300キロ走った分割式ドライブシャフトブーツは大丈夫か

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

63,800キロほどのときに交換したドライブシャフトブーツ
あれから1カ月。
高速走行も含めて約300キロを後にしたので、タイヤをサマータイヤに交換したついでにチェックしてみました。
20170322_01

ぱっとのぞいたところ。
20170322_02

ホイール側、はずれることなくがっちりついています。
20170322_03

ミッション側も大丈夫。
20170322_04

接合部分をアップで観察してみても、グリスがにじみ出てくるなどのトラブルはありません。
20170322_05

1,000キロくらい走ってもう一回見て大丈夫だったら、まあ耐久性はOKと思っていいかな。

切れて交換したブーツと同じ、製造時から装着されている反対側のブーツはまだ大丈夫のようです。
20170322_06

今年の夏に車検がありますから、そのときにまたもういちどチェックしないといけませんね。
20170322_07

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

夏タイヤに戻すときは冬ホイールをきれいにしてからしまおう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

3月も10日を過ぎると、朝の最低気温は1度くらいでも、日中の最高気温は10度を優に超えるようになって、もう雪も降ることはあるまい、降っても積もることはあるまいということで、タイヤを夏タイヤに戻すことにしました。

交換前はフロントだったタイヤと...
20170320_01

リアだったタイヤはローテーションします。
20170320_02

タイヤをはずしたついでにブレーキパッドをチェックしておきます。
こちら左のリア側。もう少ししたら交換しないといけなさそうですね。
20170320_03

こちらは同フロント。意外やフロントのほうが厚みがあります。
20170320_04

こちらは右側のフロント。
20170320_05

同リア。左側と同じ傾向ですね。
20170320_06

ショックのダンパーもチェックしておきます、オイル漏れ等はなさそう。というか、漏れたときにここでチェックできるのかどうか定かではありませぬ。
四輪とも見ましたが、大丈夫のようでした。
20170320_07

下周りをいろいろ見ていると、フューエルフィルタと思われるものを発見。これもそろそろ換えないといけないでしょうねぇ。
20170320_08

夏タイヤを装着して交換は完了。
20170320_09

冬タイヤをしまう前に、ちょっときれいにしておきましょうかね。
20170320_10

写真だと分かりづらいですが、ホイールのここの部分が何かにこすれたようで、深い傷ではありませんが、表面が曇っています。
20170320_11

軽く磨くだけで表面の艶が戻りました。メタル用のコンパウンドなので、やり過ぎは注意でしょう。
20170320_12

水で洗ったくらいでは落ちなかった、なにかのオイルの類が固着したと思われる汚れも...
20170320_13

簡単に落ちました。
20170320_14

20170320_15

20170320_16

こうして、4本のホイルをお掃除して、けっこうきれいになりました。
これで来シーズンもタイヤを交換するだけで気持ちよく履けそうです。
20170320_17

20170320_18

6万4千キロでの交換。
20170320_19

ついでに、雪で汚れた車体をきれいにしてワックスがけ。
この夏で9年、6万5千キロほどに達しそうですが、まだまだ塗装もきれいです。
細かいところをみると傷もありますし、へこみもできていますけど、あまりヤレは感じないですね。
20170320_20

ところで、今回交換をしていていままでのやり方を換えた部分があります。
ウマを買って2回目の交換ですが、前回はフロントを上げたあとにリアを上げていました。
これはあまり深く考えずに何となくそうしていたのですが、今回はリアを先に上げるようにしました。
フロントはエンジンがあるために重く、リアのほうが若干軽いはず。
リアを先に上げると、フロント側も少し持ち上がるため、あとからフロントを上げるほうがジャッキの負担が小さいと考えたのでした。
これはジャッキにとっては正解だったようで、リアを先に上げると、フロントを上げるときよりも軽く上がり、かつ、そのあとにフロントを上げるとこれも軽く上がりました。
ただ、逆に車体にはフロントを先に上げるよりも大きな負担がかかりそうですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Bluetooth/FMトランスミッター実戦投入

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日購入した Bluetooth/FMトランスミッタ、奥さんと神戸にデートに行ったときに実戦投入してみました。
使い方は簡単、シガライターソケットにセットしてUSB~LightningケーブルをiPhoneに刺すだけで電源確保。
イグニッションをOnにすればすでにペアリングしているのですぐにつながります。
20170228_01

いちどセットしたFM周波数は記憶されています。
20170228_02

iPhoneはSPIGENのホルダに固定。
20170228_03

で、感想であります。

■音楽の聴こえ方
これがですね。
ガレージでエンジンをかけずに聴いたときに比べて走っているときはいいのですよ。
街中でも、高速道路でもけっこうはっきり音が聴こえてくるのですよね。
iPhoneに入っている曲も聴ければ、Accuradioで受信しながらエンドレスで音楽を流し続けることもできる。
AccuradioのほうはさすがにiPhoneに保存している曲に比べると劣化が感じられますが、そうはいっても80デシベル前半の騒音の中で聴く音楽ですからね、そこまで神経質にならないで聴けます。
これは思わずニンマリしてしまった予想外のよさでした。

■ナビゲーションの音声
これはトランスミッタの効用というよりも、iPhoneで音楽とナビを同時にコントロールしているからなのですが、音楽が流れているときでも、ナビゲーションの声が出るときは音楽がナビゲーションの邪魔をしないように音楽の音量を下げてくれるので、カーオーディオで音楽を、iPhoneでナビゲーションを使っているときのように、双方が他方の音の邪魔をすることがないのが助かります。
それに、オーディオのスピーカーから音声案内が聴こえるのはやっぱりはっきり聴こえてよろしい。

こんなふうに、音楽を聴くのも、ナビゲーションとして使うのも、当初期待していた以上によかったといえる結果でした。
これが2,000円ほどで手に入るのですから、うれしいですね。

■う~んなところ
当たり前ですが、エンジンを停めるとシガーライターソケットへの給電が止まりますから、トランスミッターは切れます。
一方、Golfはエンジンを止めてもオーディオの電源は落ちませんので、エンジンを止めた途端に音楽が止まり、FMの『ザ―』っというノイズが出てしまいます。
この辺は、オーディオの電源コードを探してそこからソケットを引き出したらいいかな。
あと、これはiPhoneを使っているうちは仕方ないですが、イグニッションをOnにしたり、エンジンをかけても自動で音楽がスタートしないこと、かなぁ。

まあこれくらいは我慢できるくらいの便利さですねぇ。
上に書いた『う~ん』を解決できる方法を探してみようかな。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

クルマでiPhoneを使うためのBluetooth/FMトランスミッタ

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、奥さんとオートバックスによってタイヤラックのカバーを物色しているとき、展示棚に展示されているBluetooth/FMトランスミッタを見た奥さんが
『ねえ、これってiPhoneの音をカーオーディオに飛ばせるの?』
と聞いてきたので、
『そうだよ、無線だから楽チンだよね、音楽いっぱい入れておけばCDを入れ替える必要もないしね』
『へぇ、いいじゃん、パパ、なんかいいの探してよ』

という会話が進んで、帰宅してから早速ネットで情報収集。
まあこういうものはお値段も1,500円とか2,500円というごく安いものなので、家でアンプ、CDプレイヤ、ブックシェルフの中型スピーカを使っている身からすると音質は全く期待できないのですが、まあそのお値段で便利さが手に入るならいいかな、といろいろ調べてこちらをAmazonで注文。
20170224_01

で、いつものように中一日を隔てて着荷いたしました。
20170224_02

箱からして小さいですね。
20170224_03

箱の表面にはこんなイラストや図解。
20170224_04

20170224_05

20170224_06

箱の中にはこんな紙が。
なんてことないんですが、なんかほっこりしますね。
20170224_07

内容物。
本体に説明書、そして本体とカーオーディオのAUX INをつなぐミニプラグケーブル。
20170224_08

側面。
ボリュームコントロールとメインスイッチ、動作LEDとAUXソケット。
20170224_09

のぺっとしたところはディスプレイで、トランスミットしている周波数やボリュームレベルが表示されます。
受話機の絵はいうまでもなくペアリングしているスマホに電話がかかってきたときに受話/終話するためのボタン。トランスミットする周波数の調整にも使います。
20170224_10

ボリュームコントロールがあった面の反対側にはUSBソケットが二つ付きます。
『USB』の表記があるソケットは、音楽ファイルを記録したUSBメモリを接続することでその音楽ファイルを再生できるそうです。
まあ、二人分のスマホを充電するのに使うのが我が家の使い方かな。
20170224_11

端っこにはマイクがつきます。
ペアリングしているスマホでハンズフリー電話ができるというもの。
口からかなりの距離があるので、通話品質がどんなものかはちょっと未知数。
20170224_12

で、さっそくクルマにセットしてみました。
ペアリングは簡単。暗証番号の入力もありません。
20170224_13

デフォルトでは76.0MHzですが、実際に音楽を鳴らしてみるとときどき『ザっ』という雑音が入るため、関西で局がない88.8MHzに変更してクリアになりました。
20170224_14

20170224_15

さて、肝心の音質なのですが...
■音量
だいたいこういう類のトランスミッター全般に言えるようですが、地上波のFMラジオやCD音源に比べると2割か3割くらい音量を上げないといけません。
なので、たまにスマホから一般のFM局や交通情報に切り替えるとびっくりするかもしれません。

■音質
思っていたほど悪くない、という印象です。
ガレージにとめてエンジンをかけないで鳴らすとアラがよくわかるのですが、まず高音ががさつになります。
具体的には人間の発音の『サ行』がきつくなり、シンバルなどもキレがなくなってただ金属ががしゃがしゃいっているような音になります。
低音はふくよかさがなくなって詰まったような音に。
しかしまあ、CDをいったんパソコンに記録形式を換えて圧縮記録し、さらにそれをスマホに記録しているため、一概にこのトランスミッターのみのせいとも言い切れません。
なにしろ、アナログではなく、デジタル同士であっても、記録形式が変わるだけで音が変わりますから、それにさらに圧縮がかかれば情報量は減る一方。
しかもそれをBluetoothとFMアナログ電波経由でカーオーディオに飛ばしているのですから、多くを期待することはできません。
まあ、エンジンノイズ、ロードノイズが多いクルマの中で聴くにはそんなに気にするほどのものではないかなぁと思います。
それよりも、CDをいちいち換えなくてもいい、スマホのナビの音声もカーステレオのスピーカーから聞こえる、ということのメリットのほうが大きいかな。

なんだか長距離が楽しみになってきましたが、写真を見ていただければわかると思いますが、お世辞にも上等な造りではありませんので、あとはこれがどれくらいの耐久性を持っているのか、という点が気になりますね。

さて、今度の奥さんとのデートでさっそく使ってみましょうかね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

タイヤラックのカバーを新調した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

夏も冬もクルマに乗ることを思うと、当然ながら冬場のスタッドレスタイヤは必須。
そうなると、夏タイヤを使っている間は冬タイヤを、冬タイヤを使っている間は夏タイヤを、できるだけ劣化させないように保管しないといけません。

ところが保管するタイヤラックのカバーがけっこう柔でして、2年くらい前から紫外線やら雨風で劣化が進み、少しの破れだったのが、今回の交換のときに盛大に破れかぶれになってしまいました(^^;
20170220_01

指でつまんでひねると、そこからいとも簡単に音もなく破れるありさまで、生地自体がえらく薄くなった感じもします。崩壊といっていいレベル。
20170220_02

しかたないので、このラックを購入したオートバックスに行って、交換用のカバーを購入してきました。
20170220_03

言わずもがなですが、こういうものはみんな Made in Chinaです。この新しいカバーもせいぜいもって4年かな。
20170220_04

ちなみのこのバイクカバーは1992年だったか93年だったかにRF400を購入したときにいっしょに購入したもので、すでに25年くらい使っていますが、防水性こそ弱くなっていますが、いまだにまったく破れもなく、長期休暇などのときにはRTをすっぽり覆ってくれています。
20170220_05

このころはこういうものでも日本製ばかりで、やっぱり Made in Japanはいいものをつくっていたんだなとの思いが強くなります。
そろそろ日本の製造業も、多少値が張っても本物のいい製品を永く使ってもらえるような、健全なマーケティングと製品づくりをすべきなんじゃないかなぁ。

さて、このタイヤラックに新しいカバーをかぶせましょう。
20170220_06

ああ気持ちいい。
これでしばらくタイヤラックの心配はないですね。昨年交換したPirelliのCinturato P7もこれで紫外線から守られます(^^)
20170220_07

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ドライブシャフトインナーブーツの寸法は

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先週土曜日に交換したドライブシャフトブーツ。
正確にはアウターブーツで、当然、反対側のミッション側にも似たようなブーツがあります。
こちらは、アウターの素材がゴムであったのに対してプラスチックのような硬めの樹脂です。
20170210_01

ちょっと場所が場所だけにジャッキアップだけでは相当苦労しそうですが、こちらは自分で交換することはできるのでしょうか?
20170210_02

アウター側には分割ドライブシャフトブーツが一般に流通しているのですが、そもそもインナー側は、ゴルフ用と謳ったものは検索してもヒットしません。

じゃあ、もしかしたら寸法が合えば他社用でも使えるのでは? と思って寸法をチェックしてみました。

まず、最初の写真に写っていた外側のシャフトの直径ですが、ノギスで測ってみると27.17ミリ、まあ27ミリと思っていいでしょう。
20170210_03

奥のミッションに勘合している部分はノギスは入りません。金指を当てておおよその直径を見てみるとおおよそ90ミリ。
20170210_04

そして、長さはおおむね125ミリ。
20170210_05

さて、このサイズに、少なくともシャフト側とミッション側の口径が一致しているブーツがあれば使えるかもしれません。
 大 90ミリ、小 27ミリ、長さ 125ミリ。
いろいろ検索してみると、分割ドライブシャフトブーツを多くラインナップしているMonotaroのサイトにたどりつきました。
どうやら、今回は私が購入したブーツと同じメーカーのもののようです。

この一覧は表示されている項目の中でフィルタをかけることができるのですが、大径側の 90ミリでフィルタリングすると、小径側が 28.5ミリ、長さ 94ミリのトヨタ用のものがあるようです。
まあ大径側はかなりいい加減な測り方だったので、機会があったらちゃんと測り直さないといけないのですが、これの小径側に 0.5ミリ程度のカラーをはめてやればフィットする?

まあ、設定がないということはメーカー側でも推奨していないということでしょうし、こういう流用を素人考えでやるのは危険ですね、まあ妄想としておきましょう(^^;

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Golf5 Variantのドライブシャフトブーツを交換した

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

2月最初の土曜日、暖かい立春の日に Golf5 Variantのドライブシャフトブーツの交換を行ないました。

まず必要な工具です。
ジャッキアップは必須で、時間もかかる作業ですからウマも必須。
そのほか、ブーツの脱着に使うのは、マイナスドライバー、金づち、少し大きめのハサミだけで、特殊工具はまったく必要ありません。
このほかにプライヤかラジオペンチがあればバンドの固定の時に重宝するでしょう。
20170208_01

さて、まずはクルマのジャッキアップです。
作業の際、どうしてもシャフトを回す必要があり、ジャッキアップの際は安全に十分注意する必要があります。
私の場合、ジャッキアップする前にサイドブレーキを強くひき、ギアセレクタはニュートラルにしました。
リアタイヤの後ろには輪止めを左右にかけ、しかる後にジャッキアップし、ウマをかけました。

さて、ジャッキアップしてタイヤをはずします。
そうして患部を見てみると、アウターブーツのミッション側のブーツが切れたところからグリスが飛び出し、あらゆるところに付着していました。
余談ですが、先週、洗車をしているとき、左側のリアバンパーのところに得体のしれない濃い緑色のねっとりした物体がついていたのですが、それがこのグリスであったことがこのグリスを見てわかりました。
20170208_02

ディーラーの人が見つけてくださってよかった。これは放っておいたらもっと大変なことになっていましたねぇ。
20170208_03

ではブーツをはずしにかかりましょう。
ホイール側のバンドはここで固定されています。
これをはずせばいい。
20170208_04

こちらはミッション側、止め方は同じです。
20170208_05

バンドは先端の穴を赤い矢印の部分の爪に引っ掛け、黄色の矢印の部分をかしめて固定してあります。
20170208_06

その爪の先端にマイナスドライバを金づちで打ち込んでめくっていきます。
20170208_07

何回か打ち込んでめくっていくと爪がはずれました。
20170208_08

爪がはずれてしまえば、あとはバンドは開いて簡単に外れます。
ブーツがどの部分で固定されているのかをちゃんと記録して、新しいブーツを同じところで固定するようにします。
20170208_09

つぎ、ホイール側のバンドも同じように爪の部分にドライバをたたきこんではずします。
20170208_10

こちらは爪がはずれたらピン、と音がしてはじけるように開きました。
20170208_11

ちょっと時間がかかりましたが、両方のバンドがはずれました。
20170208_12

ホイール側もブーツがどこにかかっているのかをチェックしておきます。
20170208_13

ここまで来たらあとは簡単。
ホイール側のブーツをめくって...
20170208_14

隙間からはさみを挿入してカットしていきます。あまり神経質にならなくてもいいでしょうが、シャフトに傷をつけないように要注意。
20170208_15

こうしてようやくはずれました。
ひゃあ、旧いグリスがすごい。
20170208_16

このグリスが6万キロ以上にわたってジョイントのベアリングを保護してくれていたんですね。
20170208_17

交換の前に新しいグリスを塗らないといけませんが、そのさらに前に古いグリスをふき取ります。
20170208_18

しかる後にブーツに付属していたグリスを塗りこみます。
20170208_19

まんべんなく全体に行きわたらせます。
20170208_20

ブーツのパッケージの蓋についていたグリスガードをはめておきます。
20170208_21

この潤滑液を...
20170208_22

ブーツの勘合部のメス側に流し込んで...
20170208_23

シャフトにかぶせます。グリスガードはこのときにブーツの勘合部にグリスがつかないようにするためのものです。
20170208_24

ブレーキホースやらいろんなリンケージが邪魔でけっこうはめづらいのですが、どうにか全体がはまりました。
20170208_25

グリスガードをはずして...
20170208_26

ホイール側をはめ込み、バンドで固定します。バンドはてこのようになっていて、そのてこを倒す方向を車輪の回転方向と反対にしなければなりません。つまり、走行中に倒したバンドの端が何かを引っ掛けて開いてしまわないようにする、ということです。
このかしめをドライバなどで倒してしまえば完了です。
20170208_27

ミッション側も位置をきちんと合わせて...
20170208_28

同じようにバンドの固定方向を注意して固定します。
20170208_29

これで交換は完了です。
が。
ひとつちょっと気になることが。
この写真をご覧いただければわかりますが、オリジナルのブーツがはまっていた場所よりも今回のブーツがはまった場所のほうが少し浅いのです。同じところまでかぶせようとしたのですがこの位置まで戻る。
よく観察してみると、新しいブーツがホイール側とかみ合うリップは正しく噛み合っていて、バンドで固定することでしっかり固定されていて、指で強くずらしてもはずれることはありません。
それはそれでいいのですが、問題は、この先純正のブーツに戻すような機会があるとしたら、今回露わになった部分が錆びてしまうのではないか、という点。
なんかいい方法を考えないといかんですね。
20170208_30

ついでに反対側の右側もチェックしてみましたが、いまのところ問題はないようです。しかし、同じ時期に取り付けられているブーツだから、同じように切れるのも時間の問題でしょう。車検前には要チェック。
しかし、いま写真を見て気がついたのですが、左側とシャフトの形状が違いますね。
もっとちゃんと観察すればよかった。
20170208_31

さて、はずしたブーツですが、内部はこんな様子。もちろん、切れたからこんなになったわけではなく、ブーツの中はこんなふうにグリスまみれになるもののようです。
これであのグリスが切れないのかとちょっと心配になります。
20170208_32

グリスにまみれていたときはよくわかりませんでしたが、きれいにしてみるとここが切れていたのだと分かります。
20170208_33

そのあと、その辺を10キロばかり走った後チェックしてみてもグリス漏れはありません。
20170208_34

どうやら成功のようです。
20170208_35

63.801キロでの交換でした。
20170208_36

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Golf 5 Variant用のドライブシャフトブーツが届いた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日物色していたドライブシャフトブーツのうち、Miyacoのやつを発注してみました。

で、中一日おいて、到着いたしました。
いつものようにミラちゃんが興味を示して検品をしてくれます。
20170206_01

中身はこんなパッケージ。
信頼の Made in Japan。
20170206_02

蓋をあけるとグリスガードがついています。
ブーツをとりつけるときにブーツにグリスがつかないようにするための使うようです。
20170206_03

開梱した中身。
取扱説明書、ブーツ本体、小さい赤いチューブ状のものは接着剤かと思ったら、はめるときに滑りをよくするもののようです。
その右がジョイントに塗りこむグリス。
そして、ブーツの両端を固定するためのバンドが二つ。
20170206_04

ところで、荷物の中にこんなカタログが入っていました。
こういうの、見るの楽しいんですよね、アストロプロダクツに行っても必ず袋に入れてくれていて、帰宅してから眺めています(^^)
20170206_08

さて、この説明書、図解入りでとてもわかりやすい。
しっかり読んでイメージしておきましょう。
20170206_05

で、先ほどちらっと書きましたが、ちょっと誤算だったのがこれ。
前回の記事でも書いたのですが、これは溶着剤だと思っていたのですが、このブーツは溶着タイプではなく、はめ込み式でした。
これはそのはめ込みのときに滑りをよくするためのものでした。
20170206_06

そしてこれが結合部分。このオスの部分、メスの部分にそれぞれ平バネ、U字バネが入っていて、この形状とともにしっかり噛み合うそうです。まあ、接着式・溶着式でなくても大丈夫そうです。
本当は装着前に練習しようと思っていたのですが、接着するタイプではないし、練習してバカになってもいけないので、ぶっつけ本番で行きましょう。
20170206_07

さて、どうなるでしょう。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Volkswagen New Tiguanの試乗をしました

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

1月の最後の土曜日、気温が12度くらいまで上がって春のように暖かい中、奥さんが出かけるというので送っていき、帰ってからミラちゃんの散歩をしたあとに雪で汚れたクルマを洗車をしていたら、フォルクスワーゲンのディーラーの方から電話がかかってきました。
『いま、新しいティグアンの R-Lineの試乗車がありますので、乗って御覧になりませんか? アンケートにお答えいただけたら、先着順ですけど、オリジナルのランタンを差し上げています』

とうわけで、洗車が終わったころに行くとちょうどよさそうだったので、早速やってきました。
止まっています、New Tiguan。
ちょっとチョロQみたいだった先代に比べるとずいぶん精悍になりました。これは最上級グレードの R-Lineの試乗車です。
20170202_01

ダッシュボードは、これも先代とガラッと変わって、Golf7と基本デザインは似ています。ハンドルが若干上にオフセットされている点は、Car Graphicあたりからクレームがつきそうですが、まあスポーツカーではありませんのでね、私は気にしません。
20170202_02

イグニッションをOnにするとこんな感じ。
20170202_03

物理的な指針ではなく、液晶? 有機EL?のディスプレイに各種情報が描画されます。
デジタル描画だと動きがステップ的になりそうですが、見た感じはまったくそんなことはなく、非常に滑らかに動き、ぱっと見は従来からあるアナログメーターと同じように見えます。
20170202_04

エンジンをかけてから止まるまでの一連の動きがこちら。


エンジンルームです。
私、このクルマは当然四駆なのだとばかり思っていたのですが、実はFF、エンジンも1.4リットルのTSIエンジンにDSGを組み合わせていると聞いて、へぇ、と思ってしまいました。
だからエンジンルームはこの余裕です。
本国では四駆も出ているようですが、日本はいつ入るかまだわからないと。
20170202_05

R-Lineのエンブレムが光ります。売れ筋と思われる Highlineとの差はホイール、タイヤ、シート、フロントの顔つきがちょっとたくましくなっていることくらいで、エンジンの出力特性などは変わらないとのこと。
20170202_06

ヘッドライトはアダプティブらしく、ハンドルに連動して左右に首を振るようです。
20170202_07

タイヤはなんと255/45 R19。Highlineは235だったかな? インチ数も2つくらい下だったはずで、これは大きいなぁ。
20170202_08

さて、試乗に行きましょう。

■エンジン
20170202_09

先ほども書いたように、1.4リットルのTSIエンジン、シングルチャージャーで、150PSと25.5kg・mのトルクを発揮します。
発進時のエンジン音はとっても静か、トルクも豊かです。
しかし、がばっと踏んで急加速をすると、回転が4,000rpmを超える前後からちょっと薄っぺらなエンジン音が聞こえてきて、せっかくの静かさが阻害されます。
加えて、回転が上がっているのに見合った加速があるかというと、ちょっと頭打ち感があります。
高速道路を走っていないのであまり断定的な言い方はできませんが、拙宅のゴルフと同じように 100キロくらいで走っていれば 2,500rpmくらいなので、おそらく静かで長距離移動も楽だろうと思われます。

■脚周り
20170202_10

このR-Lineは45扁平のタイヤを履いているため、思ったより少し乗り心地は硬め。
Highlineは確か55扁平なのでもう少し柔らかいかな。今回はHighlineの試乗車がないため、想像です。

■ハンドリング
20170202_11

255という太いタイヤを履いているのに、拙宅のGolf Variant(205)よりも軽いステアリングです。
ダルさはなくて、反応もいいですねぇ。
併せて、ウィンカーレバーなどの操作系も軽く、全体に車体のごつさに反して全体の動きは軽くてとても運転しやすい。

■視界
20170202_12

視点が高いので周囲がよく見えて、大きいサイズなのにクルマ全体をつかみやすいですね。
四角い車体がそれを助けているようです。
20170202_13

20170202_14

■室内の快適さ
20170202_15

拙宅のゴルフより5センチほど広く、そのうちの半分くらいが運転席と助手席の間隔に割り振られているようで、残り半分がドアとの間隔に割り振られているようです。
とっても余裕があります。
頭の上の余裕もたっぷり。とってもくつろげますねぇ。
長さは拙宅のゴルフより5センチほど短いですが、それでも後席の広さは十分。
まったく不足が感じられません。
ということは、カーゴルームは少し小さいということですね。でも、そんなに狭い感じがしなかったのは、幅が少し大きいからでしょうね。

■全体的に
とってもいいクルマですね。
いい点
タウンスピードですごく静か。
たぶん、高速でも快適と思われます。
乗り心地も良好。
たぶん、長距離は快適で疲れも少ないと思います。

う~んな点
このスタイルで四駆じゃないこと。
SUVだとこんなものかもしれませんが、タイヤ交換コストが高そう。
ディーゼルが出てくれればなぁ。

て感じかな。
でもいいクルマです、ほしいかと問われればほしいです(^^)
いまの Golf Variantもいいクルマで長く乗れそうなので、息子が卒業したら考えるかも。

で、いただいてきたもの。
カタログ...
20170202_16

そしてこれ。
20170202_17

営業の方が電話でおっしゃっていたオリジナルランタンです。
20170202_18

20170202_19

20170202_20

割にしっかりした作りです。ただ、もちろん防水ではありません。
20170202_21

トップを引き出すとこんなふうに全周にLEDが点灯します。真っ白で直視するとまぶしいくらい。
これで暗くなってからの作業も少し楽になるかも?
車検もユーザー車検、ドライブシャフトのブーツも勝手に換えちゃうし、一年に一回のオイル交換とユーザー車検のときの光軸とサイドスリップ調整しか頼まないちっともおいしくない客なのに、いただいてばかりで申し訳ないです。
20170202_22

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

Golf Variantのドライブシャフトブーツを物色する

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、スタッドレスタイヤに交換したときに、オイル交換の際にディーラが見つけてくれたドライブシャフトブーツの破れのことを書きました。
20170131_01

そうしたら、yosiさんから割型ブーツなるものがあることを教えていただきました
こんなのがあるなんて知りませんでした。貴重な情報をありがとうございます。

で、さっそく調べてみました(^^)
Googleで検索してみると、いくつかヒットしますが、その中から2つだけ。
ひとつめ。
Miyacoのドライブシャフトブーツ。
20170131_02

これは接合部分を溶着剤で溶着するタイプ。いろいろ調べていると、この接合部分をしっかり溶着させるために発熱体が同梱されているものがあるようですが、これは接着剤のみのようです。

ふたつめ。
スピージーの分割ドライブシャフトブーツ。
20170131_03

こちらは接着しないタイプ
溶着剤のように見えるものは、接合部分をはめるときに滑りを良くする潤滑液のようです。

さて、問題は本当に検索でヒットしたように適合するかどうか、です。
拙宅の 2008年式 Golf Variant Comfortlineの型式は ABA-1KBLG。
車検証の『型式』欄にこの文字列の記載があります。
20170131_04

で、上記二つのドライブシャフトブーツに記載がある 1KCCZや 1KAXW、1KBLXがその適合する型式を表します。
これらは適合する代表的な型式を表しているとネットショップの説明書きには記載がありますが、適合を保証するものではない、とも書いてあります。
しかし、いずれにも拙宅の Variantの型式は含まれていません。
おそらくはエンジンなどによって型式も違うのでしょう。
エンジンが違うということは、トランスミッション、そしてそこから伸びるドライブシャフトも別物と考えるべきで、さて、寸法が合うかどうか。

で、ショップに確認したのが土曜日の昼でしたが、休み明けの月曜日の午前中には丁寧な返事がきました。
20170131_0005

どうやらこれでいけそうです。
イメージトレーニングをして、次の土日に交換かな?

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?