は脚がないため、ソケットに刺さる基盤に厚みを持たせてあります。刺した感じは新しいほうがしっかり固定される印象。
20180328_02

続きを読む

スポンサーサイト

断線した左側ウィンカー回路を修理した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日のフォークのダストブーツ交換のときにとどめを刺してしまった感のある左ウィンカー回路の断線。
一週間を隔てて雛祭りの土曜日に修理しました。

ウィンドスクリーンをはずし、アッパーカウル、メーターパネルとはずし、さらにスピーカーのエンクロージャをずらしたあと、メーターケースをはずしてメーターを引き出します。
が、さまざまな電源が通るチューブがフレームのところでタイラップで束ねられてしまっているため、このタイラップを切ってメーターを手前に引き出しやすくします。
反対のタコメータ側も同様に。
20180312_01

話はそれますが、タコメータの二つあるバルブのうち一つがつかなくなっていたのですが、確認して見ると、脚が一本とれてしまっていました。
ただソケットからバルブが抜けかけているだけかと思っていましたが、そうではなくて電源をとる脚がはずれていたんですね、コネクタから抜いたらどっかにいっちゃいました。
これはまた買い直さないと。
20180312_02

さて、左ウィンカーインジケータのラインを探します。
表から見た位置関係からこのソケットがそれのはずですが、配線図のとおり、青と赤のツートーンカラーの線です、間違いありません。
20180312_03

続きを読む

左ウィンカーがつかなくなった原因を探れ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日のフォークブーツ・シール交換のあと、脚周りを組んで、さあ試運転だ、と思ったのに、ウィンカーがつかなくなったことに気がついてしまった前回のメンテナンス。
その前週の土日の出張の疲れが尾を引いて、ひと山越えたらもうやる気が萎えて電池切れになってしまいました。
ただ、そこでどこが原因なのかを考えるだけは考えようと思って、いろいろ観察してみました。
なにしろすでに製造から15年経過していますからね、あちこち劣化してきています。

これは以前電源を分岐させたあとに貼ったテープをはがしてみたところです。
被服を剥いているところは、いちばん最初にウィンカーポジションのディレー回路をつけたときの電源を引き出した箇所です。
まったくほめられたやり方ではありませんが、まあここはいまのところ断線はしていません。
20180308_01

そのほか、線をあちこちシェイクしてみますが、まったく改善する気配なし。

ウィンカーディレー回路を組んでいるので、もしウィンカーに電源が来ていれば、ウィンカーを点滅させたときにポジションは消灯するはずですが、試しに点滅させてもポジションは消灯しません。
ということは、ウィンカーに電力がきていないということ。もちろん、バルブが断線していないことは確認済みです。

さて、じゃあどうやって復旧しましょうかね。

続きを読む

テールランプがついたりつかなかったり???

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、通勤の帰宅のときに気がつきました。
信号待ちで止まっているときにバックミラーで後ろを見ると、ブレーキを離したときにRTのライト類が後ろのクルマに映らない。
私はスタートするとき、必ず駐輪場の中で後ろの壁の照らされ具合でテールランプやブレーキランプが点灯しているかどうかをチェックしてからスタートしますので、ついさっきまで付いていたことは間違いありません。
ああ、こりゃいかんな、とっとと交換しないと、と思いながら次の信号で止まると、今度はちゃんと付いています。

こりゃ厄介だな、どうもフィラメントじゃなくて配線のどこかで接触不良を起こしているか、配線の一部が断線しかけて接触が開いたり閉じたりしているようです。

ということで、O2センサーを交換するついでに手をつけてみました。

まずはやっぱり球を調べるべきですね。
テールカウルの中のプラスチックナット二つをはずします。
20171223_01

続きを読む

ウィンカーポジションを復活させました

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ここ2週間くらいでRTを事故前の仕様に戻しつつあります。
10月最初の土日にやった仕事を四つほど。
一つ目はウィンカーポジションの復活。
二つ目はオイルクーラーファンの復活。
三つ目はアクションカメラのRTへの搭載。
そして最後四つ目は距離的にはだいぶ早いオイル交換です。

最初に取り掛かったのはウィンカーポジションの復活であります。
まーぼーさんが教えてくださったウィンカーポジションD-Typeさんのポジション消灯ディレイ回路を組み合わせたものを復活させようというもの。

部材はすでに購入してあるので、以前のやり方に従ってサクサクと組み立て、ハンダ部分の保護と、車体に取り付けるにあたって平面を作りたい目的でセメダインで埋めてしまいます。
20171008_01

こちら表側。
20171008_02

配線がわけわからなくならないように、行き先をマスキングテープに書いて貼り付けておきます。
20171008_03

続きを読む

2回目のバッテリ交換 今回も格安UPS用バッテリ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

RTが帰ってきたときに考えたいろんな電装系のリフレッシュ
そのうちのいちばん簡単なバッテリ交換、Amazonで発注してすぐに届いたので、ある休みの日に交換。

まずは前の晩から充電。
20170928_01

そして、翌日にカウルをはずします。
本当は、単純な交換であれば左側のカウルをはずせば交換できるのですが、たぶん大きさが違っていると思われたため、じたばたするより思い切って丸裸にしたほうがよいかと(^^)
20170928_02

マイナス側のターミナルはいよいよあかんですねぇ。
湿気を吸ってこんな結晶になってしまっています。
20170928_03

続きを読む

イモビライザのインジケータを復活させよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

少し暑さが和らいだ休みの日に、久しぶりにRTをいじることができました。
ガレージにとめたRT。
いやあ、こうしてまたRTをいじくることができるようになった、この風景を見ると胸が高まりますな、ホントによかった。
20170916_01

ちょっと全体を見てみると、バンク角が浅いことによるアンダーカウルの路面との接触痕はすっかりきれいになっています。
右側も...
20170916_02

左側も。
20170916_03

タイヤの直後のアンダーカウルの前方部分は、サンドブラストのようにペイントがはげていたのがきれいになっています。
まあこれも早晩同じようになるのでしょうね(^^;
20170916_04

続きを読む

RT用のウィンカーディレイ回路を作る電子部品の調達

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日の土曜日、ウィンカーディレイ回路を作るために、京都の電器街といわれる寺町通りまで行ってきました。

向かったのはここ。
マルツ京都寺町店です。
20170912_01

細かいパーツばかりなので、かごではなく、トレーに必要なものを入れていきます。
20170912_02

続きを読む

RTの後付け電装をやり直さないとね

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

無事にきれいな姿になって帰ってきたRT。
しかし、私が自分でつけた電装系はおおかたは修理のためにずされてしまいましたので、これらを元に戻してやらないといけません。
幸い、どれもこれも走行には何の支障もないものばかりなので、のんびりとやればいい。

そんな電装系をピックアップしておきましょう。

自作オイルクーラーファン
20170902_01

実運用で最も有用なのがこれ。
このブログを始めて1年くらいしてからふと思いついてやり始めたもの。
まだしばらく暑い日が続きますから、とっととつけちゃいましょう。
ちなみに、暑い日の通勤では、帰路で油温が6目盛りまで上がることがしばしばあります。

続きを読む

完成した瞬断防止ディレイ回路を車体につけよう

本日のご覧いただき、ありがとうございます。

先日完成したディレイ回路、クルマに実装してしまいましょう。
今回は、どれだけ目立たなくするか、という点がポイントなのですが、さて、どうなるでしょうか。

まずは本体からでいている線に足をつけてしまいます。
こちらはアクセサリー電源でOn/Offされる側。想定している設置場所からしてそんなに長さはいりません。例によってはんだ付けした上からエフコテープで絶縁をしています。
20170614_01

こちらは常時荷電のフューズから電源を取ってドライブレコーダとトランスミッタに電源を供給する線、並列に出すために分岐させています。
20170614_02

機器と接続させるところはメスの端子をつけます。すっぽ抜けたときにショートしないようにね。
余談ですが、やっぱりこういう端子専用のかしめプライヤは必須ですね、そうすると、いちいちこんなふうにハンダで固定する必要はありません。
20170614_03

出来上がった本体の設置場所を探します。
20170614_04

続きを読む

Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?