イモビライザのインジケータを復活させよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

少し暑さが和らいだ休みの日に、久しぶりにRTをいじることができました。
ガレージにとめたRT。
いやあ、こうしてまたRTをいじくることができるようになった、この風景を見ると胸が高まりますな、ホントによかった。
20170916_01

ちょっと全体を見てみると、バンク角が浅いことによるアンダーカウルの路面との接触痕はすっかりきれいになっています。
右側も...
20170916_02

左側も。
20170916_03

タイヤの直後のアンダーカウルの前方部分は、サンドブラストのようにペイントがはげていたのがきれいになっています。
まあこれも早晩同じようになるのでしょうね(^^;
20170916_04

続きを読む

スポンサーサイト

RT用のウィンカーディレイ回路を作る電子部品の調達

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日の土曜日、ウィンカーディレイ回路を作るために、京都の電器街といわれる寺町通りまで行ってきました。

向かったのはここ。
マルツ京都寺町店です。
20170912_01

細かいパーツばかりなので、かごではなく、トレーに必要なものを入れていきます。
20170912_02

続きを読む

RTの後付け電装をやり直さないとね

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

無事にきれいな姿になって帰ってきたRT。
しかし、私が自分でつけた電装系はおおかたは修理のためにずされてしまいましたので、これらを元に戻してやらないといけません。
幸い、どれもこれも走行には何の支障もないものばかりなので、のんびりとやればいい。

そんな電装系をピックアップしておきましょう。

自作オイルクーラーファン
20170902_01

実運用で最も有用なのがこれ。
このブログを始めて1年くらいしてからふと思いついてやり始めたもの。
まだしばらく暑い日が続きますから、とっととつけちゃいましょう。
ちなみに、暑い日の通勤では、帰路で油温が6目盛りまで上がることがしばしばあります。

続きを読む

完成した瞬断防止ディレイ回路を車体につけよう

本日のご覧いただき、ありがとうございます。

先日完成したディレイ回路、クルマに実装してしまいましょう。
今回は、どれだけ目立たなくするか、という点がポイントなのですが、さて、どうなるでしょうか。

まずは本体からでいている線に足をつけてしまいます。
こちらはアクセサリー電源でOn/Offされる側。想定している設置場所からしてそんなに長さはいりません。例によってはんだ付けした上からエフコテープで絶縁をしています。
20170614_01

こちらは常時荷電のフューズから電源を取ってドライブレコーダとトランスミッタに電源を供給する線、並列に出すために分岐させています。
20170614_02

機器と接続させるところはメスの端子をつけます。すっぽ抜けたときにショートしないようにね。
余談ですが、やっぱりこういう端子専用のかしめプライヤは必須ですね、そうすると、いちいちこんなふうにハンダで固定する必要はありません。
20170614_03

出来上がった本体の設置場所を探します。
20170614_04

続きを読む

瞬断防止ディレイ回路を製作しよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

さて、パーツがそろったので組み立てにかかりましょう。

まず、買ってきたものがちゃんとフィットするのかどうか。
これは回路を格納するケースです。
20170610_91

これにリレーやコンデンサを実装する基板が入るかどうかを確かめます、OKですね。
20170610_02

続きを読む

GolfのBluetoothトランスミッタ、ドライブレコーダの電源瞬断を防ぐ方法を考えよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、クルマに Bluetooth-FMトランスミッタとドライブレコーダを取り付けましたが、電源をシガーライターソケットからとっているため、少し不便な感じがします。
いまの配線は下の図のような感じです。
だいぶ大雑把ですが。
20170527_01

バッテリからイグニッションスイッチを経由してシガーライターソケットに来た電源をプラグでとっています。
Golfのイグニッションスイッチは『Off』⇒『On』⇒『Start』と三つのポジションを持っています。
日本車のような『Acc』がありません。
通常は『Off』ではもちろん電源は切れていますが、いちどイグニッションを『On』にしたあと『Off』にすると、キーを抜くまでオーディオは通電されている一方、シガーライターソケットの通電は断たれます。
これ、どんな不便があるかと申しますと。

続きを読む

いよいよバッテリーも交換だろうなぁ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

事故前にいろいろRTをいじっているとき、カウルをはずしてあちこち見ていたら、やっぱりバッテリーのターミナルが粉を噴いていました。
20170417_01

なんだか『風の谷のナウシカ』の腐海のようですね(^^;
20170417_02

20170417_03

前回、去年の2月に見たときよりも結晶が多い感じです。いよいよ寿命か。
20170417_04

全体をお掃除して復旧。ボルトのプラスがなめちゃっていますね。
20170417_05

ぎゅっと締めて緩まないように。
20170417_06

もうバイク屋さんにあずかっていただいて3週間ほど経ってしまっていますから、直ったころには上がっちゃっているでしょうねぇ。
いよいよ交換ですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

バッテリーチャージャーのヘラープラグの接触が悪いので、シガーライタープラグに換えた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

すでに4年が経過したバッテリで冬を越すには、夜間の充電は必須と思って充電していますが、どうもこのところ、BMW純正のチャージャーの調子があまり良くありません。
いちど、ヘラープラグの接触が悪いのを調整したこともあるのですが、このプラグの構造上、回数を重ねると接触が悪くなる気がします。
同じように修理してもまたいずれ接触が悪くなる気がしたので、思い切ってプラグを換えてみることにしました。
使うのはこのスマホやナビの電源をとるためにオーディオボックスの上の取りつけているシガーライターソケットです。この写真はそのシガーライターソケットのさび取りをしたときの写真です。
実はこのソケット、バッテリー直結で、イグニッションの位置でリレーを介して通電のON/OFFはしていません。
そのため、キャンプが続くツーリングでも幕営してからインバータを介してデジカメバッテリーの充電ができます。これは余談。
20170214_01

これが純正のヘラープラグ。
先端にハンダを盛って車体側との接触をよくしてみたり、内部にもハンダを盛って接触をよくしてみたりしたのですが、処置直後は良かったものの、1年経過してみるとどうもうまくありません。
20170214_02

ためしにチャージャーの電源をオンにしてプラグの両極で電圧を測ってみると、ちゃんと10.8ボルトがきているのですが、少しゆするとすぐに接触が開いてしまうようで、ゼロボルトをさしてしまいます。やっぱりダメかなぁ。
20170214_03

ちなみに、このヘラープラグをクルマのバッテリを充電できるようにワニ口に換えるためのコネクタの部分はちゃんと電圧て来ていて、ゆすろうがなにしようがちゃんと電流が流れています。
20170214_04

で、オートバックスに行って買ってきたのがこのシガーライタープラグ。
20170214_05

2メートルもの長いコードが付いているもので、工作に使うにはお値段も手ごろ。
中にはヒューズも入っています。
20170214_06

それと、このプラグを既存のコネクタに接続するためのコネクタ。
20170214_07

新しいコネクタはちゃんと既存のコネクタにはまります。
20170214_08

コードのプラスマイナスを間違えて工作してしまわないように、極性を書いておきましょう。
20170214_09

今回買ってきた新しいプラグの線を端子にハンダ付け。
20170214_10

そしてコネクタにセットします。いちど挿入してしまうと返しがついているので外れなくなります。なので、プラスマイナスを間違えないようにセットしないといけません。
20170214_11

これをチャージャー側のコネクタにつないで電源をOnにすると、ちゃんと電圧がかかりました。
20170214_12

こんな感じ。
20170214_13

このプラグのほうが、プラス極がスプリングで押されるのでヘラープラグよりもしっかりソケットに接触するんですよね。
で、バイクのスマホ・ナビの電源取りのシガーライターソケットにセットしてOnにすると、安定して充電をしてくれるようになりました。
いつもヘラープラグでは、ちゃんと充電をしてくれるようにプラグを抜き差ししたり回したりしていましたが、これでそうしたストレスから解放されます(^^)
20170214_14

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ウィンカーポジションディレイ回路の配線をやり直す

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、D-Typeさんの真似をしてウィンカーポジションのディレイ回路を組みましたが、拙速で配線したので配線がいい加減になっていました。
これをちゃんとやり直さなければなりません。

これが左側のミラーハウジングを外したところ。
20160311_01

リレー基板につながる配線が長いうえに各線がまとめられていないために、ハウジングを車体にはめようとしても配線を噛んでしまうこともあって非常に厄介。
20160311_02

右側も同じです。
20160311_03

おまけに、ウィンカーからコンデンサに電力を供給する線はウィンカ端子のバッテリに近いほうの端子のクリップにはさみ込んであるだけで、決してほめられたものではありません。
20160311_04

20160311_05

まずはこれから始末しましょう。
ウィンカーにつながるプラス側の配線の被服をむきます。
こちら左側。
20160311_06

こちらは右側。
20160311_07

ここに、単に挟んであっただけの配線をハンダ付けします。
20160311_08

20160311_09

20160311_10

それと、ここまでええ加減なことをしていたのかと我ながらがっくりしたのですが、車体側のポジション球からの電力供給線とアース線も、ビニールテープの下でよってあっただけの状態だったのを...
20160311_11

20160311_12

ハンダ付けして自己融着テープで保護しました。
20160311_13

20160311_14

20160311_15

あと、ばらばらにあっち向いたりこっち向いたりしていた一連の配線を細めのタイラップで2か所まとめ、少しは扱いやすくしようという算段。
20160311_16

20160311_17

車体側も。
20160311_18

20160311_19

こうして、どうやら車体にハウジングをはめようとしたときに配線を噛むこともなくなりました。
20160311_20

20160311_21

20160311_22

もちろん、全部正常に機能しましたよ(^^)
やっぱり最初から正しく仕事をすべきですね(汗)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

バッテリーのマイナス端子が粉を噴いた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日のABSユニット撤去の時、念のためにバッテリーのマイナス端子を外したのですが、その時、端子に白っぽい粉がふいているのがわかりました。
20160214_01

充電の抵抗になるといけないので、念のために接点を磨いておきます。
ターミナルの内側。
20160214_02

20160214_03

外側。
20160214_04

20160214_05

ボディ側も。
20160214_06

このバッテリー端子の粉噴き。
バッテリーの過充電や、バッテリーの寿命が近くなっているなど、いろんなことが原因のようです。
成分は希硫酸のようで、バッテリー内部から希硫酸が霧状になってバッテリーの外に出てきて結晶化して粉を噴くというのが原因だそうで。
このバッテリーも2012年の12月に交換したUPS用バッテリー
もう丸3年を経過しているのでそろそろ交換してもいいかも。もともとバイク用のバッテリーじゃないし、送料込みで5,000円(当時)の激安バッテリーなので、充分に元は取れてる(^^)v
まあ、この冬いっぱい頑張ってもらいましょう。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?