フロントドアのきしみ音を消そう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、クルマの車検の無料チェックをしてもらえるというので、ディーラーに行ってきました。
そしたら、『フォルクスワーゲンの好きなところ』というアンケートを書いたらグラスを差し上げます、ってんでいただきました(^^)
20170612_91

中身はこれ、VWのロゴとNew Golfと書かれたふたつひと組。なかなかおしゃれであります。
20170612_02

さて、帰宅してから、前から気になっていることの対策を講じてみました。
と大上段に構えることではないのですが、ガレージから出庫するとき、運転席側のドア付近から『ぐぐぐ』と金属とゴムがこすれるような低級音がするのです。
これ、車体が少し歪んでドアのゴムと車体側がこすれているに違いない。
しかし、車体のひずみを軽減することはできない。
ということで、シリコンスプレイを噴いてみることにしました。

続きを読む

スポンサーサイト

Bluetoothトランスミッタなどの瞬断を防ぐディレイ回路の図面起こし

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ちょっとした思い付きでやろうと決めたBluetoothトランスミッタの瞬断防止回路
購入したパーツをどんなふうに組めばいいのかな?

ということで、不慣れな回路を考えてみました。
なんて偉そうに書いていますが、D-Typeさんが設計された回路をちょっといじるだけであります f(^^;

これがウィンカーポジションのディレイ回路(D-Typeさん作成)。
20170608_01

続きを読む

瞬断防止回路のパーツを調達

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

Bluetooth-FMトランスミッタとドライブレコーダの瞬断を防ぐディレイ回路のパーツをとりあえず購入してきました。
オーディオのアクセサリ電源のありかはまだ分かっていませんが、ディレイ回路さえつくっておけば、あとは配線だけの問題なので。
購入したお店はここ、四条寺町を少し下ったところにあるマルツという電子パーツショップ。
20170606_16

これが今回購入してきた全体像。
20170606_01

一個一個見ていきましょう。

続きを読む

Golfのフューズボックスのどのターミナルから電源を取ればいいかな

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、Bluetooth-FMトランスミッターやドライブレコーダの瞬断を防ぐ回路のことを書きました。
構想はしたものの、いったいぜんたいどうやって電源を取ればいいの?
ということで、あれこれ調べてフューズボックスを探しました。
そのフューズボックスは、意外なところにありました。
扉をあけたヒンジの近く、ダッシュボードのサイド部分です。
20170604_01

下の部分に切り込みがあり、ここにドライバなどを入れてこじるとふたが外れます。
試したところ、このクルマのキーがちょうどはまる大きさでした。
20170604_02


続きを読む

Volkswagen New Golf7.5 内覧会

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

拙宅の Golf5 Variantは 2008年式。すでに9年で、この間にモデルは 6、7と世代が二つ進んでいます。
いまの 7は2013年に登場していて、すでに4年を経過しています。
日本車ならもうフルチェンジしているころですが、概してドイツ車はモデルチェンジサイクルが長く、7もまだフルチェンジではないようで。
で、この25日に発表されるマイナーチェンジの Golfは 7.5と位置付けられるようで、その発表前の内覧会がディーラーであって行ってきました。

これがその『7.5』。グレードは Highlineです。
いったいどこが変わったのか、フロントマスクだけではほとんどわからないといっていい感じ。ディーラーの営業の女性の話では、ヘッドライトの目尻の部分が2センチ、後方にのびたんだとか(笑)。いや、そりゃ分らないなぁ、なんていっしょに大笑いしながら細かい部分を見せていただきました。
20170523_01

続きを読む

ミラーの塗装を仕上げようと思ったけど、やっぱりやりなおそう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ゴールデンウィーク前に塗り直した我が家の Golf Variantのミラーですが、仕上げをすることにしました。

【関連記事】
 クルマのミラーケースを塗り直そう
 ミラーケースをGW前にクリア塗装まで済ませよう

クリア塗装まで済ませているので、あとはコンパウンドで研磨すればいいかなと思っていましたが、やっぱりこのパテ埋めの跡を見てしまうと、もう少しなんとかしたいなぁ、という欲求がふつふつと。
20170517_01

続きを読む

ミラーケースをGW前にクリア塗装まで済ませよう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日塗装の下準備をしたクルマのミラーケース。
クラックを埋めたパテも硬化したので塗装に入ろうと思います。
パテを盛ったのは前面のここと...
20170505_01

端っこのここ。
20170505_02

これを耐水ペーパーでならしていきます。
いま思うと、これは耐水ペーパーではなく、目の細かい通常のサンドペーパーのほうがよかった気がします。
20170505_03

途中でポリッシャにサンドペーパーをつけて成形したりしましたが、はかどる半面、パテとオリジナルの塗装との境目あたりが荒れてあまりいい結果は出ません。
20170505_04

ある程度段差がならされたら再び耐水ペーパーで研ぎ続けます。
20170505_05

20170505_06

まあ我慢できるところまで来ました。
20170505_07

最初はこのパテを盛ったところだけに塗装をしようかと思っていたのですが、結局全体を再塗装したほうが結果がよさそうだと思い、ミラーケース全体を耐水ペーパーであらして足つけを行ない、プラサフを噴きます。
20170505_08

お酒のパックをスタンドにして、角度を変えながら全体に噴いていきます。
20170505_09

だいぶ塗れてきましたが、プラサフを噴くといろいろアラが見えてしまいます。
やっぱりパテのところがいま一つ整形不足。
20170505_10

まあ、ここまできたらとりあえずGWの遠出に間に合わせるために先に進んでしまいます。
20170505_11

20170505_12

20170505_13

全体にまんべんなく噴けたら、スーパーオートバックスで調色してもらった塗料を噴きにかかります。
20170505_14

20170505_15

薄く噴いて、しばらくたってからさらに噴き足す、の繰り返し。
20170505_16

20170505_17

20170505_18

20170505_19

20170505_20

やっぱりパテの部分に難ありですね。しかし、ここまで来たら、いまはもう引き下がれません。
20170505_21

20170505_22

ここで、ちょっと洗車をして乾燥を待ちます。
本当は一日待ったほうがいいのかもしれませんが、この日は25度を超える夏日。
触っても大丈夫なのを確認してクリア塗装にかかります。
20170505_23

こうして、クリア塗装まで終わり、クルマのワックスがけをしながら乾燥を待ち、ひとまず車体に復旧。
20170505_24

遠くから見るとまあ何となくできているように見えますが...
20170505_25

写真で見ると分かりにくいですが、近くで見るとこの矢印の部分に難あり。
パテで埋めたところとオリジナル塗装の境目、ウィンカーの上の削りすぎたところ、そして、あろうことか端のほうに液だれまで作ってしまいました(^^;
20170505_26

まあ、とりあえずこれでゴールデンウィークを過ごし、帰ってきたらコンパウンドで研磨して仕上げですね。
気が向いたら再度成型からやり直してもいいか。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

クルマのミラーケースを塗り直そう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

なんだかこんな話ばかりですみませんね。

先日、クルマをある駐車場に置いて、戻ってみたらこんなことになっていました。
これは帰宅してからの写真。
20170501_01

かなり激しく当たっているようで、塗装が割れています。
20170501_02

剥がれていたりして、こりゃ塗り直さないとだめですね。
20170501_03

ほんとに、どうなってるんでしょうねぇ。
ドアなどのボディに被害が及んでいなかったのが幸いと思うべきなのか、それにしても当て逃げとはひどいですな (-_-)
20170501_04

まあ、自宅のガレージに入れるときに壁でがりがりやってしまっているので、これを機会に塗り直しましょうかね。
20170501_05

そういえば、RTもミラーハウジングを塗装したな、スーパーオートバックスで調色してくれるから、このクルマの色が出るかどうか聞いてみよう。
ネットで調べてみると、カラーナンバーはLR9Aだそうです。
行く前に電話で聴いてみると調色できるとのこと。
で、購入してきました。
左から下地処理をするプラサフ、真ん中が調色してもらったペイントスプレー、そして最終仕上げのクリア。
20170501_06

さて、さっそく始めましょう。
やってみるとけっこう迷走しましたが、ちょっとお付き合いくださいませ。

まずははがれてしまっているペイントを爪ではがしましょうか。
20170501_07

まあこんなところでしょう。
20170501_08

続いて、ポリッシャに目の細かいサンドペーパーをつけて...
20170501_09

ペイントを削っていきます。
20170501_10

余計なところまで削ってしまっていますが、まあ細かいことはいい。
こうやってみると、塗装の層が分厚いのがわかりますね。
20170501_11

適当なところで折り合いをつけて、プラサフを噴くことにします。
マスキングテープを貼ります。
20170501_12

車体につかないようにゴミ袋を足していきます。
20170501_13

でも、どう考えてもボディに飛んでしまうことを避けることはできそうもないので、ミラーケースをはずすことにしました。
どうしたものかと考えたのですが、ミラーを下に向けて、できた隙間に指を入れて引っ張ると...
20170501_14

ミラーガラスがはずれました。
20170501_15

復旧するときのために、どんな角度ではまっていたかを記録しておきます。
20170501_16

これで外れるかと思いきや、なんだこれは?
20170501_17

ほ~、こんなところに電熱線があったなんて知りませんでした。
冬に着雪したときに重宝しそうですが、そんなスイッチ、あったかな?
20170501_18

全面に電熱線が走っていますね。
20170501_19

さて続けます
ケースの下側を手前に引きつつ...
20170501_20

ここの爪をドライバではずしつつケースを上に持ち上げると...
20170501_21

はずれました。
20170501_22

さて、続けましょう。
プラサフを噴くところ以外はゴミ袋で覆ってしまいます。
20170501_23

そして噴きました。
20170501_24

ところが、ペイントを削ったときには気がつかなかったクラックを発見。
20170501_25

裏から見ると、ここからここまでクラックが走っています。
こりゃ埋めないとダメっぽい。
20170501_26

ということで、RTでも使用したパテを引っ張り出してきて...
20170501_27

これでクラック部分、そして手を抜いて残っていた塗装の段差部分を盛ってしまいます。
20170501_28

硬化を待っている間は復旧できませんので、ミラーのガラスだけは戻しておきます。
20170501_29

こうやってみるとなんだか外殻をはずした C-3POみたいだ。
20170501_30

さて、ちゃんと硬化してから続けないとダメなので、今日はここまで。
続きはGWの休みが始まる前にできるかな?
20170501_31

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

300キロ走った分割式ドライブシャフトブーツは大丈夫か

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

63,800キロほどのときに交換したドライブシャフトブーツ
あれから1カ月。
高速走行も含めて約300キロを後にしたので、タイヤをサマータイヤに交換したついでにチェックしてみました。
20170322_01

ぱっとのぞいたところ。
20170322_02

ホイール側、はずれることなくがっちりついています。
20170322_03

ミッション側も大丈夫。
20170322_04

接合部分をアップで観察してみても、グリスがにじみ出てくるなどのトラブルはありません。
20170322_05

1,000キロくらい走ってもう一回見て大丈夫だったら、まあ耐久性はOKと思っていいかな。

切れて交換したブーツと同じ、製造時から装着されている反対側のブーツはまだ大丈夫のようです。
20170322_06

今年の夏に車検がありますから、そのときにまたもういちどチェックしないといけませんね。
20170322_07

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

夏タイヤに戻すときは冬ホイールをきれいにしてからしまおう

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

3月も10日を過ぎると、朝の最低気温は1度くらいでも、日中の最高気温は10度を優に超えるようになって、もう雪も降ることはあるまい、降っても積もることはあるまいということで、タイヤを夏タイヤに戻すことにしました。

交換前はフロントだったタイヤと...
20170320_01

リアだったタイヤはローテーションします。
20170320_02

タイヤをはずしたついでにブレーキパッドをチェックしておきます。
こちら左のリア側。もう少ししたら交換しないといけなさそうですね。
20170320_03

こちらは同フロント。意外やフロントのほうが厚みがあります。
20170320_04

こちらは右側のフロント。
20170320_05

同リア。左側と同じ傾向ですね。
20170320_06

ショックのダンパーもチェックしておきます、オイル漏れ等はなさそう。というか、漏れたときにここでチェックできるのかどうか定かではありませぬ。
四輪とも見ましたが、大丈夫のようでした。
20170320_07

下周りをいろいろ見ていると、フューエルフィルタと思われるものを発見。これもそろそろ換えないといけないでしょうねぇ。
20170320_08

夏タイヤを装着して交換は完了。
20170320_09

冬タイヤをしまう前に、ちょっときれいにしておきましょうかね。
20170320_10

写真だと分かりづらいですが、ホイールのここの部分が何かにこすれたようで、深い傷ではありませんが、表面が曇っています。
20170320_11

軽く磨くだけで表面の艶が戻りました。メタル用のコンパウンドなので、やり過ぎは注意でしょう。
20170320_12

水で洗ったくらいでは落ちなかった、なにかのオイルの類が固着したと思われる汚れも...
20170320_13

簡単に落ちました。
20170320_14

20170320_15

20170320_16

こうして、4本のホイルをお掃除して、けっこうきれいになりました。
これで来シーズンもタイヤを交換するだけで気持ちよく履けそうです。
20170320_17

20170320_18

6万4千キロでの交換。
20170320_19

ついでに、雪で汚れた車体をきれいにしてワックスがけ。
この夏で9年、6万5千キロほどに達しそうですが、まだまだ塗装もきれいです。
細かいところをみると傷もありますし、へこみもできていますけど、あまりヤレは感じないですね。
20170320_20

ところで、今回交換をしていていままでのやり方を換えた部分があります。
ウマを買って2回目の交換ですが、前回はフロントを上げたあとにリアを上げていました。
これはあまり深く考えずに何となくそうしていたのですが、今回はリアを先に上げるようにしました。
フロントはエンジンがあるために重く、リアのほうが若干軽いはず。
リアを先に上げると、フロント側も少し持ち上がるため、あとからフロントを上げるほうがジャッキの負担が小さいと考えたのでした。
これはジャッキにとっては正解だったようで、リアを先に上げると、フロントを上げるときよりも軽く上がり、かつ、そのあとにフロントを上げるとこれも軽く上がりました。
ただ、逆に車体にはフロントを先に上げるよりも大きな負担がかかりそうですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
Profile

Kachi

Author:Kachi
大好きなバイクや、最近気になる健康について書いていこうと思います。
肩の力を抜いていきましょう。

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
クリックしていただけます?

FC2Blog Ranking

Latest Entries
Latest Comments
Categories (Expanded by clicking arrow)
Latest Trackback
Monthly Archives
Count
Now Watchin'
現在の閲覧者数:
Search Form
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Send mail

Name:
Your Address:
Title:
Body:

日本ブログ村
What's popular?